ケガ、盟友の移籍…バルサ加入後良いことなしのアグエロが劇的イメチェンもファンの反応はイマイチ

2021.09.23 11:43 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
今夏マンチェスター・シティからバルセロナへと加入したアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、驚きのイメチェンを敢行した。

フリートランスファーでバルセロナへと加入し、アトレティコ・マドリーに在籍していた2011年以来10年ぶりにラ・リーガの舞台へと戻ってきたアグエロ。しかし、ケガの影響もあり、まだバルセロナの選手としてプレーしていない。

また、盟友であるリオネル・メッシとの共演も期待されていた中、クラブが莫大な負債を抱えていたこともあり、ラ・リーガの規制に引っかかった結果、退団することに。一緒にピッチに立つことはなく、メッシはパリ・サンジェルマン(PSG)へと移籍してしまっていた。

バルセロナ移籍後、ここまで良いことがないアグエロだが、心機一転を図るためにイメージチェンジを敢行。なんと髪を全て剃り落とし、丸坊主姿になったのだ。

自身のインスタグラムでは「何が起きた」とし、坊主姿を投稿。バルセロナもこれに乗っかり、アグエロのビフォー・アフターの写真をSNSに投稿した。

これにはファンも当然反応。しかし、評判はあまり芳しくなく、「マスチェラーノじゃねーか」「まるでマスチェラーノ」「どうした?」と坊主姿にツッコミが相次ぎ、泣いている絵文字を投稿するファンが多く見られた。

チームとしても苦しい状況が続き、去就に関して騒がしくなってきたロナルド・クーマン監督はついに会見での質疑応答を拒否するという事態に。アグエロの復帰でチームに何かが変わることをファンも待ちわびていることだろう。



1 2
関連ニュース
thumb

【ラ・リーガ第9節プレビュー】クラシコ控えるバルセロナが難敵と激突! マドリード2強は南米予選影響で延期

インターナショナルマッチウィーク前に行われた前節は、バルセロナとの強豪対決に完勝したアトレティコ・マドリーが上位で唯一の勝ち組に。一方、レアル・マドリーとセビージャはいずれも格下相手に今季リーグ初黒星を喫し、優勝争いは混沌の様相を見せている。 代表戦明け一発目となる第9節は、3試合を開催したカタール・ワールドカップ(W杯)南米予選の影響により、グラナダvsアトレティコ・マドリー、レアル・マドリーvsアスレティック・ビルバオのマドリード2強絡みの2カードが開催延期となっている。 そういった中、最注目カードは次節にレアル・マドリーとの今季最初のエル・クラシコを控える9位のバルセロナ(勝ち点12)が、8位のバレンシア(勝ち点12)を迎え撃つ名門対決だ。 バルセロナは前節、敵地ワンダ・メトロポリターノで昨季王者アトレティコと対戦。FWルイス・スアレスの恩返しゴールを含め、0-2のスコア以上の差を見せつけられ、痛恨の公式戦2連敗となった。この中断期間にクーマン監督の更迭濃厚と見られていたが、違約金の支払いや後任探しの問題もあり、ラポルタ会長の宣言通り、ひとまず続投が決定している。 ただ、直近の無残な連敗もあり、クーマン監督の求心力はさらに低下しており、チームとしての自信低下も気がかりな状況の中、指揮官の古巣である難敵バレンシアとの名門対決に臨む。その対戦相手は2連敗から2戦連続ドローと4試合勝ちから見放されているが、強度の高い守備とカウンターを得意とするチームスタイルは、現在のバルセロナにとって最も不得手なタイプと言えるはずだ。 難敵撃破に向けては自慢のカンテラーノの躍動に期待。17歳でスペイン代表デビューを飾り、イタリア代表とフランス代表相手に堂々たるパフォーマンスを披露した売り出し中のMFガビ、試運転を終えてスタメン復帰が見込まれる新10番のFWアンス・ファティが屈強な相手守備陣攻略の糸口となれるか。また、同試合ではすでに実戦復帰したFWアグエロのデビューにも注目が集まるところだ。 マドリードの2強と勝ち点17で並ぶ3位のレアル・ソシエダは、MF久保建英を擁する12位のマジョルカ(勝ち点11)と対戦。前節は最下位のヘタフェに今季初勝ち点を献上する痛恨のドローとなったものの、目下5勝2分けの7戦無敗と好調を維持。また、エースのFWオヤルサバルに欠場の可能性があるものの、FWイサクは今回の代表ウィークでも活躍を見せている。 一方、対戦相手のマジョルカでは東京オリンピック以来のオヤルサバル、MFメリノらとの再戦が期待された久保だが、ヒザのケガによって引き続き欠場が確定。ただ、チームは前節のレバンテ戦で5試合ぶりの白星を挙げており、良い形で上位相手の一戦に臨めるはずだ。 また、1試合未消化ながら首位と3ポイント差の4位に位置するセビージャ(勝ち点14)は、16位のセルタ(勝ち点7)を相手に今季初黒星からのバウンスバックを図る。前節のグラナダ戦では試合内容自体はそこまで悪くなかったものの、攻撃の部分で最後の精度、連携の質を欠いており、その部分の改善が重要なテーマだ。中断期間を通じて連携面を深めたMFラメラ、FWラファ・ミルら新戦力の活躍が期待されるところだ。 その他では前節の結果を受け、今季リーグ初の指揮官交代に踏み切った18位のレバンテ(勝ち点4)と、最下位のヘタフェ(勝ち点1)の新指揮官対決に注目したい。 レバンテは内部昇格の形で2018年から指揮を執ったパコ・ロペス監督を解任し、過去にアラベスや中国の複数クラブを率いたハビエル・ペレイラ監督を招へい。 対するヘタフェは今季から就任したミチェル監督を解任し、バレンシアやアトレティコ、エスパニョール、ワトフォードの指揮官を歴任し、過去に2度チームを率いた経験を持つキケ・サンチェス・フローレスを再招へい。 今季開幕から白星のない2チームの内、新指揮官の下で初白星を飾るのはどちらのチームとなるか…。 《ラ・リーガ第9節》 ▽10/16(土) 《25:30》 レバンテ vs ヘタフェ 《28:00》 レアル・ソシエダ vs マジョルカ ▽10/17(日) 《21:00》 ラージョ vs エルチェ 《23:15》 セルタ vs セビージャ 《25:30》 ビジャレアル vs オサスナ 《28:00》 バルセロナ vs バレンシア ▽10/18(月) 《26:00》 アラベス vs ベティス 《28:00》 エスパニョール vs カディス ▽未定 グラナダ vs アトレティコ・マドリー レアル・マドリー vs アスレティック・ビルバオ 2021.10.16 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

元ユナイテッドのエブラ氏がバロンドールに意見「メッシ有利の風潮にうんざり」

元フランス代表のパトリス・エブラ氏が、バロンドールに物申している。『EUROSPORT』がコメントを伝えている。 今月8日に明らかとなった2021年度のバロンドール候補者30名。チャンピオンズリーグ覇者のチェルシーや、その決勝で火花を散らしたマンチェスター・シティからは、それぞれ最多となる5選手がノミネート。また、ここ10年以上同賞を総ナメにしてきたFWリオネル・メッシとFWクリスティアーノ・ロナウドももちろん候補者入りしている。 2009年の初受賞から最多6度のバロンドーラーに輝いているメッシは今年も有力候補の一人となっているが、エブラ氏はメッシ有利の風潮のうんざりしている模様。コパ・アメリカ制覇については称賛しているものの、クラブでは何も勝ち取っていないと、納得いかないという反応を示した。 「彼は昨シーズン何を勝ち取った? コパ・アメリカは素晴らしい。しかし、バルセロナで何かしたのか?」 「私の意見では、今年のバロンドールはエンゴロ・カンテかジョルジーニョのためのものだ。メッシに与えやすいような流れにはうんざりしているよ」 ◆2021年度バロンドール候補30名 メイソン・マウント(チェルシー/イングランド) エンゴロ・カンテ(チェルシー/フランス) セサール・アスピリクエタ(チェルシー/スペイン) ジョルジーニョ(チェルシー/イタリア) ロメル・ルカク(インテル→チェルシー/ベルギー) クリスティアーノ・ロナウド(ユベントス→マンチェスターユナイテッド/ポルトガル) ブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド/ポルトガル) リヤド・マフレズ(マンチェスター・シティ/アルジェリア) ラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ/イングランド) ルベン・ディアス(マンチェスター・シティ/ポルトガル) ケビン・デ・ブライネ(マンチェスター・シティ/ベルギー) フィル・フォーデン(マンチェスター・シティ/イングランド) モハメド・サラー(リバプール/エジプト) ハリー・ケイン(トッテナム/イングランド) カリム・ベンゼマ(レアル・マドリー/フランス) ルカ・モドリッチ(レアル・マドリー/クロアチア) ペドリ(バルセロナ/スペイン) ルイス・スアレス(アトレティコ・マドリー/ウルグアイ) ジェラール・モレノ(ビジャレアル/スペイン) ニコロ・バレッラ(インテル/イタリア) ラウタロ・マルティネス(インテル/アルゼンチン) レオナルド・ボヌッチ(ユベントス/イタリア) ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス/イタリア) シモン・ケアー(ミラン/デンマーク) ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン/ポーランド) アーリング・ハーランド(ドルトムント/ノルウェー) リオネル・メッシ(バルセロナ→PSG/アルゼンチン) ネイマール(PSG/ブラジル) キリアン・ムバッペ(PSG/フランス) ジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン→PSG/イタリア) 2021.10.16 14:25 Sat
twitterfacebook
thumb

サンパウロ退団のダニエウ・アウベス、バルサ復帰希望か

ブラジル代表DFダニエウ・アウベス(38)がバルセロナへの復帰を希望しているようだ。スペイン『アス』が伝えている。 先月16日にサンパウロとの契約解除が発表されたダニエウ・アウベス。2022年12月まで契約を残していたものの、未払いとなっていた給与問題をクラブ側が解決できず、最終的に契約解除となった。 新天地に関しては、フルミネンセなどブラジル国内の3クラブに加え、海外の2クラブから関心を示されていたようだが、本人の意思により今年いっぱいはプレーしないこととなっている。 そんな中、スペインのテレビチャンネル『Esport3』が放映する番組『Onze』によれば、ダニエウ・アウベスは2008年から8年間に渡って所属していたバルセロナへの復帰を希望しているとのこと。バルセロナが巨額の負債を抱えていることから、低額な年俸提示も受け入れる用意もあるという。 また、『Onze』によると、ダニエウ・アウベスはバルセロナからオファーが無い限り、それ以外のオファーを全て保留にするようにと代理人に伝えている模様。古巣復帰への意思は固いと見られている。 バルセロナは今季、ラ・リーガ第8節終了時点で9位に位置しており、チャンピオンズリーグ(CL)でも開幕から2連敗と低迷。数々のトロフィーを獲得してきた38歳の大ベテランの復帰が叶えば、チームの救世主として大きな期待が集まるだろう。 2021.10.16 14:21 Sat
twitterfacebook
thumb

バルサと契約延長のペドリ、1300億円の解除金には「クラブが僕に賭けているということ」

バルセロナとの契約延長を果たしたスペイン代表MFペドリ(18)が、契約延長などについて語った。 ペドリは14日、バルセロナと2026年6月30日までの契約延長を発表。契約解除金は驚愕の10億ユーロ(約1316億円)に設定されていた。 15日、正式に契約にサインし、会見に登場したペドリは、今回の契約延長についてコメント。バルセロナに忠誠を誓いたいとした。 「僕は長い間、ここにいることを望んでいる。難しい時期だけど、世界で最高のクラブであり、立ち上がって素晴らしいことを成し遂げることができるだろう」 「僕は世界最奥のクラブにいる。毎年全てを勝ち取ることを目指している」 また、自身の故郷でありかつて所属したラス・パルマスについて言及。彼らの存在があって今があると感謝の気持ちを述べた。 「困難な状況を経験しているラス・パルマス島の友人たちへ」 「会長とクラブに感謝します。これからもずっと楽しみにしています」 「どの瞬間を選べば良いのか分からない。彼らは僕をサッカー選手として向上させてくれ、成長させてくれた。これからも多くの夢を実現したいと思う」 「全てがとても迅速に行われたのは事実だけど、母、父、弟の3人のおかげで、僕は地に足をつけてアドバイスをもらえている。全てに感謝する」 バルセロナでの1年目だった昨シーズンから主力に定着したペドリ。17歳でレギュラーとなり、チームを司るポジションで大きな活躍を見せた。 1年目ではコパ・デル・レイのタイトルを獲得したが、多くのタイトルを今後も獲得したいと意気込んだ。 「バルサではタイトル獲得を夢見ることができるけど、このクラブは世界でも最大であり、コパ・デル・レイで優勝したとき、僕は多くの幸せを感じた。言葉では言い表せない」 また、ペドリはその活躍もあり、ゴールデン・ボーイ賞の候補20名にノミネート。10月にスペイン代表で最年少デビューを果たしたMFガビもノミネートされていることにも言及した。 「これは今シーズンのパフォーマンスに対する賞であり、ガビがそこにいるということは、才能ある若者をたくさん抱えるバルサの誇りでり、素晴らしいことが成し遂げられると思っている」 さらにバロンドールの候補にも入っているペドリは、昨シーズン一緒に戦ったアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)に言及し、彼に与えたいと謙遜した。 「僕は決めることはないけど、レオが僕を助けてくれた全てのために、レオに捧げたい。彼は世界一だ」 今回の契約延長で大きな話題となったのが契約解除金。10億ユーロという破格の金額について、プレッシャーではないとし、チームの期待を背負い、重要なシーズンを戦いたいと語った。 「それはクラブが僕に賭けているということだろう。僕は本当にこのクラブに素晴らしいものを与えたいし、僕は条項よりも重要なシーズンとプロジェクトを好む」 「フィールドに入るとき、僕は責任を脇に置いておく。僕は復帰することを楽しみにしているし、彼らが僕に与えてくれた自信を示したい」 また、ケガからの復帰については「僕は戻る期限を設定していない。うまく回復する必要がある」とコメント。プレーし過ぎとの見解には「昨シーズンとは何も関係がない。僕が多くの試合をしたのは事実だけど、いつでもケガはする可能性がある。少し運が悪かっただけだ」と、疲労が溜まっていたなどということではないと主張した。 <span class="paragraph-title">【動画】ペドリがバルセロナとの契約延長にサインした瞬間!</span> <span data-other-div="movie"></span> <div class="dugout-video dugout-embed-eyJrZXkiOiJrQVdneXRlQSIsInAiOiJ1bHRyYXNvY2NlciIsInBsIjoiIn0="></div><script type="text/javascript" src="https://embed.dugout.com/v3.1/ultrasoccer.js"></script> 2021.10.15 22:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ゴールデンボーイ賞最終候補20名が発表! ガビ、ロドリゴ、ダニエル・マルディーニが新たにノミネート

2021年ゴールデンボーイ賞の候補者が20名に絞られた。 イタリア『トゥットスポルト』が主催するゴールデンボーイ賞は2003年から始まり、今回で19回目。2001年1月1日以降生まれの欧州でプレーする21歳以下の選手を対象とし、6月に発表された候補者100名から毎月の投票で20名ずつ落とされていく。 そして15日、最終候補者となる20名が発表された。バルセロナのスペイン代表MFペドリやドルトムントのイングランド代表MFジュード・ベリンガム、バイエルンのドイツ代表MFジャマル・ミュージアラ、レアル・マドリーのフランス代表MFエドゥアルド・カマヴィンガら、若くして第一線で活躍する選手たちが勝ち残っている。 また、前回の40名には選ばれなかったものの、今回新たにバルセロナのスペイン代表MFガビ、レアル・マドリーのブラジル代表FWロドリゴ、ミランのイタリア人FWダニエル・マルディーニの3選手がノミネートされている。 なお、ニュースターは12月13日にトリノで発表予定だ。 ◆最終候補者一覧 DFウィリアム・サリバ(マルセイユ) DFユリエン・ティンバー(アヤックス) DFヌーノ・メンデス(パリ・サンジェルマン) MFジュード・ベリンガム(ドルトムント) MFエドゥアルド・カマヴィンガ(レアル・マドリー) MFチャールズ・デ・ケテラエル(クラブ・ブルージュ) MFガビ(バルセロナ) MFブライアン・ヒル(トッテナム) MFライアン・グラフェンベルフ(アヤックス) MFジャマル・ミュージアラ(バイエルン) MFフロリアン・ヴィルツ(レバークーゼン) MFペドリ(バルセロナ) FWカリム・アデイェミ(ザルツブルク) FWロベルト・ピッコリ(アタランタ) FWジェレミ・ピノ(ビジャレアル) FWジョバンニ・レイナ(ドルトムント) FWロドリゴ(レアル・マドリー) FWブカヨ・サカ(アーセナル) FWメイソン・グリーンウッド(マンチェスター・ユナイテッド) FWダニエル・マルディーニ(ミラン) 2021.10.15 22:00 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly