勝利の長崎が磐田の今節戦わずしての昇格決定を阻止! 残留かけた関門海峡ダービーは北九州に軍配【明治安田J2第39節】

2021.11.13 18:15 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
明治安田生命J2リーグ第39節の4試合が13日に各地で行われた。

昇格圏2位京都サンガF.C.との勝ち点差を縮めるためにも勝利を積み上げたい3位のV・ファーレン長崎はホームで残留争いの渦中にある15位の栃木SCと対戦した。引き分け以下に終わると、首位ジュビロ磐田の昇格が決まる長崎だが、開始早々の4分に先制する。敵陣右の中央でFKを得ると、ウェリントン・ハットが鋭いクロス。すると、ゴール前での混戦が生まれ、栃木の守備陣が身体を張ってゴールを守るものの、最後は江川が流し込んだ。

これで勢いのついた長崎は11分にボックス内でウェリントン・ハットが倒されてPKを獲得。一度はGKオビ・パウエル・オビンナが凌いだものの、蹴る前にラインから離れていたとしてやり直しの判定になり、2度目のPKのこぼれ球をキッカーのウェリントン・ハットが押し込んで、追加点を奪った。2点をリードして試合を折り返すと、64分に米田がボックス内で倒されて獲得したPKを途中出場の都倉がゴール左下隅に決めて3-0とし、その後ゴールを割らせることなく完封勝利。これにより、長崎が暫定的に京都との勝ち点差を「4」まで詰め、逆転昇格に望みを繋いだ。

降格圏に沈む21位のギラヴァンツ北九州はアウェイの維新みらいふスタジアムで降格争いから抜けつつある14位のレノファ山口と対戦。関門海峡ダービーとなる一戦は互いにチャンスを作りながらも無得点のまま折り返すと、後半はやや押され気味だった北九州が76分に均衡を破る。右サイドでのプレッシングから西村が自陣でボールを奪うと、前線でこのボールを受けた高橋が左を駆け上がってきた椿に繋ぐ。すると、その高橋がさらに左から椿を追い越してボックス内左で再度ボールを受け、ダイレクトでゴール左上に突き刺して先制。これが決勝点となり、関門海峡ダービーは北九州に軍配が上がった。

こちらも残留争いを強いられる20位の愛媛FCはアウェイのデンカビッグスワンスタジアムで7位のアルビレックス新潟と対戦。生き残るためには勝ち点3を積み上げたい愛媛だったが、31分にCKの混戦からロメロ・フランクにゴールを許すと、前半のうちに反撃に出るもそのまま試合を折り返す。後半はGK岡本を中心にゴールを守り、攻撃面ではカウンターから決定機を作りつつもゴールは生まれず、90+1分にPKを決められて万事休す。他会場で北九州が勝利したことにより、暫定的に21位に沈む結果となった。

◆第39節
▽11/13(土)
アルビレックス新潟 2-0 愛媛FC
レノファ山口 0-1 ギラヴァンツ北九州
V・ファーレン長崎 3-0 栃木SC
FC琉球 2-2 ジェフユナイテッド千葉

▽11/14(日)
《13:00》
SC相模原 vs ファジアーノ岡山
《13:05》
ヴァンフォーレ甲府 vs 松本山雅FC
《14:00》
モンテディオ山形 vs 大宮アルディージャ
水戸ホーリーホック vs ジュビロ磐田
FC町田ゼルビア vs ザスパクサツ群馬
ツエーゲン金沢 vs 東京ヴェルディ
京都サンガF.C. vs ブラウブリッツ秋田


関連ニュース
thumb

クラスター発生の新潟で新たに選手1名が新型コロナウイルス陽性、中止していた高知キャンプは29日から再開

アルビレックス新潟は28日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 チーム内でクラスターが発生した新潟。予定していた高知キャンプも中止となり、シーズン前から厳しい状況に立たされている。 27日に高知キャンプに参加している選手とスタッフ、関係者を対象に抗原検査を実施。1名が陽性疑いとなると、医療機関でPCR検査を実施し、28日に陽性判定を受けたとのことだ。 当該選手は選手として17人目の感染者に。発熱などの症状もないまま、27日の検査で陽性に。その後も症状は出ていない。なお、19日に陽性となった選手の濃厚接触者だった。 なお、濃厚接触者に関しては、当該選手の行動履歴をすべて所轄の保健所に提出・報告。19日から隔離されていたため、チーム内に濃厚接触者はいないとのことだ。 新潟は、高知キャンプ前の17日に選手1名が陽性判定。18日には濃厚接触者が7名いることが判明し高知キャンプを中止。19日には、選手やスタッフら50名が濃厚接触者となっていた。 その後も複数の陽性判定者が出ておりクラスターに。しかし、19日から隔離の10日間が経過することもあり、スクリーニング検査を行い、陰性と診断された選手・スタッフ・クラブ関係者は29日の午後からトレーニングを再開するとのことだ。 新潟は今回の件を受け、「トレーニング再開に至るまで、所轄の保健所の皆様をはじめとした自治体の方々の適切なご指示や、医療従事者の皆様やホテル関係者の皆様にご尽力をいただきましたことに、深く感謝申し上げます。また、当クラブをご支援いただいている皆様に、ご心配をおかけいたしましたこと、心よりお詫び申し上げます」と感謝と謝罪を示している。 2022.01.28 21:43 Fri
twitterfacebook
thumb

栃木の選手1名が新型コロナ陽性疑いで28日の練習が中止に

栃木SCは28日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性疑いであることを発表した。 クラブの発表によると、現時点で、陽性の確定および陽性の場合の濃厚接触者の確定ができない状況とのこと。確定時期も未定とのことだ。 その結果、28日に予定していたトレーニングが中止に。現在宮崎県の都城でキャンプを行っているが、ライブ配信を中止にすると発表した。 イベントの延期については、改めて代替日を発表するとしている。 2022.01.28 20:18 Fri
twitterfacebook
thumb

「Jリーグマスコット総選挙」、中間結果で1位はマリノス君、過去優勝のヴィヴィくん、グランパスくんが続く

Jリーグは28日、「Jリーグマスコット総選挙2022」の中間結果を発表した。 2013年にスタートし、毎年シーズン開幕前の恒例行事となっている「Jリーグマスコット総選挙」。今シーズンは24日に投票が始まり、2月4日まで投票が行われる。 FC東京の東京ドロンパが参加を見合わせる他、クラブマスコットがいないチームが参加していないこともあり、53クラブとJリーグキングの54体が参加している。 27日までの投票結果で1位に輝いたのは、横浜F・マリノスのマリノス君。2020年にマリノスケが優勝したが、2年ぶりの優勝に向けて良いスタートを切った。 2位には2021年に優勝したV・ファーレン長崎のヴィヴィくん、3位には2019年に優勝した名古屋グランパスのグランパスくんが入った。 【中間発表順位】 1位:マリノス君(横浜F・マリノス) 2位:ヴィヴィくん(V・ファーレン長崎) 3位:グランパスくん(名古屋グランパス) 4位:ニータン(大分トリニータ) 5位:パルちゃん(清水エスパルス) 6位:ドーレくん(北海道コンサドーレ札幌) 7位:ガンズくん(松本山雅FC) 8位:ジュビロくん(ジュビロ磐田) 9位:しかお(鹿島アントラーズ) 10位:ベガッ太(ベガルタ仙台) 11位:カブレラ(川崎フロンターレ) 12位:サンチェ(サンフレッチェ広島) 13位:レノ丸(レノファ山口FC) 14位:ガンバボーイ(ガンバ大阪) 15位:ヴァンくん(ヴァンフォーレ甲府) 16位:キングベルⅠ世(湘南ベルマーレ) 17位:ユニティ(ジェフユナイテッド千葉) 18位:ウィントス(サガン鳥栖) 19位:ホーリーくん(水戸ホーリーホック) 20位:フリ丸(横浜FC) 21位:ギッフィー(FC岐阜) 22位:アルビくん(アルビレックス新潟) 23位:ゼルビー(FC町田ゼルビア) 24位:リヴェルン(東京ヴェルディ) 25位:レイくん(柏レイソル) 26位:キヅール(いわてグルージャ盛岡) 27位:アルディ(大宮アルディージャ) 28位:ライオー(AC長野パルセイロ) 29位:ロビー(セレッソ大阪) 30位:ディーオ(モンテディオ山形) 31位:モーヴィ(ヴィッセル神戸) 32位:アビーくん(アビスパ福岡) 33位:ファジ丸(ファジアーノ岡山) 34位:ギラン(ギラヴァンツ北九州) 35位:ブラウゴン(ブラウブリッツ秋田) 36位:ヴォルタくん(徳島ヴォルティス) 37位:パーサくん(京都サンガF.C.) 38位:ガミティ(SC相模原) 39位:ジンベーニョ(FC琉球) 40位:ライカくん(カターレ富山) 41位:トッキー(栃木SC) 42位:レディア(浦和レッズ) 43位:ゆないくー(鹿児島ユナイテッドFC) 44位:ゲンゾー(ツエーゲン金沢) 45位:Jリーグキング(Jリーグ) 46位:湯友(ゆうと)(ザスパクサツ群馬) 47位:ロアッソくん(ロアッソ熊本) 48位:伊予柑太(愛媛FC) 49位:さぬぴー(カマタマーレ讃岐) 50位:ヴァン太(ヴァンラーレ八戸) 51位:蹴っとばし小僧(藤枝MYFC) 52位:福嶋火之助(福島ユナイテッドFC) 53位:ガイナマン(ガイナーレ鳥取) 54位:ハマピィ(Y.S.C.C.横浜) 2022.01.28 18:45 Fri
twitterfacebook
thumb

東京Vに新加入のFW阪野豊史がアキレス腱断裂で全治6カ月

東京ヴェルディは28日、FW阪野豊史の負傷を発表した。 クラブの発表によると、阪野は22日に行われたトレーニングマッチで負傷したとのこと。右アキレス腱断裂と診断され、全治は約6カ月とのことだ。 浦和レッズや栃木SC、愛媛FC、モンテディオ山形と渡りあるいた阪野は、松本山雅FCから今シーズン加入した。 屈強なフィジカルを生かしたプレーで前線の起点になることが期待されていたが、シーズンの大半を欠場することが決まってしまった。 2022.01.28 12:49 Fri
twitterfacebook
thumb

大宮が選手1名の新型コロナ陽性…本日からの春季キャンプは検査&対策徹底で継続

大宮アルディージャは26日、トップチーム選手1名の新型コロナウイルス陽性を発表した。 当該選手は同日朝に発熱を確認したようで、抗原検査で陽性反応。その後、PCR検査を受検したところ、陽性判定が下ったという。現在は適切な対策のもとで療養。本件で濃厚接触が疑われる者はいないようだ。 また、本日にトップチーム選手および関係スタッフを対象に抗原検査、PCR検査を実施して、いずれも当該選手を除く全員の陰性を確認。本日からの春季キャンプは定期検査と感染予防対策を継続した上で行う。 2022.01.26 17:35 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly