低迷するジェノアがシェフチェンコ氏の監督就任を発表! 12年半ぶりにセリエAの舞台へ

2021.11.07 22:20 Sun
Getty Images
ジェノアは7日、アンドリー・シェフチェンコ氏(45)が新監督に就任したことを発表した。契約は2024年6月30日までとなる。

同クラブでは6日、ダビデ・バッラルディーニ監督が解任された。昨年12月に就任し、昨季のセリエAでは11位と上々の成績を残していたが、今季はここまで1勝6分け5敗と不振に陥っていた。
後任として任命されたのが、元ウクライナ代表監督のシェフチェンコ氏だ。2012年の現役引退後、2016年2月から母国ウクライナ代表のアシスタントコーチに就任。同年7月にはミハイロ・フォメンコ氏に代わって監督の座についた。

実績として、2018年のロシア・ワールドカップの出場を逃したが、予選無敗で出場した今夏のユーロ2020では、グループ3位通過から準々決勝へ進出。イングランド代表に敗れたものの、通算成績は25勝13分け14敗と、およそ5割の勝率を記録した。

それでも、5年契約を更新することなく大会終了後に退任。そして新たな挑戦の地として選んだのが、現役時代にミランでスクデットも獲得したセリエA。12年半ぶりの復帰となった。

アンドリー・シェフチェンコの関連記事

2日(日本時間3日)、キングス・ワールドカップ ラストチャンスで、日本のムラッシュFCはLimon FC(トルコ)と対戦した。 初戦は延期となった中、南米王者のRaniza FC(ウルグアイ)相手に敗戦。敗者復活戦に回ると、元ウクライナ代表選手が揃いアンドリー・シェフチェンコ氏がオーナーを務めるUA Steel(ウクライナ)と対戦し、1-9と大勝を収めた。 世界的に人気のゲーム実況者としても知られる加藤純一氏がオーナーのムラッシュFCは、勝ち上がりをかけてラストチャンスに進出。元トルコ代表MFアルダ・トゥランがオーナーのLimon FCと対戦した。 試合は拮抗した展開で進んでいく中、6分にFKを直接決められてしまい、先制を許すこととなる。 ムラッシュFCはなかなか攻撃に転じられず、そのまま試合は推移。この試合でも元サガン鳥栖のGK深谷圭佑の素晴らしいセーブが光り、追加点を許さない。 18分になりサイコロが振られると、5vs5の戦いに。すると19分、深谷が高い位置を取りミドルシュート。これはGKにキャッチされると、そのままアルプ・アルダにパントキックでゴールを奪われ、2-0とされる。 後半に入ると、Limon FCは22分に「Spotifyシークレットカード」を使用。ゴールが2倍になる「スタープレーヤー」を発動させるが、ムラッシュFCは粘りの守備を見せて得点を許さない。 防戦が続く中、28分にはムラッシュFCが「ダブルゴール」のカードを切り、4分間2倍の得点になる状態としたが、30分に迎えた決定機は金武航二朗のシュートがクロスバーに嫌われゴールを奪い切ることができない。 この試合では加藤潤一氏のプレジデント・ペナルティはなく、そのまま試合終了。2-0で敗れラウンド16に進めず、キングス・ワールドカップからの敗退が決定した。 2024.06.03 12:47 Mon
1日(日本時間5月31日)、キングス・ワールドカップ敗者復活戦で、日本のムラッシュFCはUA Steel(ウクライナ)と対戦した。 26日に行われる予定だった初戦だったが、大嵐の影響で機材トラブル。照明に問題があり、急遽延期となった27日の試合では、Raniza FC(ウルグアイ)相手に敗戦。敗者復活戦に回っていた。 世界的に人気のゲーム実況者としても知られる加藤純一氏がオーナーのムラッシュFCは、元ウクライナ代表FWのアンドリー・シェフチェンコ氏がオーナーを務めるチーム。元バルセロナのDFドミトロ・チグリンスキや元リバプールのFWアンドレイ・ヴォロニン、GKアンドリー・ピアトフ、MFイェフレン・コノプリャンカ、FWジュニオール・モラエスらに加え、元クロアチア代表DFダリヨ・スルナも所属している。 20分ハーフで行われる試合。最初の一対一はジュニオール・モラエスと日本代表の森保一監督の息子である森保翔平の戦いに。ピンチがあった中で1分間を乗り越えると2vs2に変わった。出てきたのはコノプリャンカ。ムラッシュFCは押し込まれ続けるが、GK深谷圭佑がビッグセーブを連発して無失点で乗り越える。 すると3vs3になった中、3分に日本が攻め立てると、深谷がミドルシュート。これはセーブされるが、小林謙太が押し込んでムラッシュFCが先制する。 ピンチもありながらも無失点で試合を進めていく中、7分に失点。左サイドを仕掛けたコノプリャンカがクロスを入れると、森保に当たったボールがゴールに吸い込まれ、オウンゴールで追いつかれてしまう。 その後は互いにゴールが生まれないまま18分へ。ルールの1つであるサイコロが振られ、5vs5という戦いに。それでも何も起こらず、1-1のまま前半を終えた。 後半を迎えるにあたり、両チームともに「Spotifyシークレットカード」を使用。ムラッシュFCのカードは特定の選手を4分間出場停止させられるカードで、コノプリャンカを指名。一方で、UA Steelは得点が2倍になる「スタープレーヤー」のっカードを使い、ジュニオール・モラエスを指名した。 両チーム共に手を打ってきた中、22分にUA Steelは「プレジデントペナルティ」を発動。しかし、これは大きく外してしまい、ムラッシュFCはことなきを得る。 コノプリャンカを出場停止にさせていたが、ムラッシュFCは得点を奪うことができず。こう着状態が続いていた中、31分にムラッシュFCが「プレジデントペナルティ」を発動。加藤氏が初戦に続いてしっかりと右に決めて、ムラッシュFCが勝ち越しに成功する。 リードしたムラッシュFCだったが、32分にPKを取られることに。浮き球に反応したジュニオール・モラエスを小林が後ろから倒したとしてUA SteelにPKが与えられることに。しかし、VARチェックの結果でもPKの判定は変わらず。これをジュニオール・モラエスが蹴るも、枠を外してしまった。 ピンチを凌いだムラッシュFCは36分にカウンター。深谷が見事なスローを前線に送ると、金武航二朗がボックス内でトラップし、反転ボレーを決めてリードを広げる。 ムラッシュFCは集中した守備を見せ続けると、ゴールが2倍になる38分に到達。仕切り直しの戦いとなると、1ゴールで追いつけるUA Steelが圧力をかけてくることに。それでもムラッシュFCは40分に自陣でボールを奪うと、清川大輝が無人のゴールへロングシュートを決めて1-5に。さらにアディショナルタイムではパワープレーを仕掛けてきたUA Steelに対し、深谷のロングフィードを受けた平井達也がGKの頭上を抜くループシュートを決めて1-7に。さらにアディショナルタイム2分には、パスミスを奪った清川が無人のゴールへロングシュート。1-9と大勝を収めて可能性を繋いだ。 これによりムラッシュFCは「ラストチャンス」としてトルコのLimon FCと対戦が決定。テクニカル・ディレクターには元トルコ代表MFのアルダ・トゥランがいるチームだ。 <span class="paragraph-title">【動画】オーナー・加藤純一氏が2試合連続でPK成功! 勝利を呼び込む</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/KingsWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#KingsWorldCup</a> <a href="https://t.co/fVM4bRN12I">pic.twitter.com/fVM4bRN12I</a></p>&mdash; Kings League World (@_KingsWorld) <a href="https://twitter.com/_KingsWorld/status/1796724759188914334?ref_src=twsrc%5Etfw">June 1, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.06.01 11:55 Sat
U-23ウクライナ代表のルスラン・ロタン監督が、U-23日本代表戦を前にした記者会見に出席。日本への感謝を口にした。 UEFA U-21欧州選手権2023でベスト4入りを果たしたウクライナ。イングランドが優勝したものの、五輪参加が認められていないため、ウクライナは初出場を決めた。 ロシアによるウクライナへの軍事侵攻を受け、まともにプレーできない状況の中での五輪初出場。今なお終息していない状況の中、来日して最後の調整を日本で行う。 ロタン監督は会見の冒頭で多くの支援を行った日本への感謝を口にした。 「まずは日本の国民の皆様にウクライナ国民を代表して、これまで大変な援助をしていただき、感謝をしたいと思います。この機会に際して、サッカーを通してウクライナのことを身近に感じてもらえればと思います」 そんな中、日本戦に向けては「明日の試合に向けては、チームの編成に向けて、日本という質の高いチームと対戦することで、どういったチーム構成にしたら良いかということを図るのが大事だと思っています」とコメント。五輪予選のメンバーとは異なる編成で来日した中、選手選考も兼ねていると明かした。 戦争の真っ只中での難しい環境で五輪行きを決めたウクライナだが、ここまでの強化についてロタン監督は語った。 「戦争の真っ只中ではあるが、選手自身が最大限努力しようと頑張っていることがまず大事だ。そしてオリンピックの出場権を獲得した。ウクライナにとって、国民にとって大事なことだ」 「オリンピックの舞台で素晴らしいプレーをして、より高い、より良い結果を残すことで、戦禍にある国民たちを励ませると我々も選手たちも考えているからこそ、さらに努力しようと思っていると思う」 国民の勇気や活力にも繋がるというウクライナ代表の活動。手を差し伸べてくれた隣国のおかげでもあるとし、どの世代の代表チームも、国のために結果を残そうというメンタリティが重要だったとした。 「戦禍によって代表チームの練習が国内でやることは難しかったが、ヨーロッパの隣国の助けによって拠点を使わせてもらい、協力してできている」 「選手たちもその中でなんとか結果を出そうとし、どの世代の代表チームも良い結果を残している。オリンピック世代はオリンピックに出場し、フル代表はユーロ2024の出場権を獲得した。戦争下であっても良い結果を残そうと選手たちが頑張っている」 現役時代はウクライナ代表としても100試合に出場し、大エースであり現在はウクライナサッカー協会会長のアンドリー・シェフチェンコ氏ともチームメイトとしてプレー。ディナモ・キーウやドニプロでプレーした。 シェフチェンコ会長との関係についても「アンドリー・シェフチェンコとは相互理解のある関係を築いている。感謝している」とコメント。「今は監督という立場として、シェフチェンコ会長がチーム編成において各クラブチームと調整してくれた。おかげでこの代表チームを組むことができた。今後もうまく調整をしながら、より良いチームづくりをしていきたいと思う。会長と信頼関係のある対話が重要になる」と語り、ピッチ場でも見せたかつての連係を、ピッチ外でも見せていきたいとした。 2024.03.24 21:25 Sun
ウクライナサッカー連盟(UAF)は25日、元ウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコ氏(47)の会長就任を発表した。 2004年のバロンドール受賞者・シェフチェンコ氏。ディナモ・キーウ、ミラン、そしてウクライナ代表のエースとして活躍した“ウクライナの矢”は、2022年2月にロシアのウクライナ侵攻が始まって以来、世界各国を駆け回って停戦に向けた活動に精を出しつつ、家族と共に生活拠点をキーウに置いている。 UAFの発表によると、首都キーウで25日に会長選挙を実施し、94人の選挙人のうち、実に93人がシェフチェンコ氏に投票。サッカーの枠を超えたウクライナの国家的英雄は、新たなサッカー協会会長に即日任命された。 シェフチェンコ氏は旧ソ連時代のキーウ出身。自宅がチェルノブイリ原子力発電所事故の被害に遭うなどした幼少期を経て、19歳で名門ディナモ・キーウのエースに。ミラン移籍後はチャンピオンズリーグ(CL)制覇にバロンドール受賞で名実ともに世界最高の選手となり、ウクライナ代表では2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)に出場。引退後はウクライナ代表監督としてユーロ2020を指揮した。 2024.01.25 21:24 Thu
チャンピオンシップ(イングランド2部)のワトフォードは3日、ウクライナ人FWクリスチャン・シェフチェンコ(16)とプロ契約を締結したことを発表した。 ミランで輝かしいキャリアを築いたアンドリー・シェフチェンコを父に持つクリスチャンは、ロンドン生まれで父が在籍したチェルシーの下部組織出身。 父と同じくポジションはストライカーとのこと。偉大なDNAを継承するサラブレッドがプロキャリアを歩むことになった。 2023.07.03 23:30 Mon

記事をさがす

アンドリー・シェフチェンコの人気記事ランキング

1

元日本代表監督のザッケローニ氏が無事退院、犬を救おうと階段から落下し重体

自宅で転倒し意識不明となっていた元日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏が、無事に退院したようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えた。 かつては日本代表を指揮したザッケローニ氏。監督業を離れていた中、今年2月10日の午後、自宅で転倒した。 犬を抱えて階段を降りてきた中、バランスを失って犬が落ちそうに。それを助けようとしたところ、転倒して頭を打ち、階段付近で意識を失ったまま倒れている姿が発見されていた。 妻と息子のパートナーが家にいたこともあり、すぐに厩舎が呼ばれ、チェゼーナにあるマウリツィオ・ブファリーニ病院に緊急搬送されていた。 一時は命の危険も報じられた中、11日には頭蓋血腫の除去手術を受け、その後マルコーに病院で入院生活を送っていた。 報道によれば、21日に無事に退院したとのこと。「ラッキーだった。ブファリーニとマルコーニの両方で、優秀なスタッフに出会えた。みんなに感謝する」とコメントしていたという。 ザッケローニ氏は多くの人が容態を心配し、多くの人々と連絡を取り合っていたとのこと。アンドリー・シェフチェンコなどのほか、自宅に帰った後に最初に連絡を入れたのは、かつてイタリア代表やミランを率いた名将、アリゴ・サッキ氏だったという。 2023.04.22 12:25 Sat
2

シェフチェンコ氏がウクライナサッカー連盟会長に就任! 2004年のバロンドール受賞者

ウクライナサッカー連盟(UAF)は25日、元ウクライナ代表FWアンドリー・シェフチェンコ氏(47)の会長就任を発表した。 2004年のバロンドール受賞者・シェフチェンコ氏。ディナモ・キーウ、ミラン、そしてウクライナ代表のエースとして活躍した“ウクライナの矢”は、2022年2月にロシアのウクライナ侵攻が始まって以来、世界各国を駆け回って停戦に向けた活動に精を出しつつ、家族と共に生活拠点をキーウに置いている。 UAFの発表によると、首都キーウで25日に会長選挙を実施し、94人の選挙人のうち、実に93人がシェフチェンコ氏に投票。サッカーの枠を超えたウクライナの国家的英雄は、新たなサッカー協会会長に即日任命された。 シェフチェンコ氏は旧ソ連時代のキーウ出身。自宅がチェルノブイリ原子力発電所事故の被害に遭うなどした幼少期を経て、19歳で名門ディナモ・キーウのエースに。ミラン移籍後はチャンピオンズリーグ(CL)制覇にバロンドール受賞で名実ともに世界最高の選手となり、ウクライナ代表では2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)に出場。引退後はウクライナ代表監督としてユーロ2020を指揮した。 2024.01.25 21:24 Thu
3

加藤純一氏が2試合連続PK成功でムラッシュFCが勝利! シェフチェンコがオーナーの元ウクライナ代表揃いの相手を下し「キングス・ワールドカップ」でラストチャンスに進出

1日(日本時間5月31日)、キングス・ワールドカップ敗者復活戦で、日本のムラッシュFCはUA Steel(ウクライナ)と対戦した。 26日に行われる予定だった初戦だったが、大嵐の影響で機材トラブル。照明に問題があり、急遽延期となった27日の試合では、Raniza FC(ウルグアイ)相手に敗戦。敗者復活戦に回っていた。 世界的に人気のゲーム実況者としても知られる加藤純一氏がオーナーのムラッシュFCは、元ウクライナ代表FWのアンドリー・シェフチェンコ氏がオーナーを務めるチーム。元バルセロナのDFドミトロ・チグリンスキや元リバプールのFWアンドレイ・ヴォロニン、GKアンドリー・ピアトフ、MFイェフレン・コノプリャンカ、FWジュニオール・モラエスらに加え、元クロアチア代表DFダリヨ・スルナも所属している。 20分ハーフで行われる試合。最初の一対一はジュニオール・モラエスと日本代表の森保一監督の息子である森保翔平の戦いに。ピンチがあった中で1分間を乗り越えると2vs2に変わった。出てきたのはコノプリャンカ。ムラッシュFCは押し込まれ続けるが、GK深谷圭佑がビッグセーブを連発して無失点で乗り越える。 すると3vs3になった中、3分に日本が攻め立てると、深谷がミドルシュート。これはセーブされるが、小林謙太が押し込んでムラッシュFCが先制する。 ピンチもありながらも無失点で試合を進めていく中、7分に失点。左サイドを仕掛けたコノプリャンカがクロスを入れると、森保に当たったボールがゴールに吸い込まれ、オウンゴールで追いつかれてしまう。 その後は互いにゴールが生まれないまま18分へ。ルールの1つであるサイコロが振られ、5vs5という戦いに。それでも何も起こらず、1-1のまま前半を終えた。 後半を迎えるにあたり、両チームともに「Spotifyシークレットカード」を使用。ムラッシュFCのカードは特定の選手を4分間出場停止させられるカードで、コノプリャンカを指名。一方で、UA Steelは得点が2倍になる「スタープレーヤー」のっカードを使い、ジュニオール・モラエスを指名した。 両チーム共に手を打ってきた中、22分にUA Steelは「プレジデントペナルティ」を発動。しかし、これは大きく外してしまい、ムラッシュFCはことなきを得る。 コノプリャンカを出場停止にさせていたが、ムラッシュFCは得点を奪うことができず。こう着状態が続いていた中、31分にムラッシュFCが「プレジデントペナルティ」を発動。加藤氏が初戦に続いてしっかりと右に決めて、ムラッシュFCが勝ち越しに成功する。 リードしたムラッシュFCだったが、32分にPKを取られることに。浮き球に反応したジュニオール・モラエスを小林が後ろから倒したとしてUA SteelにPKが与えられることに。しかし、VARチェックの結果でもPKの判定は変わらず。これをジュニオール・モラエスが蹴るも、枠を外してしまった。 ピンチを凌いだムラッシュFCは36分にカウンター。深谷が見事なスローを前線に送ると、金武航二朗がボックス内でトラップし、反転ボレーを決めてリードを広げる。 ムラッシュFCは集中した守備を見せ続けると、ゴールが2倍になる38分に到達。仕切り直しの戦いとなると、1ゴールで追いつけるUA Steelが圧力をかけてくることに。それでもムラッシュFCは40分に自陣でボールを奪うと、清川大輝が無人のゴールへロングシュートを決めて1-5に。さらにアディショナルタイムではパワープレーを仕掛けてきたUA Steelに対し、深谷のロングフィードを受けた平井達也がGKの頭上を抜くループシュートを決めて1-7に。さらにアディショナルタイム2分には、パスミスを奪った清川が無人のゴールへロングシュート。1-9と大勝を収めて可能性を繋いだ。 これによりムラッシュFCは「ラストチャンス」としてトルコのLimon FCと対戦が決定。テクニカル・ディレクターには元トルコ代表MFのアルダ・トゥランがいるチームだ。 <span class="paragraph-title">【動画】オーナー・加藤純一氏が2試合連続でPK成功! 勝利を呼び込む</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet" data-media-max-width="560"><p lang="en" dir="ltr"> <a href="https://twitter.com/hashtag/KingsWorldCup?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#KingsWorldCup</a> <a href="https://t.co/fVM4bRN12I">pic.twitter.com/fVM4bRN12I</a></p>&mdash; Kings League World (@_KingsWorld) <a href="https://twitter.com/_KingsWorld/status/1796724759188914334?ref_src=twsrc%5Etfw">June 1, 2024</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2024.06.01 11:55 Sat

ジェノアの人気記事ランキング

1

ユベントスの2番手GKペリン、年俸2倍オファー含めた7つもの打診を全て拒否か

ユベントスの元イタリア代表GKマッティア・ペリン(31)が、手元に届いた打診全てを拒否したようだ。 ユベントスの2番手GKペリン。 時折、正GKヴォイチェフ・シュチェスニーとのローテーションで起用される元イタリア代表の実力者だが、そんななかでも今季は加入後最少となるセリエA出場3試合にとどまった。 そのためか、31歳とまだまだ若いペリンには各クラブが熱視線。イタリア『トゥット・スポルト』によると、アタランタ、モンツァ、フィオレンティーナ、コモ、パルマ、古巣ジェノアがユベントスに照会を依頼したという。 また、スュペル・リグ(トルコ1部)の強豪、ジョゼ・モウリーニョ新監督のフェネルバフチェは、年俸純額300万ユーロ(約5.1億円)をペリン側に提示。現年俸の2倍とされる額だ。 ただ、契約をあと1年残すペリンは全ての打診にお断り。ユベントスはクリスティアーノ・ジュントリSDが2年延長+オプション1年を調整しており、ペリンは今後のキャリアをこちらに一本化しているとのことだ。 2024.06.24 20:55 Mon
2

ジェノアがナポリのDFザノーリを買取義務オプションのレンタル移籍で獲得

ジェノアは11日、ナポリの元U-21イタリア代表DFアレッサンドロ・ザノーリ(23)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 なお、特定の条件が満たされた場合は、買い取り義務が発生するという。 カルピの下部組織で育ったザノーリは、2019年7月にナポリの下部組織に加入。2020年9月にファーストチームに昇格した。 その後、レニャーゴやサンプドリアへと武者修行に出ると、2024年1月からはサレルニターナへとレンタル移籍を経験していた。 右サイドバックを主戦場にセンターバックや右サイドハーフでもプレーするザノーリは、ナポリのファーストチームでも22試合に出場。これまでセリエAでは56試合に出場し、2ゴール4アシストを記録していた。 2024.07.12 14:45 Fri
3

インテルがジェノア守護神マルティネスを獲得、ゾマーの後継者に

インテルは9日、元スペイン代表GKジョゼップ・マルティネス(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。移籍金は1350万ユーロ(約23億5000万円)にボーナス200万ユーロ(約3億5000万円)とのこと。 マルティネスはバルセロナ下部組織出身のGKで、ラス・パルマスでプロデビュー後、RBライプツィヒ時代の2021年に23歳でスペイン代表初キャップ。ライプツィヒでは定位置を確保できなかった中、2022年夏加入のジェノアで正GKとなり、セリエA昇格と残留に大きく貢献していた。 インテルでは昨季、35歳のGKヤン・ゾマーが守護神を務めてスクデットを獲得。ただ、2024-25シーズン終了後に満了となる契約を延長する意思がインテルにはないようで、マルティネスがゾマーの後継者になることが見込まれている。 2024.07.10 07:30 Wed
4

ジエリンスキとタレミ確保済みのインテル、残すはGK補強のみとマロッタ会長宣言「攻撃陣はこれで十分」

インテルのジュゼッペ・マロッタ会長が今夏の補強について語った。『フットボール・イタリア』が伝えた。 先日、中国の『蘇寧グループ』からアメリカの企業『オークツリー』へのオーナー移行があったインテル。最高経営責任者(CEO)を務めていたマロッタ氏が新会長に就任した。 2024-25シーズンに向けては、ナポリ退団のポーランド代表MFピオトル・ジエリンスキ(30)やポルト退団のイラン代表FWメフディ・タレミ(31) を数カ月前から確保。正式加入が待たれるなか、チリ代表FWアレクシス・サンチェス(35)ら5名の契約満了による退団を発表している。 移籍市場幕開けのイベント、グラン・ガラに出席したマロッタ氏は、イタリア『スカイ・スポーツ』にコメント。ジェノアのアイスランド代表FWアルベルト・グズムンドソン(27)獲得も噂されていたが、残すはゴールキーパー補強のみだと語った。 「我々はバランスシート(損益)に気を配ることで生き延びているし、売却の必要はない。(SDの)ピエロ・アウシリオと(GMの)ダリオ・バッチンの働きもあり、我々は早めに行動することができた。ご存知の通り、ピオトル・ジエリンスキとメフディ・タレミと契約を交わしており、チームには競争力がある」 「あとは新しいゴールキーパーが決まれば、チームの準備は整う。もちろん、常に予想外の事態に備えなければならないが、何も起こらないだろう」 「我々は全員グズムンドソンが良い選手であることを知っているが、攻撃陣はこれで十分だ。我々はゴールキーパーと交渉中だ」 獲得へ向かっているとみられるのは、ジェノアの元スペイン代表GKジョゼップ・マルティネス(26)。ボーナス込みの移籍金約1500万ユーロ(約26億円)で加入間近となっている。 また、マロッタ氏はバイエルンからのアプローチが報じられたトルコ代表MFハカン・チャルハノール(30)にも言及。ユーロ2024を戦うなか、「僕はインテルで本当に幸せ」と残留を強調した件を喜んだ。 「正直に言うと、我々はいかなるリクエストも受け取っていないが、チャルハノールの声明を歓迎する。彼がこのような素晴らしい帰属意識を持っていることを誇りに思う」 2024.07.02 18:23 Tue
5

デ・ケテラエル、オリジ、マルディーニ…ミラン“買取OP付き"レンタル放出組の将来は?

ミランが買い取りオプション付きのレンタル移籍で放出している選手たち。イタリア『カルチョメルカート』が、彼らがレンタル先で得ているという評価をレポートした。 低迷とまでは言い切れずも、うだつの上がらない日々が続くミラン。セリエAは3位でチャンピオンズリーグ(CL)圏内と最低限の結果を残しているが、その一方、今シーズンのCLではグループ最終節1試合を残して4位…ラウンド16進出が厳しい状況となっている。 また、ここ最近はDFマリック・チャウやDFピエール・カルルら最終ラインに故障者が続出しており、直近のゲームでは世界最高峰の左サイドバックであるDFテオ・エルナンデスをセンターバック起用…即戦力センターバックは現状、DFフィカヨ・トモリただ1人しかいない。 そんな状況下、ビジャレアルに貸し出し中のDFマッテオ・ガッビアを来年1月でレンタル契約を打ち切り、ミラノへ呼び戻すのではないかという報道も。 その一方、『カルチョメルカート』は、ミランが買い取りオプション(買取OP)付きの1年レンタルで貸し出している選手たちのレンタル先での評価をレポートする。 まずはアタランタへ貸し出したベルギー代表FWチャールズ・デ・ケテラエル(22)。契約は買取OP2300万ユーロ(約36億円)+ボーナス400万ユーロ(約6億2000万円)、将来のリセール時にミランが移籍金の10%を得る…となっており、アタランタとしてはミランとの値引き交渉こそ視野に入れつつも、買い取りには非常に前のめりだという。 ボローニャへ貸し出したのはベルギー代表MFアレクシス・サーレマーケルス(24)。買取OP900万ユーロ(約14億1000万円)というなか、こちらもボローニャ側が値引きを望みつつも、買い取りそのものには前向きで、今季終盤からミラン&選手との本格協議を始めるとみられている。 ブラジル人MFジュニオール・メシアス(32)はジェノアへ1年レンタル。こちらは250万ユーロ(約3億9000万円)の買取OPが一定条件を満たせば買い取り義務に変化する契約となっており、近々これが実現することになると考えられている。ミランは来夏で250万ユーロをゲットだ。 “マルディーニ3世”イタリア人FWダニエル・マルディーニ(22)はエンポリで奮闘中。500万ユーロ(約7億8000万円)の買取OPだというが、ケガで今季頭から10月中旬まで離脱していたため、まだまだ先は見通せず…現段階ではミラノ帰還orエンポリ完全移籍…どちらとも言えないようだ。 一方で、来夏でミランに帰ってきそうなのがベルギー代表FWディヴォク・オリジ(28)。ノッティンガム・フォレストへのレンタルで慣れ親しんだイングランドに帰還も、8試合0得点と全く結果を残せておらず、中堅クラブにとってはそこそこ高額な年俸400万ユーロ(約6億2000万円)ということもあり、ミラン帰還の現実味が増しているようだ。 なお、他にもDFバロ・トゥーレやFWロレンツォ・コロンボを買取OP付きのレンタル移籍で貸し出し中のミラン。仮に全員の買取OPが先方のクラブによって行使された場合、実に4000万ユーロ(約62億5000万円)が懐に入ってくるとのことだ。 2023.12.07 20:00 Thu

NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly