来年開催のU-20&U-17女子W杯に日本の出場が決定…予選中止でAFCが過去大会の成績で決定

2021.10.15 12:05 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アジアサッカー連盟(AFC)は14日、2022年にコスタリカで行われるU-20女子ワールドカップ(W杯)と、インドで行われるU-17女子W杯の出場国を発表した。

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、両大会に向けてのアジア予選に当たる、2022年のU-20女子アジアカップ、U-17女子アジアカップが中止となっていた。

AFCは、代替案として、2019年に行われたAFC U-19女子選手権、U-16女子選手権を予選とみなし、上位チームに出場権を与えることを決定。日本はどちらの大会にも出場することが決定した。

U-20女子W杯は、2018年に日本が優勝。2020年は大会が中止となっていた。なでしこジャパンの新監督に就任した池田太監督が率いて優勝し、今大会も池田監督が率いて連覇に挑むことになる。

また、U-17女子W杯は2014年に優勝しており、2016年は準優勝、2018年はベスト8の成績を残していた。

なお、U-20女子W杯には日本の他に、北朝鮮と韓国が出場。U-17女子W杯には、北朝鮮とホスト国のインドが出場する。

今回の決定を受け、U-19日本女子代表の池田監督とU-16日本女子代表の狩野倫久監督が、日本サッカー協会(JFA)を通じてコメントしている。

◆池田太監督(U-19日本女子代表)

「ワールドカップの出場が決定し嬉しく思います。2020年大会がコロナウイルスの影響で中止となり4年ぶりの世界大会でのチャレンジとなります」

「チームの立ち上げからワールドカップで戦うことをイメージして成長を続けている選手達とともに来年8月の開催に向かって準備を進めていきたいと思います」

◆狩野倫久監督(U-16日本女子代表)

「今までの日本の女子サッカーの活躍、U-16・U-17日本女子代表チームの過去大会の成績により今回のFIFA U-17女子ワールドカップの出場が決定したことは、今までの育成年代の日本女子代表の成果の賜物であることに、まずは感謝の気持ちです」

「2021年4月に立ち上げたこのチームは強く・逞しく、そして、アグレッシブに世界の舞台で躍動し、世界チャンピオンになるべく、そこに向け、最も成長するチーム、選手・スタッフとなるよう、日々全力で挑戦していきます」

関連ニュース
thumb

積極性でゴールを奪った遠藤純「『来い』と思っていた」、熊谷紗希は「次に繋がるチャレンジができた」と連勝を評価

なでしこジャパンの3選手が、フィンランド女子代表戦を振り返った。 1年後に女子ワールドカップを控えるなでしこジャパンは、欧州遠征を実施。24日にはセルビア女子代表に5-0で圧勝しており、中2日でフィンランド戦を迎えた。 6名の先発を変更した池田太監督。システムは[4-4-2]を採用すると、前半13分にオウンゴールで先制。しかし、18分にゴールを許し、1-1で試合を折り返す。 セルビア戦同様に前半はチャンスを作りながらも崩し切れずに終わったが、後半は選手交代を敢行し流れを掴みに行く。 すると47分に遠藤純が勝ち越しゴールを決めると、58分に高橋はな、74分に植木理子、そして終了間際の89分に長谷川唯がゴール。終わってみれば、5-1で圧勝。欧州遠征2試合で共に5得点を奪い連勝で終えた。 この試合で勝ち越しゴールを決めたMF遠藤純(エンジェル・シティ/アメリカ)はゴールを振り返り、「ゴールは(清水)梨紗さんからのボールでしたが、正直自分自身は準備ができていなかったです。ただボールがマイナスに落ちてきた時に行けると思いました」と、あまり良い状態でボールを受けたわけではなかったとコメントした。 ただ、「良いタイミングで走った時にちょうど梨紗さんからボールが来たので、あとは決めきるだけだったので良かったです。『来い』と思っていました」と、ゴールを決めたい意欲を持っていたことを明かした。 また「サイドでボールを受けた時に、前半はオープンで持って1番にクロスをと思っていましたが、後半は自分が中に入ってドリブルをすることが増えました。そこは自分でスイッチを1つ変えたところでした」と語り、前半は積極的にシュートに行けなかったが、後半はそこを修正したことでゴールにつながったようだ。 セルビア女子代表戦に続いて2試合連続でゴールを決めた植木理子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)は、この試合のゴールについて「狙ったというか、思うがままに打ちました。FWらしいゴールだったと思います」と、自身でもゴールを称賛した。 この2連戦については「まずは勝って帰れるのが嬉しいです。AFC女子アジアカップは負けて帰ったので、悔しい思いが強かったです。勝って反省できるというのはチームとしても良いし、個人としてもゴールを決められたので良かったです」と、課題はありながらも結果が残ったことは良かったとした。 コンディション面でも厳しい中での2試合となったが、「気温も暑かった中、チームが前から行くサッカーをし、前線の選手がハードワークをして流れを作ってくれていました。前半はそれをベンチで見ていた中で後半の頭から入るとなって、その流れを無駄にしてはいけないと思いました。相手が疲れていたので自分が突け入る隙があるなと思っていました」と、ハードワークするチームの流れにしっかり乗れたと振り返った。 キャプテンとして2試合を戦ったDF熊谷紗希(バイエルン/ドイツ)は「(セルビア戦から)相手が変わったので自分たちの戦い方も少し違って、その中で前半は少し自分たちが思った形で前に進めなかったです」と前半の戦い方を反省。「良い形でボールを奪えてもそれが自分たちのボールにならなかったりということがありました」と、やりたいことをやれても上手くいっていない感覚があったという。 ただ「結果勝ち切れたことは良かったですし、トータル2試合戦って、相手がどうこうでなく自分たちが次に向かう、次に繋がるチャレンジができたと思います」とコメント。チームとして結果を残して課題に向き合えることが良いことだとした。 なでしこジャパンは7月にEAFF E-1サッカー選手権に参加する。 2022.06.28 10:35 Tue
twitterfacebook
thumb

圧勝で欧州遠征2連勝のなでしこ、池田太監督も称賛「チーム作りはステップバイステップ」

なでしこジャパンの池田太監督が、フィンランド女子代表戦を振り返った。 1年後に女子ワールドカップを控えるなでしこジャパンは、欧州遠征を実施。24日にはセルビア女子代表に5-0で圧勝しており、中2日でフィンランド戦を迎えた。 6名の先発を変更した池田監督。システムは[4-4-2]を採用すると、前半13分にオウンゴールで先制。しかし、18分にゴールを許し、1-1で試合を折り返す。 セルビア戦同様に前半はチャンスを作りながらも崩し切れずに終わったが、後半は選手交代を敢行し流れを掴みに行く。 すると47分に遠藤純が勝ち越しゴールを決めると、58分に高橋はな、74分に植木理子、そして終了間際の89分に長谷川唯がゴール。終わってみれば、5-1で圧勝。欧州遠征2試合で共に5得点を奪い連勝で終えた。 試合後、池田監督はフィンランド戦を振り返り、厳しい暑さの中での選手たちのパフォーマンスを称えた。 「暑さの中、選手たちはタフに戦ってくれました。前半に課題のあった距離感を修正して後半に臨むことができ、得点を重ねて勝利に繋げられたことは良かったです」 「試合前のミーティングでサイドからの攻撃を上手く使おうと話した結果、少し強調しすぎたことで選手たちもサイドへという頭になってしまったと思いますが、後半はうまく修正してくれました」 「守備の面でも広がりすぎてしまうところがあったので、もう少し閉めようとハーフタイムに話しました。そこも選手はしっかり対応してくれました」 また、後半にかけては相手が落ちてきたところを上手く突くことができたという。 「後半は相手も疲れてきたところで我々の選手たちが頑張ってくれて、修正をしながら勢いを持って、上手くゲームコントロールして結果に繋げられたと思います」 「チーム作りはステップバイステップで、距離感や攻撃のイメージ、形のイメージは課題が出ては積み上げているというところ。ただ伝えようとしていることは浸透してきているし、伝えていることは積み上がってきていると感じています。順序立てて積み上がっているなと感じています」 またチームコンセプトである「奪う」ということへのトライについても言及。継続していくことが大事だとした。 「前からボールを奪いに行っている中で全部がハマるわけではないので、相手に少し動かされたときの守備ブロックの作り方などは課題がありますが、そのリスクを冒しても今は旨味を取っているという考え方。今はその成果にフォーカスしています」 2022.06.28 09:18 Tue
twitterfacebook
thumb

なでしこが2戦連続のゴールラッシュ! フィンランドにも圧勝し欧州遠征2連勝!《国際親善試合》

なでしこジャパン(日本女子代表)は27日、国際親善試合でフィンランド女子代表と対戦し、5-1で圧勝した。 日本開催のEAFF 女子E-1サッカー選手権が来月に控える中、自分たちの現在地を測るため欧州遠征に臨んでいるなでしこジャパン。3日前に行われたセルビア女子代表戦では、後半のゴールラッシュで5-0と圧勝した。 2連勝を目指すなでしこは、セルビア戦から先発を6人変更。長谷川唯や植木理子、宮川麻都らに代えて遠藤純や三浦成美、三宅史織らを起用。初戦に続きフラットな[4-4-2]の布陣で2トップは菅澤と田中が組んだ。 立ち上がりから丁寧にボールを繋ぎながら攻撃を組み立てるなでしこは13分、左サイド高い位置でボールを受けた遠藤が縦に切り込みクロスを供給するとこれがゴール前のクイッカに当たり、そのままゴールネットを揺らした。 ラッキーな形で先制したなでしこだったが、すぐにフィンランドの縦に早い攻撃から同点を許す。18分、自陣で三宅からボールを奪ったエングマンがドリブルでロングカウンターを仕掛けると、ボックス手前から右足一閃。狙いすましたシュートが左サイドネットに突き刺さった。 その後はボールの主導権を握ったなでしこが比較的容易にアタッキングサードまでボールを運ぶが、自陣ボックス付近で守備ブロックを敷くフィンランド守備陣を崩すことができず。決定機のないまま時間が経過する。 すると前半アディショナルタイムになでしこはピンチを迎える。46分、右サイドからゴールへ向かうクロスを上げられると、ゴール前に走りこんだサンニに決定機を許したが、シュートは好反応を見せたGK山下がファインセーブで凌いだ。 1-1で迎えた後半、長谷川、猶本、植木を投入したなでしこは開始早々に勝ち越す。47分、中盤でのパスカットから素早く前線にボールを送ると、宮澤のパスでボックス右深くまで駆け上がった清水がクロスを供給。最後は逆サイドから走りこんだ遠藤が右足でゴールに流し込んだ。 後半開始早々の追加点で勢いづくなでしこは58分、三宅の右CKをニアで植木が合わせると、ゴール左流れたボールを飛び込んだ高橋がゴールに押し込み、3点目。 さらに74分には、セットプレーの二次攻撃からボックス右でボールを拾った宮澤がクロスを供給すると、相手の中途半端なクリアをボックス左の植木が胸トラップから右足ボレーでゴールネットを揺らした。 終盤にかけても主導権を握るなでしこは、試合終了間際の89分に長谷川がボックス内で倒されてPKを獲得。これを長谷川自身がゴール右に決め、5-1で圧勝。2連勝という最高の結果で欧州遠征を終えた。 フィンランド女子代表 1-5 なでしこジャパン 【フィンランド】 エングマン(前18) 【日本】 オウンゴール(前13) 遠藤純(後2) 高橋はな(後13) 植木理子(後29) 長谷川唯(後44) ◆なでしこジャパン GK:山下杏也加(INAC)[→田中桃子(東京NB)] DF:清水梨紗(東京NB)、熊谷紗希(バイエルン)、高橋はな(浦和)、三宅史織(INAC)[→宝田沙織(リンシェーピングFC)] MF:宮澤ひなた(仙台)[→成宮唯(INAC)]、三浦成美(東京NB)[→猶本光(浦和)]、長野風花(仙台)、遠藤純(NWSL・エンジェル・シティー) FW:菅澤優衣香(浦和)[→植木理子(東京NB)]、田中美南(INAC)[→長谷川唯(ウェストハム)] <span class="paragraph-title">【動画】5発快勝のなでしこジャパンハイライト!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="ja" dir="ltr"><br> <a href="https://twitter.com/hashtag/nadeshiko?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#nadeshiko</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/daihyo?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#daihyo</a> <a href="https://twitter.com/JFA?ref_src=twsrc%5Etfw">@JFA</a> <a href="https://t.co/dcydqhxT2j">pic.twitter.com/dcydqhxT2j</a></p>&mdash; フジテレビサッカー (@cxfootball) <a href="https://twitter.com/cxfootball/status/1541556984473960448?ref_src=twsrc%5Etfw">June 27, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.06.28 02:22 Tue
twitterfacebook
thumb

代表デビュー戦で初ゴールの千葉玲海菜「少ない時間でもチャンスを決めきる」

なでしこジャパンのFW千葉玲海菜(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)が、セルビア女子代表戦を振り返った。 24日、なでしこジャパンはアウェイでセルビアと対戦した。 1年後に女子ワールドカップ(W杯)開催が控え、7月にはEAFF E-1サッカー選手権を控えるなでしこ。[4-4-2]で臨んだ試合は序盤からアグレッシブに入ると、28分に清水梨紗のクロスを植木理子がヘディングで合わせて先制する。 幸先良く先制したなでしこだったが、その後は苦戦。良い形で崩せずにハーフタイムを迎える。 迎えた後半はさらに勢いをもって臨むと、62分には途中出場の宮澤ひなたのクロスを猶本光がヘッドで決めて追加点。するとその後はゴールラッシュとなる。 76分には長野風花のパスを受けた宮澤がドリブル突破からネットを揺らすと、81分にはなでしこデビューを果たした千葉玲海菜がゴール。さらに88分には成宮唯にもゴールが生まれ、終わってみれば0-5で圧勝を収めた。 試合後、この試合がなでしこジャパンデビューとなり、いきなりゴールを決めた千葉が試合を振り返った。 「前半からベンチで試合を見ていましたが、前半はうまく崩せていない部分もあって、ハーフタイムにもっとサイドを切ってから仲を崩した方が良いと言われました」 「後半から徐々にできて来て日本らしいサッカーができて、このような結果に繋がったと思います」 途中交代で試合に入りゴールを決めた千葉。監督の指示については「特に指示はなく、点差もついていたので、思い切りやってこいという感じで言われました」とコメント。試合に向けた準備については「相手のチーム分析を中心に、自分たちがどう戦うかを全員で確認して、ミーティングをして試合に臨みました」と語り、その成果がゴールとして表れた。 代表デビュー戦での初ゴールについては「得点を決めた時は嬉しかったですし、あの得点を振り返ると(長谷川)唯さんがナイスボールをくれたので、押し込むだけでした」とコメント。グラウンダーのクロスを送ってくれた長谷川に感謝するとともに、率直な気持ちを述べた。 27日にはフィンランド女子代表戦が控えているが「少ない時間でもチャンスを決めきるところ、与えられた役割を果たしてチームの勝利、結果に貢献できればと思います」とコメント。途中出場であってもしっかりと結果を残したいとした。 この試合で試そうと思ったことは「自分の長所は背後への抜け出しで、体で負けない、ルーズボールを自分のボールにするところだと思っていて、そういうところをチャレンジしようと思っていました」とコメント。「まだまだ課題が残る試合で、次に生かしたいと思います」と更なる成長を誓った。 2022.06.25 23:10 Sat
twitterfacebook
thumb

セルビア戦途中出場で1G1Aの宮澤ひなた「試合に出たからには何かを残したい」

なでしこジャパンのMF宮澤ひなた(マイナビ仙台レディース)が、セルビア女子代表戦を振り返った。 24日、なでしこジャパンはアウェイでセルビアと対戦した。 1年後に女子ワールドカップ(W杯)開催が控え、7月にはEAFF E-1サッカー選手権を控えるなでしこ。[4-4-2]で臨んだ試合は序盤からアグレッシブに入ると、28分に清水梨紗のクロスを植木理子がヘディングで合わせて先制する。 幸先良く先制したなでしこだったが、その後は苦戦。良い形で崩せずにハーフタイムを迎える。 迎えた後半はさらに勢いをもって臨むと、62分には途中出場の宮澤ひなたのクロスを猶本光がヘッドで決めて追加点。するとその後はゴールラッシュとなる。 76分には長野風花のパスを受けた宮澤がドリブル突破からネットを揺らすと、81分にはなでしこデビューを果たした千葉玲海菜がゴール。さらに88分には成宮唯にもゴールが生まれ、終わってみれば0-5で圧勝を収めた。 試合後、1ゴール1アシストの宮澤がゲームを振り返り「チーム全員でしっかり戦って、勝ちで終われたことは良かったと思います」とコメント。「個人としては途中交代で入って、ゴール、アシストと結果を残せたことは、自分としても良い結果を残せたと思いますが、結果に満足せずに次の試合に向けて準備をしたいと思います」と語り、次の試合に向けて気を引き締め直した。 途中交代時の監督の指示については「特に指示というか、行くぞと言われて準備して出ました」とコメント。「何か指示を受けてというよりは、前半の流れを見て、チームとしてやるべきこと、途中交代としての役割としてしっかり入れたと思います」と、自身がベンチで見ていたイメージで問題と思うところを体現したという。 1点目はクラブでもチームメイトの長野からのパスが起点となった。「風花さんが前を向いた時に、普段も自チームでやっていて、出てくると信じて相手の間に走った結果、良いボールが来ました」とコメント。「ボールが来た時に相手も並走していて、トラップで前に入ろうと。そしてスピードでドリブルで抜き切って、冷静にゴールを決められました」と語り、思い描いたプレーでゴールを決められたとした。 試合前にも結果を残したいと意気込んでいた宮澤だが、途中交代で2ゴールに絡む活躍は有言実行。「呼ばれたからには結果を出したいと思っていましたし、試合に出たからには何かを残したいと思います」とコメント。「より定着という部分、スタメン、試合に出続けるということに食い込むには結果で表現していかなければいけないです」と、なでしこジャパンでのポジションを掴むためにもしっかりとやっていきたいとした。 中2日でフィンランド女子代表との試合が控えている。次戦に向けては「チームとして間の日数がない中での試合ですし、相手は試合を控えている良いチームです。まずは中2日という短い期間ですけど、チームとしても個人としても良い準備をしたいと思います」とコメント。「その中でも、個人としては試合に出たらどういうプレーをしよう、何を意識しようというのは練習からしっかり意識し続けて試合にモチベーションを持っていければと思います」と語り、調整をしながら、しっかりとチャレンジする準備を進めたいとした。 2022.06.25 22:55 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly