何故かメッシにフォーデンのユニフォームを頼んだシティファン、拡散されて本人の目にも届く

2021.11.25 19:35 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
何事もやってみる価値はあるものだ。マンチェスター・シティvsパリ・サンジェルマン(PSG)の一戦に訪れたファンの行動が話題となっている。

あの手この手で目当ての選手からユニフォームをもらおうと苦心するサポーターは多い。24日にエティハド・スタジアムで行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループA第5節シティvsPSGの一戦でも、この試合を観戦に訪れたある若いサポーターがこれまでにない大胆なメッセージボードを掲げる姿が目撃された。

シティのファンと思われるブロンドの少年は、イングランド代表MFフィル・フォーデンのユニフォームが欲しかったようだ。ただ、メッセージはフォーデンに直接充てたものではなく、PSGのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに宛てられたもののようだ。

「メッシ! ぼくのためにフォーデンのシャツを手に入れられないかい?」

世界的なスターであるメッシ本人のシャツを所望するのではなく、フォーデンのシャツをメッシに頼むという異例の行動をとったシティのファン。しかも、この時はユニフォームを手に入れることはできなかったが、後日フォーデン本人からリアクションがくるいう嬉しいサプライズにまで発展した。

目当ての選手本人ではなく、しかもアウェイチームの選手にホーム選手のシャツを頼むという稀有な行動をとった少年。今後はどのような形でユニフォームをねだるファンが現れるのだろうか。

なお、試合は後半早々にFWキリアン・ムバッペのゴールでPSGが先手を取ったが、直後に投入されたFWガブリエウ・ジェズスが1ゴール1アシストの活躍を見せ、シティが逆転勝ち。他会場の結果を含め、シティが首位通過となり、敗れたPSGも2位通過が決定している。

1 2

関連ニュース
thumb

米代表GKステッフェンが英2部ボロへレンタル? シティは今夏オルテガ獲得へ

マンチェスター・シティのアメリカ代表GKザック・ステッフェン(27)にチャンピオンシップ(イングランド2部)のミドルズブラへのレンタル移籍の可能性が浮上している。イギリス『ESPN』が報じている。 メジャーリーグサッカー(MLS)のコロンバス・クルー時代にリーグ最優秀GKに輝いたステッフェンは2019年夏にシティ入りが決まったが、そのままデュッセルドルフに1年ローン。そのドイツでブンデスリーガ17試合に出場すると、2020年夏にシティへ正式加入した。 シティではブラジル代表GKエデルソンのバックアップを担い、ここまで公式戦21試合に出場。昨年には2025年までの新契約にサインしていた。 ただ、クラブは今夏の移籍市場でアルミニア・ビーレフェルトを退団するドイツ人GKシュテファン・オルテガ(29)の獲得に動いており、すでに条件面で合意に至るドイツ人GKが、新たにセカンドGKを務めることになる。 これにより、今夏の退団が既定路線となるステッフェンは、ミドルズブラへのレンタル移籍を受け入れる可能性が高いという。 カタール・ワールドカップに参戦するアメリカ代表において、ステッフェンは、アーセナルGKマット・ターナーとノッティンガム・フォレストGKイーサン・ホーヴァスと熾烈な守護神争いを繰り広げている。 とりわけ、現在はターナーに正GKの座を明け渡しており、逆転での守護神返り咲きに向けては出場機会確保が急務。そのため、ボロへのレンタル移籍はシティ、ステッフェン双方にとって有益なものとなるはずだ。 2022.06.29 15:09 Wed
twitterfacebook
thumb

板倉滉のボルシアMG行きに暗雲…シティの移籍金引き上げで交渉難航

マンチェスター・シティの日本代表DF板倉滉(25)獲得を狙うボルシアMGだが、ここに来て交渉が難航しているようだ。ドイツ『ビルト』が報じている。 先日まではクラブ間、選手間の交渉が順調に進み、移籍濃厚と見られたボルシアMG。しかし、ここにきて板倉を保有するシティがプレミアリーグの他クラブからの関心を利用し、移籍金の引き上げを狙っていることが判明。獲得交渉が暗礁に乗り上げているようだ。 『ビルト』によると、ボルシアMGは板倉獲得に650万ユーロ(約9億3000万円)以上を支払う意思がない一方、シティサイドはより高額な移籍金を求めているという。 そういった中、ボルシアMGを率いるダニエル・ファルケ監督は、プレシーズンのトレーニング後に、「チームに新たなクオリティーをもたらすプレーヤーはいくらいても足りるということはない。だが、交渉が難航しているというのが、現実的な話だ」と、板倉の交渉が難航していることを認めている。 今季、マンチェスター・シティからのローンプレーヤーとしてシャルケで過ごした板倉。2.ブンデスリーガからの出直しを強いられたチームのなかで、センターバックやボランチで公式戦32試合に先発と主力の座を確保すると、優勝と共に1年でのブンデスリーガ返り咲きに貢献した。 だが、シャルケは先月末、財政的な問題で買取オプションの行使を断念する旨を発表。これにより、新天地候補にはブンデスリーガ、プレミアリーグの複数クラブ、セルティックなどの名前が挙がっている。 2022.06.29 13:44 Wed
twitterfacebook
thumb

チェルシーがジンチェンコに注目か、シティから3選手引き抜きの可能性が浮上

チェルシーが、マンチェスター・シティのウクライナ代表MFオレクサンドル・ジンチェンコ(25)の獲得を考慮しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ここまでドイツ代表DFアントニオ・リュディガーやデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンら放出のニュースのみとなっているチェルシー。オーナー交代による首脳陣刷新が行われていることが移籍市場での遅れの原因となっているが、最終ラインの補強は今夏の絶対的な課題だ。 そこで新たに名前が挙がったのがジンチェンコだ。ジョゼップ・グアルディオラ監督から左サイドバックとして重宝される25歳は、そのユーティリティ性と技術の高さが買われ、今季も公式戦28試合に出場した。 しかし、シティがブライトン&ホーヴ・アルビオンのスペイン代表DFマルク・ククレジャ(23)を獲得しようとする動きを本格化させており、ジンチェンコの去就にも影響が。移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ククレジャ確保次第、放出候補入りすると見られている。 その動向を注視するチェルシーだが、シティからはジンチェンコの他にも、イングランド代表FWラヒーム・スターリングとオランダ代表DFナタン・アケの獲得も狙っている模様。果たして3選手同時引き抜きは可能なのだろうか。 2022.06.28 21:10 Tue
twitterfacebook
thumb

CBの補強が急務のチェルシー、下部組織出身であるシティのアケ獲得を検討か

チェルシーがマンチェスター・シティのオランダ代表DFナタン・アケ(27)の獲得を目指しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 チェルシーはチームの主軸だったドイツ代表DFアントニオ・リュディガー、デンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンがいずれも契約満了で今夏退団。新シーズンを前にセンターバックの補強が急務で、これまでセビージャのフランス代表DFジュール・クンデ(23)やユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトらが獲得候補に挙げられていた。 しかし、イギリス『テレグラフ』によると、トーマス・トゥヘル監督のトップターゲットはアケのようだ。チェルシーの下部組織出身であり、2012年にトップチームデビューを飾ったアケはボーンマスを経て、2020年夏にシティ入りすると、左サイドバックもこなせる堅実なバックアッパーとしてプレー。2021-22シーズンは公式戦20試合に出場して、チームのプレミアリーグ優勝に貢献している。 チェルシーは現在、シティからイングランド代表FWラヒーム・スターリング(27)を獲得するため動き出しているようだが、それと並行してアケ獲得のオファーを打診する可能性が高いようだ。 獲得が実現すれば5年ぶりの古巣復帰となるアケだが、シティとしてはジョゼップ・グアルディオラ監督が信頼を寄せるバックアッパーの流出をブロックする可能性もあり、交渉の行方が注目される。 2022.06.28 11:51 Tue
twitterfacebook
thumb

チェルシーがスターリング獲りか…シティもオファー発展を予期か

チェルシーにマンチェスター・シティのイングランド代表FWラヒーム・スターリング(27)を獲得しようとする動きがあるようだ。 今夏、DFアントニオ・リュディガーとDFアンドレアス・クリステンセンがごっそりと抜けたセンターバックの補強が求められるチェルシーだが、ベルギー代表FWロメル・ルカクもインテルにローン移籍濃厚。したがって、攻撃陣の強化にも乗り出すとみられる。 そのなかで、マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとの接触が取り沙汰されたチェルシーだが、スターリングに対する関心に浮上している。 イギリス『スカイ・スポーツ』によると、トーマス・トゥへル監督はスターリングを攻撃陣補強のトップターゲットに。スターリングとの交渉に自ら臨み、思い描くビジョンを説明したようで、シティ側もチェルシーからのオファーを予期し始めているという。 シティとの契約が来季最終年のスターリングも年齢的にキャリアの重要な時期との認識を深めているようで、ピッチ内外で貢献できる環境を求めている様子。シティとは協議中とのことだ。 ジョゼップ・グアルディオラ監督は常々、「不幸せな選手を残すのは好きじゃない」との言葉を繰り返しており、チェルシーもライバルクラブであっても、今夏に移籍金5000万ポンド(約83億円)前後のオファーが届けば、移籍を容認する姿勢とされる。 バルセロナのFWウスマーヌ・デンベレやエバートンのFWリシャルリソンに目を光らせるといわれるなか、スターリングにもかなりの熱を注ぐチェルシーだが、いかに。 2022.06.28 10:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly