岡山が喜山康平と齊藤和樹の負傷離脱を報告

2021.10.26 16:20 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
ファジアーノ岡山は26日、喜山康平齊藤和樹の負傷離脱を発表した。

喜山は24日に行われた明治安田生命J2リーグ第35節の水戸ホーリーホック戦に先発したが、62分に交代。左下腿部肉離れで全治3〜5週間の見込みだ。一方の齊藤は25日のトレーニングマッチで左大腿部肉離れのケガを負い、全治まで6〜8週間を要するという。

今季はここまで喜山が34試合に出場して2得点、齊藤が19試合に出場していた。


関連ニュース
thumb

岡山がMF関戸健二とMF疋田優人の負傷を報告…ともに靭帯損傷

ファジアーノ岡山は4日、MF関戸健二とMF疋田優人の負傷を発表した。 クラブの発表によると、関戸は11月29日に行われたカマタマーレ讃岐とのトレーニングマッチ中に負傷。右足関節靭帯損傷と診断され、全治は6~8週間になるようだ。4月にも内転筋の負傷で約半年間の欠場を余儀なくされていたため、今季のリーグ戦は8試合の出場とどまった。 疋田は今月2日のトレーニングで負傷し、右ヒザ靭帯損傷で全治8~10週間。こちらは12試合の出場で2ゴール1アシストを記録していた。 2021.12.04 18:07 Sat
twitterfacebook
thumb

「めっちゃステキ」岡山DF安部崇士が引退するベテランから試合中に声を掛けられ感激「試合中にも関わらず鳥肌が立ちました」

ファジアーノ岡山のDF安部崇士が、試合中の仰天エピソードを明かした。 岡山は28日、明治安田生命J2リーグ第41節でV・ファーレン長崎と対戦した。 長崎にとってのホーム最終戦。今シーズン限りで現役を引退する元日本代表FW玉田圭司も53分から途中出場。ホームでのラストマッチとなった。 試合後には引退セレモニーが実施され、ホームのファンに向けて挨拶を行ったが、この試合中に岡山のDF安部崇士が玉田から声を掛けられていたとのこと。そのエピソードを自身のツイッターで明かした。 「今日の試合で玉田選手に『何歳?いい選手だね!』と試合中に声をかけてもらいました」 「玉田選手に少しでも印象に残るプレーができていると、試合中にも関わらず鳥肌が立ちました」 「試合にこれだけ余裕を持ってプレーをできる玉田選手を尊敬し、人の良さも感じられました。ありがとうございます!!」 現役生活も残り2試合となった玉田は、相手のDFのプレーを称賛。試合中に相手チームの後輩に声を掛ける余裕を見せるベテランに、安部は感動していた。 このエピソードには「めちゃくちゃ凄い」、「めっちゃステキ」、「こんなんいわれたら昇天するわ」とコメントが寄せられ、ベテラン選手が見せた対応にも称賛を集めた。 <span class="paragraph-title">【SNS】引退するベテランからの声掛けに感動</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">今日の試合で玉田選手に<br>『何歳?いい選手だね!』と試合中に声をかけてもらいました。<br>玉田選手に少しでも印象に残るプレーができていると、試合中にも関わらず鳥肌が立ちました。<br>試合にこれだけ余裕を持ってプレーをできる玉田選手を尊敬し、人の良さも感じられました。<br>ありがとうございます!! <a href="https://t.co/3kbaX7Plpz">https://t.co/3kbaX7Plpz</a></p>&mdash; 安部崇士 (@atm_at_nmmtct) <a href="https://twitter.com/atm_at_nmmtct/status/1464925646543417355?ref_src=twsrc%5Etfw">November 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.30 12:37 Tue
twitterfacebook
thumb

岡山が5選手と契約満了…クラブ一筋12年のGK椎名一馬やDF田中裕介ら

ファジアーノ岡山は26日、5選手との契約満了を発表した。 今回契約満了が発表されたのは、GK椎名一馬(35)、DF田中裕介(35)、FW山本大貴(30)、FWブレネー・マルロス(27)、DF増谷幸祐(28)となる。 椎名は、流通経済大付属柏高校から流通経済大学へと進学し、2009年にファジアーノ岡山へと入団。2度にわたりファジアーノ岡山ネクストへと期限付き移籍するが、クラブ一筋でプレーを続けた。 しかし、出場機会は2014年のJ2で3試合のみとなっている。 田中は、 横浜F・マリノス、川崎フロンターレ、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズFC(オーストラリア)、セレッソ大阪でプレーした後、2019年に岡山に加入。岡山ではJ2で66試合に出場し1得点を記録していた。 山本は、ベガルタ仙台、松本山雅FCでプレーした後、2019年に期限付き移籍で松本に加入。2020年からは完全移籍で加わった。岡山では、J2で78試合に出場し10得点を記録した。 ブレネー・マルロスはバンクコク・ユナイテッドから今シーズン加入。J2で2試合に出場したが得点はなかった。 増谷はFC琉球から2019年に期限付き移籍で加入し、2020年からは完全移籍で加入。岡山ではJ2で15試合の出場に終わっていた。 2021.11.26 13:48 Fri
twitterfacebook
thumb

岡山が有馬賢二監督の今季限りでの退任を発表「来季、ともに戦えないことは非常に残念です」

ファジアーノ岡山は24日、有馬賢二監督(48)の今季限りでの退任を発表した。 有馬監督はFC東京で指導を始めると、2014年にY.S.C.C横浜で監督に就任。その後、ナショナルトレセンコーチやU-15日本代表、U-17日本代表の監督を経て、2019年から岡山で指揮を執っている。 就任1年目はJ2で9位、2年目の2020年は17位で終わると、今シーズンも現在10位に位置している。 有馬監督はクラブを通じてコメントしている。 「ファジアーノ岡山を支えてくださる皆さま。結果に繋がらない時も、いつも我慢強く応援してくださり、ありがとうございます。選手も常に前向きに、タフに一つになって戦い、成長しています」 「来季、ともに戦えないことは非常に残念ですが、今シーズン残り2試合、選手・チームスタッフとクラブスタッフとともに全力で勝利を目指して戦います。引き続き、応援の程、よろしくお願いします」 なお、後任監督は決定次第発表されるとのことだ。 2021.11.24 10:50 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸MFイニエスタが10月3戦3G1Aで月間MVPに輝く! 「この流れで最後まで」

Jリーグは12日、10月度の「明治安田生命Jリーグ KONAMI月間MVP」を発表した。各カテゴリーからヴィッセル神戸のMFアンドレス・イニエスタ、ファジアーノ岡山のFW上門知樹、藤枝MYFCのFW岩渕良太がそれぞれ初の栄誉に輝いている。 J1リーグで佳境の3位争いで一歩リードする神戸。10月の3試合を2勝1分け無敗で切り抜けたチームのなかで、イニエスタはその全試合に先発して、3得点1アシストと活躍した。受賞に際して、喜びの思いとともに、決意を新たにしている。 「このMVPはチームに貢献することができた証なので喜んでいます。でも、何よりも10月はチームが一つになって素晴らしい戦いができたと思います。この流れで最後まで戦い抜きたいです」 また、J2リーグからの選出となる上門は10月の5試合で2勝3分け無敗と好調なチームとともに、個人としても4得点と躍動。J3リーグからノミネートされた岩渕は5試合で4得点1アシストのインパクトを残した。 2021.11.12 16:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly