首位イラン&2位韓国が共に3発快勝! UAEが3位に浮上《カタールW杯アジア最終予選》

2021.11.17 02:59 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のグループA第6節が16日に行われた。

ここまで3勝2分けの無敗でグループ2位に位置する韓国代表(勝ち点11)は、敵地で4位のイラク代表(勝ち点4)と対戦し、3-0で快勝した。

前節のレバノン代表戦をファン・ヒチャンのPKによるゴールで競り勝った韓国は、この試合に向けて柏レイソルに在籍するGKキム・スンギュやキム・ミンジェ、ファン・ヒチャン、ソン・フンミンら主力を起用。最前線にはチョ・ゲスンが入った。

立ち上がりから優勢に試合を運ぶ韓国は、サイドを起点に相手を揺さぶりながらソン・フンミンらが枠内へシュートを飛ばしていくが、決定機まであと一歩という状況が続く。

それでも、前半半ば過ぎの33分には左サイドのファン・ヒチャンの中への持ち出しから右へボールを展開すると、深い位置を取ったイ・ヨンが浮き球のクロスを供給。これをボックス左に走り込んだキム・ジンスが体勢を崩しながらもワンタッチで折り返すと、ボックス右でフリーのイ・ジェソンが冷静にゴールネットへ流し込んだ。

1点リードで試合を折り返した韓国は後半もボールの主導権を握って試合をコントロール。だが、なかなか決定機まで持ち込めない状況が続く。だが、後半半ば過ぎにチョ・ゲスンがボックス内で倒されてPKを獲得。ここでエースのソン・フンミンがキッカーを務める。一度目のPKをきっちり決めたが、味方が先にボックス内に侵入したとの判定で蹴り直しとなるが、2度目のPKもきっちり決めた。

さらに、直後の79分にはカウンターから右サイドのソン・フンミンが鮮やかな仕掛けで長い距離を持ち上がり、ボックス付近で左を並走するファン・ヒチャンへラストパス。ここでファン・ヒチャンは冷静なシュートフェイントから内でフリーのチョン・ウヨンに短く落とすと、チョン・ウヨンの強烈な右足のシュートがゴール左隅へ決まった。

その後、イラクの反撃を無失点で凌ぎ切った韓国が3-0の快勝で連勝を飾っている。

また、4勝1分けで首位に立つイラン代表(勝ち点13)は、敵地で最下位のシリア代表(勝ち点2)と対戦し、3-0で勝利した。

立ち上がりから押し気味に試合を運ぶイランは、早い時間帯の先制点とはならなかったものの、前半半ばから終盤にかけて畳みかける攻めを見せる。

まずは33分、ロングカウンターからアミリの浮き球のフィードに抜け出したアズムンが巧みなファーストタッチでボールを収めてそのままボックス内まで運ぶと、冷静にGKとの一対一を制す。続く42分には左CKの流れから相手のボックス内でのハンドによって得たPKをキッカーのハジサフィが冷静に決めた。

2点リードを得て臨んだ後半はゲームコントロールを優先しつつ、点を取るために前へ出てきたシリアに対してカウンターから3点目を目指す展開に。

なかなかフィニッシュまで持ち込めない状況が続いたものの、試合終了間際の89分にはカウンターから左サイドを見事な個人技でこじ開けたゴリザデが試合を決定づける3点目を奪った。この結果、敵地で快勝のイランが首位キープに成功している。

なお、3位のレバノン(勝ち点5)と5位のUAE代表(勝ち点3)は、試合終盤のマブフートのPK弾によってUAEが1-0で勝利を収めた。

イラク代表 0-3 韓国代表
【韓国】
イ・ジェソン(33分)
ソン・フンミン(75分[PK])
チョン・ウヨン(79分)

シリア代表 0-3 イラン代表
【イラン】
アズムン(33分)
ハジサフィ(42分[PK])
ゴリザデ(89分)

レバノン代表 0-1 UAE代表
【UAE】
マブフート(85分[PK])


関連ニュース
thumb

韓国代表メンバー発表! ソン・フンミン不在でJリーグからは2名招集《カタールW杯アジア最終予選》

韓国サッカー協会(KFA)は22日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に向けた代表メンバーを発表した。 現在4勝2分け無敗でグループAで2位につけている韓国代表。昨年11月に行われた最終予選2試合では、UAE代表とイラク代表相手に2連勝を収めた。 今回は27日にレバノン代表、2月1日にシリア代表と対戦を控えるが、エースのソン・フンミン(トッテナム)やファン・ヒチャン(ウォルバーハンプトン)はケガのため招集できず。一方で元ガンバ大阪のファン・ウィジョが3カ月半ぶりに招集されている。 Jリーグからは、柏レイソルのキム・スンギュ、2022年からガンバ大阪に加わったクォン・ギョンウォンが選ばれている。 ◆韓国代表メンバー26名 GK ク・ソンユン(金泉尚武) キム・スンギュ(柏レイソル/日本) ソン・ボムクン(全北現代モータース) チョ・ヒョヌ(蔚山現代) DF カン・サンウ(浦項スティーラース) イ・ヨン(全北現代モータース) キム・ジンス(全北現代モータース) パク・ジス(金泉尚武FC) キム・ヨングォン(蔚山現代) キム・テファン(蔚山現代) ホン・チョル(大邱FC) クォン・ギョンウォン(ガンバ大阪/日本) キム・ミンジェ(フェネルバフチェ/トルコ) MF キム・ジンギュ(釜山アイパーク) ソン・ミンキュ(全北現代モータース) ペク・スンホ(全北現代モータース) イ・ドンギョン(蔚山現代) イ・ドンジュン(蔚山現代) クォン・チャンフン(金泉尚武FC) チョン・ウヨン(アル・サッド/カタール) ファン・インボム(ルビン・カザン/ロシア) イ・ジェソン(マインツ/ドイツ) チョン・ウヨン(フライブルク/ドイツ) FW キム・ガンヒ(水原三星ブルーウィングス) チョ・ギュソン(金泉尚武) ファン・ウィジョ(ボルドー/フランス) 2022.01.22 22:35 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和DF酒井宏樹が日本代表招集に「勝利のため全力を尽くす」

日本サッカー協会(JFA)は22日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 ここまで6試合を終えて4勝2敗の勝ち点12で2位につける日本。9月、10月と共に初戦を落とし苦しい戦いを強いられたが、10月にオーストラリア代表を下すと、11月はベトナム代表、オマーン代表に連勝し、2位に浮上した。 17日から行われていた日本代表候補のトレーニングキャンプから参加しているDF酒井宏樹(浦和レッズ)が招集にコメントした。 「代表メンバーに選ばれて光栄です。試合後の隔離のため、浦和にはスーパーカップ(FUJIFILM SUPER CUP 2022)直前の合流になってしまい迷惑をかけてしまいますが日本代表の勝利のため全力を尽くしてきます」 「コンディション上げて浦和に合流できるようしっかりプレーしてきます!」 日本代表は、27日には中国代表と、2月1日にはサウジアラビア代表と対戦する。 2022.01.22 16:49 Sat
twitterfacebook
thumb

「非常に重要な2試合」日本代表招集の神戸FW大迫勇也がW杯予選に意気込み

日本サッカー協会(JFA)は22日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 ここまで6試合を終えて4勝2敗の勝ち点12で2位につける日本。9月、10月と共に初戦を落とし苦しい戦いを強いられたが、10月にオーストラリア代表を下すと、11月はベトナム代表、オマーン代表に連勝し、2位に浮上した。 17日から行われていた日本代表候補のトレーニングキャンプから参加しているFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)が招集にコメントした。 「ワールドカップ出場に向けて非常に重要な2試合なので、日本のため、チームのために、全力を尽くし、チームに貢献していきます。皆さま応援よろしくお願い致します」 日本代表は、27日には中国代表と、2月1日にはサウジアラビア代表と対戦する。 2022.01.22 16:40 Sat
twitterfacebook
thumb

日本代表選出のFC東京DF長友佑都「責任を持ってしっかりと戦います」

日本サッカー協会(JFA)は22日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 ここまで6試合を終えて4勝2敗の勝ち点12で2位につける日本。9月、10月と共に初戦を落とし苦しい戦いを強いられたが、10月にオーストラリア代表を下すと、11月はベトナム代表、オマーン代表に連勝し、2位に浮上した。 17日から行われていた日本代表候補のトレーニングキャンプから参加しているDF長友佑都(FC東京)が招集にコメントした。 「日本代表に選出していただき大変光栄です。W杯に向けて大事なホームでの2試合、責任を持ってしっかりと戦います。応援よろしくお願いします」 日本代表は、27日には中国代表と、2月1日にはサウジアラビア代表と対戦する。 2022.01.22 16:37 Sat
twitterfacebook
thumb

ピッチ内外で存在感見せたキャプテンDF吉田麻也の不在に森保一監督「1人1人がチームが勝つために何ができるか」

日本代表の森保一監督が、招集外となったサンプドリアのDF吉田麻也について言及した。 日本サッカー協会(JFA)は22日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 27日には中国代表と、2月1日にはサウジアラビア代表と対戦する日本。キャプテンの吉田は負傷のために招集外となった。 吉田は6日に行われたセリエA第20節でカリアリ戦で負傷。試合ではアシストを記録しながらも、後半に自ら交代を要求した。 右足太ももの筋肉トラブルにより、3週間の離脱ともされた吉田は現在も復帰できず。日本代表も招集外となった。 ピッチ内での存在感はもちろんのこと、ピッチ外でもキャプテンとして大きな存在だった吉田の不在について森保監督も言及。新たにキャプテンを決めるとしながらも、1人1人がしっかりと行動してくれるだろうと、全員で大きな穴を埋めることを期待した。 「まずは、吉田がケガで今回の代表活動に参加できないということで、キャプテンも決めないといけないと思っていますが、活動が始まってから最終的には決めたいと思います」 「候補になる選手はたくさんいますし、これまでの活動を見た上で、最終的にメンバーが確定して今日発表させていただきましたが、選手が集まった時に皆さんにお伝えしたいと思います」 「しかしながら、誰がキャプテンをやるということよりも、これまで通り、吉田がキャプテンとしてチームをまとめてくれる、我々スタッフと選手の架け橋をしてくれる、チームとメディアのみなさん、チームとサポーターのみなさんとの間で非常に良い働きをしてくれた中で、彼だけがチームのために行動していたのではなく、選手1人1人がチームのために責任を持って言動してくれていたからこそ、ここまで代表として良い活動することができていると思います」 「キャプテンということ、チームをまとめる存在がいるということは大切だと思いますが、まずは1人1人がチームが勝つために何ができるかを責任を持って、この中国戦、サウジアラビア戦に挑もうということを確認して、キャプテンを決めたいと思います」 誰がキャプテンを務めるのか。多くの経験がある選手もいる中で、リーダーシップを取る選手にも注目だ。 2022.01.22 15:52 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly