【会見&質疑】ハグに不必要な身体的接触…楠瀬直木U-17女子代表監督電撃辞任の経緯や理由を田嶋JFA会長らが説明

2018.11.01 19:00 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は1日、都内で会見を開き、U-17日本女子代表の楠瀬直木監督(54)にJFAの女性職員に対する不適切な行為があり、本人からの辞任の申し出を受理したことを発表。U-20日本女子代表指揮官の池田太氏が代行を務め、8日の理事会を経て正式に就任することも併せて発表した。

▽U-17日本女子代表は今月ウルグアイで開催されるU-17ワールドカップ(W杯)に出場。13日にはグループリーグ初戦のブラジル代表戦を迎えるところだった。

▽記者会見には、JFAの田嶋幸三会長、須原清貴専務理事、今井純子女子委員長が出席。楠瀬直木監督が辞任に至った理由や経緯について説明し、その後メディア陣からの質疑に応対した。

◆田島幸三会長(日本サッカー協会)
「本日は急なご案内にも関わらずお集まり頂き、誠にありがとうございます。本日FIFAU-17ワールドカップウルグアイ2018に出場するU-17日本代表について、監督の交代をせざるを得なくなったことをお伝えします。楠瀬直木監督に代わり池田太U-18日本女子代表監督が代行で指揮を執ることが決まりました。これは、楠瀬監督の『不適切な行為』に該当する事象があったことが理由です」

「指導者には高い倫理観と規律が必要であることは言うまでもありません。こうして疑義が生じたことを誠に残念に思っています。これにつきまして、まず女子委員長の今井が申し上げ、その後このようなご報告をすることとなった経緯について、専務理事の須原から説明申し上げます」

(C)CWS Brains,LTD.
◆今井純子女子委員長(日本サッカー協会)
「本日はお忙しい中、集まり頂き誠にありがとうございます。この度、U-17日本代表監督が楠瀬監督から辞任の申し出があり、日本サッカー協会としてこの申し出を受理することが決定しました」

「そして、新監督としてU-18日本女子代表監督の池田太さんに今月から開催されるU-17ワールドカップに参加するチームの指揮を執って頂くこととなりましたことをお知らせいたします。正式には11月8日の理事会での承認を経て、監督に就任致します。それまでは監督代行としてチームの指揮を執って頂くことになります」

「この経緯につきましては、須原専務理事から説明して頂きますが、楠瀬監督による不適切な行為についての説明があり、事情聴取をし、それを踏まえて女子委員会で議論致しました。その議論の意見としてやはり今回のチームに帯同するべきではないという意見が大勢を占めました。その上で法律的な観点もあり、田嶋会長や須原理事による見解を踏まえ、最終的に女子委員会として今回の遠征に帯同して頂くことはできないと判断いたしました。そして、楠瀬監督から辞表を頂きましてので、これを受理することとしました」

「この厳しい事実にしっかりと向き合い、厳しく対処することで今後決してこのようなことが起こることがないようにしていきたいと思います。U-17日本女子代表は、昨年2月の立ち上げ以来、トレーニングを重ねてきました。選手たちも優勝を目指して頑張っています。この状況に際し、チームや選手、スタッフが集中して大会に臨めるように女子委員長、女子委員会として最大限のサポートをしていきたいと考えています」

「多くの国民の皆様にご期待して頂いているのにも関わらず、このような形でお騒がせしてしまい、ファン・サポーターの皆様、ご支援して頂いている企業やクラブ、チーム関係者の皆様にご心配、ご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます」

(C)CWS Brains,LTD.
◆須原清貴専務理事(日本サッカー協会)
「今井が今申し上げた通りでございますが、今回楠瀬直木監督から辞任の申し出がございました。その申し出を受理した上で、楠瀬監督に代わり池田太監督が監督代行として指揮を執ることになりました」

「これは楠瀬さんのJFA職員に対する不適切な行為が認められたことが理由でございます。この経緯を説明するにあたり、まず最初に申し上げたいことがございます。私共は今回対象となっておりますJFAの当該職員の人権を守ることを最優先に考えております。事案の詳細に述べることは、人物の特定につながります。そして、当該職員の人権を毀損することを招きかねません。従いまして、皆様にはできる限りの情報をお伝えしたいと思いますが、私共としても職員の人権、プライバシーを守ることを最優先にしていることをご理解頂けると幸いです。同時に今回辞表を提出しております楠瀬さんの人権にも配慮する必要があるということも合わせてご理解ください」

「今回私共としまして、本人及び関係者の話をしっかりとヒアリングさせて頂き、弁護士を含む外部の専門家とも様々な方法から相談し、楠瀬さんに不適切な行為があったことを判断しました。これは、『不必要な身体的接触』でございます。しかし、事件性のある行為では決してなかったということは申し上げます」

「最初に不適切な行為があったのは、昨年の6月です。打ち合わせを行った後に屋外ではございますが、楠瀬監督が当該職員にハグをして別れました。この当該職員は、その行為に対して不快感を示しました。その後、今年9月に再び不必要な身体的な接触を受けたことから9月下旬に当該職員がメールにて所属部署の上司に相談することが事態が明らかになりました」

「これを受けて繰り返しですが、私共が職員にヒアリングをさせて頂き、そのあとで弁護士を含む外部の専門家の立会いのもと両者に対して、複数回のヒアリングをさせて頂きました。それを踏まえた上で、丁寧に慎重に調査及び問題の整理を進めて参りました。その上で、女子委員会にお諮りし、今回の決断に至りました」

「ご存知の通りでございますが、我々日本サッカー協会は、サッカーを通して人々の心身の健全な発達と社会の発展に貢献することを倫理として掲げております。サッカーに関わる我々大人が子供達に夢を与え、子供達の模範となること、そのような高い倫理観と規律が求められます」

「今回は特にアンダーカテゴリーの女子チームの監督ということもあり、そのチームに関わるものにはより一層の高い倫理観と規律が求められると考えております。日本サッカー協会にはそのような立場から毅然と対応することが求められております。そういった考え方を持って、女子委員会で議論をして頂きました。それを踏まえた上で、楠瀬さんの行為は女子日本代表監督として不適切な行為であったと判断し、本人も軽率な行為であったことを認め、反省した上で辞任の申し出がございました。その申し出を我々は受け入れました」

「日本サッカー協会としましては、役職員への研修、ホイッスルブローイングと呼ぶいわゆるホットラインといった制度の整備をこれまで行ってまいりました。その上で、今回のことをしっかりと検証し、JFA職員にとどまらずコーチングスタッフ、チームスタッフ、その他指導者を含む現場で活動する関係者についてもコンプライアンスの研修をさらに強化し、その教育を行い、再発防止に努めてまいります」

「本件に対する協会の責任は認識しております。従いまして、該当する役員等々につきましての処分を含むその対応につきましては、11月の日本サッカー協会理事会でご審議頂き、決定頂く予定です」

「最後にファン・サポーターの皆様、企業の多くの関係者の皆様、そしてスポーツ界のガバナンス・コンプライアンスの強化に取り組んでいる関係者の皆様にご心配をおかけし、お騒がせしていることを心からお詫び申し上げます」

◆田島幸三会長(日本サッカー協会)
「繰り返しになりますが、U-17女子ワールドカップ直前で監督を交代せざるを得なくなったこと、そしてファン・サポーターを始めとする多くの皆様、関係者の皆様にご心配をおかけし、世間をお騒がせしてしまったことを心からお詫び申し上げます。今回の件については、不快な思いをした職員の人権とプライバシーを大優先に考え、この問題に取り組んで参りました」

「サッカー界全体でリスペクトの啓発活動やコンプライアンスの強化、ハラスメント研修、暴力根絶、ホイッスルブローイングの設置など、様々な取り組みを行ってきました。しかし、このような事態が起こってしまったことを誠に残念に思っています。先ほども申しましたが、指導者、特に日本代表に高い倫理観と規律が必要であることは言うまでもありません。我々の取り組みに対する認識が足りなかったことを猛省せざるを得ません」

「今後は当該職員に対する精神的なケアを行う一方で、2度とこのようなことが起きないよう今一度スポーツの原点、JFAの理念に立ち返り、コンプライアンスの強化に努めてまいりたいと思います。そして、これを機にコーチングスタッフ、チームスタッフに対して、コンプライアンスの徹底、ハラスメント、暴力根絶により一層の力を注いでいく考えです。大きな大会を間近に控えてこのようなご報告をしなくてはならないこと、また昨今のスポーツ界へのハラスメントや暴力など様々な問題が取り沙汰されているにも関わらず、U-17女子日本代表を率いる監督に不適切な行為が認められたことについて、忸怩たる思いを禁じえません」

「しかしながら、日本サッカー協会として、どのような事案に対しても、毅然とした態度で臨み、不適切な行為の再発を防ぐことが日本サッカー協会を守ることになると考え、この結論に達しました。選手たちはウルグアイでの大会に全力を注ごうと真面目に取り組んでいるところであります。新しくなった池田監督のもと、彼らたちの力が100パーセント発揮できるように、私たちはサポートしていきたいと思います」

──10月下旬にメンバー発表をしたが、辞表を受理したのはいつか。一言で言えばセクハラだったと言う認識か
須原清貴専務理事「辞任届が届いたのは10月31日です。2つ目の質問については、不適切な行為であり、セクハラかどうかということにつきましては、弁護士からの見解を頂いておりますが、完全に断じることはできないと。ただ、不適切な行為でありました」

──楠瀬監督はどういうふうに説明をしたか。また、不適切な行為をした際に飲酒をしていたか
須原清貴専務理事「起きた事案につきましては、楠瀬監督が理解をしている、覚えている範囲でその範囲の中で説明して頂いています。飲酒をしていたかどうかについては、今回の職員を特定することになりかねませんので、控えさせて頂きます」

──昨年9月にハグをしたとあったが、楠瀬監督からの説明ではどういった理由でハグをしたのか
須原清貴専務理事「理由等々につきましては、職員の特定につながる可能性がありますので、差し控えさせて下さい」

──昨年6月と今年9月とあったが、その間に何回かあったのか、それともその2回なのか
須原清貴専務理事「私共が認識しているのはこの2回です」

──被害に遭われたのは女性か。また、解任ではなく辞任の理由は
須原清貴専務理事「女性でございます。2つ目の質問についてですが、ご本人の方から反省した上で辞表を提出して頂きました。その意向を尊重して辞表を受理しました」

──楠瀬さんから辞任にあたってのコメントはあったか。現場のスタッフに対するハラスメントなどへの研修はもともとあったのか
須原清貴専務理事「楠瀬さん本人からは『大変ご迷惑をおかけして申し訳なかった』というお言葉を頂戴しております。2つ目の質問に関しましては、指導者などに対しては、契約の時の契約書にそういったコンプライアンスの内容が記載されています。それを説明した上で伝達しております。ただ、その後にフォローアップや追加で定期的に行うことはできていませんでした。そこの部分は反省しております」

──選手たちにはどのタイミングで辞任を伝えたか。また、その時の現場スタッフや選手たちの反応は
今井純子女子委員長「スタッフに対しては、昨日に説明させて頂きました。もちろん驚いていました。その上で選手たちがこの大会に向けて集中して臨めるようにしっかりやっていこうという意思確認をさせて頂きました。選手たちは本日集合ですので、バスに乗る際に私の方から説明させて頂きました。大変驚いていましたが、ここで集中して目の前のサッカーに向き合って取り組むことが大事であり、不満になることがあればスタッフに相談して欲しいと伝えています」

──楠瀬監督の説明ではなぜハグをしたのか
須原清貴専務理事「お疲れ様という意味だとおっしゃっていました」

──なぜこのようなことが起きてしまったのか
須原清貴専務理事「もう一度我々の方でしっかりと時間をかけて事象を分析し、今我々が持っているプログラムを整理する必要があります。どこかのタイミングでもう一度しっかりと説明したいと考えています。ただ、この時点で申し上げられることは、代表チーム役員に対するコンプライアンスの教育や研修を見直す必要があると思っております」

──昨年6月の件は屋外と言っていたが、業務中だったのか
須原清貴専務理事「業務中であり、出張中でした」

関連ニュース
thumb

代表デビュー戦で初ゴールの千葉玲海菜「少ない時間でもチャンスを決めきる」

なでしこジャパンのFW千葉玲海菜(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)が、セルビア女子代表戦を振り返った。 24日、なでしこジャパンはアウェイでセルビアと対戦した。 1年後に女子ワールドカップ(W杯)開催が控え、7月にはEAFF E-1サッカー選手権を控えるなでしこ。[4-4-2]で臨んだ試合は序盤からアグレッシブに入ると、28分に清水梨紗のクロスを植木理子がヘディングで合わせて先制する。 幸先良く先制したなでしこだったが、その後は苦戦。良い形で崩せずにハーフタイムを迎える。 迎えた後半はさらに勢いをもって臨むと、62分には途中出場の宮澤ひなたのクロスを猶本光がヘッドで決めて追加点。するとその後はゴールラッシュとなる。 76分には長野風花のパスを受けた宮澤がドリブル突破からネットを揺らすと、81分にはなでしこデビューを果たした千葉玲海菜がゴール。さらに88分には成宮唯にもゴールが生まれ、終わってみれば0-5で圧勝を収めた。 試合後、この試合がなでしこジャパンデビューとなり、いきなりゴールを決めた千葉が試合を振り返った。 「前半からベンチで試合を見ていましたが、前半はうまく崩せていない部分もあって、ハーフタイムにもっとサイドを切ってから仲を崩した方が良いと言われました」 「後半から徐々にできて来て日本らしいサッカーができて、このような結果に繋がったと思います」 途中交代で試合に入りゴールを決めた千葉。監督の指示については「特に指示はなく、点差もついていたので、思い切りやってこいという感じで言われました」とコメント。試合に向けた準備については「相手のチーム分析を中心に、自分たちがどう戦うかを全員で確認して、ミーティングをして試合に臨みました」と語り、その成果がゴールとして表れた。 代表デビュー戦での初ゴールについては「得点を決めた時は嬉しかったですし、あの得点を振り返ると(長谷川)唯さんがナイスボールをくれたので、押し込むだけでした」とコメント。グラウンダーのクロスを送ってくれた長谷川に感謝するとともに、率直な気持ちを述べた。 27日にはフィンランド女子代表戦が控えているが「少ない時間でもチャンスを決めきるところ、与えられた役割を果たしてチームの勝利、結果に貢献できればと思います」とコメント。途中出場であってもしっかりと結果を残したいとした。 この試合で試そうと思ったことは「自分の長所は背後への抜け出しで、体で負けない、ルーズボールを自分のボールにするところだと思っていて、そういうところをチャレンジしようと思っていました」とコメント。「まだまだ課題が残る試合で、次に生かしたいと思います」と更なる成長を誓った。 2022.06.25 23:10 Sat
twitterfacebook
thumb

セルビア戦途中出場で1G1Aの宮澤ひなた「試合に出たからには何かを残したい」

なでしこジャパンのMF宮澤ひなた(マイナビ仙台レディース)が、セルビア女子代表戦を振り返った。 24日、なでしこジャパンはアウェイでセルビアと対戦した。 1年後に女子ワールドカップ(W杯)開催が控え、7月にはEAFF E-1サッカー選手権を控えるなでしこ。[4-4-2]で臨んだ試合は序盤からアグレッシブに入ると、28分に清水梨紗のクロスを植木理子がヘディングで合わせて先制する。 幸先良く先制したなでしこだったが、その後は苦戦。良い形で崩せずにハーフタイムを迎える。 迎えた後半はさらに勢いをもって臨むと、62分には途中出場の宮澤ひなたのクロスを猶本光がヘッドで決めて追加点。するとその後はゴールラッシュとなる。 76分には長野風花のパスを受けた宮澤がドリブル突破からネットを揺らすと、81分にはなでしこデビューを果たした千葉玲海菜がゴール。さらに88分には成宮唯にもゴールが生まれ、終わってみれば0-5で圧勝を収めた。 試合後、1ゴール1アシストの宮澤がゲームを振り返り「チーム全員でしっかり戦って、勝ちで終われたことは良かったと思います」とコメント。「個人としては途中交代で入って、ゴール、アシストと結果を残せたことは、自分としても良い結果を残せたと思いますが、結果に満足せずに次の試合に向けて準備をしたいと思います」と語り、次の試合に向けて気を引き締め直した。 途中交代時の監督の指示については「特に指示というか、行くぞと言われて準備して出ました」とコメント。「何か指示を受けてというよりは、前半の流れを見て、チームとしてやるべきこと、途中交代としての役割としてしっかり入れたと思います」と、自身がベンチで見ていたイメージで問題と思うところを体現したという。 1点目はクラブでもチームメイトの長野からのパスが起点となった。「風花さんが前を向いた時に、普段も自チームでやっていて、出てくると信じて相手の間に走った結果、良いボールが来ました」とコメント。「ボールが来た時に相手も並走していて、トラップで前に入ろうと。そしてスピードでドリブルで抜き切って、冷静にゴールを決められました」と語り、思い描いたプレーでゴールを決められたとした。 試合前にも結果を残したいと意気込んでいた宮澤だが、途中交代で2ゴールに絡む活躍は有言実行。「呼ばれたからには結果を出したいと思っていましたし、試合に出たからには何かを残したいと思います」とコメント。「より定着という部分、スタメン、試合に出続けるということに食い込むには結果で表現していかなければいけないです」と、なでしこジャパンでのポジションを掴むためにもしっかりとやっていきたいとした。 中2日でフィンランド女子代表との試合が控えている。次戦に向けては「チームとして間の日数がない中での試合ですし、相手は試合を控えている良いチームです。まずは中2日という短い期間ですけど、チームとしても個人としても良い準備をしたいと思います」とコメント。「その中でも、個人としては試合に出たらどういうプレーをしよう、何を意識しようというのは練習からしっかり意識し続けて試合にモチベーションを持っていければと思います」と語り、調整をしながら、しっかりとチャレンジする準備を進めたいとした。 2022.06.25 22:55 Sat
twitterfacebook
thumb

セルビア戦を大勝で終えたなでしこジャパン・池田太監督「前線から勇気を持っていけたことを評価したい」

ヨーロッパ遠征の1戦目を大勝で終えた、なでしこジャパンの池田太監督が試合を振り返った。 なでしこジャパン(サッカー女子日本代表)は24日、セルビアのスタラパゾバでセルビア女子代表との国際親善試合を行い、5-0で勝利を収めた。27日にはフィンランド女子代表と対戦する。 前半にFW植木理子(日テレ・東京ヴェルディベレーザ)が先制点を挙げたなでしこジャパンは、後半にMF猶本光(三菱重工浦和レッズレディース)、MF宮澤ひなた(マイナビ仙台レディース)らが加点。代表デビュー戦となったFW千葉玲海菜(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)も即結果を残し、MF成宮唯(INAC神戸レオネッサ)にもゴールが生まれた。 試合後、池田監督は発足当初から取り組んでいる、奪いに行く守備の中での連動性と勇気を評価。パワーやスピードのあるセルビアに対しても怯むことなく、積極的な守備ができたことを称えた。 「勇気を持って前からプレッシャーにいこうというところで、前から行けば裏の怖さっていうのは、スピードのある選手ですとか力強い選手がいるチームに対しては、リスクになるところはありますけれども、今日のゲームではそれをケアしつつ、連動した守備、前線からアグレッシブに勇気を持っていけたというところは評価したいところです」 また、交代選手を含め、各選手がポジション毎の役割やチームとしての役割を全うしたうえで、各々の特徴を出し、ゴールという結果につなげることができたことも、非常にポジティブに捉えていた。 多くの選手がシーズンのオフを迎えている中で、海外組・国内組を問わず、各選手がコンディションを整えてきたことも評価。チームのためにそれぞれが力を発揮してくれたと残している。 また、MF長谷川唯(ウェストハム)や宮澤の起用ポジション(※1)についても質疑が及ぶと、それぞれの良さを出せるようにとのコメント。大きなリードを得た状況では、DF熊谷紗希(バイエルン)のボランチ起用にもトライするなど、今後もシチュエーション次第ではいろいろと試していきたいと考えていると語った。 ※1:長谷川はこの試合右サイドハーフで先発し、後半途中からはトップ下に。宮澤はAFC女子アジアカップ2022では左サイドハーフ、この試合では右サイドハーフを務め、いずれもクロスからアシストを記録している。 「(長谷川選手は)いろんな相手との駆け引きの中で、空いているスペースを見つけることができるので、前半のように右サイドのポジションもできると思いますし、また前線で関わりを持ったプレーもできると思います」 「また、交代で入った宮澤選手がサイドを使えるので、そのワイドを使うというところでも、長谷川選手の良さが活きるのではないかと思いました」 「(宮澤選手は)周りとのバランスですとか、空いているスペースですとかを、自分のスピードを生かしながらタイミング良く(使っていける)。左のキックの精度もあるバランスの良い選手なので、左でも右でも良さが出せる。途中から入ってもゲームにしっかり入りましたし、そういったところではしっかり持ち味を出してくれたのではないかなと思っています」 2022.06.25 18:44 Sat
twitterfacebook
thumb

セルビアに5発快勝のなでしこ、熊谷紗希は「エラーが良い意味で出た」と一定の手応え

なでしこジャパンのDF熊谷紗希(バイエルン/ドイツ)が、セルビア女子代表戦を振り返った。 24日、なでしこジャパンはアウェイでセルビアと対戦した。 1年後に女子ワールドカップ(W杯)開催が控え、7月にはEAFF E-1サッカー選手権を控えるなでしこ。[4-4-2]で臨んだ試合は序盤からアグレッシブに入ると、28分に清水梨紗のクロスを植木理子がヘディングで合わせて先制する。 幸先良く先制したなでしこだったが、その後は苦戦。良い形で崩せずにハーフタイムを迎える。 迎えた後半はさらに勢いをもって臨むと、62分には途中出場の宮澤ひなたのクロスを猶本光がヘッドで決めて追加点。するとその後はゴールラッシュとなる。 76分には長野風花のパスを受けた宮澤がドリブル突破からネットを揺らすと、81分にはなでしこデビューを果たした千葉玲海菜がゴール。さらに88分には成宮唯にもゴールが生まれ、終わってみれば0-5で圧勝を収めた。 試合後、熊谷はメディア取材に応じ、無失点で終えた試合を振り返り「チームとして自分たちのベースの[4-4-2]の守備からもう一段階前に行くというところを監督から提示してもらっていて、中でやっている選手たちが自分たちのものにするには失敗しながらでもやらないといけないと話していました。エラーはありましたが、積極的なチャレンジには繋がったと思います」とコメント。ミスはありながらもしっかりと戦えたとした。 後方からのビルドアップについては「試合前の分析の時にセルビアのチームが相手のどこの選手がCBにプレッシャーをかけてくるかを想定してトレーニングできたので、GKを使いながら良いところ、空いたところを使うというのは、精度を上げなければいけないですが、やれたと思います」とコメント。セルビア対策のおかげで、ビルドアップもある程度手応えを掴んだようだ。 その熊谷は試合終盤にボランチで起用。予てから自身も臨んでいたポジションで急遽使われたが「あそこの位置に立って自分ができることは潰し役、対人の強さだと思います。あそこでどれだけボール奪取できるかが期待されていることだと思います」と、自身に求められていることについてコメント。ただこの試合に限っては想定外のことだったようで、「今日に関しては全く想定していなかったです」とコメント。「以前から太さんと話している中で、機会があれば準備をしていますということは監督も知っていると思います」と、お互いに頭の中にあったプランではあったとした。 チームとしてのエラーについては「[4-4-2]での守備から、一段階前に行くタイミングというのは、今日に限ることではないですが、今日は中盤が主導でやることが多かったですが、今は行けないタイミング、行って欲しくないタイミングもあって、そのタイミングを掴むことは失敗をしながらできるのかなと」と、プレスをかけるタイミングの問題はまだまだあるとした。 また「あとは90分、前からプレッシャーをかけるのは難しいので、どのタイミングでFWの位置をコントロールして守備に入っていくかは、試合の流れや時間帯で変えられたと思います」とし、「あとは戦う相手によっても、ストロングな部分を消さなければいけないので、そういうエラーが良い意味で出たと思います」と、臨機応変に相手や状況に合わせてプレーできなければいけないとした。 2022.06.25 10:15 Sat
twitterfacebook
thumb

なでしこジャパンがセルビアに5発圧勝、池田監督采配的中《国際親善試合》

なでしこジャパン(日本女子代表)は24日、国際親善試合でセルビア女子代表と対戦し、5-0で圧勝した。 FIFA女子ワールドカップ、オーストラリア&ニュージーランド2023の開幕が1年後に迫る中、来月には日本開催のEAFF 女子E-1サッカー選手権も控えるなでしこジャパン。今回の欧州予選ではセルビア、フィンランド相手に自分たちの現在地を窺う。 ワールドカップ予選でドイツに勝利したセルビアに対し、なでしこはフラットな[4-4-2]を採用。2トップは植木と田中が組んだ。 アグレッシブな入りを見せたなでしこが良い立ち上がりとすると、10分に田中がボックス内から際どいシュートを浴びせれば、続く15分には右サイドの林がカットインからシュートを放ってセルビアを牽制した。 そして28分、勢いそのままなでしこが先制した。右サイドからの清水のアーリークロスをボックス左の植木がヘディングシュートで流し込んだ。 先制したなでしこがハーフタイムにかけても主導権を握り、1点をリードしたまま前半を終えた。 迎えた後半もなでしこが押し込む展開とすると、62分に加点する。直前に投入されていた宮澤の右クロスから猶本がヘッドで決めた。 さらに76分、長野のスルーパスに抜け出した宮澤がボックス右に侵入してシュートを決めきり、3-0としたなでしこは、81分に代表デビュー戦の千葉が4点目。 これで終わらないなでしこは88分、長谷川の右クロスのルーズボールを途中出場の成宮が押し込んで5-0と圧勝。 途中出場4選手にゴールが生まれ、最高の内容、結果でセルビアを下した中、3日後にフィンランド戦に臨むこととなった。 セルビア女子代表 0-5 なでしこジャパン 【日本】 植木理子(28分) 猶本光(62分) 宮澤ひなた(76分) 千葉玲海菜(81分) 成宮唯(88分) ◆なでしこジャパン GK:山下杏也加(INAC) DF:清水梨紗(東京NB)、熊谷紗希(バイエルン)、南萌華(浦和)、宮川麻都(東京NB)[→千葉玲海菜(千葉)] MF:長谷川唯(ウェストハム)、長野風花(仙台)[→高橋はな(浦和)] 、林穂之香(AIKフットボール ダーム)[→猶本光(浦和)] 、杉田妃和(ポートランド)[→成宮唯(INAC)] FW:田中美南[→宝田沙織(リンシェーピングFC)] 、植木理子[→宮澤ひなた(仙台)] 2022.06.25 04:43 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly