昨季限りでユナイテッド退団のGKロメロがヴェネツィア移籍か

2021.10.11 05:00 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ヴェネツィアが昨シーズン限りでマンチェスター・ユナイテッドを退団した元アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロ(34)の獲得に迫っているようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

昨季限りでユナイテッドとの契約が満了となり、フリーの状況が続くロメロ。一時はグラナダや母国アルゼンチン行きの可能性が取り沙汰されたが、いずれの可能性も消滅していた。

ここ最近ではかつて活躍したセリエAのスペツィアとヴェネツィア行きの可能性が浮上していたが、どうやら後者への移籍が迫っているようだ。
これまでAZやサンプドリア、モナコを渡り歩き、ユナイテッドでは長らくバックアッパーに甘んじたロメロだが、アルゼンチン代表では通算96キャップに、3度のワールドカップ(W杯)出場を誇る実力派だ。

交渉が成立すれば、6年ぶりの復帰となるイタリアの地でキャリア再生を図る。

関連ニュース
thumb

ヴェネツィアが放映権"8日間ルール"に抗議、斬新手法がファンに大ウケ

ユニークなSNSの活用法といえるだろう。ヴェネツィアが独自の手法で抗議の意を示している。 昨季は20年ぶりにセリエAを戦うも、1年で無念の降格となったヴェネツィア。今季はセリエBを戦うこととなっている。 ヴェネツィアは14日に開幕戦でジェノアと対戦し、21日に翌節でズュートティロールと顔を合わせたが、22日にクラブのアカウントから公開されたハイライトは、1週間も前のジェノア戦のもので、なおかつモノクロ。これはいったいどういうことか。 そのセリエBでは、今季からAd Playメディアホールディングスが2年間の放送権独占契約を結んだ。これにより、セリエBの公式サイトでは試合後3時間を目安にハイライトが視聴可能となった。 同時に独占契約という側面から、試合後8日間は映像の使用に制限が掛けられている。従って、各クラブは8日間経過しなければ、公式SNS等で自チームの試合動画であっても発信できないことになっている。 ヴェネツィアはこれに異を唱えており、8日後では次の試合すら終わっていると抗議。さらに、「ヴェネツィア・クラシックス」というツイッターアカウントを作成し、ハイライトをモノクロで投稿することで、情報としての古さを強調する手法を見せた。 通常のアカウントもこれを引用する形で「毎週アーカイブを探して、ぴったり8日前のヴィンテージ・ハイライトを紹介します。お楽しみください」と皮肉たっぷりに投稿。サポーターにも好印象のようで「うんうん、このゲーム覚えているよ」、「おぉ!そんな昔の映像がまだあるなんて驚きだ!」、「管理人はバロンドールだ」、「リーグの不条理なルールに抗議する素晴らしい方法」と、この行為に好意的だ。 再昇格へ向け、1勝1敗のスタートを切ったヴェネツィアの今シーズンに注目が集まる。 <span class="paragraph-title">【動画】ヴェネツィアが投稿したモノクロの“ヴィンテージ・ハイライト”</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">THROWBACK: The year was 2022, and Venezia were hosting Genoa in the opening round of the 2022/23 season.<br><br>Both clubs had been relegated from Serie A the previous season and were keen to signal their intent to return, but the Ligurians would prevail on Kelvin Yeboah’s late winner. <a href="https://t.co/c5rqzMJCU4">pic.twitter.com/c5rqzMJCU4</a></p>&mdash; Venezia FC Classics (@VeneziaClassics) <a href="https://twitter.com/VeneziaClassics/status/1561715866009493504?ref_src=twsrc%5Etfw">August 22, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.08.26 06:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ヴェローナ、昨季セリエAで9ゴールのFWアンリを獲得

エラス・ヴェローナは16日、ヴェネツィアからフランス人FWトマ・アンリ(27)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの4年となる。 2019年1月に加入したベルギーのルーヴェンで、リーグ戦75試合44ゴールを挙げる活躍をみせ、ブレイクを果たしたアンリ。 191cmの大型ストライカーは、昨夏にセリエA昇格組のヴェネツィアに加入すると、チームは1年で降格したものの、個人としてはセリエA33試合9ゴール3アシストと印象的な活躍を見せていた。 2022.07.16 22:08 Sat
twitterfacebook
thumb

ブライトン、アイルランド代表FWコノリーがヴェネツィアでの武者修行へ

ブライトン&ホーヴ・アルビオンは14日、アイルランド代表FWアーロン・コノリー(22)がセリエBのヴェネツィアに1年間のレンタル移籍で加わることを発表した。 2016年に地元マーヴュー・ユナイテッドからブライトンの下部組織に加入したコノリーは、U-18、U-23と順調にステップアップし、2019年夏にトップチームへ昇格。同年8月31日のプレミアリーグ第4節マンチェスター・シティ戦でプレミアデビューを飾ると、10月5日に行われたプレミアリーグ第8節のトッテナム戦でプロ初ゴールを含む2ゴールを記録した。 これまでトップチームでは、公式戦52試合に出場し8ゴール3アシストをマーク。ただ、今年1月には出場機会を求めてチャンピオンシップ(イングランド2部)のミドルズブラにレンタル移籍し、公式戦21試合2ゴールの数字を残していた。 快足と勝負度胸を生かした個での打開や、背後への抜け出しはクラブも高く評価するところだが、パフォーマンスの一貫性、課題の決定力改善のため、新シーズンはイタリアで研鑽を積むことになる。 2022.07.15 13:41 Fri
twitterfacebook
thumb

オシャレユニフォームが話題のヴェネツィア、「シュプリーム」手がけるスタジオ制作のアウェイユニはホームとの対比がテーマで大注目!

ヴェネツィアは14日、2022-23シーズンのアウェイユニフォームを発表した。 かつては元日本代表として活躍し、現在は松本山雅FCの名波浩監督も在籍したことがあるヴェネツィアは、2021-22シーズンに20年ぶりにセリエAへ昇格するも、最下位に終わり、新シーズンはセリエBで戦うこととなる。 大きな反響を得たのは昇格という事実以上に、そのデザイン性が高いユニフォーム。即完売するという異例の事態となったが、今シーズンのホームユニフォームも「BALENCIAGA(バレンシアガ)」や「Supreme(シュプリーム)」などのデザインを手掛けるデザインスタジオ「ビューロー・ボルシェ(Bureau Borsche)」と、サプライヤーのカッパがデザインを手掛けていた。 アウェイユニフォームも同じデザインスタジオ「ビューロー・ボルシェ(Bureau Borsche)」とカッパがデザイン。ホームユニフォームとの陰陽関係を思慮深くデザインしたという。 ホームはブラックにオレンジとグリーンのラインが入っているものだが、アウェイはホワイトベースに、オレンジとグリーンのラインが目立つデザインに。フレッシュでスポーティな印象になっている。 また、ホームは襟付きであるのに対し、アウェイはクルーネックに。胸の「VENEZIA」の文字はゴールドになり、モダンなフォントであしらわれている。 ホームとの対比を楽しむというやはりデザイン性が高く、手の込んだ仕掛けをしてきたヴェネツィア。見比べてみるとその洗練されたコンセプトがよくわかる作りとなっている。 <span class="paragraph-title">【写真】ホームとは正反対なコンセプトで作られたおしゃれアウェイユニ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">22/23 away shirt.<br><br>Available now on <a href="https://t.co/qGUETS2QPh">https://t.co/qGUETS2QPh</a>.<a href="https://twitter.com/hashtag/ArancioNeroVerde?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ArancioNeroVerde</a> <a href="https://t.co/25GtqcjG2g">pic.twitter.com/25GtqcjG2g</a></p>&mdash; Venezia FC (@VeneziaFC_EN) <a href="https://twitter.com/VeneziaFC_EN/status/1547567124423487495?ref_src=twsrc%5Etfw">July 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">22/23 away shirt.<br><br>Available now on <a href="https://t.co/MrjQ7bSaAw">https://t.co/MrjQ7bSaAw</a>.<a href="https://twitter.com/hashtag/ArancioNeroVerde?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#ArancioNeroVerde</a> <a href="https://t.co/ez7hH9dFf3">pic.twitter.com/ez7hH9dFf3</a></p>&mdash; Venezia FC (@VeneziaFC_EN) <a href="https://twitter.com/VeneziaFC_EN/status/1547567357295333376?ref_src=twsrc%5Etfw">July 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.07.14 22:47 Thu
twitterfacebook
thumb

元ポルトガル代表MFナニ、メルボルン・ビクトリー入りが決定 「挑戦楽しみ」

Aリーグ・メンのメルボルン・ビクトリーは12日、元ポルトガル代表MFナニ(35)の獲得を発表した。契約は2年となる。 ポルトガルの強豪スポルティングCPでプロキャリアを始め、マンチェスター・ユナイテッド時代にいち時代を築いたナニ。代表でも112試合23得点の数字を誇るドリブラーはフェネルバフチェやバレンシア、ラツィオでのプレーを経て、2018年夏にスポルティング復帰を果たした。 だが、それから1年経たずの2019年2月にメジャーリーグサッカー(MLS)のオーランド・シティに移籍。今年1月からは2023年6月末までの契約でヴェネツィア入りして欧州にカムバックしたが、チームのセリエB降格で退団が既定路線と目され、8日に双方合意の下で契約解消に至った。 ナニは「メルボルン・ビクトリーでAリーグの舞台に立てることに興奮している。これからの挑戦が楽しみだ。トニー監督とは話した。メルボルン・ビクトリーは成功を目指すクラブだし、チームの成功に貢献する役割を果たしたい」と喜びの思いとともに決意を語っている。 続けて、「メルボルンのファンはリーグで最高というだけでなく、ヨーロッパに匹敵する雰囲気がある。今季、ビクトリーのシャツを着て、フィールドでその一員となり、彼らのためにプレーするのを楽しみにしている」とコメント。サポーターにもメッセージを送っている。 なお、トニー・ポポビッチ監督は「ナニのような選手を獲得できたのを誇りに思うし、メルボルン・ビクトリーやAリーグ全体にとって素晴らしい財産になると信じている」と語った。 2022.07.12 16:25 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly