「信じることができない」湘南FWウェリントンが急逝のMFオリベイラを追悼…ブラジル人Jリーガーも追悼コメント

2021.11.25 05:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
湘南ベルマーレのFWウェリントンが、急逝したMFオリベイラ(23)への追悼メッセージを送った。24日、湘南はオリベイラが急逝したことを発表。行政検視の結果、急性うっ血性心不全であったことが判明。死亡推定時刻は23日の午前0時頃だったことを発表した。

23歳の若さ、そして突然の訃報に多くのファンが悲しんだ中、ショックの大きい湘南の選手たち。同胞のウェリントンは自身のインスタグラムを更新し、オリベイラへの追悼メッセージを綴った。

「僕の兄弟よ。君がもうここにいないということを信じることができない。君が僕たちのそばにいないことをどれほど寂しく思っているだろうか」

「笑顔でプレーし、楽しみ、パートナーであり、プロフェッショナルであった、そんな君のことをずっと忘れない」

「神様がご家族の心を慰めてくださいますように。安らかに眠ってください。僕の兄弟」

ウェリントンは笑顔での2ショットや子供と遊ぶ写真、そしてゲームセンターで本気を出して楽しむ動画をアップ。同胞との突然の別れを惜しんだ。

これには川崎フロンターレのFWレアンドロ・ダミアンも「なんて悲しいことだ、兄弟。皆さんに強さを」とコメント。セレッソ大阪のDFチアゴは「なんて悲しいことだろう。神は全ての人の心を慰め、家族をも慰める」、ガンバ大阪のFWパトリックは「悲しいね、兄弟」、横浜FCのFWサウロ・ミネイロは「信じられない」、アビスパ福岡のDFドウグラス・グローリは「悲しすぎる。友人や家族の皆様に、力を光を」などと、ブラジル人Jリーガーが反応した。

また、横浜F・マリノスのDFチアゴ・マルチンスや昨季までG大阪でプレーしたFWアデミウソン、大分トリニータのDFエンリケ・トレヴィザン、元C大阪のMFソウザや元北海道コンサドーレ札幌のFWアンデルソン・ロペスらは絵文字で悲しみを共有した。

1 2

関連ニュース
thumb

残留争う湘南がC大阪との敵地戦で執念の勝ち点1! 最終盤にPK献上も同点OG【明治安田J1第31節】

明治安田生命J1リーグ第31節の1試合が1日にヨドコウ桜スタジアムで行われ、セレッソ大阪vs湘南ベルマーレは1-1の引き分けに終わった。 さらなる上位進出を期す4位のC大阪と、残留争いからの生還を目指す15位の湘南。ルヴァンカップ決勝にも勝ち進み、ムードも良いC大阪は先発にキム・ジンヒョンが戻り、湘南は代表帰りの谷がスタートから出場した一方で、町野がベンチから出番を待った。 序盤からC大阪がポゼッションで優位に立った試合だが、前半は湘南のタイトな守りが光る流れに。突破口を探るC大阪は13分に左サイドバックに入る山中の左足クロスからアダム・タガートのヘッドでゴールに迫った以外に攻め切る場面を作れない。 そんななか、44分にようやく湘南の裏を突いての攻撃に転じたC大阪はボックス右の上門が並走したアダム・タガートに折り返すと、戻りながらの対応を強いられた岡本のオウンゴールを誘発。だが、VARでオフサイドの判定が下され、認められない。 6割近いポゼッション率に比べて、シュート数2本と物寂しいスタッツで試合を折り返したC大阪はその後半の頭からジェアン・パトリッキと北野をピッチに。立ち上がりから一段ギアを上げにかかるが、湘南も粘りある守りから攻めに出る流れをやり通す。 だが、半ばを迎えてもこう着状態が続き、両軍のベンチワークも活発化するなか、湘南は68分からピッチに入った町野にビッグチャンス。75分、阿部の絶妙なパスをボックス右で受けた町野が右足を振り抜くが、GKキム・ジンヒョンにブロックされてしまう。 冷や汗のC大阪は71分のアダム・タガートに続いて、78分にもマテイ・ヨニッチが負傷交代を強いられ、嫌なムードに。そのなかで、北野が80分に中原のパスからフィニッシュに持ち込んでいったが、ここはGK谷のファインセーブに阻まれ、先制機を逸する。 ややオープンな展開の終盤もスコアが動かず、引き分けもやむなしの様相を呈すなか、71分から出場した加藤がボックス内で山本からファウルを受けて、C大阪がPKのチャンスをゲット。これをキッカーのジェアン・パトリッキが決め、土壇場で一歩前に出る。 これで万事休すかに思われた湘南だが、後半アディショナルタイム6分に敵陣左サイドでFKのチャンスを獲得すると、キッカーを務めた阿部が右足でキック。加藤が頭で処理しようとしたボールがそのままゴールに吸い込まれ、土壇場で追いついてみせる。 逃げ切れなかったC大阪はACL出場圏の3位以内浮上に向けて手痛い2試合連続のドローに。湘南も4試合勝ちなしとなったものの、敗色ムードの一戦で残留に向けて勝ち点1をもぎ取った。 セレッソ大阪 1-1 湘南ベルマーレ 【C大阪】 ジェアン・パトリッキ(後45+2) 【湘南】 OG(後45+6) 2022.10.01 16:20 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1注目プレビュー|第31節:C大阪vs湘南】優勝へ、残留へ…互いに負けは許されない

【明治安田生命J1リーグ第31節】 2022年10月1日(土) 14:00キックオフ セレッソ大阪(4位/48pt) vs 湘南ベルマーレ(15位/31pt) [ヨドコウ桜スタジアム] ◆取りこぼしは許されない【セレッソ大阪】 中断期間中はYBCルヴァンカップの準決勝2試合を戦ったC大阪。浦和レッズ相手に見事に勝利を収め、2年連続の決勝進出を果たした。 チームとしても昨年逃したタイトルを獲得したいところだが、一旦はリーグ戦にフォーカスしなければいけない状況。逆転優勝に向けて、そして3位確保に向けては勝ち続けなければいけない。 今節は今季3度対戦し3勝を収めた湘南が相手。とはいえ、簡単に勝てる相手ではないことも理解している。特に、今季は長らく続く決定力不足は解消していない。試合を支配しチャンスを作りながらもゴールが決まらなくては勝ち点3は奪えないだけに、しっかりとフィニッシュワークを行えるかがポイントだ。 警戒しなければいけないのは、相手の貪欲さ。立場としては、相手の方が残留に向けて必死さが出るだけに、9月に下位との対決で勝ち点を落としていることを思い出し、気を引き締めて望みたいところだ。 ★予想スタメン[4-4-2] GK:キム・ジンヒョン DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、鳥海晃司、山中亮輔 MF:毎熊晟矢、奥埜博亮、鈴木徳真、為田大貴 FW:加藤陸次樹、上門知樹 監督:小菊昭雄 ◆4度目の正直で残留へ【湘南ベルマーレ】 中断明けの初戦。相手は今季3度対戦して3連敗を喫しているC大阪だ。 降格圏との勝ち点差は僅かに「2」。プレーオフ圏とは「1」という状況。気を抜くことなど許されなく、勝ち点をしっかりと積み上げることが残留に向けての最善の策となる。 湘南がすべきことは明白。強度の高い守備を続けてゴールを許さないこと、そして相手からボールを奪ってショートカウンターを仕留めること。これまでやり続けてきたことをしっかりできるかどうかだ。 攻から守、守から攻をしっかりと繰り返せるか。決定力が足りないのであれば、その回数をいかに増やすかでゴールと勝ち点を奪っていきたい。 ★予想スタメン[3-3-2-2] GK:谷晃生 DF:岡本拓也、大野一成、杉岡大暉 MF:石原広教、米本拓司、畑大雅 MF:池田昌生、タリク FW:ウェリントン、瀬川祐輔 監督:山口智 2022.10.01 11:11 Sat
twitterfacebook
thumb

指揮官不在の湘南、決定機作るも決め手を欠き浦和とゴールレス【明治安田J1第30節】

17日、明治安田生命J1リーグ第30節、湘南ベルマーレvs浦和レッズがレモンガススタジアム平塚で行われ、ゴールレスドローに終わった。 湘南は前節、残留を争う清水エスパルスとドローに終わった。山口智監督が新型コロナウイルス(Covid-19)の検査で陽性判定を受けたために、代わって高橋健二コーチが指揮を執り、清水戦で劇的な同点ヘッドを決めたウェリントンが5月14日以来の先発起用となった。 対する浦和は、水曜日にセレッソ大阪戦を戦い、中2日で今節を迎える。スタメンを7人入れ替え、キャスパー・ユンカーら、前線に外国籍トリオを並べた。 開始早々は浦和が勢いを持って入ったが、これをしのいだ湘南は最終ラインでのビルドアップから瀬川のヘディングまでつなげるなど、複数のフィニッシュシーンを見せる。 ボール保持の点では一日の長がある浦和も、次第にポゼッション率を高めて前進。伊藤、柴戸の両ボランチをケアされながらも徐々に湘南の守備ラインを下げていく。 湘南の右、浦和の左サイドでは一昨年のチームメイト、石原と馬渡がマッチアップ。左からのクロスに対し、馬渡が辛うじて難を逃れた場面や、ウェリントンを囮にしてフリーとなった石原がヘディングシュートを放つなどの攻防が繰り広げられた。 保持率とは裏腹にシュートチャンスのない浦和だが、裏へのシンプルなロングパスからユンカー、GK谷が弾いたボールにダヴィド・モーベルグと連続してのシュート。対する湘南は前半終了間際、浦和のパスミスからウェリントンがボックス左でのビッグチャンスを迎えたが、右足のシュートはバーを大きく越えた。 浦和は後半の頭からハーフタイムに伊藤を下げて岩尾を投入。ボールタッチの数を増やして攻撃のリズムを作ると、50分にはユンカーが反転から左足。直後には江坂のシュートが湘南ゴールを脅かす。 湘南も後出しで2枚替えを行うと、両ベンチともに動きが増し、湘南は71分に山田とのワンツーから阿部に決定機。だが、左ポケットからの左足は枠を捉えられず、直後のボックス手前左からの右足での巻いた一撃もGK西川の好セーブに遭った。 浦和も後半のアディショナルタイムに関根が単独突破からシュートに至るなど、互いに終盤までチャンスシーンを作ったものの、決め手を欠いた両チーム。ゴールレスドローで勝ち点「1」を分け合っている。 湘南ベルマーレ 0-0 浦和レッズ 2022.09.17 21:03 Sat
twitterfacebook
thumb

「しっかり機能できる」E-1から生き残った相馬勇紀と町野修斗に森保一監督「できることを最大限思い切って見せて欲しい」

15日、9月の欧州遠征に臨む日本代表メンバー30人が発表された。 カタール・ワールドカップ(W杯)前の最後のトレーニングキャンプとなる今回の活動。アメリカ代表、そしてエクアドル代表と、ドイツのデュッセルドルフで対戦する。 今回は国内組から8名が招集。その中で、7月のEAFF E-1サッカー選手権からはFW相馬勇紀(名古屋グランパス)、FW町野修斗(湘南ベルマーレ)が生き残る形となった。 森保一監督は、2人について言及。E-1中の活躍はもちろんのこと、その後のクラブでのパフォーマンスを見ていたとした。 「まずはE-1で良いプレーしていた選手はまだまだいますし、チーム全体で良い戦いができたと思っています」 「E-1選手権の前から、E-1、E-1後の自チームでのパフォーマンスを見ていて、彼らがこのチームに入っていてもしっかり機能できるというパフォーマンスを確認させてもらいながら、今回のメンバーに選ばせてもらいました」 「彼らがこのグループに入った時にトレーニングの中から、試合でプレーするチャンスがあれば、自分ができること、自分がチームのためにできることを最大限思い切って見せて欲しいと思っています」 他にもいるとした中で、招集された国内組の2人に加え、今回はDF瀬古歩夢(グラスホッパー/スイス)が久々に招集を受けている。 瀬古については「瀬古歩夢については、グラスホッパーに移籍して、新しいシーズンではレギュラーとして試合に出ていますし、去年移籍してきた時から色々な部分で強く激しく、インテンシティ高く戦う中で、強さを身につけています」と海外移籍での成長を評価。また、「本来彼が持っているディフェンスではありますが、攻撃の組み立て等々、対人の強さを発揮できていることを、現地の視察や映像で確認し、今回のグループに入っても活躍できるだろうということで招集させていただきました」とし、期待できる部分が伸びている点が招集理由だとした。 2022.09.15 16:35 Thu
twitterfacebook
thumb

湘南の山口智監督がコロナ感染、浦和戦不在に

湘南ベルマーレは13日、山口智監督が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたことを報告した。 これにより、17日に予定されている明治安田生命J1リーグ第30節の浦和レッズ戦は不在となる。 また、スタッフ2名の感染も確認されているが、クラブは「その他の選手・スタッフに関しましては、クラブで実施したPCR検査の陰性確認のもと、活動をしております」と伝えている。 2022.09.13 19:00 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly