7度目の受賞狙うメッシがバロンドール候補を挙げる 「ネイマール、ムバッペ、それに…」

2021.10.09 18:28 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表リオネル・メッシが、バロンドールについて自身の見解を語った。スペイン『Cadena SER』がコメントを伝えている。

8日にフットボール専門誌『フランス・フットボール』が2021年度のバロンドール候補者リスト30名を発表した。昨季のチャンピオンズリーグファイナリストのチェルシーとマンチェスター・シティから最多の5名が選ばれたほか、PSGからは通算15回目のノミネートとなるメッシを含めた4名が選出された。

歴代最多6度の受賞を誇るメッシは、個人的見解として有力候補にチームメイトのフランス代表FWキリアン・ムバッペや、2020-21シーズンのゴールデンシューに輝いたバイエルンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキといった自身と同じストライカーを列挙。バロンドールを勝ち取るためにはチームだけでなく個人としても明確な成果を挙げなければならないと話した。
「僕のチームには、ネイマールやムバッペのように投票すべき選手がいる。それに、レヴァンドフスキやベンゼマのように、個の能力に優れていて素晴らしいシーズンを送った選手もいるね」

「バロンドールを受賞するためには、個人レベルで多くの成果を出さなければならない。最近では、チャンピオンズリーグやコパ・アメリカ、ユーロなどで優勝したことが大きな意味を持つようになった。何か大きなことを達成したという事実に重みがあるんだと思う」

7度目の受賞が期待されるメッシは昨季、バルセロナでコパ・デル・レイを制覇し、ラ・リーガ得点王にも輝いた。また、アルゼンチン代表ではコパ・アメリカを制して自身初の代表タイトルも獲得している。

なお、授賞式は11月29日にパリで行われる。

関連ニュース
thumb

「美しすぎる」「なんと贅沢な」メッシ妻、アントネラ・ロクソさんのとろける甘い投稿が脚光

パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの妻、アントネラ・ロクソさんがとろける一枚を投稿した。 昨年は悲願のワールドカップ(W杯)制覇を成し遂げたメッシ。幼い頃から知るアントネラさんも夫の雄姿を喜び、その姿が大きくフォーカスされていた。 先日はスキーへと出かけた際の姿を投稿し、雪山での姿や熱いキス写真も話題となっていたメッシとアントネラさん。29日にはチアゴくん、マテオくん、シロくんの3人の息子でランチへと繰り出したようだ。 4人で高級感漂うレストランに赴いたアントネラさんは自身のインスタグラムで「子供たちとランチ」と綴り、家族写真に続いてスイーツの一皿を公開。温めた皿の上にフランス菓子のシュケットが載せられ、仕上げにたっぷりとチョコレートが掛けられていく動画を投稿した。 頬がとろけそうな瞬間には「美しすぎる」、「キューティーズ 」、「なんと贅沢なデザートでしょう」、「あなたは甘すぎる」などの声が届いている。なお、メッシ不在のために「レオはどこ?」、「メッシがいないので-10点」といった冗談も寄せられることとなった。 <span class="paragraph-title">【写真&動画】メッシは不在…アントネラさんが子供たちとランチへ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CoAKVGiKHba/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CoAKVGiKHba/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CoAKVGiKHba/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Antonela Roccuzzo(@antonelaroccuzzo)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2023.01.30 21:50 Mon
twitterfacebook
thumb

今冬も積極補強のフォレスト、ドイツ代表DFヨナタン・ター獲得は断念

ノッティンガム・フォレストはレバークーゼンのドイツ代表DFヨナタン・ター(26)獲得を断念したようだ。イギリス『90min』が伝える。 昨夏の大量21選手補強に続き、今冬も3選手を補強しているフォレスト。今冬の移籍市場は残りわずかな時間を残すのみとなったが、現在でもコスタリカ代表GKケイロル・ナバス(36)獲得に向け、パリ・サンジェルマン(PSG)と交渉中だと伝えられる。 一方、同時並行で進めていたレバークーゼンのター獲得は断念した模様。ターは今季のブンデスリーガでここまでの全18試合、チャンピオンズリーグ(CL)でもグループステージの全6試合に出場する替えの利かない存在で、シャビ・アロンソ監督がチームの弱体化を懸念したという。 現役ドイツ代表センターバックは断念した格好のフォレストだが、経験豊富なベテランDFの獲得は近いとも。アトレティコ・マドリーから元ブラジル代表DFフェリペ(33)の獲得が濃厚とされ、フェリペとともにニューカッスルから元イングランド代表MFジョンジョ・シェルヴェイ(30)の獲得も近づいているとされている。 2023.01.30 21:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「あの顔好き」「同じリアクションだった」アップ中にネイマールのFKを見たムバッペがもの凄い表情に

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表FWネイマールを見つめる、フランス代表FWキリアン・ムバッペの表情が注目を集めている。 PSGは29日に行われたリーグ・アン第20節、ホームで伊東純也を擁するスタッド・ランスと対戦。51分にネイマールのチップキックで先制するも、8分後にマルコ・ヴェッラッティが退場となって数的不利に陥ると、アディショナルタイムに失点を喫し、1-1のドローで試合を終えた。 視線を集めているのは試合前に一幕だ。 ウオーミングアップの一環として各選手がシュート練習。ネイマールはペナルティアーク手前から左隅へ見事なFKを沈めた。 これを間近で見ていたムバッペは、なぜか眉間に皺をよせながら口をすぼめて渋い表情。さらには、移動するネイマールをチラ見している。 一連の流れをフランス『Prime Video Sport』は「ムバッペは感動したのかな?」と紹介。「ウオーミングアップ中のネイマールのFKに対するフランス人の信じられない反応」の文言とともに公開した。 ムバッペのリアクションにはファンからも「かわいい」、「彼の顔よ」、「あの顔が好き」、「同じリアクションだった」といった声のほか、類似画像やイラストでの反応が寄せられることとなった。 また、ムバッペだけでなく、ネイマールの姿を気に留めるファンもおり、「ネイマールのピアスはいいのかい」や、右目が赤いネイマールに対して「ネイマールの写輪眼が発動」などのコメントも寄せられている。 <span class="paragraph-title">【動画】ネイマールがFKを決めた後のムバッペに注目…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> Impressionné, Kylian Mbappé ? <br><br>La réaction incroyable du Français sur le coup franc de Neymar à l&#39;échauffement ! <a href="https://twitter.com/hashtag/PrimeVideoLigue1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PrimeVideoLigue1</a> I <a href="https://twitter.com/hashtag/Ligue1UberEats?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ligue1UberEats</a> <a href="https://t.co/KFojGnd0Zn">pic.twitter.com/KFojGnd0Zn</a></p>&mdash; Prime Video Sport France (@PVSportFR) <a href="https://twitter.com/PVSportFR/status/1619781760576888833?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.30 21:20 Mon
twitterfacebook
thumb

伊東純也がネイマールの“演技力”の餌食に?際どい判定のイエローカードに日本のファンは不満「めっちゃ演技するやん」「主演男優賞」

スタッド・ランスの日本代表MF伊東純也も不満げだった。 29日にリーグ・アン第20節でパリ・サンジェルマン(PSG)とアウェイで対戦したスタッド・ランス。伊東は今節も右ウイングで先発出場した。 伊東はPSGの左サイドを任されたブラジル代表FWネイマールとも何度もマッチアップする中、35分にイエローカードを貰ってしまう。 タッチライン際を強引に抜こうとしらネイマールに対し、伊東は出足の早いスライディング。ボールはタッチラインを割ると、ネイマールの大きな叫び声が響き渡った。 リプレーを見ると伊東の足は先にボールに触れた後にネイマールの足に触れた流れだが、 このプレーで主審はイエローカードを提示。伊東は不満げに両手を広げていた。 このプレーには日本のファンも不満があるようで、『DAZN』のハイライトには「めっちゃ演技するやん」、「主演男優賞」、「ネイマールがネイマールしてて安心する」、「ネイマールチャレンジは成功したな」といったコメントが多く寄せられていた。 伊東は、その後相手の退場を誘発する突破を見せるなど攻撃の要として躍動。83分までプレーすると、チームも後半アディショナルタイムに劇的な同点弾を決め、1-1の引き分けに終わっている。 <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也がネイマールの“演技力”の餌食に?(2:19~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="T573qg_JGlQ";var video_start = 139;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2023.01.30 19:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「笑って退場してくなんて」伊東純也を悶絶させた足裏タックルで一発退場のPSGヴェッラッティに批判「折れてもおかしくなかった」

パリ・サンジェルマン(PSG)のイタリア代表MFマルコ・ヴェッラッティが一部のファンから批判を浴びているようだ。フランス『90min』が伝えている。 29日にリーグ・アン第20節でスタッド・ランスをホームに迎えたPSG。直近のリーグ戦2試合を欠場していたヴェッラッティはベンチスタートとなった。 試合は、日本代表MF伊東純也も先発したスタッド・ランスの奮闘もあり、PSGはほとんどチャンスを作れないまま前半を終えた。 すると、後半開始からヴィティーニャを下げてヴェッラッティを投入。早速効果が出ると、51分にネイマールの先制ゴールが生まれた。 しかし、直後の55分には予期せぬ出来事。伊東が右サイドのタッチライン際でボールを受けると、フアン・ベルナトと上手く入れ替わって前を向く。そこにたまらずヴェッラッティがスライディングタックルを敢行した。 伊東がギリギリで送ったスルーパスに反応したフォラリン・バログンはオフサイドだったが、伊東へ危険なアフタータックルを見舞ったヴェッラッティがオンフィールドレビューの末にレッドカードを受け、退場処分となり、復帰戦はわずか10分程度のプレーに終わった。 なお、試合はPSGが数的不利を感じさせない戦いを見せたものの、試合終了間際の96分にミスから失点。試合は1-1の引き分けに終わっている。 『90min』によると、SNS上ではヴェッラッティを批判や揶揄するコメントが多数あがっているとのこと。さらに、『ESPN』の公式インスタグラムなどでも取り上げられており、「レッドカードは当然だ」、「危険なプレー」、「折れてもおかしくなかった」、「笑って退場してくなんてなんか解せないね」といった声が寄せられている。 伊東に突破されていたら大ピンチとなるシーンとはいえ、投入からわずか10分後、退場後も納得できずに反省の色を見せなかったヴェッラッティの姿は非難の的になっているようだ。 <span class="paragraph-title">【動画】伊東純也への足裏タックルの後、笑顔で退場していくヴェッラッティ</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> | Cette vilaine faute de Marco Verratti sur Junya Ito... <a href="https://twitter.com/hashtag/PSGSDR?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#PSGSDR</a> <a href="https://t.co/9b51UHdUAa">pic.twitter.com/9b51UHdUAa</a></p>&mdash; Eleven Sports (FR) (@ElevenSportsBEf) <a href="https://twitter.com/ElevenSportsBEf/status/1619809417456930816?ref_src=twsrc%5Etfw">January 29, 2023</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2023.01.30 18:45 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly