「退団の兆候はない」ドルトムント幹部がベリンガムの残留を強調

2021.10.28 17:45 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントの有資格選手部門の責任者であるセバスティアン・ケール氏が、イングランド代表MFジュード・ベリンガム(18)の残留を強調した。2020年夏にチャンピオンシップ(イングランド2部)のバーミンガムからドルトムントに移籍したベリンガム。昨季は加入1年目ながら公式戦46試合に出場すると、昨年11月に17歳4カ月の若さでA代表デビュー。シーズン終了後のユーロ2020にも招集され、今季はここまで公式戦15試合で3ゴール6アシストと好調をキープしている。

そんなベリンガムに対しては以前から、リバプールやマンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシーらビッグクラブからの関心が伝えられている。

しかし、ドイツ『Sport1』でケール氏は「彼はリバプールなどから興味を持たれている」と認めた上で、ベリンガムの移籍を否定した。

「自分のチームの選手について話すのは良いことだ。それは、私たちの仕事が正しいということを示している。ドルトムントにはたくさんの魅力がある。タイトルを獲得したいと思っているが、そのためには選手をチームに留めなければならないのだ」

「彼は愛されているし、ここで楽しんでいる。すぐにドルトムントを離れるような兆候はないよ。彼はドルトムントの選手であり、今後もそうあり続けるだろう」

1 2

関連ニュース
thumb

去就について口を開いたハーランド「そろそろ何かを言わないと」、今年の目標は「ケガをしない」

ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、自身の将来について語った。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ドルトムントとの契約が2024年夏までとなっているハーランド。しかし、移籍市場が開くたびに去就が騒がれ、ビッグクラブが常に狙っているという状況だ。 今夏には7500万ユーロ(約96億5100万円)の契約解除条項が発動するとされており、どこに行くのかが注目となっている。 ハーランドは今月、ドルトムントからどのクラブに行きたいのかを早く決めるように促されているとコメント。マンチェスター・シティやレアル・マドリーなど多くのクラブが上がる中、自分の状況を明かすことが大事だと語った。 「あまり言いたくはないけど、そろそろ何かを言わないといけない時だと思った。他の多くの人たちが僕について話していたけど、それは僕のためだった」 そのハーランドだが、自分はまだまだ成長できるとコメント。改善できる部分がたくさんあると語った。 「僕は全てを改善できると思う」 「フィニッシュが得意だと言えば、フィニッシュを大幅に改善できる。もっと早くなれるし、もっと強くなれる」 「ケガをしなければもっと試合に出られるし、もっともっと良いプレーができるはずだ」 そのハーランドだが、最近はケガが続いている。今シーズンは9月から11月にかけてケガで離脱すると、22日に行われたホッフェンハイム戦でも負傷交代していた。 「プレーできないのは最悪だよ。それが僕の仕事なんだ。何かを変えられるなら、ケガがない状態を維持したい。2022年の目標は何かと聞かれれば、ケガをしないことだし、これからのキャリアでもケガをしないことが目標だ。それが一番大事なことだよ」 「順調だよ。良いトレーニングができているし、すぐに復帰できるだろう」 2022.01.27 10:34 Thu
twitterfacebook
thumb

ベンフィカのヴァイグルがドルトムント時代を回想「誰も僕のことは知らなかった」

ベンフィカの元ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルが、ドルトムント時代を回想した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ヴァイグルは2015年夏に1860ミュンヘンからドルトムントへ加入。当初は無名の存在だったが、トーマス・トゥヘル監督(現チェルシー指揮官)の下で主軸に抜擢さ飛躍を遂げた。 トゥヘル監督がクラブから去った後も主力としてチームを支えたが、クラブでの序列は徐々に低下。こうした状況を受け、2020年12月に移籍金2000万ユーロ(現レートで約25億7000万円)でベンフィカに完全移籍を果たした。 ベンフィカでは出場機会に恵まれない時期もあったが、今シーズンは主力として公式戦30試合に出場。チャンピオンズリーグ(CL)ではバルセロナを上回り決勝トーナメント進出を果たすなど、充実の時間を過ごしている。 ドイツ『キッカー』のインタビューに応じたヴァイグルはドルトムント時代を振り返り、トゥヘル監督との関係に言及。同時に、加入当初でまだ無名だった時代のエピソードを明かした。 「彼は僕のキャリアの中で、とても重要な監督だった。ドルトムントに加入する前は、1860ミュンヘンから段階的にステップアップしようと思い、代理人と一緒にクラブを探していたんだ。フライブルクやマインツとも接触していたよ。そうしたら、そこにビッグなドルトムントが声をかけてきた」 「トーマス・トゥヘルと話をしたとき、彼はまず僕が選手としてどうあるべきかを説明してくれたよ。それがとても印象的だったね。そして、僕には試合に出られるチャンスがあると言ってくれた」 「ドルトムントに来てすぐ、ジャージを買おうと思ってファン・ストアに行ったんだ。そこで、『選手割引はありますか』と尋ねると、「どこでプレーしているの? ユース? リザーブリーグ?』って聞かれたよ。誰も僕のことは知らなかったね」 また、ヴァイグルは2015-16シーズンのブンデスリーガで「218」のボールタッチを記録し、元スペイン代表MFのシャビ・アロンソ氏が持っていたブンデスリーガ最多ボールタッチ数を更新したことに言及。現在も破られていない記録について、誇りに思っていると語った。 「あの時は試合中そのことにまったく気づかなかった。今でもよく聞かれるし、もちろん誇りに思っているよ。シャビ・アロンソは僕にとってのお手本だからね。そしてもし、誰かが僕に追いつくことがあるなら、その人物はそれに値するということだ」 2022.01.25 18:46 Tue
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、筋肉の負傷でハーランドが再離脱

ドルトムントは24日、ノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの負傷情報を更新した。 22日に行われたブンデスリーガ第20節のホッフェンハイム戦に先発出場したハーランドは、6分に先制点となるゴールをマークしたが、プレー中に左足の付け根付近を痛めると、63分にヴィツェルとの交代を余儀なくされた。 ハーランドは日曜日と月曜日に精密検査を受け、筋肉系の問題と診断されたようだ。なお、クラブは数日間の治療とさらなる検査が必要と明かしている。 今季ここまで公式戦23ゴールと傑出したゴールセンスでチームをけん引するハーランドは、昨年10月中旬にも股関節の負傷により戦列を離れていたが、再び負傷により今季三度目の離脱となってしまった。 2022.01.25 02:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ハーランド2戦連発のドルトムント、ホッフェンハイムとの上位対決を制す《ブンデスリーガ》

ドルトムントは22日、ブンデスリーガ第20節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、3-2で勝利した。 前節フライブルクとの上位対決をムニエとハーランドのドッペルパックで5発圧勝として首位バイエルンとの6ポイント差を維持した2位ドルトムント(勝ち点40)は、4日前に行われたDFBポカールでは2部のザンクト・パウリ相手に敗れて敗退となってしまった。そのドルトムントは負傷のムニエが欠場となり、右サイドバックにはヴォルフが入った。 4位ホッフェンハイム(勝ち点31)に対し、ハーランド、ロイス、マレンの3トップで臨んだドルトムントは6分に先制する。ベリンガムとのワンツーでボックス左に侵入したマレンがクロスを送り、最後はハーランドが蹴り込んだ。 リードしたドルトムントは23分にピンチ。CKの流れからクリス・リチャーズのヘディングシュートがバーを叩いた。 ハーフタイムにかけても追加点に迫るような好機を作れずにいたドルトムントは追加タイム1分に追いつかれる。ベブの右クロスからクラマリッチにボレーシュートを蹴り込まれた。 1-1で迎えた後半、56分に2枚替えを行ったドルトムントが58分に勝ち越す。マレンのスルーパスに抜け出したロイスがGKとの一対一を制した。 さらに66分、ドルトムントがリードを広げる。ボックス左で縦に仕掛けたマレンのクロスがラウムのオウンゴールを誘った。 77分にラターにゴールを許して1点差とされたドルトムントだったが、3-2で逃げ切り。3連勝としてバイエルンにプレッシャーをかけている。 2022.01.23 01:35 Sun
twitterfacebook
thumb

フランクフルト、ドルトムントからFWクナウフを1年半のレンタルで獲得

フランクフルトは20日、ドルトムントからU-21ドイツ代表FWアンスガー・クナウフ(20)を2023年6月30日までの18カ月ローンで獲得したことを発表した。 ハノーファーの下部組織から2016年にドルトムントのユースに加入したクナウフは、年代別チームの主力として活躍した後、2020年12月のチャンピオンズリーグ(CL)のゼニト戦でトップチームデビューを飾った。 左ウイングを主戦場にスピードと突破力に優れるアタッカーは、3部に所属するドルトムントⅡで定期的にプレー機会を得ながら、ここまでトップチームでも16試合に出場していた。しかし、更なるトップレベルでの出場機会を求めてフランクフルトに移籍することになった。 なお、フランクフルトのスポーツ・ディレクターを務めるマルクス・クレシェ氏は、「アンスガーはそのスピードとゲームへの理解力で、我々のチームに非常によく適合しており、ここで成長に向けた次のステップを踏み出したいと思っている。彼は広いレーンですぐに我々を助けることができるはずだ」と、若武者への期待を口にしている。 2022.01.21 06:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly