「ウソをつくことは容認できない」バロンドール6位のC・ロナウドが怒りを露わに、目標は「ひたすらやるだけ」

2021.12.01 18:22 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、バロンドールに関する事象に怒りを露わにした。

1月29日、『フランス・フットボール』主催の2021年のバロンドールが発表。パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが史上最多7度目となる受賞を果たしていた。

2位にはバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ、3位にはチェルシーのイタリア代表MFジョルジーニョが入り、C・ロナウドは6位となっており、11年ぶりに4位以下となった。

この式典には多くの選手たちが参加した中、C・ロナウドは欠席。代わりに自身のインスタグラムを更新し、『フランス・フットボール』の編集長であるパスカル・フェレ氏がウソつきであると糾弾。自身のキャリアの目標を改めて綴った。

「今日の結果は、先週のパスカル・フェレの声明で、僕が『リオネル・メッシよりも多くのバロンドールを獲得してキャリアを終えることが唯一の野望だ』と打ち明けていたことの説明になっている」

「パルカル・フェレはウソをついた。彼は僕の名前を使って自分自身を宣伝し、彼が働いている出版物を宣伝した。このような名誉ある賞を授与する責任者が、『フランス・フットボール』とバロンドールを常に尊重してきた人物を絶対的に軽視して、このようにウソをつくことは容認できない。そして彼は今日も、存在する理由がない検疫の疑いで祭典からの私の不在を正当化することによってウソをついた」

「私は最初から僕のキャリアを導いてきたスポーツマンシップとフェアプレーの精神を基づき、受賞した人たちをいつも祝福している。僕はいつも、自分のために、そして自分が代表するクラブのために自分自身のために、僕の成功を願ってくれる人たちのために勝つ。僕は誰にも勝てない」

「僕のキャリアの最大の野心は、僕が代表するクラブと自国の代表チームのために、国内および国際的なタイトルを獲得すること、プロサッカー選手、プロサッカー選手になりたい全ての人にとって良い模範となること、世界のサッカー史に僕の名前を金色の文字で残すことだ」

「最後に僕はすでにマンチェスター・ユナイテッドの次の試合に集中しており、チームメイトやファンと一緒に今シーズン達成できる全てのものに焦点を当てていると伝えます。残りはどうか? あとはひたすらやるだけ…」

1 2

関連ニュース
thumb

古巣ユベントスがポグバ代理人と交渉へ、故ライオラ氏の後継者が最初の交渉

今夏の退団が噂されているマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(29)だが、古巣に戻る可能性が高いと見られている。 ユナイテッドの下部組織で育ったポグバは、フリーで2012年8月にユベントスへと完全移籍。セリエAで自身の才能を遺憾無く発揮し、世界的な選手へと成長すると、2016年8月に当時の世界最高額となる8930万ポンド(約133億円)でユナイテッドに戻っていた。 タダで売却した選手に大金をはたいたユナイテッド。ポグバは随所にその才能を見せる一方で、ケガが多いことなどもあり金額に見合った活躍はできていないとされてきた。 今シーズンも公式戦27試合の出場に終わり、1ゴール9アシスト。契約最終年となるが、クラブは高級取りということもあり、契約延長するつもりはないようだ。 フリーでの移籍となるポグバだが、イングランドのクラブは契約が満了するまで交渉が不可能。一方で、国外クラブは交渉が可能となっている。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、16日には古巣であるユベントスがラファエラ・ピメンタ氏との会談を予定しているという。 ピメンタ氏は、ポグバの代理人であり先日急逝したミーノ・ライオラ氏と18年間働いた弁護士。一流の選手たちを顧客にしていたライオラ氏の後を継ぐ事になっていた。 ただ、ポグバに関しては、レアル・マドリー、パリ・サンジェルマン(PSG)との対話も続けており、プレミアリーグのクラブに残る可能性もある。 また、クラブからの契約延長の打診はないものの、退団する前に新シーズンから指揮を執るエリク・テン・ハグ監督とも話しをする可能性があるとのこと。いずれにしても、シーズン終了まで一気に話が動くということはなさそうだ。 2022.05.16 21:25 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド新監督テン・ハグ、早くも働き始めへ! C・パレス戦視察か

アヤックスでの今季が終わったばかりのエリク・テン・ハグ監督だが、早くもマンチェスター・ユナイテッドでの仕事を始めるようだ。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。 来季からユナイテッドの再建を託され、今季を最後に4年半を過ごすアヤックスから退団するテン・ハグ監督。先週末にエールディビジ最終節が終わった。 そのアヤックスはこれからキュラソー遠征を行って今季を締めくくるが、テン・ハグ監督は帯同せず、ユナイテッドでの新たなキャリアに専念するという。 テン・ハグ監督はフィテッセとのリーグ最終戦後、「キュラソーには行かない」ときっぱり。続けて、ユナイテッド監督としての働き始めを示唆している。 「まだやらなければならないことがたくさんあって、それは理解できることだと思う。どのクラブでもそう。スタッフも、スカッドもまだ整理すべきことが多くある。明日からはそれに集中的に取り組む」 なお、ユナイテッドは22日に敵地でプレミアリーグ最終節のクリスタル・パレス戦を予定。テン・ハグ監督はこの試合を現地で視察する可能性もあるようだ。 2022.05.16 15:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ポグバとユベントスが交渉開始! オファー年俸は現在の半分か

今夏でマンチェスター・ユナイテッドからの退団が確実視されるフランス代表MFポール・ポグバ(29)とユベントスが交渉に入るようだ。イタリア『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。 2016年夏に当時の史上最高額となる移籍金でユベントスから堂々復帰を果たしたポグバ。それから6年が経つが、度重なるケガに加え、気分に左右されやすいプレーぶりでも批判の的になり、ファンの心を掴めないまま今夏の契約満了が迫っている。 契約延長の話は聞こえてこず、退団は確実視されているが、新天地候補として最有力と目されるユベントスが動き出したようだ。『ガゼッタ・デロ・スポルト』によると、両者は16日に代理人を介して交渉の場を設け、条件面のすり合わせを行う予定。 ユベントスのオファーは年俸750万ユーロ(約10億円)で、ユナイテッドから受け取っているものからは半額となる。だが、二桁得点を記録した場合に豊富なボーナスが用意されているという。 なお、ポグバにはパリ・サンジェルマンやレアル・マドリーとの関連も伝えられているが、少なくとも国内移籍はしないと予想されている。 2022.05.15 20:12 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドDFマグワイアが「11年交際」の婚約者と結婚! 2人の女の子を子育て中

マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイア(29)が婚約していたファーン・ホーキンスさん(27)と結婚した。イギリス『サン』が伝えている。 2019年夏にレスター・シティからユナイテッドに加入したマグワイア。クラブでは主将も務めている。 マグワイアは2011年からファーン・ホーキンスさんと交際をスタート。2018年に婚約を果たし、2019年と2020年に娘が誕生している。 この夏にフランスで結婚式を計画しているという2人は、その前に籍を入れることとしたようだ。 なお、『サン』によると、2人の結婚式の介添人には、マグワイアの妹デイジーさんと代表のチームメイトであるGKジョーダン・ピックフォード(エバートン)の妻ミーガン・デイヴィスンさんが務める予定とのことだ。 <span class="paragraph-title">【写真】マグワイアとホーキンスさんの2ショット!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CU2dhBGMQx4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CU2dhBGMQx4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CU2dhBGMQx4/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Fern Hawkins(@_fernhawkins)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.14 12:35 Sat
twitterfacebook
thumb

「来季こそタイトルが獲れると信じないとダメ」 C・ロナウドがテン・ハグ新体制に口開く

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがエリク・テン・ハグ監督に発言した。イギリス『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じている。 タイトルに届かなかっただけでなく、来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場権も逃した今季のユナイテッド。来季からは今季もアヤックスをエールディビジ優勝に導き、再び常勝軍団に返り咲かせたテン・ハグ監督の下で再建を図る。 戦い方や戦力をいちから築きつつ、結果も追い求めていかなければならず、難しい仕事になるのが必至だが、C・ロナウドは期待感を抱いているようだ。クラブのインタビューで新体制について時間の必要性を説きつつ、心境を語った。 「彼がアヤックスでファンタスティックな仕事をやり遂げたことや、経験豊富な監督なのは知っている。でも、時間が必要だ」 「彼が望むやり方に変えていかないといけないんだ。彼がうまくいけば、マンチェスター・ユナイテッドの全体が成功することになるし、僕はそうなるよう願っている」 「僕らの誰もが喜び、ワクワクしているよ。選手だけじゃなく、ファンもね。来季こそタイトルが獲れると信じないとダメだ」 そう語るC・ロナウドだが、自身もチームが来季のCL出場権を逸したことで去就が注目の的に。ユナイテッドとの契約は1年延長オプションを除けば来季までだが、移籍の可能性も騒がれている。 2022.05.14 09:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly