相手選手へのタックルで批判浴びたイブラヒモビッチが“故意”だと認める「あいつに分からせなきゃいけない」

2021.11.24 11:51 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ミランに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチが、多くの批判を受けたスペイン代表DFセサル・アスピリクエタへのタックルについて、自らの言葉で説明した。

イブラヒモビッチは、14日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選最終節のスペイン代表戦に途中出場。グループ首位突破には勝利が絶対条件の中、86分にFWアルバロ・モラタのゴールでスペインに先制を許し、残り少ない時間で2ゴールが必要となった。

後半アディショナルタイムに入ると、スウェーデンがCKを獲得。まずは同点に追いつくチャンスだったが、ここでイブラヒモビッチがまさかの行動に出る。アスピリクエタに自らぶつかりに行くと、アスピリクエタはその場に倒れ込み、イブラヒモビッチも続いて倒れていった。

結局スウェーデンは試合に敗れ、プレーオフに回ることに。しかしながら、イブラヒモビッチにはこの行為でイエローカードが与えられ、プレーオフの初戦は累積で出場停止となってしまった。

イギリス『ガーディアン』のインタビューで、イブラヒモビッチはこの時の行動について振り返り、故意であったとストレートに語った。

「この前、代表で(アスピリクエタ)にタックルをした。わざとやった」

「あいつが俺たちの選手に愚かなことをしたんだから、これを言うことに恥はない。俺たちの選手に偉そうなことをしたからね」

「馬鹿げたことだったが、あいつに分からせるためにまたやるだろう。『お前は俺にそんなことする度胸はないだろう。ただ、俺にやったらどうなるかを見せてやるよ』とね。だからやったんだ」

「あいつは俺には何も言わないだろうけど、他の選手には言うだろうな。それが俺さ。これを話すのは恥ずかしいことじゃない」

「プレーオフの出場停止は論点じゃない。ピッチに倒れている人をからかってはいけないと理解してもらうことが重要だ。話せない犬を攻撃するもんじゃない。何かできる人と相手するものだ。20歳の俺のチームメイトを攻撃するのは簡単なことだ。あいつが理解してくれることを願っている」

あくまで、自身の考えを突き通したイブラヒモビッチ。結果的にチームに迷惑をかける格好となったが、今も自身の行いに後悔はしていないようだ。



1 2

関連ニュース
thumb

スウェーデン、スペイン、フランスがW杯出場権獲得《オーストラリア&ニュージーランド女子W杯》

2023年7月にオーストラリアとニュージーランドで行われる女子ワールドカップ(W杯)に関して、ヨーロッパの3カ国の出場が決定した。 現在は女子のインターナショナル・マッチデー(IMD)。なでしこジャパンは国内合宿を実施した。 ヨーロッパでは女子W杯予選が行われ、スウェーデン女子代表、スペイン女子代表、フランス女子代表が出場を決めた。 欧州予選は、9つのグループに分かれて予選が行われ、首位チームが出場。2位チームはプレーオフに進むこととなる。2位チームの上位3カ国はシード、残りの6カ国はプレーオフ1回戦を戦い、その後の決勝で出場権を争う。 スウェーデンは9大会連続9度目の出場。2019年のフランス女子W杯では3位の成績を残しており、東京オリンピックでは銀メダルを獲得し、オリンピックは2大会連続銀メダルを獲得している強豪だ。 スペインは、3大会連続3度目の出場。2021年の女子バロンドールであるアレクシア・プテジャス(バルセロナ)らを擁し、近年力をつけ、前回大会はベスト16まで勝ち進んだ。 フランスは、前回大会は開催国で4大会連続5度目の出場に。W杯は2大会連続のベスト8、東京五輪は出場を逃したが、リオ・デ・ジャネイロ五輪ではベスト8の成績を残している。 今大会から出場国が8カ国増え、男子と同じ32カ国に拡大。2023年7月20日から8月20日まで行われる。 ◆女子W杯出場決定国 【開催国】 オーストラリア(8大会連続8度目) ニュージーランド(5大会連続6度目) 【アジア】 中国(3大会連続8度目) 韓国(3大会連続4度目) 日本(9大会連続9度目) フィリピン(初出場) ベトナム(初出場) 【ヨーロッパ】 スウェーデン(9大会連続9度目) スペイン(3大会連続3度目) フランス(4大会連続5度目) 2022.04.13 14:58 Wed
twitterfacebook
thumb

W杯プレーオフ敗退に…スウェーデン代表指揮官「今夜は何も我々の思い通りにならなかった」

スウェーデン代表のヤンネ・アンデション監督がカタール・ワールドカップ(W杯)本大会出場を逃したことを嘆いた。『UEFA.com』が伝えている。 スウェーデンは29日に行われたカタールW杯欧州予選プレーオフ決勝でポーランド代表と対戦した。前半からボールを握ると何度かチャンスを作るも、ゴールを挙げることができないままハーフタイムへ。後半は開始早々に失点を許すと、その後は反撃を試みるもリードを広げられたチームは最後までゴールを揺らすことができず、0-2で敗れた。 この結果、2大会連続でのW杯本大会出場の夢が絶たれたことについて、試合後のインタビューに応じたアンデション監督も落胆。チャンスを作りながら得点につながらなかったことを嘆いた。 「非常に残念な結果だ。我々にとってW杯出場は手の届くところにあった試合だったと思う。チャンスを作ることはできたが、得点に結びつかなかった。相手のPKまでは、試合をコントロールできていたのだがね。我々は単純に、チャンスから得点を決めなければならなかった」 「今夜は何も我々の思い通りにならなかった。自分たちの思うように物事を進めなければならなかったんだ。そして我々は、他の状況を責めてはいけないと思う」 2022.03.30 13:18 Wed
twitterfacebook
thumb

母国をW杯に導くPKを決めたレヴァンドフスキ「誇らしく、幸せ」

バイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキがカタール・ワールドカップ(W杯)本大会出場決定に歓喜した。『UEFA.com』が伝えている。 レヴァンドフスキは29日に行われたカタールW杯欧州予選プレーオフ決勝のスウェーデン代表戦に先発した。前半11分にはヘディングシュートを放つなどゴールに向けて積極的な姿勢を見せると、49分にはチームメイトが得たPKを冷静に決めて先制点を記録。チームはその後に追加点を挙げると、最後までリードを守り抜き、2-0で勝利した。 自身にとって2回目となるW杯本大会出場が決定したことについて、試合後のインタビューに応じたレヴァンドフスキは喜びを露わに。PKのシーンでは大きなプレッシャーがあったと明かしつつ、勝利に貢献できたことを誇った。 「この試合前、チームには多くの問題があったと思う。多くの選手が負傷していて、僕自身もヒザに問題を抱えていた。だから、苦しみがあったけれど、今は喜ぶことができるね。僕はこれを誇りに思うし、幸せだ」 「(PKのシーンは)本当にタフであり、このプレッシャーは理解していた。今まで何度もPKを蹴ってきたけど、今回は一番難しかったと思う。この瞬間を多くの人が見てくれていると思うと…とても重要な意味を持つと理解していたよ。ボールに集中するのは簡単ではなかったけど、やり遂げることができた」 2022.03.30 11:39 Wed
twitterfacebook
thumb

2大会連続のW杯出場にポーランド指揮官も歓喜 「ポーランドサッカー界全体にとって特別な夜」

ポーランド代表のチェスワフ・ミフニエヴィチ監督がカタール・ワールドカップ(W杯)本大会出場決定を喜んだ。『UEFA.com』が伝えている。 ポーランドは29日に行われたカタールW杯欧州予選プレーオフ決勝でスウェーデン代表と対戦した。前半は相手に攻め込まれる展開が続いたが、集中した守りで凌ぎ切り、後半に入ると49分にFWロベルト・レヴァンドフスキがPKを決めて先制に成功。その後はピンチを切り抜けると、72分にはMFピオトル・ジエリンスキが追加点を決めてリードを広げ、そのまま2-0で勝利した。 2大会連続9度目のW杯本大会出場を決めたことに対して、試合後のインタビューに応じたミフニエヴィチ監督も歓喜。選手たちが大舞台でプレーするチャンスを得られたことを手放しで喜んでいる。 「私自身だけでなく、ポーランドサッカー界全体にとって特別な夜になった。我々の選手のなかには、W杯の決勝トーナメントでプレーする最後のチャンスとなるだろう人間がいることも、忘れてはならない。だから、彼らがW杯出場を逃さなかったことが本当に嬉しいよ。本当に、素晴らしい夜だ」 「前半45分を終えた後に何を変えたかって? 前半は10個のアクションがあり、5個は良いもの、5個は悪いものだった。それを選手たちに話して、後半に繰り返すべきこと、避けるべきことを説明したんだ。そして、それはうまくいった」 2022.03.30 10:35 Wed
twitterfacebook
thumb

イブラヒモビッチ、W杯出場ならずの失意を語る 今後の代表キャリアについては…

スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチがカタール・ワールドカップ(W杯)出場権逸に落胆のコメントを残した。 チェコ代表とのプレーオフ準決勝を延長戦の末に制して、29日に行われるポーランド代表との決勝に勝ち上がったスウェーデン。敵地ホジュフでのその大一番をゴールレスで折り返したが、2失点を喫して、0-2で敗れた。 79分から出場したものの、相手の守備に封じ込められ、母国を窮地から救い出せなかったイブラヒモビッチ。40歳のストライカーは試合後、『TV4』で失意の結果を振り返った。 「互角の試合だった。前半は何度か得点のチャンスがあった。相手もそうだった。後半は早い時間にゴールを決められ、追いかける展開になってしまった」 「俺らの勝利で終わるのもできただけに、みんなががっかりしている。負ければ、それが普通だ。誰もがW杯に出たいと思うものだが、残念ながら、そうならなかった」 なお、今後の代表キャリアについても問われると、「健康であり、貢献できる限りは続けたい」と返している。 2022.03.30 09:35 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly