「とても幸せな選手生活でした」琉球のDF鳥養祐矢が今季限りで現役引退

2021.11.11 17:42 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC琉球は11日、DF鳥養祐矢(33)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。

鳥養は千葉県出身で、ジェフユナイテッド千葉の下部組織出身。リザーブチームからJFLのSAGAWA SHIGA FC、FC琉球を経て、2014年に当時JFLに昇格したレノファ山口FCへと完全移籍する。

山口では中盤のサイドでプレー。J3昇格に貢献すると、1年でJ2へ昇格。その後も山口でプレーを続け、サイドハーフやボランチ、サイドバックと様々なポジションでプレーした。

2019年にFC琉球へと復帰。3シーズンでJ2通算35試合に出場している。

ここまでJ2通算104試合4得点、J3通算35試合8得点を記録した。

鳥養はクラブを通じてコメントしている。

「この度、2021シーズンをもちまして引退する事を決断いたしました。物心ついた5歳から気づいたらボールを蹴り、走り回り、サッカーの魅力に取り憑かれ今日に至ります」

「ジェフユース在籍中ジェフリザーブズでスタートしたキャリア、選手として過ごした16年間ご声援頂きました皆様本当に有り難うございました」

「2006年ジェフリザーブズに加入させて頂き、SAGAWA SHIGA FC 、FC琉球、レノファ山口、この4クラブに渡りプレーさせて頂けたことを心から感謝いたします」

「ジェフユナイテッド市原千葉は、プロになりたいと夢を与えてくれた」

「SAGAWA SHIGA FCは、自分を根本から変えてくれた」

「レノファ山口は、JFL J3 J2と沢山の経験をさせてくれた」

「FC琉球はプロとして2度もチャンスを与えてくれた」

「この4クラブで過ごした日々は、僕の財産です」

「また、JEF、SAGAWA、レノファ山口、FC琉球で出会った選手 監督 スタッフ スポンサー様 ファン サポーターの皆様 関係者の皆様 僕に携わって下さった皆様に感謝申し上げます。本当に有り難うございました」

「何よりファン サポーターの皆様にはどんな時も温かい声援と力強い後押しとサポートを頂けた事に深く感謝申し上げます」

「そして、負けず嫌いで泣き虫だった幼年期、頑固でわがままで指導者泣かせの生意気だった青年期、そんな僕に優しく厳しくサッカーの楽しさ素晴らしさを指導して下さった指導者の皆様」

「今でも我が子のように期待と心配してくれる皆様のおかげで、プロになるには険しい道のりであり時間もかかり遠回りしましたが、ここまでやることができました。有り難うございました」

「最後に家族の皆」

「僕を生み育ててくれた母、可愛がってくれた祖父母、尊敬する兄。多くの心配をかけたし、何度も泣かせてしまったけど、何不自由無くやれる所まで突っ走ることができました。有り難うございました」

「いつも一番近くで支えてくれた妻と子供達。いろんな面で最高のサポートをしてくれ、今の幸せがあるのは妻と子供達のおかげです。家族の存在が僕の大きな支えであり、一番の活力でした。本当にありがとね」

「僕にとって、とても幸せな選手生活でした。違う道に進みますが、またどこかで皆様とお会い出来ることを楽しみにしています。これからも応援宜しくお願いいたします」

「今シーズン残り4試合。最後まで、自分らしくチームの為に全力で闘います」


関連ニュース
thumb

元琉球の市丸瑞希、関東1部のVONDS市原に加入決定 「JFL昇格のために全力でプレー」

FC琉球は22日、MF市丸瑞希(24)が関東サッカーリーグ1部のVONDS市原に加入すると発表した。 ガンバ大阪下部組織出身の市丸は2016年、DF初瀬亮(現・ヴィッセル神戸)、MF堂安律(現・PSV)、FW高木彰人(現・ザスパクサツ群馬)とともにトップチーム昇格。元日本代表MF遠藤保仁(現・ジュビロ磐田)の後継者と目されるなど高い期待がかけられたが、FC岐阜からレンタルバックの2020年もトップチーム定着に至らず、同年8月から琉球に期限付き移籍した。 そのシーズンに明治安田生命J2リーグ27試合の出場を果たすと、昨季から完全移籍に移行。チームの副主将にも任命されたが、10試合の出番に終わり、シーズン終了後に退団した。 VONDS市原を通じて、「FC琉球から移籍してきました、市丸瑞希です! ボンズへの加入を後押ししてくれた方々に感謝して、JFL昇格のために全力でプレーし、チームに貢献できるように頑張るので応援よろしくお願いします!」とコメントしている。 2022.01.22 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

琉球で新たに3選手がコロナ感染

FC琉球は19日、トップチームの3選手が新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたことを報告した。 クラブによれば、そのうちの一人は検査前に発熱症状が確認されており、14日のPCR検査で陽性が判明。残りの2名は15日、16日と立て続けに感染が報告された。なお、いずれの選手に対しても濃厚接触疑いのある者はいないという。 12日にも2名の選手の陽性が確認された琉球では、13日から全選手が個別トレーニングに移行しており、19日から小グループに分けたトレーニングを再開しているとのことだ。 2022.01.19 13:22 Wed
twitterfacebook
thumb

沖縄SV琉球退団のFW儀保幸英が九州Lの沖縄SVへ完全移籍「全力で闘います」

FC琉球は16日、FW儀保幸英(25)が九州リーグの沖縄SVへと完全移籍することを発表した。 沖縄出身の儀保は流通経済大学柏高校から沖縄国際大学を経て2019年にFC琉球へ入団。2020シーズンは当時日本フットボールリーグ(JFL)に所属していたテゲバジャーロ宮崎に期限付き移籍し、14試合2得点を記録してチームの明治安田生命J3リーグ参入に貢献した。 2021シーズンも継続して期限付き移籍。しかし、明治安田J3では3試合の出場に留まり、無得点に終了。シーズン終了後に両クラブからの退団が発表されていた。 儀保はクラブを通じてコメントしている。 「はいさい!沖縄SVに関わる全ての皆様、このたび、FC琉球から加入する事になりました儀保幸英です。地元沖縄でプレーできることにとても感謝しています!」 「チームのJFL昇格と、地元沖縄をもっとサッカーで盛り上げていくために全力で闘いますので宜しくお願いします!」 2022.01.17 08:30 Mon
twitterfacebook
thumb

琉球がマルセロの従兄弟でもあるMFハモンと契約満了「全ての瞬間に感謝します」

FC琉球は13日、ブラジル人MFハモン(23)との契約満了を発表した。 レアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロの従兄弟としても知られるハモンは、フルミネンセの下部組織出身、2018-19シーズンにはレアル・マドリーへのレンタル移籍が決定していたが、メディカルチェックで引っ掛かり破談に。2019年7月に琉球へと期限付き移籍で加入した。 2019年は明治安田生命J2リーグで9試合に出場すると、2020年は完全移籍に切り替わり、ガイナーレ鳥取へと期限付き移籍。明治安田J3で5試合に出場。2021年に復帰すると、明治安田J2で6試合、天皇杯で1試合に出場していた。 ハモンはクラブを通じてコメントしている。 「今日で一つのサイクルが終わり、FC琉球を離れることになります。沖縄での貴重な経験は忘れません。ここでの全ての瞬間に感謝します」 「FC琉球スタッフ、チームメイト、サポーターの皆様、ありがとうございました。また会える日を楽しみにしています」 2022.01.13 11:22 Thu
twitterfacebook
thumb

琉球、トップチーム選手2名が新型コロナ陽性

FC琉球は12日、トップチーム選手2名の新型コロナウイルス陽性を報告した。 8日、9日の2日間でチームスタッフ、選手全員がPCR検査を受検したところ、選手2名が陽性判定に。当該選手は適切な指導および対策のもと、療養している。 なお、現時点で濃厚接触者の特定に至っておらず、Jリーグのガイドラインによる「濃厚接触疑い者」に該当する者もいないという。 2022.01.12 09:22 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly