アンタルヤスポルの新監督に就任したヌリ・シャヒン、33歳で選手生活に終止符

2021.10.16 18:20 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アンタルヤスポルに所属する元トルコ代表MFヌリ・シャヒン(33)が、現役引退を発表した。スペイン『アス』が報じている。

2005年にドルトムントでプロデビューし、2010-11シーズンには元日本代表MF香川真司と共闘し、ブンデスリーガ制覇に貢献したヌリ・シャヒン。そのマイスターシャーレを置き土産にレアル・マドリーへステップアップしたものの、公式戦10試合しか出場できず、12-13シーズンにはリバプール、13-14シーズンはドルトムントへレンタルし、2014年夏に完全移籍で復帰した。

だが、2度目のドルトムントでは度重なるケガに見舞われチームに貢献できず。2018年夏にはブレーメンに移籍し、昨夏にアンタルヤスポルに移籍した。

キャリアで初めて母国でのプレーとなったアンタルヤスポルでは、ケガに見舞われることなく公式戦50試合に出場。今季からはキャプテンを務めていた中、今月初旬に成績不振で解任となったエルスン・ヤナル監督の後任として2026年までの5年契約を結び、監督業をスタートさせていた。

その時、アンタルヤスポルのアジス・セティン会長はヌリ・シャヒンの選手としての進退について「彼が自分で決めるだろう」とコメントしていたが、この度同選手は現役引退を発表。「サッカー選手に戻るつもりはない」と、監督業一本に絞ることを宣言した。

現在、スュペル・リグで2勝2分け4敗の15位に位置するアンタルヤスポル。元トルコ代表MFの監督としての初陣は16日に行われる第9節のシバス戦となる。


関連ニュース
thumb

ムココ、筋肉裂傷でウィンターブレイク明けまで離脱へ

ドルトムントのU-21ドイツ代表FWユスファ・ムココが、新たなケガに見舞われたようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 10代前半から“神童”として注目を集め、ブンデスリーガ、チャンピオンズリーグで最年少デビュー記録を樹立するなど、早熟の天才として知られるムココ。 今季はブンデスリーガ6試合、チャンピオンズリーグ1試合など、トップチームで9試合に出場していたが、最近はケガの影響もあり、先月6日のライプツィヒ戦を最後に遠ざかっている。 そんな中、先月27日にリザーブチームの試合に出場したが、その試合で筋繊維に裂傷を負い、少なくとも年内の復帰は不可能となった。ムココがケガに見舞われるのは今季だけでも3度目。負傷しがちな体質では成長に支障をきたす恐れがあるため、完治して戻ってきて欲しいところだ。 なお、先日ドルトムントでは、筋肉の負傷で9月上旬から離脱していたアメリカ代表MFジョバンニ・レイナがトレーニングに復帰。しかし、地元紙『ルール・ナハリヒテン』は、フィットネス回復のため、年内のプレーを避ける可能性があることを伝えている。 2021.12.02 19:14 Thu
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、デア・クラシカーのチケットを払い戻し

ドルトムントは1日、4日に行われるブンデスリーガ第14節バイエルンとのデア・クラシカーのチケット計6万7000枚を払い戻しすると発表した。 ドルトムントは声明にて「コロナ禍に伴い、州政府から動員数の削減命令が数日以内に出ることが予想されまず。ヴェストファーレン州における今後の観客動員率への決定がなされ次第、新たに前売りについてお知らせします」と発表。 無観客開催ではなく、観客動員に制限が設けられることを想定しての払い戻しであると発表した。 ドイツでは新型コロナウイルスの新たな変異株である「オミクロン株」の感染者が現れるなど、パンデミックが起こっている。 2021.12.01 23:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、バイエルン戦前にレイナが練習復帰

ドルトムントのアメリカ代表MFジョバンニ・レイナがトレーニングに復帰したようだ。ドイツ『キッカー』が報じている。 レイナは9月上旬に招集を受けたアメリカ代表でのトレーニング中に筋肉を負傷。それから欠場が続いていた。 年内での復帰が難しい可能性が報じられもしたレイナだが、12月4日に行われるブンデスリーガ第14節バイエルンとのデア・クラシカーを前に練習復帰となった。 2位に付けるドルトムントは首位バイエルンを1ポイント差で追っている。 2021.12.01 01:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ゴールデンボーイ賞に続きペドリがコパ・トロフィーを受賞!

フランスのフットボール専門誌『フランス・フットボール』は29日、バルセロナ所属のスペイン代表MFペドリ(19)が2021年の“コパ・トロフィー”を受賞したことを発表した。 21歳以下の選手を対象にしたいわゆる“若手版バロンドール”。その記念すべき初代受賞者にはパリ・サンジェルマンのフランス代表FWキリアン・ムバッペ、2代目にはユベントスのオランダ代表DFマタイス・デ・リフトが選ばれた。 そして、今年度のゴールデンボーイ賞にも選ばれたペドリが3代目の受賞者となった。バルセロナのロナルド・クーマン前監督の下でトップチームデビューを果たした18歳は、2020-21シーズンは夏のユーロ2020や東京オリンピックにも出場し、驚異の公式戦75試合に出場。 今やクラブでも代表でも欠かせない存在となり、10月には2026年までの新契約を締結。契約解除金は破格の10億ユーロ(約1316億円)に設定された。 なお、2位にはドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガム(18)、3位にはバイエルンのドイツ代表MFジャマル・ミュージアラ(18)が選ばれている。 2021.11.30 05:00 Tue
twitterfacebook
thumb

復帰即ゴールのハーランドがブンデス記録! 最年少&最速50ゴール

ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドがブンデスリーガ記録を樹立した。 ドルトムントは27日に行われた第13節でヴォルフスブルクと対戦。ハーランドは2-1の73分から出場すると、80分にバイタルエリア左からMFユリアン・ブラントが上げた右足クロスを伸ばした左足で押し込み、今季リーグ10得点目をマークした。 このゴールは2019-20シーズンの冬にザルツブルクから加入したハーランドにとって、ブンデスリーガ通算50得点目に。データ集計会社『Opta』によれば、21歳4カ月6日での到達はリーグ史上最年少であり、50試合での達成も最速だという。 先月19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループC第3節のアヤックス戦を最後に股関節屈筋を痛め、再び離脱を強いられ、ヴォルフスブルク戦が復帰戦だったハーランド。移籍の噂も絶えないなかで、ブンデスリーガ史に名を刻んだ。 <span class="paragraph-title">【動画】復帰のハーランドがクロスに見事に合わせる!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="JFeRL6HfoX8";var video_start = 51;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.11.28 13:15 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly