「究極1-0で良い」中山雄太がオーストラリア戦への考え方を語る「今やれることを最大限やる」

2021.10.11 14:45 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎CWS Brains, LTD.
11日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選第4戦のオーストラリア代表戦を翌日に控え、日本代表のDF中山雄太(ズヴォレ)がメディアのオンライン取材に応対した。

ここまでの最終予選3試合で1勝2敗、7日に行われたサウジアラビア代表戦でも1-0で敗れ、W杯出場へ厳しい状況に立たされている日本は、11日に3連勝スタートのオーストラリアと対戦する。

オーストラリアに敗れると、勝ち点差が「9」へと広がり、2位以内に入ることが絶望的になる日本。何としても、勝ち点3を勝ち取らなければいけない試合となる。

敗戦後、選手たちは一様に課題を話し合い、これまで以上にコミュニケーションを取って改善に励んでいる。

サウジアラビア戦の最終盤に途中出場した中山。交代時の指示については「交代する時点で時間はあまりなかったので、僕自身やることは、左サイドからどんどんクロスを入れるシーンを作れと言われました。あまり時間もなく、展開もカオスだったので、僕としてはもう少し早く入れればやれたと思います」と語り、時間が少な過ぎたと振り返った。

これで1勝2敗と非常に厳しい状況に立たされている日本。チームの雰囲気については「僕自身は結構冷静な状態でチームを見ていて、ピリついている感覚はあります。ただ、それが気負っているかというとそうでもなく、みんな後がないことで冷静に状況を判断して、やるべきことを共有して、後がないですけど、明日の試合しっかりと勝利をもぎ取ろうと、日々を過ごしていると思います」と語り、オーストラリア戦の勝利を目指して準備を進めていると語った。

大一番となるオーストラリア戦だが、相手の印象については「非常にチームとしてしっかりと整理されていて、前線の強力さは得点も多く、力のあるチームだなと感じました」とコメント。自身が試合に出場した時のイメージについては「守備としては安定感をもたらせたいですし、特徴である後ろからのビルドアップであったり、活動までに意識してきた攻撃参加は課題に挙げて取り組んできたので、まだ満足はしていないですが、オリンピックからであったり、課題に対しての成果を披露できればと思います」とコメント。攻撃への関与について、自身がやってきたことを出したいとした。

実際に取り組んできたことについては「オリンピックでも見ていただいた通り、内側であったり、サイドハーフのサポート、周りと多くの関わりの中から攻撃参加することが特徴で出ていたと思います」と自身の特徴を語り、「それ以上行くためには、縦への推進力は僕自身が課題に取り組んできていました。チャレンジの回数を僕自身は増やして、手応えを感じつつ、まだ課題を感じているので、オリンピックの時の特徴も生きますし、それがあるからこそ縦への突破も生きるので、長友さんとは違うものを僕も持っていて、長友さんの特徴を盗みたいと取り組んで来ていたので、両方を突き詰めていきたいと思ってやっています」と語り、自分が持っているものを磨きながら、同じ左サイドバックの長友佑都(FC東京)の良さを取り入れようとしていると語った。

また、オーストラリア攻略については「まずは僕自身は闇雲に攻撃参加していいわけではないので、いつ上がるべきなのか、上がらないべきなのか、中なのか外なのかは判断材料に入れてプレーしたいです」とコメント。「1-0で勝てば良いので、90分通してしっかり1点を取って勝てるかという戦い方もあると思います。3点取らなければいけない試合であれば、そういった戦い方もありますが、究極1-0で良いので焦る必要はないです」と、1点をどう取って勝つかが大事だとした。

相手の守備についても高さがあるために単純なクロスではこじ開けにくい状況となる。中山は「クロスには高さもあるので、クロスの種類、タイミングは考えていきたい部分はあります。じゃあ、高さも質で上回ればいいのではないかとも思いますし、状況を見ながら判断してプレーしたいです」とコメント。攻略法としては「高さのある中を固めてくる相手には、チェンジサイド、逆を突くプレーも有効です。攻め急ぐことなく、自分たちの時間も増やせると思います。相手のストロングポイントを消せる部分だと思うので、試合の状況によりますが、準備ではそういったことが考えられます」と、相手を想定しながら準備していくと語った。

この厳しい状況では、経験のある年長者が率先してチームを立て直しに動いている。その姿を見た中山がこの先に向けて必要だと感じていることについては「この先というところで言うと、W杯出場が最大のテーマだと思うので、そこに繋げるという意味では明日勝たなくてはいけないです。先へのプロセスは今を全力で、結果というのは全力でやった先に来ると思うので、勝利を目指してやりますが、結果がどうであれ、今やれることを最大限やることが先につながると思うので、今が大事だと思います」と語り、まずは全力を出し尽くして臨むことが必要だとした。

その中山自身が今行っていることについては「僕自身のところで言うと、前回は少し出場できましたが、出られていない悔しさがあり、チームの結果が出ていないので、自分の力でチームを良くしたい気持ちはあります」とコメント。「ただ、僕自身は25人、26人呼ばれている1つのピースなので、それを大きくしようとトレーニングをしています」とし、自分の力を出したい一方で、チームとしての力が最大限出せるようにしたいと語った。

また「それを嚙みあわせるためには、コミュニケーションもそうですが、勝利のために自分自身何ができるか。そこは日々生活している中で、状況が状況ですし、1日を終える時に何かやり残したことはないかということで、今それが1日を終える時に今日はやり切った、明日は何ができるかを日々感じています」と語り、常に日々100%を出していきたいとした。


関連ニュース
thumb

日本代表辞退のDF冨安健洋、アーセナル指揮官が負傷状況に言及「数週間ほど欠場する」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、日本代表DF冨安健洋について言及した。クラブ公式サイトが発表した。 アーセナルは23日、プレミアリーグ第23節でバーンリーと対戦した。 冨安はこの試合を欠場。チームも攻撃陣が精彩を欠いて、最下位相手に0-0のゴールレスドローに終わっていた。 負傷していた冨安はカラバオカップ(EFLカップ)のリバプール戦で復帰するも、再び負傷。日本代表として臨む予定だったカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選も招集を辞退することとなった。 アルテタ監督は改めて冨安のケガについて言及。数週間の離脱となるとし、最高の治療を受ける必要があるとした。 「冨安がケガをしたが、リバプール戦ではあのポジションでプレーする選手がいなかった」 「彼は本当に押し出していたし、トライもしたし、90分間プレーしたが、また痛めてしまった。数週間ほど欠場することになるだろう」 「今、彼は回復する必要がある。彼が唯一フォーカスしていることは、可能な限り最高の治療を受けることだ」 「自分のことをよく考え、できるだけ早く起用できるようにすることだ」 「数週間は離脱する」 2022.01.24 10:10 Mon
twitterfacebook
thumb

日本代表、ケガの冨安健洋に代わり、名古屋DF中谷進之介を追加招集

名古屋グランパスは23日、DF中谷進之介が日本代表に追加招集されたことを発表した。 カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選が控える日本代表は、今月27日に中国代表と、2月1日にサウジアラビア代表と戦う。22日にその2試合に向けたメンバー23名が発表されたが、DF冨安健洋(アーセナル)がケガのため招集を辞退。代わりに中谷が追加で招集された。 中谷はクラブ公式サイトを通じて「日本のワールドカップ出場のために全力で頑張ってきます。応援よろしくお願いします」とコメント。同選手は昨年3月のモンゴル代表戦で日本代表デビューを果たし、これまで3試合に出場している。 また、昨季はクラブで37試合2ゴールの活躍を残した25歳は、今年1月に行われた国内組による代表キャンプのメンバーにも選ばれていた。 今回の日本代表は、キャプテンを務めるDF吉田麻也もケガで招集を見送られており、守備ラインに不安を抱えて試合に臨むことになる。 2022.01.23 17:52 Sun
twitterfacebook
thumb

「悔しい結果に」日本代表落選の神戸FW武藤嘉紀にMF山口蛍がツッコミ「一人季節間違えてるね」

ヴィッセル神戸のFW武藤嘉紀が日本代表落選にコメントした。 日本サッカー協会(JFA)は22日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨む、日本代表メンバー23名を発表した。 17日から日本代表候補メンバーによるトレーニングキャンプを実施していた中、そこからは6名のみが招集を受けていた。 3年ぶりに日本代表に復帰して合宿を過ごした武藤だったが、最終予選に向けたメンバーからは落選していた。 武藤は自身のインスタグラムを更新。メンバー入りを目指して継続してやっていくと誓った。 「悔しい結果になりましたが、やることは変わらず継続して努力します!頑張れ日本」 これには、FC東京時代の同僚であるDF丹羽大輝や今シーズンからチームメイトとなる元日本代表DF槙野智章の他、DF森重真人も反応。チームメイトのMF山口蛍は武藤の写真に「一人季節間違えてるね」と突っ込んでいた。 <span class="paragraph-title">【写真】山口蛍も思わず突っ込んだ武藤嘉紀</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CZBx73yJkbd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CZBx73yJkbd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CZBx73yJkbd/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">武藤嘉紀/Yoshinori Muto(@yoshinori_muto_09)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.22 21:58 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和DF酒井宏樹が日本代表招集に「勝利のため全力を尽くす」

日本サッカー協会(JFA)は22日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 ここまで6試合を終えて4勝2敗の勝ち点12で2位につける日本。9月、10月と共に初戦を落とし苦しい戦いを強いられたが、10月にオーストラリア代表を下すと、11月はベトナム代表、オマーン代表に連勝し、2位に浮上した。 17日から行われていた日本代表候補のトレーニングキャンプから参加しているDF酒井宏樹(浦和レッズ)が招集にコメントした。 「代表メンバーに選ばれて光栄です。試合後の隔離のため、浦和にはスーパーカップ(FUJIFILM SUPER CUP 2022)直前の合流になってしまい迷惑をかけてしまいますが日本代表の勝利のため全力を尽くしてきます」 「コンディション上げて浦和に合流できるようしっかりプレーしてきます!」 日本代表は、27日には中国代表と、2月1日にはサウジアラビア代表と対戦する。 2022.01.22 16:49 Sat
twitterfacebook
thumb

「非常に重要な2試合」日本代表招集の神戸FW大迫勇也がW杯予選に意気込み

日本サッカー協会(JFA)は22日、カタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨む日本代表メンバー23名を発表した。 ここまで6試合を終えて4勝2敗の勝ち点12で2位につける日本。9月、10月と共に初戦を落とし苦しい戦いを強いられたが、10月にオーストラリア代表を下すと、11月はベトナム代表、オマーン代表に連勝し、2位に浮上した。 17日から行われていた日本代表候補のトレーニングキャンプから参加しているFW大迫勇也(ヴィッセル神戸)が招集にコメントした。 「ワールドカップ出場に向けて非常に重要な2試合なので、日本のため、チームのために、全力を尽くし、チームに貢献していきます。皆さま応援よろしくお願い致します」 日本代表は、27日には中国代表と、2月1日にはサウジアラビア代表と対戦する。 2022.01.22 16:40 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly