W杯予選で無慈悲すぎる20ゴール…イングランド女子代表が歴史に残る大勝、岩渕真奈のチームメイトら4人がハット!

2021.12.01 21:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランド女子代表がワールドカップ(W杯)予選で記録的な大勝を収めた。

イングランドは11月30日、オーストラリア&ニュージーランド女子W杯欧州予選グループD第6節でラトビア女子代表とホームで対戦した。

7月にフィリップ・ネビル前監督からバトンを受け取ったサリーナ・ヴィーフマン新監督が指揮を執るイングランド。ここまで5戦5勝と、順調な仕上がりを見せるライオネセス(イングランド女子代表の愛称)は、開始早々の3分にベス・ミード(アーセナル)が試合を動かす。この先制点を皮切りに立て続けにネットを揺らすと、前半だけで8ゴールを奪って試合を折り返した。

後半も攻撃の手を緩めず、終わってみれば20-0という記録的なスコアに。イギリス『BBC』によると、これまでの最多得点試合は2005年のハンガリー女子戦で記録した13-0とのこと。大幅に記録を塗り替えたことになる。

個人としても、ハットトリックを達成したFWエレン・ホワイト(マンチェスター・シティ)が代表通算得点数を「48」まで伸ばし、ケリー・スミスの「46」ゴールを抜き、イングランド女子代表のトップスコアラーとなった。

新鋭のアタッカー、ローレン・ヘンプ(マンチェスター・シティ)も代表初ゴール含む4ゴールを挙げるなど、得点者10人、ハットトリック4人という記録ずくめの一日となった。

これで成績を6戦6勝53得点0失点としたイングランド。オランダ遠征の2試合を無得点で終えたなでしこジャパンにも、この決定力を少しでも分けてもらいたいところだ。

イングランド女子代表 20-0 ラトビア女子代表
【イングランド】
ベス・ミード(前3、前12、前23)
エレン・ホワイト(前6、前9、後4)
ローレン・ヘンプ(前18、前44、後31、後43)
エラ・トゥーン(前42)
ジョージア・スタンウェイ(後7[PK])
ジェス・カーター(後11)
ベス・イングランド(後16、後39)
ジル・スコット(後22)
アレッシア・ルッソ(後26、後36、後37)
ジョーダン・ノブス(後35)

1 2

関連ニュース
thumb

元トッテナム指揮官がマグワイアを称賛「身を投げ出し、逃げも隠れもしない」

ハリー・レドナップ氏が、マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFハリー・マグワイアを称賛した。 ユナイテッドの主将を務めながらも序列を落とし、今季はプレータイムが限られるマグワイア。先日の代表ウィークでもドイツ代表戦のPK献上が議論の的になるなど、なかなか周囲を納得させるパフォーマンスを発揮できていない。 だが、元トッテナム指揮官のレドナップ氏はイギリス『サン』のインタビューで、イングランド代表はカタール・ワールドカップ(W杯)でもマグワイアを最終ラインの軸に据えるべきと熱く語っている。 「ハリーは本当に素晴らしい若者で、今この現状を乗り越えるのに十分で強力なキャラクターを持ち合わせている。そして何より優れたフットボーラーでもある」 「W杯はこの上なく大きな舞台。ビッグゲームでは大きな存在感が重要だ。ハリーはドイツ戦ではうまくいかなかったが、ロシアW杯ではどうだった? 彼は誰ひとり失望させなかった。カタールでも同じようになるのだよ」 「彼に初めて会った日を今も覚えている。当時はまだシェフィールド・ユナイテッドの選手だった。決して足は速くないが、チームを率い、その身を投げ出し、逃げも隠れもしない。すべてのタックルに挑み続ける」 「前線へなめらかにボールを運ぶ選手と同じくらい、ハリーのような屈強な選手が必要だ。ハーランドだって、リサンドロ・マルティネスよりハリーを相手にする方が難しいだろう」 2022.10.02 20:54 Sun
twitterfacebook
thumb

エディ・ハウがイングランド代表監督就任をキッパリ否定「眼中にない」

ニューカッスルのエディ・ハウ監督にイングランド代表を率いるつもりは毛頭ないようだ。 現在のイングランド代表では、UEFAネーションズリーグでリーグ降格した責任を巡って、ガレス・サウスゲイト監督が矢面に立たされている。以前から手腕を懸念する声はあったが、今回の結果を受けて風当たりがさらに厳しくなっている。 そうなると盛り上がるのが後任探し。昨年11月からニューカッスルの手綱を握り、プレミアリーグで11位フィニッシュに導いた手腕はボーンマス時代から高い評価を得ており、イングランド代表を率いるに足る技量に達していると言っても過言ではない。 しかし、とうの本人にその意思は全くない様子だ。将来的な就任の可能性は否定しなかったものの、現時点では全くの無関心のようだ。 「絶対にないとは言わない。ずっと無関心のままとも言えない。だが、短期的にはまったく眼中にない」 「私はニューカッスルに集中し、このチームを向上させようとしているところだ。私は常々、日々のコーチングが好きだと言ってきた。トレーニング場で選手たちと一緒にいるのが好きなのだ」 「代表ではほとんどそのような時間はない。今の時点では、代表監督はやりたいことではないよ」 2022.09.30 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ブレントフォード指揮官がイングランド代表指揮官を擁護「彼は良い仕事をしている」

ブレントフォードのトーマス・フランク監督が、非難を浴びるイングランド代表のガレス・サウスゲイト監督を擁護した。イギリス『サン』が伝えている。 イングランド代表は今月のUEFAネーションズリーグ(UNL)2試合で1分1敗。リーグB降格が決まったほか、直近の公式戦6試合未勝利と、カタール・ワールドカップ(W杯)を目前にしてサウスゲイト監督の去就が騒がしくなっている。 また、ブレントフォードでゴールを量産するFWイヴァン・トニーを初招集も、結局2試合とも起用しなかったことも批判の対象に。だが、クラブで同選手を指導するフランク監督は監督業の大変さを語り、代表指揮官に理解を示す。 「トニーが使われなかったことはサウスゲイトの決定であり、私はチームを率いることの難しさをよく理解している。考えるべきことがいつでも1000個あるのだよ。選手各々よりも、チームにとって何が最善なのかを常に考えている」 「私の見解ではサウスゲイトはとても良い仕事をしている。トニーはピッチに立てなかったが、それでも彼の人生で大きな瞬間だったはずだ。今回の経験がトニーにより多くのエネルギーと強い意志を与えてくれることを願う」 「成功への道は、何度でも這い上がり、小さな挫折から立ち直ることだ」 2022.09.30 20:18 Fri
twitterfacebook
thumb

古巣リバプール戦で盛大にゴール祝ったエバートンDF「現在のクラブに全てを捧げる」

エバートンのイングランド代表DFコナー・コーディが、古巣リバプールについて口を開いた。 コーディは今夏、主将として長年活躍したウォルバーハンプトンを離れ、エバートンに1年レンタルで加入。この移籍はコーディがリバプールの下部組織出身であることからも大きな話題となったが、新天地では最終ラインの要として奮闘している。 そんなコーディがイギリス『Sports mail』のインタビューに応じ、現所属のエバートンと古巣リバプールのライバル関係、さらに自身が今季のリバプール戦で見せたゴールセレブレーションなどについて語った。 「エバートンでプレーする機会を得られたことは本当に幸運だったよ。話が来たとき、僕は何としてでもこのチャンスを手放したくなかった」 「マージーサイド・ダービーがどれほど大きいものか僕も理解しているよ。僕はリバプールの選手だったし、エバートンにとって彼らがどういう存在かも知っている。先日対戦した時は試合前にチーム全員でその話をしたよ」 「リバプール戦でゴール(その後VARで取り消し)を大きく喜んだことについてよく聞かれるけど、はっきり言って馬鹿馬鹿しいね。重要なのは現在の自分がいるクラブに己の全てを捧げること。クラブとその周囲の人たちのためにね」 また、同じく新加入で、最終ラインでコンビを組む元イングランド代表DFジェームズ・タルコウスキには称賛を送っている。 「来る前から彼が素晴らしいDFだと知っていたけど、人柄も実にファンタスティックで、ロッカールームでも際立つ存在さ。彼と一緒にいる時間を楽しんでいるよ。僕らはお互いに切磋琢磨していきたいね」 2022.09.30 17:28 Fri
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンが11月のヨーロッパ遠征でユーロ王者のイングランドと対戦決定

日本サッカー協会(JFA)は29日、なでしこジャパンが11月に行うヨーロッパ遠征で、イングランド女子代表と対戦することを発表した。 JFAの発表によると、試合は11月11日(金)にスペインのムルシアで開催。キックオフ時間は現時点で未定だという。 池田太監督は、今回の対戦決定にコメントしている。 「現ヨーロッパチャンピオンであるイングランド女子代表と戦えることを嬉しく思います。今年7月に開催されたUEFA女子ヨーロッパ選手権では、大観衆の中インテンシティの高い戦いが繰り広げられており、そこでプレーするイングランド女子代表の姿を見て大きな刺激を受けていました」 「10月に対戦するアフリカのナイジェリア女子代表、来年の女子ワールドカップ開催国であるニュージーランド女子代表との試合に続き、実績を備えたチームと戦えることは非常に大きな意味を持ちます。なでしこジャパンの年内最後の活動として海外遠征できることに対し、ご尽力いただいた皆様に改めて感謝申し上げます」 イングランド女子代表は、2022年に行われた女子ユーロで初優勝。来年開催される女子ワールドカップにも出場が決定している。 近年非常に力をつけており、国際大会での成績も残し始めている強豪。FIFAランキングも4位に位置する強豪だ。 <span class="paragraph-title">【動画】笑顔でリラックス、イングランド女子代表の移動時の様子</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">See you soon, Vienna... <a href="https://t.co/B73QHgV2td">pic.twitter.com/B73QHgV2td</a></p>&mdash; Lionesses (@Lionesses) <a href="https://twitter.com/Lionesses/status/1565710827893694464?ref_src=twsrc%5Etfw">September 2, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.09.30 11:20 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly