「全ての資質を見ることができた」驚異のハットトリックを見せた三笘薫に相手GKも脱帽、味方も称賛「驚異的」

2021.10.17 10:50 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
途中出場からハットトリックという驚異的なパフォーマンスを見せたユニオン・サン=ジロワーズのMF三笘薫について、相手GKも称賛の言葉を送った。ベルギー『WALFOOT』が伝えた。

サン=ジロワーズは、16日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第11節でセランと対戦し4-2で勝利した。

三笘はベンチスタートとなったが、後半頭から出場。チームは0-2のビハインドであり、さらに前半終了間際に退場者を出し、10人の数的不利な状況で投入された。

しかし、この日の三笘は出色の出来。55分にボックス左でパスを受けると、仕掛けからコントロールショットを決めて1点を返すと、2-2で迎えた76分に逆転ゴールを記録。さらに90分には、ドリブルを仕掛けた三笘が左サイドからカットイン。そのままネットを揺らし、4-2での逆転勝利に貢献した。

45分間でハットトリック、遂に本領発揮となった三笘について、同僚のキャスパー・ニールセンがコメント。「驚異的。それが彼を表す言葉としてピッタリだ」と語り、「彼と対戦して良いことはない。ボールがネットに入った時だけ走るのを止めるんだからね(笑)」と、ピッチを走り続ける三笘には敵わないと冗談交じりに称賛した。

また、この試合がリーグ戦初ゴールともなったが、3度ネットを揺らされたセランのGKギヨーム・ディーチュが三笘の能力を称賛した。

「彼がプロ・リーグの新たな金の塊? そうだとしたら、彼の全ての資質を見ることができたね」

「戦術の変更と彼の攻撃的な考えが、ゲームを好転させるのにとても役立っただろう」

遂に結果を残した三笘。11月の日本代表招集も期待される中で、リーグ戦初ゴールからハットトリックでチームを逆転勝利へと導いた結果は、先発の座を掴む事に繋がるだろうか。



1 2

関連ニュース
thumb

三笘薫が技ありボレーで今季4点目も、サン=ジロワーズの連勝は「6」でストップ《ジュピラー・プロ・リーグ》

26日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第16節のロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズvsOHルーヴェンの一戦が行われ、1-3でルーヴェンが勝利した。 日本代表MF三笘薫は2試合連続でベンチスタート。後半頭から途中出場すると50分に今シーズン4ゴール目を記録した。 首位に立つサン=ジロワーズと13位のルーヴェンの一戦。しかし13分にボックス手前でFKを獲得したルーヴェンは、サインプレーからキャスパー・デ・ノーレが蹴り込み、ルーヴェンが先制する。 ホームで戦うサン=ジロワーズだが、この試合ではルーヴェンに押し込まれる展開が続く。 それでも27分、ボックス手前でパスを受けたキャスパー・ニールセンがボックス手前から鋭いシュートを放つが、わずかに枠を外れる。 すると40分、サン=ジロワーズは後方でのパス交換でミス。最後はソリー・カバのパスをマチュー・マールテンスが蹴り込んで、リードを2点とする。 2点ビハインドのサン=ジロワーズは、ダミエン・マルクを下げてハーフタイムに三笘を投入。すると50分、その三笘は自陣で相手のパスをカット。これをデニス・ウンダブに預けると、左サイドのテディ・テウマに展開。三笘は前線へ走り出すとテウマのクロスをそのまま右足で合わせ、これが決まり1点を返してチームに勢いを取り戻す。 三笘の投入によりサン=ジロワーズが活気付くが、なかなかゴールを奪えない。すると66分、ハーフスペースで完全にフリーで受けたシーベ・スフライフェルスが折り返すと、最後はグザヴィエ・メルシエが落ち着いて蹴り込みゴール。この結果1-3でルーヴェンが勝利し、サン=ジロワーズの連勝は「6」でストップした。 ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ 1-3 OHルーヴェン 【サン=ジロワーズ】 三笘薫(後5) 【ルーヴェン】 キャスパー・デ・ノーレ(前13) マチュー・マールテンス(前40) グザヴィエ・メルシエ(後21) <span class="paragraph-title">【動画】三笘薫がパスカットから最後は技ありのボレー!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="yebA37zL6AE";var video_start = 228;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.27 09:37 Sat
twitterfacebook
thumb

三笘薫もダンス!前半戦を首位で終えたサン・ジロワーズがファンともみくちゃになって歓喜「薫くん楽しそう」「雰囲気最高じゃん」

ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズが絶好調だ。 サン=ジロワーズは21日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第15節でオーステンデとアウェイで対戦。日本代表から戻ったばかりのMF三笘薫は71分からの途中出場となった。 それでもサン=ジロワーズの勢いは止まらず、前半だけで1-4と勝負を決めると、後半にも追加点を重ねる。FWデニス・ウンダフのハットトリックもあり、結局1-7と大勝を収めた。 これでサン=ジロワーズはリーグ6連勝。昇格組ながら2位のアントワープに勝ち点差7をつけ、レギュラーシーズンの半分を終えた段階で首位を快走している。 試合後、勝利に沸くサン=ジロワーズのイレブンは、盛り上がりを見せるスタンドにダイブ。ファンともみくちゃになりながら喜びを爆発させた。 また、アウェイの地まで遠征に来たサポーターの前で記念写真を撮影すると、チャントに合わせてサン=ジロワーズのイレブンがダンス。三笘もチームメイトたちに合わせながらリズムを取った。 このシーンをサン=ジロワーズの公式ツイッターが投稿すると、「雰囲気最高じゃん」「リーグ優勝願ってます」「薫くん楽しそう」「秋のチャンピオン!」と現地や日本のファンからのコメントが寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】三笘はやや遠慮がち?サン=ジロワーズのイレブンがダンス!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> Des moments de rêve ! <a href="https://t.co/f3wiELcv3s">pic.twitter.com/f3wiELcv3s</a></p>&mdash; Royale Union Saint-Gilloise (@UnionStGilloise) <a href="https://twitter.com/UnionStGilloise/status/1462528746397876224?ref_src=twsrc%5Etfw">November 21, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.22 11:50 Mon
twitterfacebook
thumb

三笘薫は後半途中出場、サン=ジロワーズが7発圧勝で首位快走《ジュピラー・プロ・リーグ》

ジュピラー・プロ・リーグの第15節が21日に行われ、オーステンデvsロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの試合は、1-7でサン=ジロワーズが圧勝した。 日本代表デビューを果たした三笘薫はベンチスタート。71分から途中出場を果たしている。 昇格組ながら首位を走るサン=ジロワーズと下位に沈むオーステンデの一戦。試合は序盤からサン=ジロワーズが圧倒する。 6分、相手ボックス付近でボール奪ったデニス・ウンダブが右へ展開。クロスのクリアミスをそのまま蹴り込み、サン=ジロワーズが先制する。 幸先良く先制したサン=ジロワーズは16分には、ボックス内でバルト・ニューコープとキャスパー・ニールセンがダイレクトパス交換。最後はニューコープのグラウンダーのクロスをウンダブが決めて追加点を奪う。 2点リードとしたサン=ジロワーズだが、23分に失点。カウンターからティエリ・アンブローズが決めて1点差となる。 それでも31分には左サイドから崩すと、ウンダブへのパスがカットされるも、こぼれ球をニールセンが蹴り込み3点目。前半アディショナルタイムには、ショートコーナから、ウンダブのクロスをクリスティアン・バージェスが追加点を奪い、1-4とする。 後半もサン=ジロワーズが圧倒。60分、ボックス内右で粘りを見せたダンテ・バンゼイルが縦に仕掛けてクロス。これをウンダブが合わせてハットトリックを達成。70分には左CKからバージェスがヘッドで試合の大勢を決めた。 直後に三笘は投入されると、77分には左サイドをドリブルで突破するなど、短い時間でも持ち味を出す。 80分にもカウンターから、テディ・テウマの浮き球のパスを受けたバンゼイルが浮き球のパス。これをウンダブが合わせようとするが、スルーしそのままゴール。1-7とサン=ジロワーズが圧倒的な破壊力を見せて大勝を収めた。 オーステンデ 1-7 ユニオン・サン=ジロワーズ 【オーステンデ】 ティエリ・アンブローズ(前23) 【サン=ジロワーズ】 デニス・ウンダブ(前6、前16、後15) キャスパー・ニールセン(前31) クリスティアン・バージェス(前48、後25) ダンテ・バンゼイル(後35) 2021.11.22 11:10 Mon
twitterfacebook
thumb

「ワクワクが止まらない」日本代表デビューのMF三笘薫が改めて心境「勝利に貢献できて嬉しく思います」、元チームメイトも反応

ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの日本代表MF三笘薫が、改めて代表デビューについて心境を綴った。 三笘は、11月のカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の日本代表に初招集を受けていた。 11日のベトナム代表戦は出場機会がなかったが、16日のオマーン代表戦では後半頭から出場。すると、停滞していた攻撃を活性する仕掛けを見せてオマーン守備陣を翻弄。最後には、伊東純也(ヘンク)の決勝ゴールをアシストしていた。 デビュー戦で出色の出来を見せ、アシストも記録していた三笘。自身のインスタグラムで改めて代表デビューについて心境を綴った。 「日本代表デビューすることが出来ました。色々な方々のおかげです」 「アシストで勝利に貢献できて嬉しく思います。たくさんの応援ありがとうございました!」 これには代表でチームメイトの守田英正や川崎フロンターレ時代の小林悠が絵文字で反応した他、MF脇坂泰斗は「NICE」とコメントしていた。 また、ファンからも「おめでとう」という声が多く届く他、「かっこよかった」、「突破力えぐすぎ」、「試合の流れ変えてくれてありがとう」、「ドリブル凄すぎました!」、「ワクワクが止まらない」と再三のドリブル突破を称賛する声が多く寄せられていた。 <span class="paragraph-title">【写真】三笘がオマーン戦の写真を投稿、吉田&伊東と笑顔の3ショットも</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CWbHHx_Kbke/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CWbHHx_Kbke/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CWbHHx_Kbke/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">三笘薫(@kaoru.m.0520)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2021.11.19 14:33 Fri
twitterfacebook
thumb

「仕掛けるところを意識」デビュー戦で貴重な決勝アシストの三笘薫「ゴールは必然だった」

日本代表MF三笘薫(ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ)が、オマーン代表戦を振り返った。 日本は16日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選の第6節でオマーンと対戦した。 最終予選の初戦でホームで敗れている相手。勝利して五分に戻したいなか、ベトナム代表戦から1名だけを変更して臨んだ。 序盤からサイドを使った攻撃を仕掛けるものの、決定機はほとんど作れず。攻撃がうまくハマらないままゴールレスで終える。 後半に入るとハーフタイムに投入され、日本代表デビューを飾った三笘が躍動。左サイドを何度となく仕掛けて攻撃を活性化させると、81分には中山雄太(ズヴォレ)のパスを受けた三笘がボックス内左からクロス。これを伊東純也(ヘンク)が決めて日本が先制。そのまま逃げ切り、予選3連勝を収め、2位に浮上した。 試合後オンラインの取材に応対した三笘はデビュー戦について「いつも通りのシチュエーションで、慣れているところはあり、僕自身も慣れているところがありました。代表戦でしたが、前半を見ながらサイドでフリーのところはあったので、仕掛けるところを意識していました」とコメント。あまり気負いしていなかったと振り返った。 投入された際の森保一監督からの指示については「サイドにスペースがあることはチームとして共有できていたので、推進力を持ってどんどん仕掛けろと言われました」とコメント。その言葉通りのプレーをファーストプレーで見せてFKを獲得していたが「最初のプレーは大事で、流れを持ってきやすいところはあるので、意識してプレーしました」と、そのつもりでいきなり仕掛けたとした。 その狙いが的中したのか、日本がどんどん勢いを増すことに。[4-2-3-1]のシステムに変えてのプレーとなったが、「[4-2-3-1]でしたけど、ボールを持てる時間が長かったので、ウイングの位置にいることは意識していましたし、守備の時も後ろの声を聞いて、中から切ってというのをやっていました。まだまだ整理されていない部分はあったので、改善していきたいです」とコメント。より高い位置でのプレーを心がけたようだ。 また「幅をとるところは意識しましたし、中盤の選手がスペースをうまく使ってビルドアップする形。右の伊東選手が開くので、自分も開いて、中央のスペースを開けること、相手の中盤とサイドの選手、サイドバックを引っ張って押し込もうということを意識しました」とポジショニングについても意識して、スムーズにボールが運べるようにしていたようだ。 その結果が決勝ゴールへと繋がったわけだが、ゴールシーンについては「ボールを失った時に中山(雄太)選手がフォローしてくれて、フォローが無ければゴールに繋がっていないですし、パスも自分が欲しいところにくれて、中を見ていた時に間が空いていて選手が飛び込んできていたので、良いボールを上げられればと思っていました」と語り、後半途中から左サイドバックに入った中山のサポートも大きかったとした。 三笘はピッチの外と中では印象が違ったと言い「中に入るとスペースがないようであるというのがよくある現象で、サイドが意外とスペースがあるなと感じていました。外と中とは差があるなと感じていました」と語り、ピッチに入ってより仕掛けられると感じたようだ。 またなかなかゴールが決まらないことへの焦りについては、「多少なりとも少しはあったと思いますし、なかなか得点につながらない形はあったので、僕自身ももう少し時間が欲しいと思いながらプレーしていました」とコメント。「後ろからのビルドアップで焦っている感じはなかったですし、時間が経つにつれて相手も疲弊していたので、最後ゴールを破れたのは必然だったと思います」と、継続して攻め続けたことが大きいと語った。 自身のアシストで日本が勝利。満足感については「勝利に導けたアシストができたことは満足していますが、それ以外のところは、もっと楽に試合を進められるようにしたいと思います」と語り、さらに精度を高めていきたいと意気込んだ。 また東京五輪世代については「(田中)碧の活躍はもちろん刺激ですし、僕らの東京五輪世代がもっともっとやらなくてはいけないというのは常に言っています。これからどんどんスタメンを担っていけるような選手が増えていけるように僕自身も頑張りたいと思います」と語り、この先レギュラーを奪っていけるだけのパフォーマンスを見せなければいけないと口にした。 2021.11.17 07:16 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly