フッキがドルトムント相手に“超人”ぶりを発揮して決めた弾丸ジャイロシュート【インクレディブル・ゴールズ】

2021.01.15 18:00 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。今回は元ブラジル代表FWフッキがゼニト時代に決めたゴールだ。


◆フッキが超人ぶりを見せつける

ブラジルでのデビューを経て、Jリーグでもプレーしたフッキは、2008年夏にポルトに加入し、欧州デビュー。ストライカーとしての評価を上げると、2012年にロシアの強豪ゼニトに移籍した。

筋骨隆々の見た目から『超人ハルク』になぞらえてフッキの登録名でプレーするフッキだが、2014年3月19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16、ドルトムントとの2ndレグでは、豪快なゴールを決めている。

ゼニトのホームで行われた1stレグでは、2-4で敗れていたゼニト。しかし、アウェイで行われた2ndレグでは、フッキがいきなり魅せる。

0-0で迎えた16分、右サイドでパスを受けたフッキは、相手からのプレッシャーを受けながらもボールをキープすると、ドリブルで中央へ切り込んでいく。相手陣内中央まで侵入すると、左足を豪快に一振り。ジャイロ回転のかかった強烈なシュートは、GKから逃げるような変化をしながらゴール左に決まり、逆転に望みを繋ぐ先制ゴールとなった。

フッキのゴールで先手を取ったゼニトは、試合には2-1で勝利したものの、合計スコア4-5と惜しくも及ばす。ラウンド16で姿を消している。
関連ニュース
thumb

「勝つか、お前らを殺すかだ!」史上初の降格をかけた大一番で名門コロコロを救った圧巻のソロゴール【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はコロコロのアルゼンチン人FWパブロ・ソラーリが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆救世主が見せた圧巻のソロゴール!<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJoMm5GREJkcSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 1925年に創設されたコロコロはチリ1部リーグで最多32度の優勝回数を誇る同国屈指の名門として知られている。しかし今シーズンは深刻な低迷に陥り、レギュラーシーズンを16位で終えると、2021年2月17日に行われたプレーオフで、ウニベルシダ・デ・コンセプシオンと残留をかけた一発勝負に挑むこととなっていた。 クラブ創立以来初の降格危機を迎えたクラブに対し、一部の過激なファンは「Ganan o los matamos(お前らが勝つか、俺らがお前らを殺すかだ)」との脅迫とも取れる驚愕のバナーを掲示。そういった事情もあり、コロコロはまさに生きるか死ぬかの大一番に臨んでいた。 すると迎えた19分、右サイドでボールを受けたソラーリは、ドリブルで積極的に仕掛けていくと、キレのあるターンでDFを抜き去りゴールへ接近。コースを切りに来た相手も鮮やかなターンでかわすと、ゴール右の角度のない位置からシュート。GKの股を抜くゴールを沈め、値千金の先制点を挙げてみせた。 試合はそのままコロコロがリードを守り、1-0で勝利し、残留を決めた。なお、決勝ゴールのソラーリは、アルゼンチンのタジェレスからレンタルで加入していた19歳の選手であり、チリの名門クラブは思わぬ救世主の活躍で窮地を脱することとなった。 <span data-sg-movie-id="838" data-sg-movie-title="【降格のピンチを救う!】大一番で名門コロコロを救った圧巻のソロゴール"></span> 2021.02.24 20:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ミラン時代のK・ボアテングが豪快アクロバティックボレーでアーセナルを粉砕!【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はモンツァに所属する元ガーナ代表FWケビン=プリンス・ボアテングがミランで決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆K・ボアテングが決めた豪快アクロバティックボレー<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJNZTYzU2lnQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> ヘルタ・ベルリンでデビューしたボアテングは、トッテナムやドルトムント、ミランやバルセロナなど数多くのビッグクラブでプレー。今シーズンからはセリエBのモンツァでプレーしている。 ダイナミックなプレーが特長のボアテングだが、ミラン時代の2012年2月15日に行われたチャンピオンズリーグ・ラウンド16のアーセナルとの1stレグでは、豪快なゴールを決めている。 0-0で迎えた15分、MFアントニオ・ノチェリーノの浮き球のパスにボックス内で抜け出したボアテング。胸でボールをコントロールすると、ボックス内右の角度の厳しい位置から、体を強引にひねりながらジャンピングボレーシュート。パチンコ玉のような豪快な一撃はGKヴォイチェフ・シュチェスニーの守るニアポストを破り、ゴール左上に突き刺さった。 このゴールで勢いに乗ったミランは、1stレグを4-0で圧勝している。 <span data-sg-movie-id="836" data-sg-movie-title="【アーセナルを粉砕!】ミラン時代のK・ボアテングが決めた豪快アクロバティックボレー"></span> 2021.02.24 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

まるでスローモーション…!超絶カーブシュートが驚きの滞空時間で完璧なコースにゴールイン【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はセリエCのバーリに所属するイタリア人FWミルコ・アンテヌッチがリーズ・ユナイテッド時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆スローモーションのように見える超絶カーブシュート<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJsNEh0R1RGMSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> イタリア下部リーグのジュリアノーヴァでデビューしたアンテヌッチは、国内クラブを渡り歩いた後、2014年夏に当時チャンピオンシップ(イングランド2部)所属のリーズに加入した。 現在は再びイタリア下部リーグで活躍するアンテヌッチだが、2015年8月8日に行われたチャンピオンシップ第1節のバーンリー戦では、衝撃のゴールを決めている。 終盤まで0-0のまま迎えた83分、左サイドから攻めたリーズがボックス内にクロス。これはクリアされるも、クリアボールを相手陣内中央のDFガエタノ・ベラルディがヘディングでボックス手前のアンテヌッチにボールを送る。 胸トラップで上手くボールを収めたアンテヌッチは、キックフェイントで鮮やかにマークを外すと、ボックス外から左足でミドルシュート。強烈なカーブのかかったシュートは、ゆっくりとした速度でゴール左上へ飛んでいくと、グングン変化しながら完璧なコースにゴールインした。 まるでスローモーションの映像のようなゴールで先制したリーズだったが、直後に失点。試合は1-1のドローに終わっている。 <span data-sg-movie-id="834" data-sg-movie-title="【まるでスローモーション…!】超絶カーブシュートが驚きの滞空時間で完璧なコースにゴールイン"></span> 2021.02.24 08:00 Wed
twitterfacebook
thumb

衝撃の全力疾走ボレー!バイエルンの新星が決めたアンストッパブルな一撃【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回はバイエルンのカナダ代表DFアルフォンソ・デイビスが決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆デイビスの全力疾走ボレー<br/><div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJVTWdKT1VpQiIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> 難民としての過去を持つデイビスは、移住先のカナダでプロキャリアをスタート。2019年1月に若くしてバイエルンに引き抜かれると、2020年にブレイクを果たし、一気にスターダムを登っている。 爆発的なスピードで攻守に活躍するデイビスだが、2021年2月15日に行われたブンデスリーガ第21節のビーレフェルト戦では、素晴らしいゴールを決めている。 2-3とビーレフェルトにリードを許して迎えた69分、FWレロイ・サネが高速ドリブルでボックス内右深部まで侵入し、中央にクロスを上げる。このクロスは相手DFにクリアされるも、高く上がったクリアボールに対し、後方から走り込んだデイビスが全力疾走の勢いそのままにボレーシュート。低くコントロールされた強烈な弾丸シュートがゴール左に決まった。 このゴールで試合を振り出しに戻したバイエルン。3-3の引き分けに持ち込み、何とか金星を阻止した。 <span data-sg-movie-id="833" data-sg-movie-title="【衝撃の全力疾走ボレー!】バイエルンの新星が決めたアンストッパブルな一撃"></span> 2021.02.23 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ボックスを対角線に切り裂く!ブラジルのレジェンド、リバウドが決めた強烈グラウンダーシュート【インクレディブル・ゴールズ】

サッカーファンなら誰もが一度は見たことがあるであろう歴史に残るスーパーゴール。今回の企画『Incredible Goals』(信じられないゴール)では、これまでに生まれた驚愕のゴールを紹介していく。 今回は元ブラジル代表FWリバウド氏が、ミラン時代に決めたゴールだ。 <div id="cws_ad">◆地を這う強烈グラウンダーゴール!<br/> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJhTmZUQmpBNCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script></div> “左足の魔術師”と呼ばれたリバウド氏は、1997年から2002年までバルセロナで圧倒的なパフォーマンスを披露。多くのタイトルを勝ち取った後の2002年夏にミランに加入した。 ミランでは1シーズンを過ごし、公式戦40試合で8ゴールをマークしたリバウド氏だが、2003年1月19日に行われたセリエA第17節のピアチェンツァ戦では、素晴らしいゴールを決めている。 先制されながらも1-1と同点に追いついて迎えた69分、中盤からMFアンドレア・ピルロがドリブルでボールを前線に運ぶと、ボックス手前まで侵入。相手と交錯しながら、スイッチする形でリバウドにボールが渡ると、ボックス手前左の位置からリバウドがシュート。レーザービームのようなグラウンダーのシュートは、ボックス内を対角線に横切ると、ゴール右下に突き刺さった。 試合は、リバウドのゴールで逆転に成功したミランが、そのまま2-1で勝利している。 <span data-sg-movie-id="831" data-sg-movie-title="【ボックスを対角線に切り裂く!】ブラジルのレジェンド、リバウドが決めた強烈グラウンダーシュート"></span> 2021.02.23 18:00 Tue
twitterfacebook