欠場続くカバーニ、ビラ戦で戦線復帰! 背番号「21」に変更後初ゲームへ

2021.09.25 10:45 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの復帰で攻撃の迫力が増すマンチェスター・ユナイテッドだが、ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニもようやく戦列に復帰するようだ。

今年5月に昨季までの契約を1年延長して、今季もユナイテッドでプレーするカバーニ。加入初年度の昨季から秀逸な動き出しと献身性で公式戦39試合に出場して17得点の活躍を披露したウルグアイ産のゴールハンターだが、今季はここまで8月29日に行われたプレミアリーグ第3節のウォルバーハンプトン戦に途中出場して以降、代表ウィーク中のケガでここ公式戦5試合を欠場している。

C・ロナウドに背番号「7」を譲り、「21」に変更してからもいまだピッチに立てず、お披露目に至っていないカバーニだが、オーレ・グンナー・スールシャール監督は25日にホームで行われるプレミアリーグ第6節のアストン・ビラ戦に先駆けた会見で、メンバー入りを明言した。

「彼は明日のスカッドに入る。トレーニングにも参加しているし、力になれる準備が整ったと感じている。ウォルバーハンプトン戦に出場した後の代表ウィーク中に少し痛めたが、再び準備が整った。彼の働きぶりはいつだって本当に一生懸命かつ熱心。昨季のようにインパクトを与えてくれると良いね」

先のカラバオカップ3回戦でウェストハムにリベンジを許して、早すぎる敗退に直面したノルウェー人指揮官はまた、C・ロナウドとカバーニが共演となれば「あの2人が一緒にプレーする姿をお目にかかれるのは非常にエキサイティングだ」と続け、共鳴を期待した。

「良いパートナーシップを築いてくれるに違いない。チームによっては我々に対して深い位置で守り、スペースを与えないようにしてくるが、2人はそのようなシナリオに直面したときにゴールの周りに配置したい選手たちだ。うまく機能してくれるはずさ」

関連ニュース
thumb

元フランス代表DFエブラが10代での性的虐待被害を初告白「子供たちには勇気を持って、自分を責めないで欲しい」

現役時代はマンチェスター・ユナイテッドで数々のタイトルを獲得した元フランス代表DFパトリス・エブラが、児童虐待の被害を受けていたことを告白した。イギリス『BBC』が伝えた。 ニースやモナコ、ユナイテッド、ユベントス、マルセイユ、ウェストハムなどでプレーしたエブラ。ユナイテッド時代にはプレミアリーグで5度、チャンピオンズリーグで1度の優勝を経験。ユベントス時代にもセリエA3連覇など数々のタイトルを手にした。 フランス代表としても81試合に出場し、南アフリカ、ブラジルと2度のW杯に出場するなど活躍したエブラ。自身の執筆した書籍が発売されるのを前に、イギリス『タイムズ』とのインタビューで衝撃の告白を行った。 「私が最初に本を書いた時、私はまだ人々がどう思うのか、恥ずかしく、怖かった。だから全てを話さなかった」 「今私が言いたいのは、子供たちが私のような状況に陥って欲しくないということと、彼ら自身が自分を恥じているということだ。それは勇敢であるかどうかではなく、精神的に話す準備ができているかどうかだ」 「だから私はいつも自分を責めていたので、子供たちには勇気を持って、自分を責めないで欲しいと思っている」 「私は恥ずかしながら、自分が何も言わなかったため、長年にわたって臆病者だと感じていた。それは私の胸の中では何か重たいものだった。しかし、自分のためではなく、他の子供のためにやっている」 エブラはパリ近郊のレ・ジュリスで育ったが、自宅と学校の通学時間を短縮するために滞在していた教師の家で、性的虐待を受けていたと告白した。10代の頃だという。 そのエブラは、今回初めてその事実を明かすこととしたが、自身の母親にも打ち明けていなかったとし、2週間前に初めて何が起きていたかを伝えたそうだ。 「40歳になった今だからこそ、彼女に話ができる。それは大きなショックだった。多くの怒りもあった。彼女は謝罪した。そして『本に書いてはいけない。パトリスのプライベートなことだから』と言った」 「しかし、それに対して私は『母さん、それは私についてではなく、他の子供たちのためなんだ』と言った。彼女はOKと言ってくれ、理解してくれた」 エブラはモナコに在籍していたこと、警察から電話を受け虐待について問われたものの、その当時は否定したという。しかし、それは大きな後悔につながった。 「多くの人を助けることができたはずなのに、それを背負って生きてきたことは、最大の後悔の1つだ」 40歳になり、勇気ある告白をしたエブラ。同じ目に遭っている子供たちに届くことを願うばかりだ。 2021.10.23 10:40 Sat
twitterfacebook
thumb

ポグバとステラ・マッカートニーがコラボ! アディダスが“100%ヴィーガン”、“ジェンダーニュートラル”な新スパイク『PREDATOR FREAK』を発表!

アディダスは22日、初となる100%ヴィーガンのフットボール・ブーツ『プレデター フリーク(PREDATOR FREAK)』を発表した。 近年サッカー界でも増えてきているヴィーガン(完全菜食主義)の選手。代表格はローマの元イングランド代表DFクリス・スモーリングに始まり、ヴィーガンの健康法により、ケガをしなくなったという選手が増えている。 また、EFLリーグ2(イングランド4部)のフォレスト・グリーン・ローバーは、ヴィーガンのクラブとして知られ、チェルシーは2020年にヴィーガンのファンに向けたフードキオスクを導入した初めてのクラブとなっている。 そんな中、アディダスはマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバとともに、100%ヴィーガンに加え、ジェンダーニュートラルなスパイクを発表。ポグバと共に、ファッションデザイナーのステラ・マッカートニーが参加。個性的なデザイン、イノベーション、サステナブルな価値観が盛り込まれている。 今回のコラボの発端は、2020年5月にポグバとマッカートニーの対談にある。ロックダウン中に行われた対談は、ファッション、スポーツ、ブランド構築に関する互いの情熱を明らかにしただけでなく、この先駆的なフットボールとファッションのコ・クリエーション(共創)の種を蒔く役割も果たしていた。 ポグバは『PREDATOR FREAK』の開発に不可欠な役割を果たし、特徴的なシルエットと、フレッシュホワイトのアディダス独自のテクノロジー「プライムニットアッパー」には、アイコニックなレオパードとアースプロテクターのグラフィックが施されている。 ポグバは今回の取り組みについてコメントしている。 「僕は何よりもまず、サッカー選手だけど、ファッションやデザインにも大きな関心を持っている、これを追求していきたいとずっと思っていた」 「今回のコラボレーションは、僕にとってとても特別なものとなった。というのも、以前からステラ・マッカートニーの作品のファンだったので、昨年の「The Huddle」で一緒になり、このアイデアを思いついた時、何かを生み出すためのパーフェクトな機会だと感じた」 「ちょうどロックダウンの最中で、サッカーができなくて寂しい思いをしていたので、僕のサッカーへの愛情とスタイルへの情熱を組み合わせたものに集中できるのは、信じられない気持ちだった」 「アディダスと一緒に作ったブーツは、大胆でユニークなもので、ピッチに立つ時に履くのが待ちきれないよ」 <span class="paragraph-title">【写真】ポグバとステラ・マッカートニーがコラボ! 100%ヴィーガンのスパイク誕生!</span> <span data-other-div="photo"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211023_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211023_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211023_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211023_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211023_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211023_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211023_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211023_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211023_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/adidas20211023_tw10.jpg" style="max-width: 100%;"></div> 2021.10.23 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ラッシュフォードが復帰後初先発で負傷…スールシャールはリバプール戦欠場を懸念「出場できることを願う」

マンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督が、イングランド代表FWマーカス・ラッシュフォードの次戦欠場を懸念している。クラブ公式サイトが伝えた。 ユーロ2020の決勝後に以前から痛めていた肩の手術に踏み切ったラッシュフォードは、長期にわたる回復期間を経て今月16日に行われたプレミアリーグ第8節のレスター・シティ戦で復帰。チームは敗戦を喫したものの、65分の途中出場からゴールを決めるなどチームに希望を与える復活を遂げた。 続く20日のチャンピオンズリーグ(CL)グループF第3節のアタランタ戦で復帰後初先発を果たすと、2点ビハインドで迎えた53分に反撃の狼煙を上げるゴールを奪う。しかし、足を痛めて66分に交代。ラッシュフォードのゴールでチームを吹き返したチームはその後、FWクリスティアーノ・ロナウドのゴールなどで逆転勝利を収めている。 リバプールは今後、24日にプレミアリーグでリバプールとの大一番を迎えるが、スールシャール監督にもラッシュフォードが出場できるかは「わからない」という。また、再離脱の可能性を受けて、前回の離脱中に示した同選手の姿勢を称賛し、早期復帰を願った。 「(間に合うかどうか)わからない。出場できることを願うし、そう思いたい」 「足を痛めていたし、時には自分が望むよりも時間がかかることもある。だが、しっかりと治療すれば大丈夫だろう」 「(離脱中)彼は本当によく働いてくれた。ケガや手術の影響により接触するプレーを含めたトレーニングはできなかったが、フィジカルトレーニングを続けて、今では肉体的に非常に強くなっている」 「あとは試合のフォームを取り戻すことだ。そしてそれは近づいているよ。マーカスは天性の才能を持っているが、早く自分のスタイルをピッチで示したいと考えており、すでに非接触の中で個別トレーニングを行なっている。だからこそ、アタランタ戦では結果が出せた。彼は本当に落ち着いていたし、ゴールもうまく決めていたよ」 2021.10.22 18:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ファン・デ・ベーク、アヤックス復帰なしもユナイテッド退団濃厚か

オランダ代表MFドニー・ファン・デ・ベーク(24)は来年1月にマンチェスター・ユナイテッドを離れる可能性が高いようだ。 2020年夏にアヤックスから加入したファン・デ・ベーク。今季で2年目になるが、常時の出場とはならなかった加入初年度の状況と大きく変わっていない。 そんな今季はここまで公式戦12試合でメンバー入りしているが、3試合の出番のみ。先発もわずか2回しかなく、プレミアリーグに限れば、いまだない。 この現状を受けて、長らく去就が騒がれるが、移籍市場に精通するファブリツィオ・ロマーノ氏も来年1月にそれが実現する可能性が高いと主張した。 また、同選手を巡っては古巣アヤックスでの再起も一部で噂されたが、クラブ間にその動きはない様子。すべての当事者がフェイクだとみなしているという。 2021.10.22 15:30 Fri
twitterfacebook
thumb

ブルーノ「僕らは毎日、スールシャールをフォローしている。これからもそう」

マンチェスター・ユナイテッドのポルトガル代表MFブルーノ・フェルナンデスがオーレ・グンナー・スールシャール監督を支持した。 2018年末からユナイテッドを率いるスールシャール監督。今年7月に2024年までの契約を結び、迎える今季は復帰のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドら今夏補強でクラブから手厚いバックアップを受けてのシーズンとなり、現体制初のタイトルにより期待がかかる。 だが、今季も手腕が相変わらず、心許ない。ドラマチックに勝つ試合も多々あるが、逆に躓きもしばしば。16日に行われたプレミアリーグ第8節のレスター戦で喫した直近の公式戦8試合で4敗目となる敗北を受け、改めてユナイテッド指揮官としての資質が問われ始めている。 だが、2020年冬にスポルティング・リスボンから加入から攻撃の全権を握るB・フェルナンデスによれば、選手と監督は今も固い信頼関係にある様子。アルゼンチン『TNT Sports』で監督への忠誠を問われると、「もちろん、彼は僕らの監督なんだからね」と返してみせた。 「僕らは毎日、彼のことをフォローしている。それを示してもいる。彼の考えにも従っているし、これからもそうしていく」 「僕らは監督やスタッフのことを信じている。監督の言う通りにしないとダメ。監督は僕らが尊重すべき最大の主導者だからだ」 「彼はここに3年いて、良い仕事をやってきた。今まで何も勝ち獲れていないのは事実だけど、チームは大きな成長を示している」 「僕らはまだまだ改善すべき点があって、監督もコーチ陣で改善すべき部分があるのを知っているが、それもフットボールの一部さ」 2021.10.22 13:05 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly