CLで大勝したグアルディオラ監督が、共闘した元キャプテンからのアドバイスを明かす「コンパニと話をした」

2021.10.20 14:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、クラブ・ブルージュとの一戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。

シティはチャンピオンズリーグ(CL)グループA第3節でクラブ・ブルージュと対戦。30分にジョアン・カンセロのゴールで先制すると、43分にはリヤド・マフレズのPKで追加点を奪う。

さらに53分にはカイル・ウォーカー、67分にはコール・パーマーにもゴールが生まれると、1-4で迎えた84分にはマフレズが追加点。1-5で快勝を収めた。

この勝利でグループ2位になったシティ。グアルディオラ監督は、ブルージュを過小評価しておらず、元キャプテンでありアンデルレヒトのヴァンサン・コンパニ監督にアドバイスをもらったと明かした。

「我々はとても良かった。我々がヨーロッパで行った中で最高のパフォーマンスの1つだった」

「私はブルージュを過小評価するつもりはない。彼らを良く知っている」

「私はヴァンサン・コンパニと話をした。そして、彼はいくつかの情報を与えてくれた。彼は私よりブルージュを良く知っている」

「彼はファイナルサードでは、相手にはスピードのあるCBがいて、特に左のCBには気をつけるようにと言っていた」

「我々は多くの面で本当に良いパフォーマンスをしていた。選手たちがどんなものであるかをよく理解している」

「インターナショナル・ブレイクの間、ブルージュを見ていた。たくさんの試合を見た。私は彼らがPSGに対してどれだけ良いことをしているかを知っている」

「彼らがマンチェスターに来るのは数週間後になる。彼らはきっと調整してくれるだろう。彼らにもプライドはある」

「彼らは誇りを持っており、今日の試合を見て、より良くなると思う。我々は全てのポイントを取るために、可能な限り最善をつくす必要がある」

1 2

関連ニュース
thumb

シティの若手DFイーガン=ライリーがコンパニ率いるバーンリーに完全移籍

バーンリーは1日、マンチェスター・シティからU-19イングランド代表DFコンラッド・ジョナサン・イーガン=ライリー(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。 幼少期にシティのアカデミーに加入したイーガン=ライリーは、クラブの各カテゴリーで主力を担ってきた183cmのDF。2021年9月に行われたEFLカップのウィコム戦でトップチームデビューを飾ると、今年3月に行われたスポルティングCP戦でチャンピオンズリーグ、5月のニューカッスル戦でプレミアリーグデビューも果たした。 センターバックと右サイドバックを主戦場に守備的MFでもプレー可能な足元の技術を併せ持つ総合力の高い守備者はシティのU-18チームとU-23チームでキャプテンを任されるリーダーシップにも定評があった。 バーンリーの新指揮官、ヴァンサン・コンパニ監督は自身の古巣から獲得した逸材に対する大きな期待を口にしている。 「CJ(イーガン=ライリー)は、長い間、我々が注視してきたプレーヤーだ。彼は将来有望で才能のあるフットボーラーであり、優れた考え方と姿勢を持ったプレーヤーだ」 「彼が加入に同意してくれたことを嬉しく思う。CJは本当にハングリーで、バーンリーで学び、成功したいと思っている。彼は我々の文化に完璧にフィットし、素晴らしい戦力補強となる」 2022.07.01 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

シティがビーレフェルト退団のドイツ人GKオルテガを獲得…3年契約

マンチェスター・シティは1日、アルミニア・ビーレフェルトのドイツ人GKシュテファン・オルテガ(29)を完全移籍で獲得することを発表した。 フリートランスファーでの加入となり、契約期間は2025年6月30日までの3年間となる。背番号は「18」に決まった。 ドイツとスペインにルーツを持つオルテガは、ビーレフェルトの下部組織育ち。2011年7月にファーストチームへと昇格すると、2014年7月に1860ミュンヘンへ完全移籍。2017年7月にビーレフェルトに戻っていた。 これまで、ブンデスリーガで67試合、2.ブンデスリーガ(ドイツ2部)で170試合に出場。2021-22シーズンもブンデスリーガで33試合を守ったが、チームは2部に降格。契約満了で退団となっていた。 オルテガはクラブを通じてコメントしている。 「これは僕にとって素晴らしい移籍だ」 「マンチェスター・シティは素晴らしいチームだ。あらゆる分野でワールドクラスのクオリティを備えたチームだ」 「この選手たちのグループに入り、クラブの成功を続けることを助けるチャンスを与えられたことは僕にとっての夢だ」 「ドイツでプレーを楽しんでいた。アルミニア・ビーレフェルトのファンのサポートには感謝したいと思う。でも、シティに来て、プレミアリーグでプレーするという新しい挑戦は、僕には無視できないものだった」 「スタートし、チームメイトに会い、ペップや彼のスタッフと共に仕事を始めるのが待ちきれない」 なお、オルテガはノルウェー代表FWアーリング・ハーランドに続いて今夏2人目の補強となる。 2022.07.01 18:14 Fri
twitterfacebook
thumb

マルセイユ、シティも関心示した204cmの逸材CBイザーク・トゥーレを獲得!

マルセイユは6月30日、ル・アーヴルからU-19フランス代表DFイザーク・トゥーレ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2027年6月30日までの5年となる。 トゥーレはフランス代表のMFポール・ポグバや、DFフェルラン・メンディ、アルジェリア代表MFリヤド・マフレズらが過去に在籍していたことで知られる育成の名門ル・アーヴル育ちの204cmの大型センターバック。 2020年8月にトップチームデビューを飾ると、2021-22シーズンのリーグ・ドゥ(フランス2部)では17試合に出場していた。その規格外のサイズを生かした圧倒的な空中戦の強さに加え、線の細さアジリティにこそ難はあるものの、スピードにも優れるフィジカルモンスター。さらに、サイズの割に足元の技術にも優れており、長いリーチを生かした最後尾からのドライブや、左足のフィードにも伸びしろを感じる。 すでに国内外のクラブから関心を集めていた逸材に対しては、マンチェスター・シティが興味を示しており、獲得後に系列クラブのトロワにレンタルへ出すという構想も伝えられていた。 しかし、フランス『RMC sport』など国内メディアによると、マルセイユが550万ユーロ(約7億7000万円)+ボーナス200万ユーロ(約2億8000万円)というオファーを掲示し、獲得にこぎ着けたようだ。 <span class="paragraph-title">【画像】将来性豊かな規格外の若手DFが加入</span> <span data-other-div="movie"></span> <div id="cws_ad"><blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr">Le défenseur international français U19 s’est engagé jusqu’au en provenance du <a href="https://twitter.com/HAC_Foot?ref_src=twsrc%5Etfw">@HAC_Foot</a> après le succès de sa visite médicale <br><br>Plus d’infos <a href="https://t.co/W8hqZigRse">https://t.co/W8hqZigRse</a> <a href="https://t.co/Eshmbdiosj">pic.twitter.com/Eshmbdiosj</a></p>&mdash; Olympique de Marseille (@OM_Officiel) <a href="https://twitter.com/OM_Officiel/status/1542515944869601280?ref_src=twsrc%5Etfw">June 30, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script></div> 2022.07.01 16:16 Fri
twitterfacebook
thumb

シティのさらなる人気銘柄獲りが迫る! フィリップスが1日にもメディカルチェック

マンチェスター・シティはリーズ・ユナイテッドからイングランド代表MFカルヴァン・フィリップス(26)の獲得が差し迫っている。 長らく補強急務だったストライカーとしてノルウェー代表FWアーリング・ハーランドを射止めたシティ。次は左サイドバックのポジションとともに、元ブラジル代表MFフェルナンジーニョが抜けた中盤の強化にも目を光らせているとされる。 そこで白羽の矢が立つのがフィリップスだ。今夏に複数クラブから人気を博すなか、シティ行きだけを望むといわれ、先週に4500万〜5000万ポンド(約73億6000万〜81億8000万円)ほどの移籍金額でクラブ間合意が飛び出している。 そして、イギリス『スカイ・スポーツ』が新たに報じたところによると、フィリップスもシティ入り向けて動き出す模様。1日にもメディカルチェックを受ける見通しだという。 フィリップスの獲得が実現すれば、今夏2人目の新戦力に。報道がここまでくると、ハーランドに続く人気銘柄の獲得は間違いなさそうだ。 2022.07.01 15:10 Fri
twitterfacebook
thumb

シティ・フットボール・グループが逸材FWサヴィーニョ確保! トロワからPSVへ即レンタルへ

シティ・フットボール・グループ(CFG)がアトレチコ・ミネイロのU-20ブラジル代表FWサヴィーニョ(18)の獲得に成功した。 CFGが保有するフランスのトロワは6月30日、サヴィーニョを完全移籍で獲得した。 アトレチコ・ミネイロの発表によると、移籍金は650万ユーロ(約9億2000万円)+ボーナス600万ユーロ(約8億5000万円)となる見込みで、さらに将来的なリセール時の12.5%が支払われる。 サヴィオやサヴィオ・モレイラとも呼ばれる18歳の左利きのアタッカーは、2018年にアトレチコ・ミネイロの下部組織に加入。その後、2020年9月にトップチームデビューを果たすと、ここまで公式戦33試合に出場し、2ゴールを記録している。 右ウイングを主戦場に爆発的なスピードと圧倒的なボールスキルを併せ持つ176cmの生粋のドリブラーは、プレー判断やフィニッシュの精度は粗削りも、次代のセレソンを担うことが期待される大器だ。 なお、将来的にはCFGのフラグシップクラブであるマンチェスター・シティへのステップアップも見込まれる逸材は、トロワからPSVへ即レンタルとなる予定だ。 2022.07.01 13:27 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly