W杯予選で無慈悲すぎる20ゴール…イングランド女子代表が歴史に残る大勝、岩渕真奈のチームメイトら4人がハット!

2021.12.01 21:15 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
イングランド女子代表がワールドカップ(W杯)予選で記録的な大勝を収めた。イングランドは11月30日、オーストラリア&ニュージーランド女子W杯欧州予選グループD第6節でラトビア女子代表とホームで対戦した。

7月にフィリップ・ネビル前監督からバトンを受け取ったサリーナ・ヴィーフマン新監督が指揮を執るイングランド。ここまで5戦5勝と、順調な仕上がりを見せるライオネセス(イングランド女子代表の愛称)は、開始早々の3分にベス・ミード(アーセナル)が試合を動かす。この先制点を皮切りに立て続けにネットを揺らすと、前半だけで8ゴールを奪って試合を折り返した。
後半も攻撃の手を緩めず、終わってみれば20-0という記録的なスコアに。イギリス『BBC』によると、これまでの最多得点試合は2005年のハンガリー女子戦で記録した13-0とのこと。大幅に記録を塗り替えたことになる。

個人としても、ハットトリックを達成したFWエレン・ホワイト(マンチェスター・シティ)が代表通算得点数を「48」まで伸ばし、ケリー・スミスの「46」ゴールを抜き、イングランド女子代表のトップスコアラーとなった。

新鋭のアタッカー、ローレン・ヘンプ(マンチェスター・シティ)も代表初ゴール含む4ゴールを挙げるなど、得点者10人、ハットトリック4人という記録ずくめの一日となった。

これで成績を6戦6勝53得点0失点としたイングランド。オランダ遠征の2試合を無得点で終えたなでしこジャパンにも、この決定力を少しでも分けてもらいたいところだ。

イングランド女子代表 20-0 ラトビア女子代表
【イングランド】
ベス・ミード(前3、前12、前23)
エレン・ホワイト(前6、前9、後4)
ローレン・ヘンプ(前18、前44、後31、後43)
エラ・トゥーン(前42)
ジョージア・スタンウェイ(後7[PK])
ジェス・カーター(後11)
ベス・イングランド(後16、後39)
ジル・スコット(後22)
アレッシア・ルッソ(後26、後36、後37)
ジョーダン・ノブス(後35)

1 2

関連ニュース
thumb

マグワイアに打撃? L・マルティネスがリンデロフとの連携に好感触「2人で良い仕事ができる」

マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表DFリサンドロ・マルティネスは、DFビクトル・リンデロフとの連携に好感触を得ているようだ。 ユナイテッドは25日に行われたカラバオ・カップ(EFLカップ)準決勝第1戦でノッティンガム・フォレストと対戦。6分にFWマーカス・ラッシュフォードが先制点を決め、45分には新戦力FWワウト・ヴェグホルストが加入後初ゴールを記録する。 試合終盤にもダメ押し点を決めて3-0の完勝に。フル出場したL・マルティネスは試合後、センターバックでコンビを組んだリンデロフとの連携に好感触を得ていると語った。 「チーム全体が素晴らしいプレーを披露したと思う。もちろん改善点はたくさんあるけどね。何はともあれ、試合をコントロールし、良い結果を手にした。リンデロフとは日頃の練習から連携を図っているから、2人で良い仕事をこなせるよ」 イギリス『ミラー』はこのコメントを「マグワイアに打撃を与える」ものとして紹介。累積警告でこの一戦に不在だったDFハリー・マグワイアはここ数年、そのパフォーマンスに批判が集まり、昨夏以降は控えに降格している。 今冬ないし夏の退団が取り沙汰されるなか、イングランド代表として臨んだカタール・ワールドカップ(W杯)では実力をいかんなく発揮していただけに、手放すには惜しい存在。キャプテンの巻き返しに期待したい。 2023.01.27 17:36 Fri
twitterfacebook
thumb

サウスゲイト監督、サッカーファンの誹謗中傷に釘を刺す「そのエネルギーは大事だが…」

イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督が、自身やチームへの誹謗中傷に釘を刺した。イギリス『サン』が伝えている。 サウスゲイト監督はイングランド代表で81試合を指揮し、49勝18分け14敗という戦績。2018年のロシア・ワールドカップで4位、ユーロ2020で準優勝、昨秋のカタールW杯ではベスト8という成績だ。 カタールW杯限りの退任が噂されていたが、昨年末に続投が発表され、ユーロ2024まで指揮を執ることに。イギリス『ITV』のインタビューで「続投は家族から説得された」と明かした一方、SNSの普及も手伝って年々問題視される誹謗中傷に釘を刺している。 「私の続投にはファンから否定的な意見があったね。だが、いつだって望むのは後押しだ。私自身は罵倒や暴言に対処できる。カタールにも負の感情を持ち込むことはなかったよ」 「ファンの罵倒? そのエネルギーは必ず必要だ。それは見方を変えれば一体感とも言える。ただ、チームに関する議論が選手やコーチの欠陥を見つけるしか目的がないのなら、そのチームはいつまで経っても最高のパフォーマンスを発揮できない」 「ファンがそれ(罵倒や暴言)を楽しんでいるとは思いたくもないが、たとえ何を言われても、私を含む当事者の意思や選択、行動に影響を及ぼせるものではないのだよ」 2023.01.27 17:28 Fri
twitterfacebook
thumb

降格回避へ… 1月中の補強急ぐレスター、リーズFWハリソン獲得は断念か

レスター・シティが、リーズ・ユナイテッドのイングランド人FWジャック・ハリソン(26)獲得を断念したようだ。 ハリソンはリバプールとマンチェスター・ユナイテッドの下部組織育ち。だが、家族の仕事の都合で13歳でアメリカに渡り、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のドラフト抽選を経て、ニューヨーク・シティFCでプロデビューしたという異色の経歴の持ち主だ。 2018年1月には同系列クラブであるマンチェスター・シティへの移籍で母国帰還。シティでの公式戦出場はないが、同年夏にレンタルで加入したリーズでエース級の活躍を披露し、のちに完全移籍へ移行。クラブ通算185試合で29得点28アシストを記録している。 イギリス『90min』によると、プレミアリーグで降格圏と1ポイント差の14位に低迷するレスターが、リーズとの契約を2024年夏まで残すハリソンの獲得を模索するも、リーズへの問い合わせ段階で却下されたという。 前線の選手層が薄いレスターは今冬中の補填に奔走。すでにフィオレンティーナのアルゼンチン代表FWニコラス・ゴンザレス(24)への照会も断られ、現在はレンジャーズのイングランド人FWライアン・ケント(26)、シャフタールの元U-23ブラジル代表MFテテ(22)に接触しているとされる。 2023.01.27 15:28 Fri
twitterfacebook
thumb

ルーク・ショーの不在理由は? 指揮官はケガ否定も明言回避「ちょっとした風邪…」

マンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表DFルーク・ショーに対し、ケガの懸念が広がっているようだ。イギリス『サン』が伝える。 中断期間明けからうなぎ上りに安定感を取り戻したユナイテッドにおいて、最終ラインに欠かせぬピースとして活躍するショー。本職の左サイドバックのみならず、センターバックでも及第点以上のパフォーマンスを披露している。 だが、25日に行われたカラバオ・カップ(EFLカップ)準決勝第1戦のノッティンガム・フォレスト戦では、当初スタメン入りが予想されていたものの、遠征自体に帯同しなかった。 チームは3-0で完勝を収め、決勝戦進出へと大きく前進したが、ショーが負傷したとの懸念が広がっている模様。エリク・テン・ハグ監督が試合後にショーの不在理由を問われ、うやむやな回答をしている。 「ケガ? ちょっとした風邪だよ… どのような経過を辿るか展望するのは難しい。何時間、いや、何日もかけて様子を見る必要がある」 ショーは2014年夏のユナイテッド加入以降、幾度か長期離脱を経験。ショー=ケガのイメージはどうしても拭えないことから、今回も懸念が広がっているようだ。 2023.01.26 17:27 Thu
twitterfacebook
thumb

ビエルサ氏は消極的? エバートン次期指揮官、元バーンリーのショーン・ダイク氏が筆頭か

元バーンリー指揮官のショーン・ダイク氏(51)が、次期エバートン指揮官の筆頭候補に躍り出たようだ。イギリス『ミラー』が伝えている。 エバートンは23日にフランク・ランパード監督を解任。今季のプレミアリーグで3勝6分け11敗の19位に低迷し、昨年10月以降は白星なしと混迷を極めるなか、ようやく監督交代を決断。次期指揮官は元リーズ・ユナイテッド指揮官のマルセロ・ビエルサ氏(67)が濃厚とされていた。 一方、バーンリーを昨年4月まで10年間率い、限られた予算と戦力の中でプレミアリーグに確かな爪痕を残した経験を持つダイク氏は候補の1人に過ぎず。だが、ここに来てビエルサ氏よりもダイク氏が優勢との見方が強まっている。 ダイク氏は26日にエバートンのオーナー、ファルハド・モシリ氏と会談する予定。モシリ氏の第1希望はビエルサ氏とのことだが、現在フリーの67歳ビエルサ氏は、現場復帰にさほど強い意欲を見せていないと考えられている。 なお、移籍市場においてはU-21イングランド代表FWアンソニー・ゴードン(21)が2日連続で練習を欠席した模様。同選手は今冬のニューカッスル移籍が取り沙汰されており、移籍金4000万ポンド(約64億1000万円)での交渉成立が有力視されている。 主軸のゴードン退団は致命的な戦力ダウンをもたらすが、誰が混迷エバートンの手綱を握ることになるのだろうか。 2023.01.26 14:52 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly