劇的弾でポルトガル撃破のセルビア、ミッション達成で大統領から1億3000万円のボーナスも全額寄付

2021.11.16 22:40 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選の最終節で劇的な勝利を収めたセルビア代表の面々だが、大統領からのボーナスが約束されていた。セルビアは14日、ポルトガル代表との予選最終節を戦った。首位のポルトガルは引き分け以上でW杯出場が確定する状況。セルビアは勝利が必須だった。

試合は、開始2分でレナト・サンチェスのゴールが決まりポルトガルが先制。しかし、33分にドゥシャン・タディッチのゴールでセルビアが追いつく。
しかし、その後はなかなかゴールが奪えず。1-1のまま引き分けになるかと思われたが、90分にアレクサンダル・ミトロビッチが劇的ゴール。土壇場で勝ち越したセルビアが逆転で1位となり、カタールW杯出場権を獲得。ポルトガルは失意の中プレーオフに向かうこととなった。

見事にW杯への切符を手にしたセルビアだったが、ポルトガルへと移動する飛行機の中、セルビアのアレクサンダル・ヴチッチ大統領が約束。W杯出場権を獲得したが100万ユーロ(約1億3000万円)のボーナスを提供するとしていた。

大統領の提案が最後のゴールに繋がったかは分からないが、セルビア代表は見事に大統領が求めるポルトガル撃破を成し遂げていた。

なお、『ESPN』によると、選手たちが受け取った100万ユーロに関しては、セルビア国内の病気の子供たちの治療に寄付されるという。

1 2

関連ニュース
thumb

カタール代表、新監督にカルロス・ケイロス氏を招へい! カタールW杯ではイラン代表を指揮

カタールサッカー協会(QFA)は6日、カルロス・ケイロス氏(69)をカタール代表の新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は2026年までとなる。 カタール代表は2017年7月に当時U-19カタール代表の指揮官を務め、同国の若年層世代の育成に貢献したフェリックス・サンチェス監督(47)A代表の指揮官に抜擢。 5年半に渡る政権下では2019年のアジアカップでカタールを初優勝に導くなど手腕を発揮。しかし、自国開催で期待された昨年のワールドカップ(W杯)ではグループステージ全敗と結果を出せず、昨年末に契約満了による退任が発表されていた。 後任に就任したケイロス氏は、1989年にU-20ポルトガル代表で監督キャリアをスタート。その後、ポルトガル代表を2度、UAE代表や南アフリカ代表、イラン代表、コロンビア代表、エジプト代表など代表チームの指揮官を歴任。 その一方で、クラブレベルではレアル・マドリーや名古屋グランパス、スポルティング・リスボンを率い、サー・アレックス・ファーガソン監督の副官としてマンチェスター・ユナイテッドでも仕事をしていた。 直近は2022年9月から2度目のイラン代表監督を歴任。先のカタールW杯では、ウェールズ代表から金星を挙げたが、イングランド代表、アメリカ代表に次ぐ、グループB3位で大会を後にしていた。 2023.02.07 06:01 Tue
twitterfacebook
thumb

ガーナ代表FWクリスティアン・アツがトルコの大地震で被災…崩壊した瓦礫の下敷きに

かつてチェルシーやニューカッスルなどに在籍したガーナ代表FWクリスティアン・アツが、現地時間6日に発生したトルコ南東部での大地震に巻き込まれたことが判明した。フランス『フット・メルカート』は地元メディア『Star』の情報を引用して報じている。 トルコでは現地時間6日早朝にカフラマンマラシュ州を震源にマグニチュード7.8の地震が発生。この地震により多くのビルが倒壊し、爆発的火災なども発生しており、トルコ国内では少なくとも912名の命が奪われ、死者はさらに増える可能性があるとのこと。 そして、報道によると、2022年9月からスュペル・リグ(トルコ1部)のハタイスポルに所属するアツも、この地震の被災者の一人となっているようだ。 『Star』によれば、現在アツはハタイスポルのタネル・サフトSD(スポーツディレクター)と共に崩壊した瓦礫の下敷きとなっており、救助隊が彼らの救助に当たっているとのこと。 なお、同じく瓦礫の下敷きとなっていたDFブラク・オクスズとFWベルトゥグ・ユルディリムは、技術スタッフ2名とともに瓦礫の中から引き上げられたとのことだ。 [写真はニューカッスル時代のFWアツ] 2023.02.06 23:20 Mon
twitterfacebook
thumb

続投は確実だが… W杯優勝指揮官スカローニ、アルゼンチン協会会長との関係は微妙?

アルゼンチン代表を率いるリオネル・スカローニ監督(44)には抜群の求心力があるようだ。 カタール・ワールドカップ(W杯)でアルゼンチン代表を率い、母国に36年ぶりとなる優勝トロフィーを持ち帰ったスカローニ監督。2026年のW杯に向けても続投が基本線とされるが、懸念がないわけではないようだ。 アルゼンチン版『マルカ』によると、スカローニ監督はアルゼンチンサッカー協会のクラウディオ・タピア会長との関係が芳しくないようで、同会長からたびたび采配に口出しされる事実を良く思っていないという。 とあるジャーナリストは「2026年までの契約更新は確実だが、タピア会長との関係はすでに壊れている」と主張。カタールW杯の決勝直前、ケガを抱えていたアンヘル・ディ・マリアの起用を巡って首を突っ込まれ、相当な不快感に苛まれたとのことだ。 一方、選手とコーチングスタッフはスカローニ監督の味方でいる模様。タピア会長は国内の大物政治家への擦り寄りが露骨だったり、メディアを通じてスカローニ監督に続投を迫ったりと、現場が困惑する言動が目立ち、『マルカ』は同会長を「知性に欠ける」と批判的だ。 ともあれ、リオネル・メッシを筆頭としたスーパースター軍団を見事に掌握し、44歳の若さでW杯優勝指揮官となったスカローニ監督の続投は固いようだ。 2023.02.06 18:16 Mon
twitterfacebook
thumb

アルゼンチン代表の新守護神はメッシ?! 好セーブ披露の息子が注目の的「次のW杯が楽しみ」

父親とは異なるプレーヤーを目指すのだろうか。パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの息子はGKに興味があるようだ。 メッシは3日に自身のインスタグラムストーリーズを更新。子供たちと戯れる様子を公開した。 登場したのは三男のシロくん。ソファの上で見事な横っ飛びを幾度も披露している。 クッション性とはいえ、それなりのスピードで向かってくるボールをしっかりとキャッチ。素晴らしいセービングを連発した。 ファンからは自身の過去に重ねて懐かしむ「懐かしい、ぼくもこうやって遊んでいたことがあるなぁ」、「子供の頃はみんなそうしていた」などの声のほか、「(現アルゼンチン代表GK)エミリアーノ・マルティネスの影響かな」、「(フランス代表歴代最多出場記録保持者のウーゴ・)ロリスより上手い」といった声も。 「チェルシーが見つける前に彼を隠せ!」と、今冬の移籍市場で総額3億6360万ユーロ(約510億円)をつぎ込んだプレミアクラブを持ち出すコメントもあれば、「ゴールキーパー、ストライカー、ディフェンダー……何をしても最高になることは間違いありません」、「次のW杯が楽しみだ」と将来への期待も寄せられることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】メッシの三男・シロくんがファインセーブを連発!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CoNzlzBLU3O/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CoNzlzBLU3O/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CoNzlzBLU3O/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">433(@433)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.02.04 21:30 Sat
twitterfacebook
thumb

マジョルカで大久保嘉人を指導したクーペル監督がシリア代表の指揮官に就任

シリアサッカー協会(SFA)は3日、アルゼンチン人指揮官のエクトル・クーペル氏(67)を代表監督に任命したことを発表した。 かつてバレンシアを2年連続でチャンピオンズリーグ決勝に導いた実績を持つクーペル監督。2001年に就任したインテルでは、当時低迷していたチームで1年目はリーグ3位、2年目は2位という成績を残し、CL準決勝にも進んだ。また、2004年から2006年にかけて指揮したマジョルカで大久保嘉人を指導したことで日本でも知名度は高い。 その後はギリシャやトルコ、UAEなど多くの国々で監督業を務めた中で、ここ数年はエジプト代表、ウズベキスタン代表、コンゴ民主共和国代表の監督を歴任。2021年5月に就任したコンゴ民主共和国代表ではカタール・ワールドカップの出場を逃し、アフリカネイションズカップ2023のグループ予選も2敗スタートとなったことから、昨年6月に1年で解任されていた。 一方、近年は国内紛争の影響を受けるシリア代表は、アジアでも目立った成績を収められておらず、就任した監督は大体1年未満で解任されていく。クーペル新監督の前任であるシリア人のフッサム・アル・サイード監督は昨年8月に就任したが、6戦6敗という戦績に終わっている。 2023.02.04 14:15 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly