C・ロナウドの “激怒” ポルトガル指揮官が理由明かす「試合とは関係ない」

2021.11.16 12:15 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトガル代表のフェルナンドサントス監督が、FWクリスティアーノ・ロナウドの態度について説明した。ポルトガル『A Bola』が伝えている。ポルトガルは14日、カタール。ワールドカップ(W杯)欧州予選最終節でセルビア代表と対戦した。

グループ首位のポルトガルは2位のセルビアとの対戦となったが、引き分け以上でW杯出場が決定。その試合ではレナト・サンチェスのゴールで早々に先制するも、同点に追いつかれると、引き分けかと思われた90分に被弾。1-2で敗れ、2位に転落しプレーオフに回ることとなってしまった。
この試合にフル出場しながらもゴールは奪えず、ピッチの上で悔しい思いをすることとなったC・ロナウドは、ピッチに座り込み呆然。厳しい表情を浮かべていた。

その後、サントス監督が選手たちを労うために握手をしに行くが、その姿を目にしたC・ロナウドは不満を爆発。両手を激しく動かし、歯がゆい思いを隠さなかった。サントス監督と握手こそ交わしたものの、感情のこもっていないあっさりとしたもので、C・ロナウドの怒りは収まらずにその後も不満を露わにしていた。

サントス監督によれば、C・ロナウドは過去の判定について怒りを覚えていたという。

「(エスタディオ・ダ・)ルスでの試合とは関係ない。彼は、セルビアでの試合の最後の最後にゴールを決めたはずなのに、それが検証されなかったと言っていた。普通に考えて、彼は悔しい思いをした。ゲームの終わった後に、何が起こったか起こらなかったかを説明する人はいない」

サントス監督が言及したのは、今年3月にセルビアのホームで行われた第2節のこと。後半アディショナルタイムにC・ロナウドのシュートがゴールラインを割ったように見えたものの、審判団はゴールを認めず、試合を続行。結局そのままドローで終わっていた。当時はVARが不採用だった。

その試合の結果が変わっていれば、予選全体の結果にも大きく影響を与えていただけに、C・ロナウドの脳裏には当時の悔しさがよぎっていたのかもしれない。

1 2

関連ニュース
thumb

古傷再発のポルトガル代表DFヌーノ・メンデス、無念のW杯終了…

ポルトガル代表DFヌーノ・メンデスが、負傷により残りのカタール・ワールドカップを欠場することになってしまった。 28日に行われたグループH第2戦のウルグアイ戦でケガを負ったヌーノ・メンデス。20歳の同選手にとってこの一戦が代表デビュー戦だったが、前半の終盤にピッチに座り込むと、涙を流しながらピッチを後にしていた。 フランス『レキップ』によれば、左足ハムストリングの古傷が再発してしまったようで、このままW杯に別れを告げる可能性もあると指摘されていたが、この度、フェルナンド・サントス監督から説明があり、残念ながら予想が的中することになった。 「残念ながら、ヌーノは残りのワールドカップから外れることになる。ただ、彼は我々と共に戦うことを望んでおり、クラブ(パリ・サンジェルマン)もそれを受け入れてくれた。これはこのチームの精神状態を表しており、重要なことだ」 2022.12.01 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

W杯16強のポルトガル代表、ヌーノ・メンデスにリタイアの可能性…古傷再発か

カタール・ワールドカップ(W杯)の16強に駒を進めたポルトガル代表だが、DFヌーノ・メンデスにリタイアの可能性が浮上している。 所属先のパリ・サンジェルマン(PSG)で有望な左サイドバックとして名を広める20歳は11月28日に行われたグループH第2戦のウルグアイ代表戦で先発。これがW杯デビュー戦だったが、前半の終盤に自ら座り込み、42分に涙しながらピッチを後にした。 現時点でポルトガルサッカー連盟(FPF)から何のアナウンスもなされていない状況だが、フランス『レキップ』によると、古傷の故障を再発させた疑いがあり、このままW杯の戦いに幕を閉じる恐れに直面している模様だ。 ヌーノ・メンデスはW杯前の10月上旬にも所属先で左足ハムストリングを痛めて3週間の離脱を余儀なくされ、同月末にようやく復帰。近く診断結果が出る予定とのことだが、今回のケガはそのときと酷似しているという。 今大会に入って、MFダニーロ・ペレイラとDFオタビオもケガと戦力ダウンが相次ぐポルトガルだが、グループH最終戦を残して突破が決定。2日の最終戦では首位突破をかけて韓国代表と対戦する。 2022.12.01 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

ブラジルで最もセクシーな女性ファンが夢中なのは意外な選手「彼はとてもハンサム」

ブラジルで最もセクシーでホットなファンと呼ばれるモデルのマヤラ・ロペスさん。母国ブラジルの6度目の優勝を願う中、1人の選手に夢中だという。 22大会連続の出場となっているブラジル。史上最多5度の優勝を誇るチームは、カタール・ワールドカップ(W杯)でも優勝候補の筆頭に上がっている。 グループステージの2試合を終え、セルビア代表、スイス代表に連勝し、早くもラウンド16進出を決めている状況。初戦でエースのFWネイマールが負傷したものの、順調な滑り出しを見せたと言える。 そのブラジルの優勝を願うロペスさんは、「OnlyFans」というソーシャルメディアのスター。タトゥーモデルもしており、ブラジルが優勝した場合には1000人に無料購読を提供するとしている。 そのロペスさんだが、イギリス『サン』に対してお気に入りの選手を語った。 「私のお気に入りはリシャルリソンよ。彼はとても良い人で、謙虚で、ブラジルのコミュニティや貧しい人々を本当に助けているところが大好き。とても優しいわ」 「間違いなくネイマールも愛している。彼がブラジルでサントスのためにプレーして以来、彼を追ってきたわ」 「彼はとても大きくなって、わたしたちを何度も助けてくれた。だから彼も大好きよ」 ブラジルを愛するロペスさんは、今大会に向けて蓄えていた髭を剃り、別人と話題になったGKアリソン・ベッカーについても「可愛い」とコメントし「アリソンは最高のルックス。彼は他の全てのブラジル人とは全然違うわ」と称賛していたが、最も夢中になっている選手はブラジル代表ではなかった。 「私はクリスティアーノ・ロナウドに夢中よ。彼はとてもハンサム。アリソンは可愛いけど、ロナウドはハンサムよ!」 ブラジルを愛し、ブラジルを応援しながらも、どうやら1番の好みはC・ロナウドとのこと。ポルトガルもラウンド16行きが決定している中、共に1位通過となれば決勝か3位決定戦までは当たらない計算に。仮にどちらかが2位になれば、ラウンド16でいきなり対戦するが、その場合はブラジルを応援しながらもC・ロナウドに目を奪われてしまうのだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】ブラジルのシャツをセクシーに着こなすロペスさん、ピカチュウのビキニも披露</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/ClWZxxML_I5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/ClWZxxML_I5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/ClWZxxML_I5/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Mayara Lopes | Tattooed model(@iwantmayara)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cd_IQebrw75/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cd_IQebrw75/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cd_IQebrw75/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Mayara Lopes | Tattooed model(@iwantmayara)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.11.29 23:50 Tue
twitterfacebook
thumb

必死のゴール主張もC・ロナウドはボールに触れておらず…公式球提供のアディダスが見解示す

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの“幻のゴール”はやはり幻だった。 ポルトガル代表は28日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)のグループH第2節のウルグアイ代表戦を2-0のスコアで勝利し、最終節を残してグループリーグ突破を決めた。 同試合ではMFブルーノ・フェルナンデスが2ゴールを挙げてチームを勝利に導く活躍を見せたが、先制点に関してはチームメイトであるロナウドから物言いが入ることに。 後半立ち上がりの54分の先制点のシーンでは、左に流れたB・フェルナンデスがキックフェイントでDFのタイミングを外してクロスを供給すると、ゴール前に飛び出したロナウドがヘディングを試みるも、ボールには触れずにクロスがそのままゴール右隅に決まった。 公式記録では当初、ロナウドがわずかながら触ったとの判定でポルトガルのエースFWのゴールを支持も、その後にB・フェルナンデスのゴールに訂正された。 同試合後もロナウドはチームメイトに対して自身のゴールを訴え、B・フェルナンデスやフェルナンド・サントス監督も試合後にどちらのゴールだったか分からないと語るなど、非常に微妙な判定だった。 しかし、国際サッカー連盟(FIFA)と今大会の公式球『アル・リフラ』を提供するアディダスが、『ESPN』の取材に対して公式の見解を示し、ロナウドがボールに触れていなかったことをテクノロジーに基づいて説明した。 「ポルトガルとウルグアイの試合では、アディダスのアル・リフラの公式試合球に搭載されたコネクテッド・ボール・テクノロジーを使用して、試合の先制点でクリスティアーノ・ロナウドがボールに接触がないことを明確に示すことができました」 「私たちの測定値に「心拍」がないことからもわかるように、ボールにかかる外力は測定できませんでした。ボール内部の500Hz IMUセンサーにより、非常に正確な分析が可能になりました」 なお、今大会の試合球には、試合関係者にリアルタイムのデータを提供できる技術が組み込まれている。また、センサーを使用して選手が行うすべてのタッチをキャプチャし、7月に発表されたプレスリリースでは、「オフサイドの状況を知らせるだけでなく、不明確なタッチの検出を支援し、最終的にVAR意思決定プロセスの品質と速度を向上させる」とのボールタッチに関する情報も提供されていた。 今回、テクノロジーによって英雄エウゼビオが持つポルトガルのW杯通算ゴール記録(9点)に並ぶことができなかったロナウドだが、グループ最終節の韓国代表戦、決勝トーナメント以降の試合で偉業達成を目指す。 2022.11.29 23:19 Tue
twitterfacebook
thumb

これぞ子供たちのヒーロ! C・ロナウドとハイタッチした少年の絵に描いたような驚きの反応が話題「イリュージョンだ」「可愛すぎる」

これぞスーパースターのなせる技というところだろう。 カタール・ワールドカップ(W杯)が開幕し、各国が2試合を消化。すでにフランス代表、ブラジル代表、ポルトガル代表の突破が決定。一方で、敗退が決まったのは開催国のカタール代表、カナダ代表のみという状況だ。 そんな中、28日にはグループH第2戦でポルトガルがウルグアイ代表と対戦。勝利すれば突破が決まる試合は、ブルーノ・フェルナンデスの2ゴールでポルトガルが勝利。無事にラウンド16進出を決めた。 キャプテンであるFWクリスティアーノ・ロナウドは大会前からピッチ外で大きな話題を振る舞っていたが、偉大なサッカー選手としてもやはり大きな力を持っているようだ。 それは第1戦のガーナ代表戦前の出来事。ピッチに入る前、準備を済ませて整列しようとする中、エスコートキッズが先に並んでいた。 C・ロナウドは1人の少年が手を差し出した中、自らの手を伸ばしてハイタッチ。少年の要求に応えたのだが、その少年の反応が大きな話題となった。 少年はC・ロナウドと分かって手を出したものの、まさかハイタッチをしてくれると思っていなかったのか、改めてC・ロナウドの顔を見て絵に描いたような驚きの反応を。大きく口を開け、目を大きく見開き、自分の前に立っている少年に「マジかよ!」と言っているように見える。 自ら手を出しつつ返してくれると思っていなかったのか、この反応には「可愛すぎる」、「素晴らしい」、「イリュージョンだ」とコメント。少年の純粋すぎる反応が話題を呼ぶとともに、C・ロナウドが持つ影響力の大きさも改めて注目されることとなった。 <span class="paragraph-title">【動画】超絶カワイイ少年の反応!スーパースターとのハイタッチに驚き隠さず</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The reaction from this boy when meeting Cristiano Ronaldo is beautiful.<a href="https://t.co/uIzshcIeYM">pic.twitter.com/uIzshcIeYM</a></p>&mdash; James Melville (@JamesMelville) <a href="https://twitter.com/JamesMelville/status/1597384581661208577?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.11.29 20:10 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly