元フランス代表DFエブラが10代での性的虐待被害を初告白「子供たちには勇気を持って、自分を責めないで欲しい」

2021.10.23 10:40 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
現役時代はマンチェスター・ユナイテッドで数々のタイトルを獲得した元フランス代表DFパトリス・エブラが、児童虐待の被害を受けていたことを告白した。イギリス『BBC』が伝えた。ニースやモナコ、ユナイテッド、ユベントス、マルセイユ、ウェストハムなどでプレーしたエブラ。ユナイテッド時代にはプレミアリーグで5度、チャンピオンズリーグで1度の優勝を経験。ユベントス時代にもセリエA3連覇など数々のタイトルを手にした。

フランス代表としても81試合に出場し、南アフリカ、ブラジルと2度のW杯に出場するなど活躍したエブラ。自身の執筆した書籍が発売されるのを前に、イギリス『タイムズ』とのインタビューで衝撃の告白を行った。

「私が最初に本を書いた時、私はまだ人々がどう思うのか、恥ずかしく、怖かった。だから全てを話さなかった」

「今私が言いたいのは、子供たちが私のような状況に陥って欲しくないということと、彼ら自身が自分を恥じているということだ。それは勇敢であるかどうかではなく、精神的に話す準備ができているかどうかだ」

「だから私はいつも自分を責めていたので、子供たちには勇気を持って、自分を責めないで欲しいと思っている」

「私は恥ずかしながら、自分が何も言わなかったため、長年にわたって臆病者だと感じていた。それは私の胸の中では何か重たいものだった。しかし、自分のためではなく、他の子供のためにやっている」

エブラはパリ近郊のレ・ジュリスで育ったが、自宅と学校の通学時間を短縮するために滞在していた教師の家で、性的虐待を受けていたと告白した。10代の頃だという。

そのエブラは、今回初めてその事実を明かすこととしたが、自身の母親にも打ち明けていなかったとし、2週間前に初めて何が起きていたかを伝えたそうだ。

「40歳になった今だからこそ、彼女に話ができる。それは大きなショックだった。多くの怒りもあった。彼女は謝罪した。そして『本に書いてはいけない。パトリスのプライベートなことだから』と言った」

「しかし、それに対して私は『母さん、それは私についてではなく、他の子供たちのためなんだ』と言った。彼女はOKと言ってくれ、理解してくれた」

エブラはモナコに在籍していたこと、警察から電話を受け虐待について問われたものの、その当時は否定したという。しかし、それは大きな後悔につながった。

「多くの人を助けることができたはずなのに、それを背負って生きてきたことは、最大の後悔の1つだ」

40歳になり、勇気ある告白をしたエブラ。同じ目に遭っている子供たちに届くことを願うばかりだ。

関連ニュース
thumb

マルシャルがセビージャ移籍へ! ユナイテッドに自身の報酬を支払い脱出を求める

セビージャが、予てから噂に上がっていたマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャル(26)の獲得に迫っているようだ。 大きな期待が寄せられ、2015年9月にモナコからユナイテッドへと加入したマルシャル。これまでユナイテッドで公式戦269試合に出場し79ゴール50アシストを記録している。 しかし、今シーズンはここまでプレミアリーグで8試合に出場し1ゴール、チャンピオンズリーグで2試合に出場と出場機会に恵まれていないマルシャルは、今冬の移籍を希望している。 ラルフ・ラングニック監督も退団の意思を認めており、セビージャが獲得に動き出していた中、ユナイテッドとの交渉が難航。セビージャ側が、ユナイテッドの条件に嫌気がさして手を引いたとされていた。 しかし、『ESPN』によると、セビージャにユナイテッド側が回答。前向きな返事があったとし、レンタル移籍で獲得することになるようだ。 今回の話が進展した理由には、マルシャルが自身のサラリーを引き下げたということがあったという。報道によれば、マルシャル自身が報酬の一部を支払い、ユナイテッドから去ることを望んだとされており、ユナイテッド側も移籍を許可したようだ。 2022.01.25 09:52 Tue
twitterfacebook
thumb

PSGのキンペンベ、よりを戻して18カ月のナイキとようやくゴールインか

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表DFプレスネル・キンペンベはナイキとの契約を締結したようだ。 PSGの育成組織出身のキンペンベは、2014年10月にトップチームデビューを果たした。フランス『footbpack』によればトップチーム昇格時にはナイキのマーキュリアル・スーパーフライを着用していたようだ。 だが、同年の終盤にはアディダスへと移ろっていたようで、バンジャマン・メンディとともにチャンピオンズリーグ(CL)でアディダスのグリッチを着用した初めての選手となるなど、アディダスの顔ともなっていた。2018年のロシアW杯でもアディダスとのペアにより、頂点に輝いている。 だが、2020年夏頃を契機にアディダスから再びナイキへと移った模様。親善試合でのル・アーブル戦でマーキュリアル・ヴェイパーシリーズを着用していたと伝えている。 以降、ナイキのスパイクを使い続けていたが、この度正式にサプライヤー契約を結ぶこととなったようだ。キンペンベは自身のインスタグラムで、ナイキの店舗を訪れた様子を公開。ディスプレイには「ようこそ、プレスネル」と記されており、キンペンベも「これがスタートだ。けど、終わりはないよ」とのコメントを添えている。 PSGのオフィシャルサプライヤーでもあるナイキと正式にタッグを組んだキンペンベ。今後のさらなる活躍が期待される。 <span class="paragraph-title">【写真】ナイキのショップを訪れたくさんのスニーカーに囲まれるキンペンベ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CXwR_HkMRiM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CXwR_HkMRiM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CXwR_HkMRiM/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">(@kimpembe3)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.23 20:10 Thu
twitterfacebook
thumb

UEFAネーションズリーグ2022-23の組み合わせが決定! ユーロ王者イタリアはドイツ、イングランド、ハンガリーと対戦

欧州サッカー連盟(UEFA)は16日、2022年6月にスタートするUEFAネーションズリーグ2022-23のグループリーグ分け抽選会を行った。 2022年11月に行われるカタール・ワールドカップ(W杯)の影響で、例年より早い6月~9月に開催されるUEFAネイションズリーグ。既に、レギュレーションや出場する55カ国のリーグ分けが発表されており、今回はリーグ内でのグループ分けが決められた。 最上位のリーグAでは、前回王者フランスがデンマークやクロアチア、オーストリアと同じグループ1に入り、グループ2には初代王者のポルトガル、スペイン、スイス、チェコが同居。 また、グループ3に入ったユーロ2020王者イタリアは、ユーロ準優勝のイングランドやドイツ、ハンガリーと同居。FIFAランク首位のベルギーは、オランダ、ポーランド、ウェールズと同じグループ4に入った。 試合は2022年6月から9月の間にホーム&アウェイで試合が6試合が開催される。また、リーグB、C、Dの各グループ首位チームは1つ上のリーグに昇格。リーグA、B、Cのグループ最下位は1つ下のリーグに降格。 リーグCについてはリーグDから昇格するチームが2チームのため、リーグC最下位4チームによるホーム&アウェイの降格プレーオフを行ない降格2チームを決定する。各リーグ内のグループ分けは以下のとおり。 【リーグA】 ◆グループ1 フランス、デンマーク、クロアチア、オーストリア ◆グループ2 スペイン、ポルトガル、スイス、チェコ ◆グループ3 イタリア、ドイツ、イングランド、ハンガリー ◆グループ4 ベルギー、オランダ、ポーランド、ウェールズ 【リーグB】 ◆グループ1 ウクライナ、スコットランド、アイルランド、アルメニア ◆グループ2 アイスランド、ロシア、イスラエル、アルバニア ◆グループ3 ボスニア・ヘルツェゴビナ、フィンランド、ルーマニア、モンテネグロ ◆グループ4 スウェーデン、ノルウェー、セルビア、スロベニア 【リーグC】 ◆グループ1 トルコ、ルクセンブルク、リトアニア、フェロー諸島 ◆グループ2 北アイルランド、ギリシャ、コソボ、キプロスorエストニア ◆グループ3 スロバキア、ベラルーシ、アゼルバイジャン、カザフスタンorモルドバ ◆グループ4 ブルガリア、北マケドニア、ジョージア、ジブラルタル 【リーグD】 ◆グループ1 リヒテンシュタインカザフスタンorモルドバ、アンドラ、ラトビア、リヒテンシュタイン ◆グループ2 マルタ、キプロスorエストニア、サンマリノ ※2020-21シーズンでリーグCの最下位となったカザフスタン、モルドバ、キプロス、エストニアについては2022年3月に行われる降格プレーアウトでリーグC残留かリーグD降格かが決定する。 2021.12.17 02:52 Fri
twitterfacebook
thumb

ムバッペがピアノの才能を披露? 鍵盤に手を添えるもネイマールは爆笑「噓つき」

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペは芸術にも造詣があるようだ。 7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループA最終節、ホームでのクラブ・ブルージュ戦では開始2分で先制ゴールを挙げたムバッペ。後方からの浮き球をダイレクトで合わせた2点目は圧巻の技術だった。 そのムバッペだが、サッカーだけなく音楽でもテクニックを披露するつもりのようだ。自身のインスタグラムでピアノの前に座り、鍵盤に手を置く姿を公開した。 ただ、譜面のようなものは見当たらず、暗譜でしているのか実際に弾けるかどうかは不明だ。PSGのチームメイト、イタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティは噓つきの絵文字を7つ並べ、ブラジル代表FWネイマールは「なんて嘘つき」と笑いながら指摘している。 真偽のほどは定かではないが、形は様になっているムバッペ。そのうち静止画ではなく、動画を投稿する日がくるかもしれない。 <span class="paragraph-title">【写真】腕前は?ピアノの鍵盤に手を置くムバッペ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CXOeVRBMx1d/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CXOeVRBMx1d/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CXOeVRBMx1d/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Kylian Mbappé(@k.mbappe)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.12.09 20:41 Thu
twitterfacebook
thumb

ダフト・パンク再結成? バロンドールのトロフィーを届けた黒いヘルメット2人組の正体は…

バロンドールの授賞式はサプライズで盛り上がったようだ。 エレクトロニカの急先鋒として90年代から音楽シーンを牽引してきたフランスの人気テクノユニット、ダフト・パンク。ヘルメットと手袋を着用し、ロボットのような出で立ちでシンセサイザーなどの電子機器を操り、パフォーマンスでも絶大なインパクトを与えたダンス・ミュージック界のレジェンドだ。 今年2月に解散を発表していたが、11月29日のバロンドール授賞式に黒いヘルメットを身に着けた2人組がトロフィーを持って登場。復活かと会場をざわつかせた。 実はこの2人組の正体、かつてF1世界チャンピオンにも輝いたフェルナンド・アロンソとエステバン・オコンだった。 フランスの自動車ブランド名を冠したF1チーム、アルピーヌ(前:ルノー)のドライバーを務める2人。どうやらフランスにゆかりのあるアーティストをイメージしての演出だったようだ。司会者のディディエ・ドログバとサンディー・ヘリベルトに促されて正体を明かすと、会場からは大きな拍手が上がった。 この演出には閲覧者も驚いた様子だ。「ダフト・パンク再結成かと思ったわ」、「ダフト・パンクのコスプレ」、「アロンソとオコンがダフト・パンクだったってことですね」など、衝撃を物語る声が多く寄せられている。 ダフト・パンクの再結成ではなかったが、F1王者の参戦というサプライズに沸いた授賞式。なお、男子はパリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表リオネル・メッシ(34)が7度目の、女子はバルセロナのスペイン代表MFアレクシア・プテジャス(27)が初めてのバロンドールを受賞している。 <span class="paragraph-title">【動画】バロンドールを届ける黒ヘルメット2人組</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Félicitations à l&#39;ensemble des lauréats de la cérémonie du <a href="https://twitter.com/hashtag/BallonDor?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BallonDor</a> ​<br>Revivez l’arrivée des trophées avec <a href="https://twitter.com/alo_oficial?ref_src=twsrc%5Etfw">@alo_oficial</a> et <a href="https://twitter.com/OconEsteban?ref_src=twsrc%5Etfw">@OconEsteban</a> à bord de la nouvelle <a href="https://twitter.com/hashtag/AlpineA110?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#AlpineA110</a> S !​<a href="https://twitter.com/lachainelequipe?ref_src=twsrc%5Etfw">@lachainelequipe</a> <a href="https://twitter.com/lequipe?ref_src=twsrc%5Etfw">@lequipe</a> <a href="https://twitter.com/francefootball?ref_src=twsrc%5Etfw">@francefootball</a> <a href="https://t.co/IafntvNzk6">pic.twitter.com/IafntvNzk6</a></p>&mdash; Alpine Cars FR (@alpinecarsFR) <a href="https://twitter.com/alpinecarsFR/status/1465462946784587785?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">The Ballon d’Or trophees are brought by Fernando Alonso and Esteban Ocon from <a href="https://twitter.com/AlpineF1Team?ref_src=twsrc%5Etfw">@AlpineF1Team</a>! <br><br> 48°51&#39;27.3&quot;N 2°20&#39;49.4&quot;E<br>Theatre du Châtelet<br><a href="https://twitter.com/alpinecarsFR?ref_src=twsrc%5Etfw">@alpinecarsFR</a> <a href="https://t.co/u7IPR0koi5">pic.twitter.com/u7IPR0koi5</a></p>&mdash; Ballon d&#39;Or #ballondor (@francefootball) <a href="https://twitter.com/francefootball/status/1465406733153714179?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">And yes, our <a href="https://twitter.com/AlpineF1Team?ref_src=twsrc%5Etfw">@AlpineF1Team</a> drivers were the mystery guests who brought the <a href="https://twitter.com/hashtag/BallondOr?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BallondOr</a> onto the stage! <a href="https://twitter.com/lequipe?ref_src=twsrc%5Etfw">@lequipe</a> <a href="https://twitter.com/lachainelequipe?ref_src=twsrc%5Etfw">@lachainelequipe</a> <a href="https://t.co/26233PqEoN">pic.twitter.com/26233PqEoN</a></p>&mdash; Alpine Cars (@alpinecars) <a href="https://twitter.com/alpinecars/status/1465444400423747585?ref_src=twsrc%5Etfw">November 29, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.01 22:15 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly