アトレティコFWマテウス・クーニャ、太もも負傷でバルサ戦欠場へ

2021.10.02 00:30 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アトレティコ・マドリーは1日、ブラジル代表FWマテウス・クーニャがトレーニング中に左太ももを痛めたことを発表した。離脱期間は明かされていないが、2日に行われるラ・リーガ第8節バルセロナ戦の欠場、ブラジル代表への合流が不可能となったことをアトレティコは公式サイトで明かしている。

今夏、ヘルタ・ベルリンから加入したマテウス・クーニャは、ラ・リーガ5試合に途中出場していた。

関連ニュース
thumb

アトレティコ、守護神オブラクがコロナ感染…幸いリーグは中断期間へ

アトレティコ・マドリーは25日、スロベニア代表GKヤン・オブラクが新型コロナウイルスに感染したことを報告した。 不動の守護神として今季もここまで全30試合にフル出場していたオブラク。22日に行われたラ・リーガ第22節のバレンシア戦でも、3-2の劇的な逆転勝利に貢献していた。 そんなオブラクの離脱は大きな痛手だが、幸いなのは、インターナショナルマッチウィークでリーグ戦が中断期間に入ること。次の試合まで2週間空いているため、1試合も欠場することなく、12日間の隔離期間を経ることになる。 なお、中断明けの相手はバルセロナ。舞台は敵地カンプ・ノウだ。 2022.01.25 21:40 Tue
twitterfacebook
thumb

女子スーペル・コパ決勝でバルセロナが相手選手を歓喜の胴上げ、脳腫瘍から復帰を全員で祝福

女子スーペル・コパ決勝で優勝したバルセロナが、大病から復帰を果たした相手プレーヤーを胴上げした。 23日、女子スーペル・コパ決勝、バルセロナvsアトレティコ・マドリーの一戦が行われた。 試合はノルウェー女子代表MFキャロライン・グラハム・ハンセンの3得点2アシストの活躍などで、7-0とバルセロナが圧勝。国内無双を誇る実力を見せつけた。 試合後には胴上げを行ったバルセロナの面々。だが、空へと舞ったのはMVPのハンセンではなく、アトレティコのスペイン代表MFヴィルヒニア・トレシジャだった。 2012年から2015年までバルセロナでもプレーしたトレシジャは、頭痛と腰痛を患い2020年5月に脳腫瘍と診断された。その後、スペインのパンプローナで腫瘍を取り除く手術を受けると、以降は化学療法治療を継続。2021年3月にはトレーニングへも復帰を果たした。 今年1月20日に行われたスーペル・コパ準決勝のレバンテ戦でついにベンチ入りまで漕ぎつけると、決勝でもベンチ入り。そして85分、ついにピッチへと舞い戻ってきた。 公式戦の出場はなでしこジャパンも参加していた2020年のシー・ビリーブス・カップ、3月11日のスペイン女子代表として途中出場したイングランド女子代表戦以来。観客もスタンディングオベーションで戻ってきた英雄を祝福した。 キャプテンマークを譲り受けたトレシジャはわずかな時間ながらピッチで躍動。バルセロナの選手も彼女の勇気を称え、試合後にはトレシジャを胴上げした。 トレシジャは試合後「(両クラブの)チームメイトとここに立てて、すべてを共有できることをとてもうれしく思います。ドレッシングルームやピッチにいられることは、とても特別なことです」と、喜びのコメントを残している。 <span class="paragraph-title">【動画】バルサイレブンに胴上げされるアトレティコMFトレシジャ</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJJcDRpY1dKUCIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2022.01.24 21:10 Mon
twitterfacebook
thumb

アトレティコがキャルバート=ルーウィンに関心か

アトレティコ・マドリーが、エバートンのイングランド代表FWドミニク・キャルバート=ルーウィン(24)の獲得に動き始めているようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 2016年夏にシェフィールド・ユナイテッドから加入し、徐々に存在感を高めてきたキャルバート=ルーウィン。昨季はプレミアリーグ開幕5試合で7ゴールを挙げるなど、キャリアハイの16ゴールを記録。今季も開幕3試合連続ゴールを挙げていた中、つま先の骨折で長らく離脱を強いられていた。 ただ、24歳とまだまだ伸び代のあるキャルバート=ルーウィンには、多くのクラブが注目。国内ではアーセナルやウェストハムからの関心が伝えられているが、アトレティコも来夏の獲得に向けて、エバートンと接触を試みたという。 ただ、2020年3月に2025年までの契約を結んだキャルバート=ルーウィンには、4000万ポンド(61億6000万円)から6000万ポンド(92億4000万円)の移籍金が必要になると見込まれており、どのクラブも簡単にはオファーが出せない状況となっている。 2022.01.23 16:56 Sun
twitterfacebook
thumb

後半ATの2ゴールで大逆転勝利のアトレティコ、シメオネ監督も自信「皆さんが目にしたもの、それはアトレティコ・マドリー」

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督が劇的な逆転勝利を振り返った。スペイン『マルカ』が伝えた。 アトレティコは22日、ラ・リーガ第22節でバレンシアをホームに迎えた。 ラ・リーガのビジャレアル戦、スーペル・コパのアスレティック・ビルバオ戦、コパ・デル・レイのレアル・ソシエダ戦と3試合勝利がなく、2試合は完敗しているアトレティコ。この試合も前半のうちに2失点を喫し、悪い流れを断ち切れていない展開となった。 後半に入り、途中出場のマテウス・クーニャが64分にゴールを決めて1点差にしたが、その後が続かず、1-2で敗戦となると思われた。 しかし、91分にアンヘル・コレアが値千金のゴールを決めて同点とすると、93分にはマテウス・クーニャのシュート性のアシストからマリオ・エルモソが起死回生の逆転ゴールを決め、3-2で勝利を収めた。 シメオネ監督は、土壇場での逆転勝利について言及。前半は酷い出来だったが、後半はピッチ上でしっかりとチームとしての姿勢を見せられたと振り返った。 「今日は何をみられたかわかりやすい。前半は我々ではなかった。やりたいことは何もできなかった。2失点してしまった」 「後半、絶望と不安の中で、我々は冷静に話をした。負け方は色々あるが、そう考えれば勇気が出た。我々は、みんなをガッカリさせるつもりはないと分かっていた」 「他の場所ならチームを批判していただろう。ただ、チームはピッチ上でメッセージを送り、皆さんが目にしたもの、それはアトレティコ・マドリーだった」 <span class="paragraph-title">【動画】アトレティコ、93分に生まれた奇跡の逆転ゴール</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CZDHp56tm73/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CZDHp56tm73/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CZDHp56tm73/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.01.23 12:40 Sun
twitterfacebook
thumb

アトレティコが後半ATの2ゴールで劇的過ぎる逆転勝利! 不屈の闘将率いるチームが公式戦4戦ぶりの白星《ラ・リーガ》

ラ・リーガ第22節、アトレティコ・マドリーvsバレンシアが22日にワンダ・メトロポリターノで行われ、ホームのアトレティコが3-2で逆転勝利した。 スーペル・コパ準決勝でアスレティック・ビルバオ、コパ・デル・レイでレアル・ソシエダと、いずれもバスク勢に敗れて公式戦3試合未勝利と苦しい状況が続くリーグ4位のアトレティコ(勝ち点33)。 公式戦4試合ぶりの白星を目指した今節は、直近の対戦でセビージャと引き分けた9位のバレンシア(勝ち点29)と対戦した。シメオネ監督はこの一戦に向け、先発3人を変更。フェリペ、エクトル・エレーラ、アンヘル・コレアに代えて出場停止明けのホセ・ヒメネス、ルイス・スアレスとレマルを起用した。 共に4バックの可能性もあったが、[3-5-2]の形でスタート。立ち上がりから球際でアグレッシブなプレーを見せるバレンシアの土俵にアトレティコが上がったことで、試合はイエローカード、ファウルが目立つ肉弾戦の様相を呈していく。 中盤での潰し合いによって、互いになかなかフィニッシュまで持ち込めないクローズな状況が続いたが、前半半ばに試合の均衡が破れる。 25分、バレンシアのロングカウンターから右サイドを持ち上がったゴンサロ・ゲデスが逆サイドでフリーのユヌス・ムサにサイドチェンジを通す。ここで2人のDFと対峙したムサは鋭いカットインからボックス内で右足を振り抜くと、このシュートがニア下に決まった。 またしても守備が耐え切れずに先制点を奪われたアトレティコはすぐさま反撃を開始。しかし、相手のハードな守備にリズムを乱されてなかなか狙いとする崩しの形を作れない。 さらに、球際の勝負や判定にナーバスになるホームチームは、らしくない形から2点目まで献上する。44分、自陣ボックス付近でルーズボールを回収されてソレール、ラトに短く繋がれると、やや不運な形からゴール前にこぼれたボールに抜け出したウーゴ・ドゥロにGKオブラクとの一対一を制された。 ホームサポーターによる強烈なブーイングを浴びた中、ロッカールームに下がり、逆転を期して後半に臨んだアトレティコは、レナン・ロージを下げて後半頭からコレアを投入。立ち上がりの48分にはカラスコが良い形からミドルシュートを狙うなど、前半に比べて攻撃に躍動感が出始める。 さらに、57分にはレマル、フェリックスを下げてフェリペ、クーニャを、61分にはヴルサリコを下げてエクトル・エレーラをピッチに送り出し、よりフィジカルに長けたメンバーでゴールをこじ開けにかかる。 すると64分、左CKの場面でキッカーのカラスコが右足インスウィングで鋭いボールをゴール前に入れると、これをタイミング良く飛び込んできたクーニャがワンタッチで流し込み、反撃の狼煙を上げるゴールとした。 この1点で完全に息を吹き返したアトレティコは、キレを取り戻したカラスコを起点にバレンシアを自身深くに押し込めてハーフコートゲームを展開。再三相手ゴールに迫っていくが、守備的な交代策で逃げ切りを図るバレンシアをあと一歩で崩し切れない状況が続く。 そして、試合は残すところ7分が加えられた後半アディショナルタイムのみとなるが、ここから不屈の闘将が率いるチームが大逆転劇を見せる。 まずは91分、相手陣内左のハーフスペースで縦に仕掛けたカラスコが右足アウトにかけて絶妙なクロスを供給。これに飛び込んだスアレスは合わせ切れずも、GKジャウメが前にこぼしたボールをコレアがすかさずゴールネットへ流し込み、土壇場で同点に追いつく。 さらに、直後の93分には高い位置でのパスカットからエレーラ、コレア、クーニャと右サイドで鮮やかにパスが繋がり、ボックス右に持ち込んだクーニャがDFディアカビの股間を抜く絶妙なラストパスを供給。これをファーサイドに走り込んだエルモソが冷静に無人のゴールへ左足ワンタッチで流し込み、劇的過ぎる逆転ゴールを奪った。 そして、今季最高とも言える盛り上がりを見せたワンダ・メトロポリターノの後押しを受け、バレンシアの反撃を凌ぎ切ったアトレティコが、後半アディショナルタイムの2ゴールで勝ち点0から勝ち点3を獲得する会心の逆転勝利で公式戦4試合ぶりの白星を手にした。う 2022.01.23 07:14 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly