「ビジネスの観点からの苦渋の決断」今治がアディダスとの契約満了を発表、40年来の付き合いである岡田武史会長も惜別

2021.11.19 11:01 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC今治は19日、ウェアサプライヤーであるアディダス ジャパンとの契約が今シーズン限りで終了することを発表した。

アディダス ジャパンとは、2016シーズンから契約しており、6シーズンにわたってチームをサポートしてもらっていたとのこと。四国リーグ、JFL、そしてJ3と3つのリーグにわたり、共に戦ってきた関係だった。

クラブは「アディダス ジャパン様には、リスタート2年目の2016年シーズンより6年間の長期に渡りサポートいただきました。四国リーグ、JFLをアディダス ジャパン株式会社様と共に戦い、そして共にJ3昇格を成し遂げられたことは、私たちFC今治にとって誇りです。6年間、ご支援いただき、本当にありがとうございました」としている。

また、クラブの代表取締役会長である岡田武史氏もメッセージを送り、自身の現役時代から監督を務めた、日本代表、コンサドーレ札幌(現 北海道コンサドーレ札幌)、横浜F・マリノス時代も一緒だったと、長年の関係に感謝した。

「アディダスさんとのお付き合いは私が選手だったころにさかのぼります。つまり、40年ぐらい前からの長いお付き合いです」

「日本代表監督の時も、コンサドーレやマリノスの監督の時もずっとアディダスと一緒でした。そして、2015年に私がFC今治を引き継いで2年目から、まだ四国リーグなのにJリーグクラブ並みのサポートをしてくれました。それは、営業のためではなく私を、そして私のやろうとすることを応援するためでした。今思えば大変な事でしたね。本当に感謝しています」

「そして今、そのお世話になった古くからの友人と別れる時が来ました。ビジネスの観点からの苦渋の決断でした」

「ただ、アディダスとは別れますが、スタッフの皆さんとはこれからもずっとつながっていたいと思っています」

「本当に長い間ありがとう」

なお、新たなサプライヤーは追って発表されるとのことだ。



1 2

関連ニュース
thumb

福岡、東家聡樹の復帰決定を発表! レンタル先の今治で25試合2ゴール

アビスパ福岡は7日、FW東家聡樹(24)の復帰決定を発表した。 東家は2020年に中京大学から福岡に入団。かつて下部組織にも在籍した古巣でプロキャリアをスタートさせると、昨季から今治に期限付き移籍して、明治安田生命J3リーグ25試合出場で2得点をマークした。 新シーズンから福岡に戻り、ポジション争いに挑む東家は両クラブを通じてコメントしている。 ◆アビスパ福岡 「明けましておめでとうございます。去年はレンタル先でチームに貢献できるような結果を残すことが出来ず悔しく苦しい一年となってしまいましたが、それでも福岡から温かい言葉を沢山送っていただきありがとうございました」 「また遠い中、応援に足を運んで来てくださったサポーターのみなさん、本当にありがとうございました。プロという厳しい世界で少しでも成長し、少しでも活躍出来るよう必死に頑張ろうと思っています。これからもよろしくお願い致します」 ◆FC今治 「あけましておめでとうございます。1年間色々なことがありましたが、どんな状況の中でもサポーターの皆さんの温かい応援と笑顔に沢山の元気をもらいました。夢スタジアムまで応援に来てくれて、全力で拍手をしてくれて本当にありがとうございました」 「このチーム、この街が大好きになりました。昨シーズンはいつも声をかけてくれた選手、スタッフのみんなや、自分を見かけたら手を振ってくれたり声をかけてくれた温かい街のみんなに助けられました!」 「自分は福岡に戻ることになりましたが今治での悔しい経験を無駄にしないよう必死に頑張ろうと思っています。そして少しでも活躍している姿を皆さんに届けたいです。本当に1年間お世話になりました。またどこかでお会いしましょう!」 2022.01.07 10:17 Fri
twitterfacebook
thumb

八戸が今治退団の宮尾孝一を獲得 「覚悟と向上心を持ってプレーします!」

ヴァンラーレ八戸は30日、FC今治からMF宮尾孝一(28)の完全移籍加入を発表した。 東京ヴェルディや横浜FCの下部組織所属歴を持つ宮尾は帝京高校、桐蔭横浜大学、Y.S.C.C.横浜を経て、今季から今治でプレー。明治安田生命J3リーグ10試合に出場したが、今月2日に契約満了で今治退団が決定した。 宮尾は八戸移籍を受け、クラブを通じてコメントしている。 「ヴァンラーレ八戸に関わる全ての皆さん、八戸市の皆さん初めまして。ヴァンラーレ八戸に加入する事になりました。宮尾孝一です! まず初めに、今回再びJリーグの舞台でプレー出来るチャンスをくださった下平さん、葛野さんをはじめ関わってくださった全ての方々に大変感謝しています。ありがとうございます!」 「今回、ヴァンラーレ八戸の一員として闘えることを凄く誇りに思います。ヴァンラーレ八戸のチーム理念や八戸市との連携のもと地域貢献や活動を大切にしているこのクラブで僕自身に出来ることをピッチ内外で表現していきたいと思います!」 「八戸という地域を本当の意味で大切にしているこのクラブだからこそファン、サポーター、スポンサーの方々と共に闘うことできっと新たな景色が見えてくると僕は信じています。2022シーズン、覚悟と向上心を持ってプレーします! 共に闘いましょう! よろしくお願いします」 2021.12.30 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

今治が徳島DF吹ヶ徳喜を期限付き移籍で獲得「J2昇格に向けて全力で頑張ります」

FC今治は30日、徳島ヴォルティスのDF吹ヶ徳喜(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年1月31日までとなり、徳島との公式戦には出場できない 吹ヶは三重県出身で、名古屋グランパスの下部組織で育った。U-12、U-15、U-18と昇格すると、阪南大学を経て2020年に徳島へと入団。プロ1年目の昨季は出番がなかったが、今季は明治安田生命J1リーグで5試合、YBCルヴァンカップで3試合に出場していた。 吹ヶは今治を通じて「徳島ヴォルティスから加入する吹ヶ徳喜です!J2昇格に向けて全力で頑張ります。よろしくお願いします!」と意気込みを語った。 また、徳島を通じては「2年間ありがとうございました。J1ホーム初勝利の瞬間は一生忘れません!J1復帰を願っています!成長するために頑張ってきます。ありがとうございました!」とコメントしている。 2021.12.30 11:19 Thu
twitterfacebook
thumb

今治が今季加入のMF島村拓弥と契約更新「結果でチームに貢献できるよう頑張ります!」

FC今治は29日、MF島村拓弥(22)との契約更新を発表した。 島村は京都サンガF.C.の下部組織出身で、2017年にトップチーム昇格。2018年にはFC岐阜、2019年にはブラジルのロンドリーナ、2020年はセレッソ大阪へ期限付き移籍。今シーズンから完全移籍で今治に加入した。 今治では、明治安田生命J3リーグで26試合に出場し1得点を記録している。 島村はクラブを通じてコメントしている。 「2022年もFC今治でプレーすることになりました!昇格に向けて得点やアシストだったり結果でチームに貢献できるよう頑張ります!一緒に戦いましょう!」 2021.12.29 10:57 Wed
twitterfacebook
thumb

岩手が山形MF小松駿太を期限付き移籍で獲得、今季は今治へ半季レンタル

いわてグルージャ盛岡は28日、モンテディオ山形のMF小松駿太(24)が期限付き移籍で加入することを発表した。加入期間は2023年1月31日まで。同期間中、山形との公式戦に出場できない。 横浜F・マリノス育成機関出身の小松は2017年に順天堂大学からY.S.C.C.横浜入り。その後、FC琉球を経て、2020年から山形入りを果たした。 今季は山形で明治安田生命J2リーグ2試合に出場したものの、出場機会を求めて同年8月からFC今治へ期限付き移籍。J3リーグ13試合の出場で1ゴール2アシストを記録した。 来季から岩手でプレーする小松は3クラブを通じてコメントをしている。 ◆いわてグルージャ盛岡 「いわてグルージャ盛岡に関わる皆さま、はじめまして。モンテディオ山形から加入することになりました小松駿太です。J2初年度の歴史的な1年を共に戦えることを嬉しく思います。決して簡単では無いと思います。難しい時期もあると思います。それでも共に前に進み続けましょう!よろしくお願いします!」 ◆モンテディオ山形 「この度、いわてグルージャ盛岡に期限付き移籍をすることになりました。昨シーズンに引き続き、モンテディオ山形の力になれず悔しいですが、同じ東北とJ2リーグを盛り上げられるように精一杯頑張ります!」 ◆FC今治 「この度、FC今治を退団することになりました。8月3日に今治に来て、リーグ最終戦が12月5日。わずか4ヶ月程でしたが、かけがえのない素晴らしい経験をさせていただきました。初めての夏の移籍、期限付き移籍で不安もある中、今治に来た日のことを鮮明に覚えています。そんな不安はすぐに消え、充実した日々を過ごすことができました。それも素晴らしい仲間、指導者、応援してくださる方々がいたからこその日々でした」 「僕が今治に来て、チームに何を残せて、サポーターの皆さんに何を残せたのかは正直分かりません。それでも、この期間、FC今治の勝利のために全力を尽くしました。まだまだ未熟な選手ですが、沢山の愛情、信頼、温もりを与えてくださって、ありがとうございました。そして、布さん。僕を必要としてくれて、使い続けてくれた中、結果を残せずにシーズン途中での解任という形になってしまい、本当に申し訳ないです。数試合でしたが、信頼を感じながらプレーが出来てとても幸せでした。ありがとうございました」 「最後になりますが、FC今治を愛する全ての皆さまと、素晴らしい日々を共に歩めた事を誇りに思います。来シーズンの飛躍を陰ながら応援しています。本当にありがとうございました!」 2021.12.28 14:35 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly