「落とし上手すぎる」B・シウバの優しさあふれるお膳立てにファンも興奮「アシストだけでなくすべてが別格」

2021.11.25 12:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのポルトガル代表MFベルナルド・シウバが躍動した。シティは24日、チャンピオンズリーグ(CL)のグループA第5節でパリ・サンジェルマン(PSG)をホームに迎えた。

ベルナルド・シウバは3トップの中央で先発出場すると、質の高いプレーでチームを支えた。

しかし、シティは後半開始早々に失点を許し、主導権を握りながらも先制される展開に。ベルナルド・シウバは左のインサイドハーフへとポジションを移すと、ここでは攻撃だけでなく守備でも存在感を発揮。圧倒的な運動量で中盤に君臨する。

そして、流れを引き戻し同点に追いついて迎えた76分、ベルナルド・シウバが仕事を果たす。

右サイドで深い位置を取ったMFイルカイ・ギュンドアンからマイナスの落としを受けたMFリヤド・マフレズが正確なクロスを供給。これをボックス左のベルナルド・シウバが丁寧にワンタッチで折り返すと、ゴール前のFWガブリエウ・ジェズスが右足のワンタッチで流し込み、逆転に成功した。

あとは決めるだけという、優しさあふれるアシストには、ファンからも「落とし上手すぎる」「この落ち着きよ」「結局ベルナルド」「ホントに最高の選手」「アシストだけでなくすべてが別格」と絶賛の言葉が寄せられている。

ベルナルド・シウバはこの試合でパス成功率100%を記録。この試合のプレーヤー・オブ・ザ・マッチに選出されている。

1 2

関連ニュース
thumb

ペップ、チェルシー破ってより独走も「この1月に誰もチャンピオンになれない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督がプレミアリーグ覇権争いにコメントした。 連覇にまい進するシティは15日に第22節で2位のチェルシーをホームに迎え撃ち、1-0で勝利。序盤から出場権を握るなか、チェルシーの守りをこじ開けられない展開が続いたが、70分にベルギー代表MFケビン・デ・ブライネの右足ミドルを突き刺して、2位との頂上決戦を制した。 これで12連勝となり、チェルシーとの勝ち点差も「13」に広げて、さらなる首位固めに成功したシティ。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、覇権奪回を期すチェルシーを叩き、独走ムードをより一層強めるグアルディオラ監督だが、冷静さを保った。 「大きな勝利だ。有力な対抗馬との対戦だったわけだからね。自分たちが3ポイントを掴めば、相手は3ポイントを取れないわけだが、この1月に誰もチャンピオンになれない」 「チェルシーのことも考えることができるし、リバプールも(今節含む2)試合を残している。彼ら(リバプール)が勝てば、8ポイント差。1月時点での8ポイント差は何の意味もない」 「我々は勝利に値するなら勝ちたいし、今日はそれにふさわしかった。私はフットボールでフェアでありたい。アーセナル戦で勝てたのは嬉しいが、我々はそれに値しなかった」 「勝つに値する試合に勝つと、より良い気分になる」 2022.01.16 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ戦敗北のトゥヘル「デ・ブライネが違いに」…ルカク含む攻撃陣に喝

チェルシーのトーマス・トゥヘル監督が敗戦の弁を述べた。 2位のチェルシーは15日にプレミアリーグ第22節で首位を走るマンチェスター・シティのホームに乗り込み、0-1の敗北。タイトな守りで踏ん張ったが、70分の失点で力尽きた。 これで首位シティとは13ポイント差に。イギリス『スカイ・スポーツ』によると、優勝がより厳しくなったトゥヘル監督は試合後、攻撃陣の出来に不満を露わにした。 「姿勢や献身性、そして守備面に関しては満足している。ビッグチャンスもあまりを許さず、最小限に抑え込んでくれた」 「しかし、攻撃陣はもっとアピールが必要だ。一貫性も必要。もっとタイミングよく、もっと正確にプレーすれば、もっと多くのチャンスがあったはずだ」 「チャンスを逸したことに関してはノープロブレムだが、もっと多くのチャンスがあったはず。それこそ私が批判する点だ」 「ボールロストが早すぎるし、判断も悪すぎた。求められるレベルじゃなかった」 「ケビン・デ・ブライネという個人のクオリティが今日の試合で違いを生んだ」 「だが、我々は相手を傷つけたり、先制点を奪って相手に疑念を抱かせるクオリティを示すのに苦労した」 また、ベルギー代表FWロメル・ルカクの働きぶりを問われると、「彼も時々、役立つ働きが必要だ」と厳しい言葉を飛ばした。 「彼はプレッシャーがなく、見込みがありそうな場面で何度もボールを失って、大きなチャンスもあった」 「彼もチームの一員なのだ。前線のパフォーマンスはもっと良くなれるし、もっと良くしていく必要がある」 2022.01.16 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

決勝ミドルのデ・ブライネ「ナイスゴール、ナイスチームパフォーマンス」

マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが決勝ゴールを喜んだ。 プレミアリーグ連覇に邁進するシティは15日のプレミアリーグ第22節で2位のチェルシーをホームに迎え撃ち、1-0で勝利。チェルシーも粘ったが、70分にデ・ブライネがバイタルエリア中央に持ち上がっての右足ミドルをゴール右に突き刺して、シティが頂上決戦を制した。 シティはこれでチェルシーを13ポイント差にまで突き放して、より首位の座を確固たるものに。クラブ公式サイトによると、大一番で3ポイントをもたらしたデ・ブライネも試合後、喜びの心境を口にした。 「ゴールは重要なことなんだけど、最終的に(勝利したという)結果が明らかに僕を良い気分にしてくれる。勝たないと、(ゴールは)意味がない。僕らはすごく我慢強く戦った」 「相手は守備が堅く、あまりチャンスを作れないのは想定内だったし、1ゴールで十分だった。ナイスなゴール、ナイスなチームパフォーマンスさ。これを続けていこう!」 2022.01.16 09:45 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:マンチェスター・シティ 1-0 チェルシー《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、マンチェスター・シティvsチェルシーが15日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが1-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。   ▽マンチェスター・シティ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220116_0_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 31 エデルソン 6.5 前半守備機会がなかった中で後半入りのルカクの決定機を圧巻のセーブで阻止。前半は相手のカウンターへの対応や味方が嵌められそうになった際のパスの逃げ道と予防的なプレーを心がけ、後半は際どいクロスに対して冷静に対応   DF 2 ウォーカー 6.5 前半は極力味方にサイドのスペースで勝負させるため後方支援に徹し、後半は効果的な背後への飛び出しも見せた。ルカクやプリシッチらのカウンターに備えてリスク管理を怠らず   5 ストーンズ 6.5 約1カ月ぶりの先発出場となったが、ルベン・ディアスに代わって最終ラインをまとめる。ルカクとの肉弾戦で互角以上に戦い、後方からの配球もそつなし   14 ラポルテ 6.5 前半立ち上がりにルカクに突破を許す場面はあったが、以降はヴェルナーのシュートをブロックするなど集中した守備を披露。要所でチャレンジの縦パスも出していた   27 カンセロ 7.0 決勝点をお膳立て。正確な繋ぎや局面を打開するプレーに、守備では安定した対応と抜群の存在感を放った   MF 20 ベルナルド・シウバ 6.5 スターリングと共に右サイドで攻撃の起点となり、守備でも再三の好守を披露。トランジションの局面ではコバチッチと見ごたえのある攻防を繰り広げた   16 ロドリ 7.0 ビルドアップの経由点として機能。切り替えの場面でも奪い切る守備で相手の起点をきっちり潰した   17 デ・ブライネ 7.0 圧巻のミドルシュートで決勝点を記録。前線で起点づくりに絡みつつ後半には決定的なクロスを幾度も供給。球際の勝負でも互角以上に戦っていた   (→ギュンドアン -)   FW 7 スターリング 7.0 マルコス・アロンソ、サールのコンビに対して個的優位性をもたらす鋭い仕掛けを見せた。決定的な仕事を果たすまでに至らなかったが、間違いなく攻撃をけん引していた   47 フォーデン 6.5 最前線起用も中盤の低い位置やサイドに流れながら局面で数的優位を作り、フィニッシュの局面では利他的なプレーでシュートチャンスを供給   (→ガブリエウ・ジェズス -)   10 グリーリッシュ 6.5 前半終盤の決定機は決め切りたかった。得意のドリブル突破は前半リュディガーらにうまく封じられたが、後半に入って盛り返した。それ以外の場面でも攻守に多くの仕事をこなした   監督 グアルディオラ 6.5 欲を言えば、前半の内にゴールを奪って複数得点で勝ちたかったが、相手にほとんど決定機を作らせない完勝と言える   ▽チェルシー採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2022/get20220116_0_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ケパ 6.0 失点場面は相手を褒めるべき。グリーリッシュの決定機を阻むなど、個人としては素晴らしいゴールキーピングだった。マイボール時の判断や精度は課題か   DF 2 リュディガー 6.0 チーム事情で3バックの右でのプレーとなったが、安定した対人、クロス対応でシティ攻撃陣の前に立ちはだかった   6 チアゴ・シウバ 6.0 攻守両面で高い戦術眼を生かした安定したプレーを見せた。的確なコーチングで味方を動かしながら要所を締めた   31 サール 6.0 マイボール時はややバタついたが、守備では粘り強い一対一の対応や的確なカバーリングをみせ、ビッグマッチで見事な奮闘ぶりを見せた   MF 28 アスピリクエタ 5.5 前半はリュディガーと共に良い形で守っていたが、連戦の影響もあり後半は後手の対応が目立った   7 カンテ 5.5 失点場面ではデ・ブライネに振り切られたが、試合を通してセントラルMFの負荷が大きかった中で奮闘した   8 コバチッチ 6.0 前半に自身のロストからピンチを招いたが、ルカクの決定機演出で帳消しに。チームとして結果を残すことはできなかったが、攻守両面における仕事量の多さは際立っていた   3 マルコス・アロンソ 5.0 前半序盤にカードをもらったことでスターリングとのマッチアップで常に劣勢を強いられた。周囲のサポートで大崩れはしなかったが、相手の明確な攻めどころになっていた   (→マウント 5.0) 期待された攻撃を活性化する仕事は見せられず   FW 10 プリシッチ 5.0 前半は守備に奔走されて攻撃面でほとんど良さを見せられなかった。球際の勝負でも劣勢に   (→ヴェルナー 5.0) 失点直後に決定機が訪れたが、相手のブロックに阻まれる。全体的に覇気のないプレーに終始   9 ルカク 5.0 前線で完全に孤立し、相手守備陣にうまく封じ込まれた。チーム唯一の決定機は決め切りたかった。   22 ツィエク 5.0 前半は幾度か良い形でボールを引き出して起点になる場面もあったが、攻守両面で物足りない出来だった   (→ハドソン=オドイ 5.0) 左サイドで仕掛ける意識は高かったが、精度が伴わず   監督 トゥヘル 5.0 両ウイングバックの不在などエクスキューズはあったが、逆転優勝遠のく痛恨の敗戦に   ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! デ・ブライネ(マンチェスター・シティ) カンセロ、ロドリ、スターリングのパフォーマンスレベルも高水準だったが、試合を決める見事なゴールを挙げた元チェルシーMFをMOMに選出。まだまだベストコンディションとは言えないが、間違いなくパフォーマンスレベルは戻ってきている。   マンチェスター・シティ 1-0 チェルシー 【マンチェスター・シティ】 デ・ブライネ(後25) 2022.01.16 00:10 Sun
twitterfacebook
thumb

デ・ブライネ鮮烈ミドルが決勝点! シティがチェルシーとの頂上決戦制してPL12連勝達成!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第22節、マンチェスター・シティvsチェルシーが15日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが1-0で勝利した。   2022年初戦となった前節のアーセナル戦を後半アディショナルタイムのロドリの劇的ゴールによって2-1の逆転勝利を収めた首位のシティ(勝ち点53)は、新年を白星で飾ると共にリーグ連勝を11試合に更新。2位以下に10ポイント差を付ける快走で連覇へまい進中だ。   先週末のFAカップも新鋭パーマーの活躍などで4-1の快勝を収め、新年連勝スタートのグアルディオラ率いるチームは、今回の大一番に向けてアーセナル戦から先発4人を変更。ルベン・ディアス、アケに代わってストーンズ、ウォーカーが最終ラインに入り、ガブリエウ・ジェズスとアフリカ・ネーションズカップ参戦中のマフレズに代わって負傷明けのフォーデン、グリーリッシュがスターリングと共に3トップで並んだ。   対する暫定2位のチェルシー(勝ち点43)は、ブライトン、リバプールを相手に年を跨いで2試合連続ドローと失速傾向だ。それでも、直近に行われたEFLカップ準決勝のトッテナムとの2試合では、積極的にメンバーを入れ替えながらも安定したパフォーマンスで2連勝を飾り、前半戦の良い時期の状態に戻りつつある。   逆転優勝に向けて勝ち点3奪取必須となる今回のアウェイゲームでは3日前のトッテナム戦から先発5人を変更。新型コロナウイルス感染のクリステンセンに代わってチアゴ・シウバがバックラインに入り、ジョルジーニョ、ハドソン=オドイに代わってカンテ、マルコス・アロンソ。ルカクと共に3トップを形成する2シャドーはマウント、ヴェルナーからツィエク、プリシッチに変更された。   共に戦前の予想通りのシステム、配置で臨んだ中、主導権争いに注目が集まった前半の入りは、ホームチームがボールを握って押し込む展開に。最前線に入るフォーデンが中盤の低い位置まで下りて局面で数的優位を作り、両ウイングの個での突破を軸に攻め手を窺う。流れの中ではなかなか攻め切れないが、14分には左CKの場面で競り勝ったストーンズがヘディングで最初の枠内シュートを放った。   一方、ハイプレスではなくミドルプレスを採用したチェルシーは相手にある程度ボールを持たれながらも全体をコンパクトに保って穴を空けず。マイボール時はラフにルカクを狙ったロングボールに逃げることなく、対戦相手同様に後方から丁寧に繋ぐ姿勢を見せる。なかなかフィニッシュの機会は訪れないが、カンテ、コバチッチのボール奪取からショートカウンターに転じるなど、攻守両面で集中した戦いを続ける。   前半半ば以降は互いの出方を確認したこともあり、試合は膠着状態に陥っていく。その中で主導権を握るシティは要所で見せる質の高いコンビプレー、マルコス・アロンソに対して個的優位をもたらすスターリングの果敢な仕掛けを突破口に際どい場面を創出していく。   前半終盤にかけてはシティが相手陣内でハーフコートゲームを展開。そして、39分にはこの試合最大の決定機が訪れる。マルコス・アロンソ、コバチッチに対して連動したプレスを仕掛けると、デ・ブライネが引っかけたボールがペナルティアーク付近でフリーのグリーリッシュに繋がる。だが、そのままボックス内に運んだグリーリッシュのチップキック気味のシュートはGKケパがうまく残した左足のセーブに遭い、絶好機を逸した。   前回対戦同様にシティペースで進んだ試合は0-0のスコアで後半に突入。ややゆったりとしたリズムで進んだ前半の立ち上がりとは異なり、後半は攻守が目まぐるしく入れ替わるアグレッシブな入りとなった。   その中で開始直後の47分にはチェルシーにビッグチャンス。ハーフウェイライン付近でルーズボールを奪って縦に運んだコバチッチから完璧なスルーパスがルカクに通る。相手バックラインの背後を取ったルカクは得意の左足のシュートをファーポストに向けて放つが、これは絶妙なポジショニングと反射神経を見せたGKエデルソンの圧巻の横っ飛びセーブに遭い、チーム最初のシュートでの先制点には至らず。   この決定機をきっかけに前への意識を高めたチェルシーは、ツィエク、マルコス・アロンソと続けてシュートまで持ち込むなど、前半とは打って変わって攻勢を強めていく。だが、時間の経過と共にシティが主導権を奪い返していく。   チェルシーがより前からボールを奪いに来たことで、前半に比べてビルドアップでは苦戦するものの、相手の背後を取る動きやカウンターチャンスが増えると、63分にはボックス手前の好位置で得たFKの場面でキッカーのデ・ブライネが際どいシュートを放つ。さらに、68分にはカウンターからボックス右に侵入したスターリングが枠のわずか左に外れるシュートを放った。   ゴールレスの均衡が保たれたまま後半半ばを迎えた中、先に動いたのはチェルシー。69分、プリシッチとツィエクの2シャドーを下げてハドソン=オドイ、ヴェルナーを同時投入。だが、結果的にこの選手交代が試合を動かす形となった。   70分、シティはフォーデンのハイプレスでGKケパに長いボールを蹴らせると、ヴェルナーに競り勝ったラポルテが撥ね返したボールをロドリ、カンセロと繋いで相手陣内左のハーフスペースを駆け上がるデ・ブライネに繋がる。カンテのスライディングをかわしてペナルティアーク付近まで運んだ元チェルシーMFは相手守備にうまくスピードダウンされたかに見えたが、細かい内への持ち出しから見事な右足のミドルシュートをゴール右下隅の完璧なコースに突き刺した。   逆転優勝に向けて痛恨の先制点を献上することになったチェルシーはすぐさま反撃に打って出る。失点直後の72分にはこの試合初めてと言っていいボックス内への飛び出しを見せたアスピリクエタの右足ダイレクトでの折り返しから、ボックス中央のヴェルナーにシュートチャンスが訪れるが、ここはDFラポルテの身体を張ったブロックに遭う。   その後はボールを握って押し込むチェルシーはマルコス・アロンソを下げてマウントを投入し、より攻撃的な[4-2-3-1]の布陣でゴールをこじ開けにかかる。対するシティは殊勲のデ・ブライネ、フォーデンを下げてギュンドアン、ジェズスの投入で試合をクローズに入った。   試合終盤にかけてはカウンターからホームチームがより多くゴールに迫ったものの、チェルシーの守備陣も見事な粘りで2点目を与えず。ただ、最後まで冷静に時計を進めたシティが前回対戦に続く1-0のスコアで勝利。チェルシーとの大一番をデ・ブライネの鮮烈な一撃で勝ち切ったシティがリーグ戦12連勝を達成し、連覇に向けて大きな勝利を手にした。   一方、善戦も敵地で敗れたチェルシーは優勝争いからの脱落を意味する痛恨の2022年初黒星となった。 2022.01.15 23:31 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly