ニューヒーロー賞に“大器”鈴木彩艶! GK史上2人目、浦和史上5人目の受賞

2021.10.25 15:05 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©浦和レッズ/Jリーグ
2021シーズンにおけるJリーグYBCルヴァンカップのニューヒーロー賞に先の東京オリンピックにも飛び級でメンバー入りした浦和レッズのGK鈴木彩艶(19)が輝いた。

同賞はグループステージから準決勝までの各試合会場における報道関係者の投票をもとにJリーグの村井満チェアマンを含む選考委員会が最終決定。各チームの若き才能が候補入りするなか、鈴木が栄誉を手にした。

鈴木はガーナ人の父と日本人の母を持ち、浦和の下部組織で育った身長190cmの若き守護神。2019年2月にクラブ史上最年少の16歳5カ月でプロ契約を勝ち取り、今季から正式にトップチーム昇格を果たした。

そんな今季は元日本代表GK西川周作という大きな存在もあり、明治安田生命J1リーグでここまで6試合の出場にとどまるが、ルヴァンカップでプレーチャンスを確保。12試合中9試合でゴールマウスを守った。

浦和の選手として2011年のFW原口元気以来、5人目の受賞者となる鈴木は25日に出席したオンライン会見で喜びの心境とともに、決意を新たにした。

「今回、ニューヒーロー賞を受賞でき、大変光栄に思います。(ベスト4に終わった)チームとしては望むべき結果ではなかったですが、この大会でデビューでき、そこからの試合を通して、みなさまに評価していただいたのを本当に嬉しく思います。今後はこの賞に恥じないようプレーしていきたいです」

また、「年齢についてはよく言われますが、ピッチに立てば関係ないと思っています」と自らのスタンスも明かした鈴木はJリーグでも有力クラブのひとつである浦和での受賞により価値を感じているようだ。

「浦和レッズという偉大なクラブでゴールを守るというのは大きな責任が伴ってくると思いますし、そのなかでプレーさせてもらってきたので、もっともっと試合に出て、チームのために戦える選手になっていきたいです」

そんな鈴木だが、GKの受賞になると、2001年の曽ケ端準氏(鹿島アントラーズ)以来、2人目。他と比べると、若いうちからプレーチャンスを掴みづらいポジションでもあるだけに、より価値を持つ受賞となる。

それだけに今大会を浦和の優勝でも飾りたいところだが、残念ながら準決勝で敗退。鈴木も30日に本拠地の埼玉スタジアム2002で予定する決勝に勝ち進めなかった悔しさを認めたが、学びの場としたいと述べた。

「負けた悔しさはありますが、このファイナルを通して自分自身、見て学ぶこともたくさんあると思います。そういったところは吸収していって、この賞を通してもっともっとGKにフォーカスされていくと良いなと思います」


関連ニュース
thumb

浦和から酒井宏樹&江坂任が日本代表招集! 浦和の選手として初招集の江坂「持っているものを100パーセント出したい」

浦和レッズのDF酒井宏樹(31)、MF江坂任(29)が、日本代表招集を受けてコメントした。 日本サッカー協会(JFA)は7日、2022年1月21日に実施されるキリンチャレンジカップ2022のウズベキスタン代表戦に臨む日本代表メンバーを発表した。 国内組で組まれた今回のメンバー。初招集4名がいる中で、浦和からは2人が招集された。 酒井は11月に続いての招集。江坂は初招集を受けた3月以来の招集となり、浦和の選手としては初の招集となった。 両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆DF酒井宏樹 「新年一発目の勝負を埼スタで迎えられることは自分にとっても大事なことだと思うので、しっかりと考えてチームのために全力でプレーで表現したいと思います」 ◆MF江坂任 「日本代表に選ばれたことは、大変光栄に思います。自分が持っているものを100パーセント出したいと思います」 2021.12.07 22:10 Tue
twitterfacebook
thumb

今季で浦和を去る槙野、残り試合への熱き想いを語る「私にしか出来ないことを捧げながら戦います」

浦和レッズの元日本代表DF槙野智章が、ファンへの感謝と残り試合への強い思いを綴った。 2012年に浦和入りし、対人守備だけでなく、底抜けに明るい性格でチームを統率した槙野。チームとしてもAFCチャンピオンズリーグ(ACL)や天皇杯、Jリーグカップなどのタイトルに貢献した。 在籍10年目の今季はシーズン当初こそメインポジションであるセンターバックでの出場が続いていたが、秋口あたりからサブに回る頻度が増加。11月16日に契約満了に伴う退団が発表されていた。 槙野は4日に行われた明治安田生命J1リーグ最終節、名古屋グランパス戦後に自身のインスタグラムでサポーターに向けたメッセージを発信。謝辞を述べるとともに、残っている天皇杯へかける熱き想いを以下のように綴り、最後には独特の槙野節で締め括っている。 「21年シーズンのリーグ戦が本日終わりました」 「今シーズンも熱いサポートありがとうございました」 「改めまして、10年間在籍した浦和レッズを退団します。辛く、寂しくて、たまらないです」 「ですが…リーグ戦は終わりましたが、我々の闘いはまだ続きます」 「来シーズン(私はクラブにはおりませんが)、浦和レッズがACLタイトルを獲得する為にも、次の天皇杯、私に出来ること、私にしか出来ないことを浦和レッズへ捧げながら残りの2試合を戦います」 「もう少し続く21年シーズン最後まで我々と戦ってください!」 「いつまでも泣いてられっかよ!俺はお祭り男、エンターテイナー槙野だ!」 12日に天皇杯準決勝を控える浦和は、埼玉スタジアム2002でセレッソ大阪と対戦。勝ち上がった場合は、19日に国立競技場で行われる決勝で川崎フロンターレvs大分トリニータの勝者と対戦する。浦和の槙野として、最後にタイトルを勝ち取ることはできるだろうか。 <span class="paragraph-title">【写真】槙野、残り2試合への想いを発信「俺はお祭り男、エンターテイナー槙野だ!」</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CXD8zpkl6Ly/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CXD8zpkl6Ly/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CXD8zpkl6Ly/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">槙野智章 Tomoaki Makino(@makino.5_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.05 20:55 Sun
twitterfacebook
thumb

MVPやベスイレは誰に!? Jリーグ優秀選手賞31名が決定! 連覇の川崎Fは最多10名、2位の横浜FMは上位で最少の3名

Jリーグは5日、2021シーズンの優秀選手賞31名を発表した。 J1の18クラブの監督、選手の投票結果をもとに決定した31名には、圧倒的な強さで連覇を達成した川崎フロンターレから最多の10名が選出。一方で2位の横浜F・マリノスからは3名と上位では最も少ない選出となった。 また、3位のヴィッセル神戸からは5名、4位の鹿島アントラーズからは4名、5位の名古屋グランパスからは5名が選ばれており、その他、浦和レッズから2名、北海道コンサドーレ札幌、サガン鳥栖から1名ずつが選出された。 この優秀選手賞31名から、6日に開催される「2021 Jリーグアウォーズ」で発表される最優秀選手賞、ベストイレブンはこの31名から選出されることとなる。 ◆2021 Jリーグ優秀選手賞(31名) GK チョン・ソンリョン(川崎フロンターレ) ランゲラック(名古屋グランパス) DF 町田浩樹(鹿島アントラーズ) 登里享平(川崎フロンターレ) ジェジエウ(川崎フロンターレ) 谷口彰悟(川崎フロンターレ) 山根視来(川崎フロンターレ) チアゴ・マルチンス(横浜F・マリノス) 小池龍太(横浜F・マリノス) 中谷進之介(名古屋グランパス) 吉田豊(名古屋グランパス) トーマス・フェルマーレン(ヴィッセル神戸) 菊池流帆(ヴィッセル神戸) 酒井高徳(ヴィッセル神戸) エドゥアルド(サガン鳥栖) MF 金子拓郎(北海道コンサドーレ札幌) 荒木遼太郎(鹿島アントラーズ) ディエゴ・ピトゥカ(鹿島アントラーズ) 江坂任(浦和レッズ) 脇坂泰斗(川崎フロンターレ) 橘田健人(川崎フロンターレ) 家長昭博(川崎フロンターレ) 稲垣祥(名古屋グランパス) 山口蛍(ヴィッセル神戸) アンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸) FW 上田綺世(鹿島アントラーズ) キャスパー・ユンカー(浦和レッズ) レアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ) 旗手怜央(川崎フロンターレ) 前田大然(横浜F・マリノス) マテウス(名古屋グランパス) 2021.12.05 11:28 Sun
twitterfacebook
thumb

槙野は自ら最後のイエローカードをもらいに! これぞJリーグ、勇退の家本政明主審と村上伸次主審に選手、サポーターがねぎらい

選手と審判の理想の関係とも言えるのではないだろうか。 4日、明治安田生命J1リーグの最終節が各地で行われた。川崎フロンターレの連覇が既に決まっていた中、熾烈な残留争いが3チームの間で繰り広げられ、徳島ヴォルティスが1年でJ2へ降格することが決定。清水エスパルスと湘南ベルマーレは残留を掴んでいた。 残留争いに注目が集まる中、2人の審判がこの試合を最後にJリーグの舞台から去ることに。家本政明主審と村上伸次主審だ。 両主審はともにJリーグで通算500試合以上で主審を務め、Jリーグファンなら知らない者はいないほどの知名度を誇る。 そんな中、家本主審は横浜F・マリノスvs川崎フロンターレという2位と首位のビッグマッチを担当。村上主審は、名古屋グランパスvs浦和レッズという上位対決を担当した。 どちらの試合も引き分けという結果に終わったが、スタンドに集まったサポーターからはそれぞれの会場でねぎらいの言葉と感謝の言葉が書かれた横断幕が掲示。選手、サポーターと一体となって、共に試合を作り上げてきた審判員に向けて感謝の気持ちが伝えられた。 家本主審が担当した横浜FMvs川崎Fの試合では、試合終了後に両チームの選手が一列に整列し花道を作ると、その中央を家本主審が歩いてピッチを後に。選手たち、スタンドからは大きな拍手が送られると、サプライズプレゼントが贈られた。 横浜FMのキャプテンであるMF喜田拓也から、横浜FMのユニフォームが手渡されると、川崎FのキャプテンであるDF谷口彰悟からも川崎Fのユニフォームが手渡され、家本主審はがっちりと握手。主審を務めた「516」の数字が刻まれており、その後には家族から花束が渡されて、2人のお子さんに記念ユニフォームを着せるというシーンも見られ、その後は両チームの選手とともに記念つ撮影が行われた。 また、村上主審が担当した名古屋vs浦和の一戦でも試合後に両チームの選手が整列して花道を作り送り出すセレモニーが。すると、今シーズン限りで浦和を退団するDF槙野智章がユニフォームをおもむろに脱ぎ出し花道を塞ぐ行動に出ていた。 すると、村上主審はユニフォームを脱いだとして槙野にイエローカードを提示。これがJリーグで本当に最後のイエローカードとなった。(もちろん公式記録には反映されず) 槙野は村上主審とがっちり握手。するとアンダーシャツには村上主審への感謝のメッセージがびっしりと書かれていた。 「村上さんの笑顔が僕たちを気持ちよくプレーさせてくれました。最高のレフェリングをありがとう!お疲れ様でした」 すると槙野の粋な演出の後、選手たちが村上主審を囲む展開に。両チーム入り乱れて村上主審を胴上げするという珍しい光景が。村上主審は全ての方向にお辞儀をし、ピッチを後にしていた。 <span class="paragraph-title">【動画】槙野が村上主審の花道を塞ぎイエローカード!? 最後には胴上げ</span> <span data-other-div="movie2"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>村上伸次 レフェリー<br>お疲れさまでした<br>\<br><br>今季限りで勇退する村上氏が<br>両チームの選手から胴上げ<a href="https://twitter.com/hashtag/%E6%A7%99%E9%87%8E%E6%99%BA%E7%AB%A0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#槙野智章</a> からのメッセージに<br>ラストイエローカードもbr><br>明治安田J1第38節<br>名古屋×浦和<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/2021%E3%81%AE%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#2021のヒーローになれ</a><a href="https://twitter.com/MuraNoburin?ref_src=twsrc%5Etfw">@MuraNoburin</a> <a href="https://twitter.com/nge_official?ref_src=twsrc%5Etfw">@nge_official</a><a href="https://twitter.com/REDSOFFICIAL?ref_src=twsrc%5Etfw">@REDSOFFICIAL</a> <a href="https://t.co/wSQLOqSPQC">pic.twitter.com/wSQLOqSPQC</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1467038226875658242?ref_src=twsrc%5Etfw">December 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="paragraph-title-next" id="cws_ad"><a href="/news/view?news_no=408240&amp;div=2"><span>Next:【動画】勇退の家本主審に両チームからサプライズプレゼント</span></a></div> <span class="paragraph-title">【動画】勇退の家本主審に両チームからサプライズプレゼント</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">/<br>家本政明 レフェリー<br>お疲れさまでした<br>\<br><br>今季限りで勇退の家本氏に<br>横浜FMと川崎Fの両チームから<br>記念ユニフォームが贈呈されました<br><br>明治安田J1第38節<br>横浜FM×川崎F<br><a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> 見逃し配信中<a href="https://twitter.com/hashtag/2021%E3%81%AE%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8C?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#2021のヒーローになれ</a><a href="https://twitter.com/hashtag/EverydayJ%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EverydayJリーグ</a><a href="https://twitter.com/referee_iemoto?ref_src=twsrc%5Etfw">@referee_iemoto</a><a href="https://twitter.com/prompt_fmarinos?ref_src=twsrc%5Etfw">@prompt_fmarinos</a><a href="https://twitter.com/frontale_staff?ref_src=twsrc%5Etfw">@frontale_staff</a> <a href="https://t.co/WpiZ1UEb5w">pic.twitter.com/WpiZ1UEb5w</a></p>&mdash; DAZN Japan (@DAZN_JPN) <a href="https://twitter.com/DAZN_JPN/status/1467030999280332800?ref_src=twsrc%5Etfw">December 4, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <div class="paragraph-title-next" id="cws_ad"><a href="/news/view?news_no=408240&amp;div=1"><span>Prev:【動画】槙野が村上主審の花道を塞ぎイエローカード!? 最後には胴上げ</span></a></div> 2021.12.04 20:30 Sat
twitterfacebook
thumb

「夢のような素晴らしい時間」…新潟、元日本代表FW田中達也が現役引退 「自分は本当に幸せ者」

アルビレックス新潟は4日、元日本代表FW田中達也(39)の現役引退を発表した。 山口県生まれの田中は帝京高校を卒業後の2001年に浦和レッズでプロ入りすると、プロ3年目の2003年にJ1リーグ11得点を挙げてブレイク。同年に優勝したJリーグカップでMVP&ニューヒーロー賞をダブルで獲得するなど、5つのチームタイトル獲得にも貢献した。 2005年から日本代表にも呼ばれるようになり、16試合3得点のキャップ数を記録したが、2013年に新潟移籍を決断。近年は出番が減り、今季も出場機会がない状況だが、J1リーグ333試合66得点、J2リーグ55試合3得点の通算成績を収めている。 21年間の選手生活にピリオドを打つ田中はクラブを通じて、これまでを「夢のような素晴らしい時間」だったと振り返りながら、別れの挨拶をした。 「山口県の周陽スポーツ少年団でサッカーを始め、周陽中学校、帝京高等学校と進む中で指導してくださった指導者の方々や、日々切磋琢磨しながらトレーニングをしてくれた仲間たちのおかげで、プロサッカー選手になることができました」 「浦和レッズで12年、アルビレックス新潟で9年。この21年間で自分を成長させてくれた、たくさんの監督のおかげで、夢のような素晴らしい時間を過ごすことができました」 「時には大きな困難にぶつかり、挫けそうな時もありましたが、共に戦ってくれたチームメイトやスタッフ、そして、声援を送り続けてくれたサポーターの皆さんの存在が、自分を何度も奮い立たせてくれました」 「そして、自分を育ててくれた両親や自分をサッカーに導いてくれた兄、一番近くで一緒に戦ってくれた妻、パワーの源の子どもたちにも、とても感謝しています」 「多くの方々のサポートのおかげで、とことんサッカーをやり続けることができた自分は本当に幸せ者です。何よりも、アルビレックス新潟のオレンジ色のユニホームを着て引退できることを、誇らしく思っています! 皆さん、本当にありがとうございました」 2021.12.04 12:24 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly