「大然だけ倍速です」横浜FMの前田大然が見せた驚愕の鬼スピード、レオ・セアラのパスにも称賛の声「オシャレすぎ」

2021.11.28 22:25 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
【動画】早送りにも見える前田大然の爆発的なスピードからゴール









1 2

関連ニュース
thumb

両サイドバックで2得点!! 横浜FMが京都に2発完封で3試合ぶり白星【明治安田J1第15節】

明治安田生命J1リーグ第15節の横浜F・マリノスvs京都サンガF.C.が25日に行われ、ホームの横浜FMが2-0で勝利した。 ニッパツ三ツ沢球技場で行われた一戦。チーム最多得点のアンデルソン・ロペスに6試合の出場停止処分が下されたホームの横浜FMは、レオ・セアラが4試合ぶりの先発出場。 一方のアウェイ京都は、得点ランキング首位タイに立つ38歳のウタカがこの日も先発出場した。 序盤から横浜FMが主導権を握って京都のゴール前まで攻め込む。15分に喜田、16分に宮市、20分にレオ・セアラがいずれもエリア外から強烈なミドルシュートを放つが、3本とも京都のGK若原が好セーブで凌ぐ。 幾度となくシュートまで持ち込んでは若原にセーブされ続けた横浜FM。しかし41分、自陣からロングボールで左サイドの深い位置で宮市が収めると、バックパスを受けた左サイドバックの小池龍太がボックス左から右足を豪快に振り抜いてネットを揺らし、待望の先制点を挙げる。 1点リードで迎えた後半も、横浜FMは立ち上がりから次々とゴールを強襲。49分に小池龍太の横パスを松原がボックス手前から狙えば、56分には速攻からレオ・セアラのパスを受けた仲川がボックス右から左ポストを掠める際どいシュートを放つ。 一方の京都は65分、深い位置でプレスをかけてGK高丘のキックミスを誘発。インターセプトした豊川からボールを受けた金子が左足で狙うも、シュートは枠外へ。千載一遇のチャンスを逃した。 肝を冷やしたホームチームだったが、72分に追加点を挙げる。右サイドを起点とした速攻からボックス左の宮市へ展開。宮市は一旦ボックス手前に折り返すと、ここまでオーバーラップしていた右サイドバックの松原がワントラップから左足を一閃。相手DFに当たって山なりとなったシュートがGKの頭上を越え、クロスバーと地面を叩いてネット上部に突き刺さった。 だが、横浜FMは85分に主将の喜田が負傷退場。すでに交代枠を使い切っていたために残り時間を10人で戦うこととなったが、最後まで3点目を奪いに行く姿勢を見せ、そのままタイムアップ。2-0で横浜FMが勝利した。 横浜F・マリノス 2-0 京都サンガF.C. 【横浜FM】 小池龍太(前41) 松原健(後27) 2022.05.25 22:11 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第15節:横浜FMvs京都】悪い流れで足踏みの両者、12年ぶりの対戦はどちらに軍配?

【明治安田生命J1リーグ第15節】 2022年5月25日(水) 19:00キックオフ 横浜F・マリノス(3位/25pt) vs 京都サンガF.C.(11位/17pt) [ニッパツ三ツ沢球技場] ◆落ち着きを取り戻せるか【横浜F・マリノス】 前節はアウェイでのアビスパ福岡戦で1-0と敗戦。リーグ戦では5試合ぶりの黒星を喫した。 前々節は3点リードから浦和レッズに追いつかれてのドローと守備が崩壊。前節はゴールを仕留められずに敗戦と、流れは良くない。 さらに、その試合ではアンデルソン・ロペスが相手DFに唾吐きを行い一発退場。6試合の出場停止に60万円の罰金という重い処分を下されていた。チーム最多の7ゴールを記録していただけに、大きな痛手となる。 珍しく落ち着きない戦いを見せている横浜FMだが、今節の相手の京都もアグレッシブなプレーで乱してくることは間違いない。冷静に対応し、自慢の攻撃陣が爆発できるかに注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:高丘陽平 DF:松原健、畠中槙之輔、角田涼太朗、永戸勝也 MF:喜田拓也、マルコス・ジュニオール、岩田智輝 FW:仲川輝人、レオ・セアラ、宮市亮 監督:ケヴィン・マスカット 出場停止:アンデルソン・ロペス ◆6試合ぶりの勝利なるか【京都サンガF.C.】 前節はサンフレッチェ広島相手にアウェイで3-1の敗戦。これでリーグ戦5試合連続で白星から遠ざかることとなった。 この間の成績は負けと引き分けを繰り返しており、2分け3敗。その中で深刻なのは得点力不足だ。 5試合のうち1失点が3試合、3失点が1試合。しかし得点は2点しか奪えておらず、それでは勝利することが難しい。 チームとして正念場。戦い方に問題はないが、ゴール前のクオリティは欠けており、ピーター・ウタカにおんぶに抱っこという状態。いかに他の選手が連動できるのか。良い守備から良い攻撃に移った場合の精度が注目だ。 ★予想スタメン[4-3-3] GK:上福元直人 DF:白井康介、アピアタウィア久、麻田将吾、荒木大吾 MF:松田天馬、川崎颯太、武田将平 FW:宮吉拓実、ピーター・ウタカ、武富孝介 監督:曺貴裁 2022.05.25 16:10 Wed
twitterfacebook
thumb

「いかなる理由があっても許されない」横浜FMがアンデルソン・ロペスの唾吐きを謝罪、クラブ独自に1試合の追加出場停止

横浜F・マリノスは24日、FWアンデルソン・ロペスに関する処分を発表した。 アンデルソン・ロペスは、21日に行われt明治安田生命J1リーグ第14節のアビスパ福岡戦にて、ボールとは関係のないところで宮大樹の胸付近につばを吐いたとして退場処分を受けていた。 Jリーグは、この行為に対して6試合の出場停止と60万円の罰金処分を下すことを発表していた。 横浜FMはこの処分に加え、クラブ独自の判断で天皇杯の鈴鹿ポイントゲッターズ戦も出場停止とすることを発表した。 今回の件についてクラブは「今回の行為は、いかなる理由があっても許されるものではありません。すべてのサッカーファンならびに関係者の皆さまへお詫びし、再発防止に向けて選手への指導をしてまいります」と謝罪している。 アンデルソン・ロペスはクラブを通じてコメント。謝罪している。 「私の行為について、スタジアムに来場いただいた皆さま、ファン・サポーターの皆さま、サッカーに関わるすべての皆さまに心からお詫び申し上げます。今回の件を猛省し、処分をしっかりと受け止め、改めてまいります」 今シーズンのアンデルソン・ロペスは、ここまで明治安田J1で14試合に出場し7得点を記録。チームの攻撃を牽引していた。 ◆出場停止試合 第15節 vs京都サンガF.C.(5/25) 第16節 vsジュビロ磐田(5/29) 第17節 vsガンバ大阪(6/18) 第18節 vs柏レイソル(6/25) 第19節 vs清水エスパルス(7/2) 第20節 vsサンフレッチェ広島(7/6) 天皇杯 vs鈴鹿ポイントゲッターズ(6/1) <span class="paragraph-title">【動画】アンデルソン・ロペス、問題となった唾吐きの瞬間</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="GpxPBiT7B44";var video_start = 253;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2022.05.24 20:59 Tue
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】唾吐きのアンデルソン・ロペスは6試合の出場停止+60万円の罰金

Jリーグは24日、最新の出場停止選手情報を更新した。 新たに出場停止となったのは川崎フロンターレのDF谷口彰悟、横浜F・マリノスのFWアンデルソン・ロペス、レノファ山口FCのDF渡部博文の3名となった。 谷口は21日に行われたサガン鳥栖戦で1発退場。Jリーグは「自陣ペナルティーエリア手前でドリブルをしていた相手競技者に対し、ボールにプレーできず反則で止め、決定的な得点機会を阻止した行為は、「著しい反則行為」に該当すると判断」したとのこと。谷口は1試合の出場停止処分となった。 また、アンデルソン・ロペスに関しては、21日のアビスパ福岡戦で、ボールとは関係ないところで相手選手に唾吐き行為を行った。この件で、アンデルソン・ロペスは6試合の出場停止に加え、60万円の罰金処分が課された。 Jリーグは「同行為について映像等を用いて検証し、事実関係を確認した結果、主審の判断と同様に、同選手が相手競技者の胸付近につばを吐きかけたものであると認定した。上記より、(公財)日本サッカー協会 競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果、同行為は、「選手等に対してつばを吐きかける行為」に該当すると判断、6試合の出場停止および罰金(60万円)処分とする」と発表している。 【明治安田生命J1リーグ】 DF谷口彰悟(川崎フロンターレ) 第15節 vs湘南ベルマーレ(5/25) 今回の停止:1試合停止 FWアンデルソン・ロペス(横浜F・マリノス) 第15節 vs京都サンガF.C.(5/25) 今回の停止:6試合停止(1/6) 第16節 vsジュビロ磐田(5/29) 今回の停止:6試合停止(2/6) 第17節 vsガンバ大阪(6/18) 今回の停止:6試合停止(3/6) 第18節 vs柏レイソル(6/25) 今回の停止:6試合停止(4/6) 第19節 vs清水エスパルス(7/2) 今回の停止:6試合停止(5/6) 第20節 vsサンフレッチェ広島(7/6) 今回の停止:6試合停止(6/6) 【明治安田生命J2リーグ】 DF渡部博文(レノファ山口FC) 第18節 vsモンテディオ山形(5/25) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 【明治安田生命J3リーグ】 MF鈴木拳士郎(アスルクラロ沼津) 第10節 vs藤枝MYFC(5/29) 今回の停止:1試合停止 2022.05.24 20:35 Tue
twitterfacebook
thumb

セルティック前田大然が完全移籍移行! 保有元の横浜FMを通じて「これからも自分らしくがむしゃらに」

横浜F・マリノスは23日、日本代表FW前田大然(24)がセルティックに完全移籍すると発表した。 前田は松本山雅FC、水戸ホーリーホック、ポルトガルのマリティモを経て、2020年夏から横浜FMでプレー。今年1月からセルティックにローン移籍した。 横浜FM時代からの恩師であるアンジェ・ポステコグルー監督の下、公式戦22試合に出場して8ゴール。スコティッシュ・プレミアシップ制覇に貢献した。 元々、買取義務付きのローン移籍とだけあって、予定調和の完全移籍となる前田は保有元だった横浜FMの公式サイトを通じてファンにコメントをした。 「スコットランドに来てからも、皆さんの応援は心強かったですし、リーグ優勝という形でいいニュースを皆さんに届けることができました。期限付き移籍の際に伝えた想いがすべてですが、これからも自分らしくがむしゃらにチャレンジし続けます。F・マリノスは自分の中でいつまでも好きなクラブのひとつです! #マリノスファミリー 最高!」 なお、前田は25日にニッパツ三ツ沢球技場で行われる明治安田生命J1リーグ第15節の京都サンガF.C.戦に来場予定だという。 2022.05.23 18:55 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly