7戦未勝利で昇格争いから脱落の琉球が樋口靖洋監督を解任、喜名哲裕HCが後任に

2021.10.20 12:28 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
FC琉球は20日、樋口靖洋監督(60)の解任を発表した。なお、喜名哲裕ヘッドコーチ(44)が後任に就任することとなる。

樋口監督は、モンテディオ山形や大宮アルディージャ、横浜FC、横浜F・マリノス、ヴァンフォーレ甲府、Y.S.C.C.横浜の監督を務め、2019シーズンから琉球を率いていた。

J2に昇格したチームを率いた樋口監督は、就任1年目は開幕4連勝を達成するなど台風の目となるが、中盤戦以降は連敗が続くなどし最終的には14位でシーズンを終えた。

2年目の2020シーズンは、開幕9試合勝利なしと不調のスタートとなったが、徐々に盛り返すも16位でフィニッシュ。3シーズン目の今シーズンは、開幕5連勝、8戦無敗と好スタートを切ったが、後半戦は全く結果を出せず、直近は7戦未勝利(1分け6敗)と結果を出せず、8位と昇格争いから一気に転落していた。

後任の喜名ヘッドコーチは、現役時代は名古屋グランパスやFC東京、大宮アルディージャ、アビスパ福岡、東京ヴェルディ、ロアッソ熊本でプレー。引退後は指導者となり、2016年に琉球のトップチームコーチとU-18監督に就任。2017年からヘッドコーチを務めていた。

両者はクラブを通じてコメントしている。

◆樋口靖洋監督
「残り8試合を残してチームを離れる事になり、チーム関係者、選手・スタッフは勿論、これまで応援して頂いたファン・サホーターの皆様に大変申し訳なく思います」

「最後までやり切れなかった事は、本当に残念であり悔しい気持ちが強く残っていますが、J1昇格の可能性がほぼ無くなった事と、直近の戦績の結果責任は監督にあり、このクラブの判断は受け入れなければいけないものだと思っています」

「FC琉球では3シーズンに渡り指揮を執らせて頂きました」

「ホップ・ステップ・ジャンプとチーム力を上げ、3年後にはJ1にチャレンジするという目標をクラブと共有し、チーム作りを行ってきました今シーズン、9月以降難しい試合が続き失速してしまいましたが、シーズンの2/3を昇格の可能性を持って戦うことが出来ました。これは選手の成長と頑張り以外の何ものでもありません」

「共に戦った選手・スタッフを誇りに思います」

「昇格という目標は叶いませんでしたが、「沖縄の青い空と海に似合う攻撃的なサッカー」を貫き、そのスタイルを積み上げ、クラブの礎となるものは築けたのではないかと思います」

「コロナ過の難しい状況にも関わらず、練習グラウンドを御提供頂いた自治体の皆様、いつも素晴らしいグラウンドを用意して頂いた、芝生管理の皆様、経済状況の厳しい中でもご支援を頂いたスポンサーの皆様、そしてスタジアムに足が運べない中でも応援を続けて頂いたファン・サポーターの皆様、本当にありがとうございました」

「今後のクラブの発展とFC琉球に関わる全ての皆様のご健勝を心からお祈り申し上げます。これからは、FC琉球のファンとして大好きな沖縄を訪れたいと思います」

◆喜名哲裕ヘッドコーチ

「この度、FC琉球の監督に就任させていただきました喜名哲裕です。今回の監督交代はヘッドコーチとしてサポート出来なかった責任を強く感じております」

「2016年よりFC琉球トップチームに携わり多くのことを学び成長させていただいた中で恩もありますし今回、監督を引き受ける決断をいたしました」

「これまでチームが積み上げてきたものを大切にしながら、さらに前進させ攻守ともにアグレッシブに戦い、FC琉球らしい躍動感あるサッカーを展開していきたいと考えております」

「多くのサポーターの皆様に応援していただけるよう強い覚悟を持って今シーズンの残りをチーム一丸となって戦い抜きます。熱いご声援のほど宜しくお願いします」

また、倉林啓士郎会長が退団する樋口監督、新たに率いる喜名新監督へコメントしている。

「樋口監督には、FC琉球がJ3リーグからJ2リーグへ戦いの舞台を移した2019シーズンから、クラブとして新しくレベルを試された難しく不安もある時期を3シーズン共に過ごして頂きました。いつもチームやクラブに対して献身的で、目の前の勝利のためにプロフェッショナルとして挑戦を続ける樋口監督のもと、チームは「沖縄の青い空と海に似合う攻撃的なサッカー」 スタイルを築き上げ、3シーズンを戦い抜いてきました」

「特に今シーズンはコロナウィルスの影響を受けながらも、開幕から素晴らしいパフォーマンスを発揮して、J1昇格の可能性を感じさせ、ファン・サポーター・関係者に感動と喜びを与え続けてくれました。シーズン最後まで一緒に仕事をすることを楽しみにしていましたが、この数ヶ月は私達が思い描いていたような結果にはならなかったことを、とても残念に悔しく思っています』

「樋口監督のこれまでの多大なる貢献にクラブを代表して感謝を申し上げたいと思います。本当に有難うございました」

「今シーズン残り8試合は、沖縄県出身者でもある喜名ヘッドコーチが新監督となり指揮をとる事になります。沖縄初のJリーグ監督として、持ち前の柔軟な発想と思い切りの良さで、チームを勝利に導いてくれる事を期待しております。「沖縄とともに、強くなる。」チームを支えて頂いているファン・サポーター・パートナーの皆様にも、引き続きのご支援・ご声援の程、何卒よろしくお願い申し上げます」

関連ニュース
thumb

新潟との天王山を制した横浜FCが首位返り咲き! 新監督初陣の琉球は町田に敗戦【明治安田J2第23節】

26日、明治安田生命J2リーグ第23節の7試合が各地で行われた。 ニッパツ三ツ沢球技場では、今節最注目の横浜FCと新潟による天王山が行われた。立ち上がりからホームチームは渡邉、アウェイチームは舞行龍ジェームズがシュートを放つ白熱の展開に。徐々に新潟が敵陣でボールを回す時間が増えつつあった中、試合を動かしたのは横浜FCだった。 19分、左サイドの長谷川が右足でクロスを上げると、GKの目の前で小川が頭で合わせてネットを揺らした。 先制を許した新潟は高い支配率で試合を進めるも、なかなかゴール前でチャンスを作ることができず。38分に本間がカットインから放ったシュートはGKにキャッチされ、アディショナルタイムの松田のシュートはブロックされた。 試合を折り返すと、新潟はボックス右から鈴木がGK強襲のシュートを放つ。さらにこぼれ球を拾って二次攻撃を展開し、最後はボックス右から高木が狙うも、惜しくも枠を捉えることはできなかった。 さらに新潟は58分に決定機。左サイドからグラウンダーで入った斜めのパスをボックス松田がワンタッチで落とし、本間がダイレクトでコントロールショット。ゴール右上を捉えた完璧なコースだったが、GKブローダーセンにビッグセーブを見せつけられた。 守護神のファインプレーでリードを保った横浜FCは70分に突き放す。敵陣中央でヒールを使った巧みなコントロールを見せた長谷川からボックス右に走る渡邉へスルーパス。最後は冷静に流し込み、2点差に広げた。 その後、3点目にも迫った横浜FCが、守備でもクリーンシートのパフォーマンスで新潟に完勝。首位に返り咲いた。 フクダ電子アリーナでは千葉vs東京Vが行われた。前節に城福監督の初陣で白星を挙げた東京Vは、ミッドウィークに行われた天皇杯で川崎フロンターレ相手にジャイアントキリングを起こすなど公式戦2連勝を勢いづいていたが、この日は開始6分にFKから先制を許す苦しい展開に。 その後も失点が止まらず、37分には馬場がPKを与えて2失点目。後半立ち上がりの47分にもCKからネットを揺らされ、3-0とされる。 敗戦濃厚となるなか、後半アディショナルタイムに千葉GK新井がバスケス・バイロンとの接触の際に故意に頭を蹴られたとして逆上。相手を押し倒してしまい、一発退場となった。 千葉はすでに交代カードを使い切っていたため、GKはチャン・ミンギュが務めることに。すると、その直後のCKでンドカ・ボニフェイスにヘディングシュートを決められ失点。それでも千葉が3-1の快勝を収めている。 その他、ナチョ・フェルナンデス新監督の初陣となった琉球はホームで町田と対戦するも、0-1で敗戦。白星を飾ることはできなかった。 ◆第23節 ▽6月26日(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">ジェフユナイテッド千葉 3</span>-1 東京ヴェルディ 栃木SC 1-1 いわてグルージャ盛岡 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">横浜FC 2</span>-0 アルビレックス新潟 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">徳島ヴォルティス 1</span>-0 ザスパクサツ群馬 FC琉球 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 FC町田ゼルビア</span> 大宮アルディージャ 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ツエーゲン金沢</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">レノファ山口FC 2</span>-1 ヴァンフォーレ甲府 ▽6月25日(土) ベガルタ仙台 1-1 モンテディオ山形 水戸ホーリーホック 1-1 ファジアーノ岡山 V・ファーレン長崎 0-0 ブラウブリッツ秋田 ロアッソ熊本 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 大分トリニータ</span> 2022.06.26 21:15 Sun
twitterfacebook
thumb

J2最下位の琉球、新指揮官にナチョ・フェルナンデス氏を招へい バレンシア前ヘッドコーチ

FC琉球は12日、ナチョ・フェルナンデス氏(49)の監督就任を発表した。入国日、チームの合流日については改めて発表される。 ナチョ・フェルナンデス氏はスペイン出身で、UEFAプロライセンスを所有。自国のクラブを中心に指導者の道を極め、かつてアトレティコ・マドリーBの監督を歴任したほか、今季はバレンシアのヘッドコーチを務めた。 スペインで磨き上げた手腕が期待されるナチョ・フェルナンデス監督はクラブ公式サイトで「はじめまして。FC琉球の新監督に就任するホセ・イグナシオ・フェルナンデス(ナチョ)です」と切り出すと、意気込みを語った。 「まずFC琉球の社長である倉林様、強化部の皆様、私にこの機会を与えてくれた事、名誉ある日本の偉大なチームで私を信頼し指揮を任せてくれた事、全員がひとつとなり現在の困難な状況から抜け出す為にと仕事を託してくれた事に心から感謝いたします」 「FC琉球を愛するファミリーの皆様にもごあいさつし、これからエキサイティングな挑戦に立ち向かい、私の仕事でこのクラブが在るべき場所に辿り着くようにする事を約束します」 「クラブ、チームを支えるすべての人が重要であることはもちろん、それ以上に私たちのスタジアムに訪れるFC琉球ファミリーの皆様のサポートに勝る重要な事はありません」 「ホームスタジアムであるタピック県総ひやごんスタジアムを今以上の熱い気持ちでよりホームにし、ここにやってくるライバルチームが勝点を奪うことが難しい場所となるようにしなければいけません」 「この場をお借りしてFC琉球を愛する皆様にお願いしたい事は、困難なこの瞬間に全員が一つになり立ち向かい、選手達を支え、励まし、応援し、選手達自身が皆さんのサポートを大きく感じることができるようにして頂きたいです。そうなれば私たちが定めた目的を達成することができるはずだからです」 「私は奇跡は約束できません。しかし私がハードワークする事、皆様の団結があればどんな時でも粘り強く、たゆまぬものになることを保証します。私たちは日々全力でハードワークし、チームの最大限の力を発揮できるように努めます」 「私たちは定義されたシステムを持ちません。アイデアがそこにあれば、システムは素晴らしい選手達が創り出します。日々ハードワークする事、そしてチームとして大胆に戦う事を、私はここに誓います。バモス! 琉球!」 明治安田生命J2リーグで最下位に沈む琉球。8日に喜名哲裕前監督を解任し、11日に行われた第21節のV・ファーレン長崎戦はヘッドコーチの倉貫一毅氏が暫定的に指揮を執った。 2022.06.12 17:59 Sun
twitterfacebook
thumb

琉球、沖縄の美しい海や朝日をプリントした3rdユニフォームのデザインを発表

FC琉球は8日、今シーズンの3rdユニフォームデザインを発表した。 フィールドプレーヤー用はオーシャンブルーをベースに、背面には沖縄の美しい海を、前面には昇る朝日をフォトプリントで表現。GK用のベースには黒が用いられた。鎖骨部分には沖縄を象徴する企業、オリオンビールの三ツ星ロゴが掲げられている。 写真は沖縄在住の風景写真家、小早川渉氏が手掛けた。同氏は日本サッカー協会(JFA)公式フォトグラファーとしてビーチサッカー・ワールドカップ(W杯)に同行した経験もある。 琉球を応援する全ての人々の、海洋ゴミによる自然破壊を防ぎ、美しい海や豊富な自然を永く守り続けたいと言った願いが込められている。 着用は7月30日に行われる明治安田生命J2リーグ第21節ロアッソ熊本戦、8月20日の第32節モンテディオ山形戦を予定している。 現在は最下位に沈み、8日には喜名哲裕監督(45)の解任を発表した琉球。特別ユニフォームを浮上のきっかけとしたいところだ。 <span class="paragraph-title">【写真】沖縄の海や昇る朝日をフォトプリントで表現した琉球の3rdユニ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr">╭━━━━━━━━━━━━╮<br> <a href="https://twitter.com/hashtag/FC%E7%90%89%E7%90%83?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#FC琉球</a> <br>2022シーズン3rdユニフォーム<br> デザイン決定<a href="https://t.co/TcY65J48RE">https://t.co/TcY65J48RE</a><br>╰━━━━━━━━━━━━╯<br>2022シーズン3rdユニフォームのデザインが決定しましたのでお知らせします。3rdユニフォームは7/30(土)熊本戦、8/20(土)山形戦で着用予定です。 <a href="https://t.co/KW6cYCCHg1">pic.twitter.com/KW6cYCCHg1</a></p>&mdash; FC琉球 | FC RYUKYU (@fcr_info) <a href="https://twitter.com/fcr_info/status/1534461297651490816?ref_src=twsrc%5Etfw">June 8, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.09 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

琉球が元U-21ブラジル代表MFの獲得発表! 契約報酬の一部は暗号資産で

FC琉球は9日、MFケルヴィン・マテウス・デ・オリヴェイラ(29)の加入決定を発表した。背番号「34」。契約報酬の一部はクラブ発行の暗号資産FCRコインで支払われるという。 2014年にU-21ブラジル代表歴を持つケルヴィンは昨年をヴィラ・ノヴァで過ごすなど、これまで母国やポルトガルでプレー。先日に喜名哲裕監督の解任に動き、明治安田生命J2リーグ最下位からの脱却を図るなか、加入が決まった同選手は意気込みを語っている。 「FC琉球のチームの一員になれてとても嬉しく思います。一緒に努力する事により目標に達することが出来ると信じています。皆様のサポートの程よろしくお願いいたします」 2022.06.09 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

J2最下位に低迷する琉球が喜名哲裕監督と契約解除「強く責任を感じている」

FC琉球は8日、喜名哲裕監督(45)の解任を発表した。 後任は現時点で未定で、倉貫一毅ヘッドコーチが暫定的に指揮を執ることとなる。 喜名監督は、琉球でトップチームのコーチやU-18の監督を歴任。2021年10月から監督に就任した。 今シーズンは開幕から結果が出ず、3勝6分け11敗の最下位に位置。途中、新型コロナウイルスに感染し指揮を執れない時期もあったが、チームは5月14日の栃木SC戦を最後に、公式戦5試合未勝利。天皇杯も2回戦で同じく低迷する大宮アルディージャにホームで1-4と大敗していた。 喜名監督はクラブを通じてコメントしている。 「J1昇格という目標を掲げたなか、思うような結果を出せなかったことに強く責任を感じております。ただ選手やコーチングスタッフ、クラブスタッフと一枚岩となり戦えたことは本当に誇りに思います。そしてどんなときも熱い応援をしてくださったサポーターの皆さんに心から感謝いたします」 「このような形でチームを離れる事は非常に心残りですが、大好きなこのチームの更なる発展を心から願っております。6年間、本当にありがとうございました」 2022.06.08 12:37 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly