「頭いい」ピックフォードがドリンクボトルに相手PKのデータを貼付「カンニングしている…」

2021.10.18 20:35 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
エバートンのイングランド代表GKジョーダン・ピックフォードのドリンクボトルが画期的だと話題になっている。

17日に行われたプレミアリーグ第8節、エバートンはホームでウェストハムと激突。ピックフォードはこの日も先発に名を連ねた。

74分にセットプレーから失点を喫すると、これが決勝点となり惜敗したホームチーム。だが、この試合では意外なポイントにフォーカスが当たったようだ。

『ESPN』がピックアップしたのは守護神のドリンクボトル。そこにはなんと対戦相手のPKの傾向が貼られていた。各選手が過去に蹴った位置、成否などの詳細が、ラベルのようにボトルに貼り付けられている。

7月のユーロ2020決勝ではPK戦の末に敗れたイングランドの守護神を務めていたピックフォード。それもあってか、ファンからは「頭いい」、「クレイジー笑」、「カンニングしている…」、「ユーロ決勝のフラッシュバック」などのコメントがSNSに寄せられた。

仮にデータを覚えていたとしても、緊迫した状況では思い出すことが困難なこともあるだろう。実際、日本代表GK谷晃生などは、東京オリンピック準々決勝ニュージーランド戦のPK戦勝利後に「相手キッカーの特徴を見せてもらったけれど、覚えきれなかった」と話している。

この試合では幸か不幸か、PKの機会はなかった。だが、ピックフォードの工夫はいつか実を結ぶ日がくるかもしれない。



1 2

関連ニュース
thumb

エバートンで現役引退のDFヒバートがフランス10部で現役復帰!

エバートンで活躍したイングランド人DFトニー・ヒバート(40)がフランス10部のESルジーで現役に復帰することになった。フランス『La Nouvelle République』が報じている。 ヒバートは、マージーサイド育ちでアカデミー時代から在籍したエバートンで1998年にプロデビューを飾り、2016年までトフィーズ一筋のキャリアを歩んだ右サイドバック。 同クラブでプレミアリーグ265試合に出場した玄人好みのDFは、2016年の現役引退の後、2018年からフランスに移住していた。 ヒバートは現役引退後も日常的に身体を動かしており、自身が住む近郊でコンディションを維持するためトレーニングできるクラブを探していたという。そして、ルジーがトレーニング参加を快く受け入れ、同時に指導者としてU-13チームの指導も行っていたとのことだ。 なお、ルジーのジェローム・アルシャンボー会長は、元エバートンDFとの契約理由について人間的な結びつきを挙げている。 「我々は家族的なクラブであり、競争面ではなく仲間意識という点で、彼は我々のことを気に入ったのだと思う」 現役時代には生涯エバートンを貫いたヒバートだが、エバトニアンも生え抜きのレジェンドの現役復帰を快く受け入れてくれるはずだ。 2021.11.23 22:34 Tue
twitterfacebook
thumb

「いつも苦戦」ベニテスサッカーが苦手も3発快勝のグアルディオラ監督が先を見据える「トップではないが、そう遠くはない」

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、エバートン戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 シティは21日、プレミアリーグ第12節でエバートンと対戦。試合は守備を固めてカウンターを狙うエバートンの前にシティも苦戦するが、44分にラヒーム・スターリングが先制ゴール。後半も早々にロドリが追加点を奪うと、86分にもベルナルド・シウバがダメ押しゴールを決め、3-0で勝利した。 試合後グアルディオラ監督は、インターナショナル・マッチウィーク明けの試合に満足感を示し、エバートンの守備に手を焼いたものの、チームとしてのパフォーマンスが高く発揮できたと評価した。 「インターナショナル・ブレイクの前は良かったし、その後も良かった」 「ラファ(ラファエル・ベニテス)は守備の達人であり、攻撃したくないチームはただ守り、守り、守り、グレイとリシャルリソンのカウンターを待つという形だ」 「我々はたくさんのパスを繋ぎ、適切なタイミングでそれらを攻撃に転じさせた。我々がボールを失った時は、トランジションが良かった」 「試合中の局面に対応した。インターナショナル・ブレイク後のパフォーマンスにはとても満足している」 「我々は本当に良かったし、とても満足している。前回、ニューカッスルでラファと対戦した時には、いつも苦戦したことを知っていた。我々はわずかな差で勝利した」 「だからこそ、とても難しかった。彼らが4人または5人でプレーしてくることは分かっていた。だからこそ、たくさん動くことが重要だ」 「今日は我々の方が良かったし、失点もなかった。適切なタイミングを待つことができた。だからこそ、とても満足している。パフォーマンスはとても良かった」 「今は、水曜日にフォーカスしている。その後、ウェストハム戦にフォーカスする。我々は止まらず、シーズンの終わりに次のレベルを確認する」 「我々には厳しいカレンダーがある。トップではないが、そう遠くはない」 2021.11.22 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

ロドリの弾丸ミドルなど3発快勝のシティがエバートン撃破で連勝!《プレミアリーグ》

プレミアリーグ第12節、マンチェスター・シティvsエバートンが21日にエティハド・スタジアムで行われ、ホームのシティが3-0で快勝した。 インターナショナルマッチウィーク前に行われた前節のマンチェスター・ダービーで2-0の完勝を収めた2位のシティ(勝ち点23)。来週ミッドウィークにはグループ首位通過を懸けたチャンピオンズリーグ(CL)のパリ・サンジェルマン(PSG)戦を控える中、11位のエバートン(勝ち点15)を相手に連勝を狙った。 グアルディオラ監督はダービーから先発3人を変更。新型コロナウイルス陽性判定によってベンチ外のデ・ブライネに加え、ガブリエウ・ジェズス、ルベン・ディアスがベンチスタートとなり、サスペンション明けのラポルテとスターリング、リーグ初スタメンのパーマーを起用した。 3トップに右からスターリング、パーマー、フォーデンを配する変則的な布陣で臨んだシティは、立ち上がりから相手のギャップでボールを引き出しながらスムーズにボールを動かして攻め手を窺う。 その後、そ径部を痛めたグレイがプレー続行不可能となり、17分にイウォビをスクランブル投入したエバートンに対して、80%近い圧倒的なボールポゼッションでハーフコートゲームを展開するシティ。 前半半ば過ぎの28分にはパーマーの絶妙なスルーパスに抜け出したベルナルド・シウバがボックス内でGKと一対一になるが、ここはGKピックフォードにうまく寄せられる。さらに、こぼれ球に反応したギュンドアンがヘディングシュートを枠に飛ばすが、これは惜しくもクロスバーの上部を叩く。 一連の決定機をキッカケに攻撃のギアを上げたホームチームは30分過ぎにボックス付近で仕掛けたスターリングがDFキーンと交錯。このプレーに対してPKが与えられるが、オンフィールドレビューの結果、判定が覆る。 相手を攻守に圧倒しながらもゴールだけが遠いシティだったが、絶好調の左サイドバックの一瞬の閃きが先制点をもたらす。44分、相手陣内中央でクリアボールを回収したカンセロが右足アウトにかけた絶妙なラストパスをゴール前のスペースに供給すると、巧みな動き出しで最終ラインの背後を完璧に取ったスターリングが右足のダイレクトボレーでゴール右隅へ流し込んだ。 今冬のバルセロナ移籍希望も報じられた渦中のスターリングのゴールによって1点リードで試合を折り返したシティは、後半も立ち上がりから主導権を掌握。前半同様に相手を押し込むと、55分にはフォーデンの左クロスからアランの短くなったクリアに反応したロドリがペナルティアーク付近で右足を一閃。強烈なミドルシュートがゴール左上隅を射抜いた。 ロドリの弾丸シュートで後半の早い時間帯に追加点を奪ったシティは直後の58分にフォーデンを下げてマフレズを投入。2点ビハインドでようやく前に出てきた相手をうまくいなしながら、途中出場のマフレズが続けて決定機に顔を出す。 一方、ここまで防戦一方で攻撃の形を作れないエバートンは63分にデルフを下げてストライカーのロンドンを投入。前線にリシャルリソンとロンドンという2人の起点ができたことで、徐々に相手陣内でのプレーを増やすと、タウンゼントが果敢な仕掛けでアクセントを付けるが、要所を締めるホームチームの堅守をあと一歩で崩し切れない。 2点リード後は無理に攻めずにゲームコントロール優先の試合運びを見せるシティは、78分にウォーカーの裏抜けからゴール前ドフリーのスターリングに2点目のチャンスも、ここはシュートをうまくミートできない。 それでも、86分にはギュンドアンの馬力のある中央突破からボックス手前でパスを受けたパーマーが放ったシュートが相手DFにディフレクトしてゴール前のスペースにこぼれると、これに果敢なスプリントで反応したベルナルド・シウバが冷静に押し込んで勝利を決定づける3点目とした。 その後、パーマーに代えて同じく生え抜きのマカティーをリーグデビューさせる余裕の采配を見せたシティが、ホームでエバートンに3-0の快勝。週明けのPSG戦に大きな弾みを付けている。 2021.11.22 00:58 Mon
twitterfacebook
thumb

シティに痛手、新型コロナ陽性のデ・ブライネが10日間の隔離に…代表から帰還時に発覚

マンチェスター・シティは19日、ベルギー代表MFケビン・デ・ブライネが新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたことを明かした。 デ・ブライネは、今回のインターナショナルマッチウィークにベルギー代表に招集されており、クラブに戻った際に行ったPCR検査の結果、陽性が確認されたとのこと。 19日に公式会見に臨んだペップ・グアルディオラ監督は、「残念ながらデ・ブライネはベルギーで(新型コロナウイルスの)陽性反応が出てしまった。彼は10日間隔離されることになるだろう」と報告。 現時点で症状の有無は明らかにされていないが、10日間の隔離措置を受けることとなったデ・ブライネは、21日に行われるプレミアリーグ第12節エバートン戦、24日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)第5節パリ・サンジェルマン戦の2試合を欠場することが確定した。 なお、グアルディオラ監督によると、陽性反応が出たことは2日前に知らされたとのことで、28日に行われるプレミアリーグ第13節ウェストハム戦で復帰できる可能性があるようだ。 2021.11.20 00:00 Sat
twitterfacebook
thumb

コンテ新体制のトッテナム、イングランド代表GKの獲得に関心か

トッテナムのアントニオ・コンテ監督が、エバートンのイングランド代表GKジョーダン・ピックフォード(27)の獲得を考えているようだ。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 今シーズン就任したヌーノ・エスピリト・サント監督を解任し、2日にコンテ監督の就任を発表したトッテナム。新体制でのプレミアリーグ初陣となった第11節のエバートン戦では、白熱した試合展開となったものの、ゴールレスドローに終わっていた。 コンテ監督は、この試合で無失点に抑えられたGKピックフォードに着目。2017年7月にサンダーランドから加入して以降エバートンの守護神として成長し、イングランド代表でもユーロ2020で決勝進出に大きく貢献するなど、ここまで42キャップを積んでいる国際経験も豊富な守護神に興味を持っているようだ。 現在スタメンの座を射止めているフランス代表GKウーゴ・ロリスの契約が2022年6月までとなっていることから、イングランド代表GKを新たな守護神として迎え入れたいと考えているとのこと。加えて、エバートンのラファエル・ベニテス監督もファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)の観点から、売却の可能性を示唆したため、トッテナム入りが囁かれている。 しかし、イギリス『テレグラフ』によると、ロリスはトッテナムとの契約を延長する可能性があるものの、ピックフォードに焦点を当てている状況。一方で、2024年6月まで契約が残っていることから、エバートンを納得させるだけのオファーが必要と見られている。 2021.11.19 15:25 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly