中国を離れ2カ月…カンナバーロ氏がアメリカからのオファー拒否を告白「ヨーロッパでのチャンスを待つ」

2021.11.15 23:10 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今年9月に広州FCと契約を解除した元イタリア代表DFのファビオ・カンナバーロ氏だが、アメリカからのオファーを断っていたようだ。イタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』が伝えた。

カンナバーロ監督は、2014年11月にマルチェロ・リッピ監督の後任として指揮官に就任。2015年6月に退団し、アル・ナスルや天津権健(2020年に解散)で指揮を執り、2017年11月に再任していた。

広州FCでは公式戦148試合を指揮し、90勝29分け29敗の成績。2018-19シーズンに中国スーパーリーグを制していた。
しかし、かつては中国のみならずアジアサッカー界を席巻し、広州恒大として名を広めていたが、経営権を保有する中国の不動産大手である「恒大集団」の経営破綻によって、クラブ存続の危機に瀕することに。最大で20億円以上の給与を得る予定だったカンナバーロ監督だが、クラブ存続のため全ての契約を破棄し、チームを去っていた。

その後は、ヨーロッパで過ごす姿を自身のインスタグラムなどでアップ。予てから次はヨーロッパでの監督業を望んでいるとされていた。

そのカンナバーロ氏は、MLS(メジャーリーグ・サッカー)からのオファーが何度もあったが、それを断っていたことを告白。あくまでもヨーロッパでの監督業を求めるとした。

「アメリカからいくつかのオファーがあったが、拒否しなければならなかった」

「私はヨーロッパでのチャンスを待つことを好んでいる」

「急いではいないし、焦ってもいないが、欲望が強いので、のんびりしていると疲れてしまうリスクがある」

関連ニュース
thumb

ナポリの名物会長、大混乱ユーベを擁護も糾弾もせず「疑惑はどこにでも」

ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が、ユベントスに向けられている疑惑について口を開いた。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ユベントスは現在、過去の選手契約などに関する虚偽会計や不正なキャピタルゲインの疑いで、トリノ検察やイタリア企業取引委員会らの捜査対象に。それに伴い、アンドレア・アニェッリ会長やパベル・ネドベド副会長ら役員も総辞職しており、クラブ周辺が大混乱に陥っている。 欧州サッカー連盟(UEFA)からも何らかの制裁が下ると言われるなか、イタリアサッカー連盟(FIGC)の催しに登壇したナポリのデ・ラウレンティス会長がこの件について初めて言及。集まった記者らの前で、ユベントスを擁護も糾弾もすることはなかった。 「新たなカルチョポリだって? 何が起きていようと、私が口を出すことではないだろうし、私が誰かを罰するわけでもない」 「サッカー界には必ずどこかに闇がある。だからと言って、セリエAのようなコンペディションを中止すべきだとかは考えたくもない。政治、産業、労働組合、そしてスポーツの世界、どこにだって人為的な疑惑は存在する」 「残念ながら、スポーツ界においてはこの種の(ユベントスのような)動きに対する監視は必要不可欠で、一方では、これらを根絶しようとする大きな意志が生まれるのも困難だろうと思う」 2022.12.05 20:44 Mon
twitterfacebook
thumb

ミラン、アタランタGKスポルティエッロを来夏獲得へ?

ミランがアタランタの元U-21イタリア代表GKマルコ・スポルティエッロ(30)獲得に近づいているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が報じている。 スポルティエッロはアタランタの下部組織出身で、下部リーグでのプロデビューを経て2012年夏に復帰。以降はフィオレンティーナやフロジノーネなどへのレンタル移籍も経験し、セリエAで通算190試合、今季は6試合に出場している。 ミランはここ数日で選手側との接触を強化。移籍市場に精通するイタリア人ファブリツィオ・ロマーノ記者によると、スポルティエッロはアタランタとの契約が満了を迎える来夏のフリー移籍となり、ミランでは正GKマイク・メニャンを第2GKとして支える立ち位置になる模様。なお、契約期間は3年間とみられている。 2022.11.22 15:13 Tue
twitterfacebook
thumb

イタリア代表DFマッツォッキが右ヒザ内側側副靭帯を損傷…セリエA再開初戦を欠場か

サレルニターナは21日、イタリア代表DFパスクアーレ・マッツォッキが右ヒザの内側側副靭帯を損傷したことを発表した。 今月行われた国際親善試合のイタリア代表メンバーに選出されたマッツォッキは、その代表トレーニング中に右ヒザを負傷していた。 なお、全治は明かされていないが、イタリア『トゥットメルカート』はセリエA再開となる来年1月4日のミラン戦に間に合うかは微妙なところと伝えている。 今年1月にサレルニターナにレンタル移籍で加入したマッツォッキは、今夏に完全移籍を果たすと、今季もウィングバックを主戦場にセリエA全試合に出場し2ゴール2アシストを記録。9月に行われたUEFAネーションズリーグでイタリア代表に初選出されると26日のハンガリー代表戦でデビューを飾った。 2022.11.21 23:12 Mon
twitterfacebook
thumb

親善試合完敗のイタリア…マンチーニ監督が新システム失敗を認める「プレッシングがほとんどできなかった」

イタリア代表のロベルト・マンチーニ監督が、敗戦を嘆いた。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 カタール・ワールドカップ(W杯)出場を逃したイタリアは、20日に行われた国際親善試合でオーストリア代表と対戦した。 開始早々に失点を許すと、その後も流れを掴めず35分に追加点を奪われる苦しい展開に。後半、多くの選手を入れ替えるとMFニコロ・ザニオーロやFWフェデリコ・キエーザに決定機が訪れるも最後までゴールネットを揺らすことはできず、0-2で敗れた。 試合後、マンチーニ監督は敗戦を悔やみつつも、親善試合ならではのテストができたことを強調。同時に、[3-4-3]のシステムが機能しなかったことも認めている。 「前半の我々は、最初に訪れたチャンスを逃してしまった。その後は、彼らのプレッシャーを受けてミスが多くなり、ピンチに陥る場面が多くなったと思う」 「今日の戦い方はリスクを背負うことになると理解していたが、親善試合はいつもと違うことを思いつける唯一の機会だ。後半は逆に、とても良いチームが見られたと思う。ただ、敗戦で終わったのは残念だ」 「([3-4-3]のシステムでは)前線からのプレッシングがほとんどできず、機能していなかった。チームは間延びしており、スペースを空け過ぎていたと思う。なかなかプレスをかけることができず、その代償を支払うことになってしまった」 2022.11.21 11:07 Mon
twitterfacebook
thumb

W杯出場逸のイタリア、オーストリアにシャットアウト負け《国際親善試合》

イタリア代表は20日、オーストリア代表との国際親善試合を敵地で戦い、0-2で敗れた。 カタール・ワールドカップ出場を逃したイタリアとオーストリアの一戦。 イタリアはGKドンナルンマやヴェッラッティ、ボヌッチらが先発。ラスパドーリを最前線とする[3-4-3]で臨んだ。 アラバやアルナウトビッチらがスタメンとなったオーストリアに対しイタリアは開始6分、アルナウトビッチのアシストからシェラーガーにゴールを許し先制される。 リードされたイタリアはオーストリアのカウンターに苦しめられた中、35分に2失点目。ペナルティアーク中央からアラバに直接FKを叩き込まれた。 結局、前半は思うように好機を作れず0-2でハーフタイムに入った。迎えた後半、キエーザやザニオーロら4選手を変更したイタリアが押し込む流れが続く。 代わって入ったザニオーロやキエーザがゴールに迫った中、71分には絶好機。FKの流れからラスパドーリがシュートに持ち込んだが、GKリンドナーのファインセーブに阻まれた。 終盤にかけてはオーストリアの守備に阻まれ、0-2のままシャットアウト負け。W杯が開幕した最中で行われた一戦は、課題の残るゲームとなった。 オーストリア 2-0 イタリア 【オーストリア】 シェラーガー(6分) アラバ(35分) 2022.11.21 06:42 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly