「ポルトとアトレティコが選べた」東京Vからの移籍時を語るフッキ、ポルトへの想いを語る「心の中にあるクラブ」

2021.10.22 13:35 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
かつてはJリーグでもプレーし、現在はブラジルのアトレチコ・ミネイロでプレーしている元ブラジル代表FWフッキが、Jリーグを離れた時のことを振り返った。スペイン『アス』が伝えた。フッキはサンパウロの下部組織からヴィトーリアの下部組織へと移籍。そのままファーストチームへ昇格すると、2005年7月に川崎フロンターレへと完全移籍。Jリーグでのキャリアをスタートさせる。

川崎Fでの出場機会をあまり得られず、北海道コンサドーレ札幌、東京ヴェルディへとレンタル移籍を経験。札幌では公式戦41試合で26ゴール1アシスト。東京Vではその後完全移籍をはたし、公式戦56試合45ゴールと驚異の得点力を見せていた。

2008年4月に川崎Fから東京Vへと完全移籍したフッキだが、その年の7月にポルトへと完全移籍。そのポルトでは公式戦169試合に出場し77ゴール61アシストと結果を残すと、4度のリーグ優勝、3度のカップ戦優勝、そしてヨーロッパリーグ優勝を経験。2010-11シーズンは3冠達成とともに、プリメイラ・リーガでの得点王も獲得していた。

その後に加入したゼニトや上海上港(現上海上港)でも結果を残したフッキは、今シーズンから母国へと復帰し、アトレチコ・ミネイロでプレーしている。

そのフッキは、自身にとってキャリアを大きく変えたポルトへの移籍についてコメント。自分を示すことができたとし、今も変わらぬ愛があると語った。

「サッカー界の知名度という点では、世界中で認知され、リスペクトされている僕の名前からしても、ポルトは“入り口”だったと言えるだろう」

「僕のキャリアはヴィトーリア(ブラジル)でスタートし、日本に渡った。そして22歳でポルトに到着した。自分がプレーした中で、最も大きなステージに立っていた」

「アジアのサッカーからヨーロッパへとやってきた。あまり知られた存在ではなかったが、短期間で自分の居場所を確保し、クラブや国で尊敬されるようになり、チャンピオンズリーグでプレーし、ポルトで歴史を作ることができた」

「ポルトは僕の心の中にあるクラブだ。僕にとって、120年以上の歴史を持つ施設があること、クラブの歴史の中で“選ばれし11人”がいる博物館があること、そして僕が最も多くの票を得たことはとても喜ばしいことだった」

「そこには僕の銅像がある。このような評価を受けたことはとても喜ばしいことだ。アトレチコでは、このようなことをしようとしてきた。この繋がりを持ち、このような歴史を持ち、記念すべきタイトルを獲得して歴史を築くためにだ」

また、東京Vからポルトに移籍する際には、アトレティコ・マドリーからのオファーもあったと告白。スペインでプレーする可能性もあった中、ポルトを選択した理由を明かした。

「2008年にポルトへと加入した時、2つのオファーがあった。ポルトとアトレティコ・マドリーのどちらかを選ぶことができた。ポルトを選んだのは、2001年か2002年にポルトガルに行った時、ポルトの試合を観に行ったからだ」

「UEFAカップ(現ヨーロッパリーグ)かチャンピオンズリーグの試合だったと思うが、スタジアムへ行ってみると超満員だった。あの素晴らしく美しいステージを見て、アルトゥールに向かって、いつかあそこでプレーして歴史に名を残すんだと言った」

「オファーを受けた時、その時のことを思い出した。もちろん、僕が加入した時は、エスタディオ・ド・ドラゴンになっていた。でも、それは予定されていたことで、僕はポルトのシャツを着る機会を得た。もちろん、アトレティコ・マドリーは世界中でリスペクトされているチームだ」

1 2

関連ニュース
thumb

セビージャ、ポルトのメキシコ代表FWヘスス・マヌエル・コロナを獲得! 契約は2025年まで

セビージャは14日、ポルトからメキシコ代表FWヘスス・マヌエル・コロナ(29)の獲得で合意に達したと発表した。契約期間は2025年まで。移籍金額はスペイン『マルカ』によると、300万ユーロ(約3億9000万円)だという。 セビージャは今冬、ウィンガーの補強を模索。マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャルも候補に挙がったが、ユナイテッド側の要求がネックとなっての交渉難航が取り沙汰され、コロナに白羽の矢が立った格好だ。 右️ウィングがメインポジションで、右サイドバックなどもこなせるコロナは2015年夏からポルトでプレー。昨季こそ公式戦48試合(3得点13アシスト)に出場したが、今季はここまで18試合でプレーするにとどまり、今季が契約最終年だった。 なお、背番号は「9」に決定。スペイン代表FWスソや元アルゼンチン代表FWエリク・ラメラと負傷者が多い右ウィングとしての活躍が期待される。 2022.01.15 08:35 Sat
twitterfacebook
thumb

セビージャ、ポルトのヘスス・コロナ獲得が決定的に

ポルトのメキシコ代表MFヘスス・コロナ(29)のセビージャ移籍が迫っているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 今冬の移籍市場でウインガーの補強を目指しているセビージャ。一時噂されていたマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシャルの獲得は、ユナイテッド側が難色を示したことから暗礁に乗り上げた。 一方、昨夏から獲得に動いていたヘスス・コロナに関しては、契約締へ佳境を迎えているとのこと。伝えられるところでは、13日にメディカルチェックのためセビージャ入りすると見られており、契約満了まで半年を切ったこのタイミングで新天地へ向かうようだ。 2015年夏に加入したポルトで長年に渡って活躍してきたヘスス・コロナ。昨季は公式戦48試合に出場したが、今季はここまでリーグ戦出場は11試合にとどまっており、先発出場は3試合のみとなっていた。 なおセビージャは、ボローニャのイタリア代表FWリッカルド・オルソリーニ(24)への関心も伝えられている。 2022.01.13 16:04 Thu
twitterfacebook
thumb

「涙が出そうになった」試合終盤に息子投入のポルト監督、劇的逆転弾に歓喜の抱擁&口づけ「健全な父と息子の瞬間」

期待に応えた息子を父親指揮官が盛大に祝福する様子が大きな注目を集めている。 プリメイラ・リーガで首位に立つポルトは8日、MF食野亮太郎を擁するGDエストリル・プライアとアウェイで対戦した。 2点を先行されて前半を終えるという難しい展開を強いられたが、後半の立ち上がりにメフディ・タレミ、さらに84分にはルイス・ディアスがゴールを奪い、終盤に試合を振り出しに戻した。 勢いのままにもう1点が欲しいセルジオ・コンセイソン監督は、87分に息子のフランシスコ・コンセイソンへ声をかけ、ピッチへと送り出す。すると、この交代が見事に的中。投入からわずか2分後、フランシスコは左からのクロスに飛び込み、劇的な逆転ゴールをたたき込んだ。 殊勲のゴールを挙げ、高揚してユニフォームを脱いでピッチを駆けるフランシスコ。チームメイトの祝福を受けてもみくちゃにされながら、父親とも喜びを共有しようと、それを潜り抜けて父親の下へと走っていった。 同様に昂っていたセルジオ・コンセイソンも息子を迎え入れて抱き留めると、激しい口づけでヒーローを歓迎。さらには手荒い祝福でフランシスコと歓喜を分かち合った。 ゲーム終盤に生まれた親子の絆にはファンも感無量の様子。「なんて美しい」、「一緒に祝う父を探すフランシスコの決意よ」、「健全な父と息子の瞬間」、「涙が出そうになった」などの声が寄せられている。 このゴールが決勝点となり、3-2の逆転勝ちでエストリルを退けたポルト。親子で結果を残し、首位をキープしている。 <span class="paragraph-title">【動画】これは泣ける!息子の劇的ゴールに父親も大興奮</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Porto manager Sergio Conceicao brought his son Francisco on in the 87th minute with the game at 2-2.<br><br>He scored the winner in the 89th.<br><br>Could watch him celebrate with his father all day <a href="https://t.co/kiOjJL6mQ3">pic.twitter.com/kiOjJL6mQ3</a></p>&mdash; ESPN FC (@ESPNFC) <a href="https://twitter.com/ESPNFC/status/1480249484449832961?ref_src=twsrc%5Etfw">January 9, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.01.13 08:15 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマがポルトMFセルジオ・オリベイラを獲得! 昨季は20G7Aの大活躍

ローマは12日、ポルトからポルトガル代表MFセルジオ・オリベイラ(29)を買い取りオプション付きの今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。背番号は「27」に決定している。 なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのファブリツィオ・ロマーノ氏によると、ローマはレンタル料として100万ユーロ(約1億3000万円)を支払い、買い取りには追加で1300万ユーロ(約17億円)を支払う必要があるようだ。 同胞ジョゼ・モウリーニョ監督からのラブコールを受け、ローマ加入が決定した29歳MFは新天地での意気込みを語った。 「この偉大なクラブに来られたのは素晴らしいことだ」 「ローマはこれまで常に本気の関心を示してくれていたんだ。今はすぐにでもチームの目標達成に貢献し、正しいメンタリティを育み続けたいと思っているよ」 「新しいチームメイトと一緒に仕事をすることが待ち遠しく、自分も成長し続けられると確信しているよ」 一方、指揮官同様に同胞MFを高く評価するゼネラル・マネージャーのチアゴ・ピント氏は、大きな期待を口にしている。 「セルジオ・オリベイラは、我々のチームにクオリティと個性を加えてくれるプレーヤーだ」 「彼はキャリアにおいて多くの勝利を収め、クラブと国の代表として世界で最も重要な大会に参加し、最高レベルの経験を積んできた」 「ローマに参加したいという彼の願望は、我々の合意に向けて決定的なものだった。我々はこのクラブでプレーすることを熱望しているプレーヤーを迎え入れ続けることが非常に重要であると信じている」 ポルトの下部組織出身のセルジオ・オリベイラは2009-10シーズンにトップチームデビュー。だが、トップチームでは思うように出場機会を得られず、国内外のクラブへの武者修行を経験。その後、2019-20シーズンから徐々に出場機会を増やし、ここ2シーズンでは完全な主力に定着している。 セントラルMFを主戦場に高精度の右足、戦術眼に長けた“8番”タイプのMFは、運ぶドリブル、局面を変えるパス、強烈なミドルシュート、プレースキックを特長としており、昨シーズンは公式戦48試合20ゴール7アシストという圧巻のスタッツを叩き出していた。 イタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニへの依存が顕著なチームにおいてビルドアップ、崩しの局面でアクセントが付けられるポルトガル代表MFの加入は、巻き返しを狙うローマにとって良い補強となるはずだ。 2022.01.13 06:31 Thu
twitterfacebook
thumb

ローマ、ポルトMFセルジオ・オリベイラ獲得に迫る! 昨季は20G7Aの大活躍

ローマがポルトに所属するポルトガル代表MFセルジオ・オリベイラ(29)の獲得に近づいているようだ。移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏が報じている。 スキラ氏が伝えるところによれば、昨夏のタイミングでもセルジオ・オリベイラの獲得に動いていたローマは、買い取りオプション付きのレンタルという条件でポルトとの交渉が進んでいるという。さらに、選手サイドとは半年間のレンタル+3年契約という条件ですでに合意を取り付けているとのことだ。 ポルトの下部組織出身のセルジオ・オリベイラは2009-10シーズンにトップチームデビュー。だが、トップチームでは思うように出場機会を得られず、国内外のクラブへの武者修行を経験。その後、2019-20シーズンから徐々に出場機会を増やし、ここ2シーズンでは完全な主力に定着している。 セントラルMFを主戦場に高精度の右足、戦術眼に長けた“8番”タイプのMFは、運ぶドリブル、局面を変えるパス、強烈なミドルシュート、プレースキックを特長としており、昨シーズンは公式戦48試合20ゴール7アシストという圧巻のスタッツを叩き出していた。 イタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニへの依存が顕著なチームにおいてビルドアップ、崩しの局面でアクセントが付けられるポルトガル代表MFの加入は巻き返しを狙うローマにとって良い補強となるはずだ。 なお、ローマはアーセナルから買い取りオプションなしのドライローンでイングランド代表MFエインズリー・メイトランド=ナイルズの獲得が決定的となっている。 2022.01.08 07:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly