2ゴールの南野拓実をクロップ監督が称賛「頭の良い選手」、「今夜の試合を楽しんでいた」

2021.09.22 07:18 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リバプールのユルゲン・クロップ監督が、2ゴールの活躍を見せた日本代表MF南野拓実について語った。クラブ公式サイトが伝えた。

21日、リバプールはEFLカップ(カラバオカップ)3回戦でノリッジと対戦。南野は今季初出場を果たした。

その南野は4分、左CKからディヴォク・オリジがヘディングで落としたボールを素早く反転シュート。見事に抑えたボールが狭いコースを抜けて決まり、リバプールが幸先良く先制する。

50分にはそのオリジがヘディングで追加点を奪うと、80分には南野が追加点。ボックス内右でパスを受けると、そのまま縦にドリブルを仕掛け、相手DFの対応をかわしてシュートを流し込んだ。

先発起用に応え、2ゴールと結果を残した南野に対してクロップ監督が試合後にコメント。2つのゴールを決めたパフォーマンスを評価した。

「彼は今とても良い状態にある。あまりプレーしていなかったことは知っているが、悪い時にはケガをし、復帰して来てこうなった」

「時々、簡単なことではないが、彼はトップクラスの特徴を見せ、今夜の試合を楽しんでいた」

「それは彼にとっても我々にとっても重要なことだ。これが彼の助けにもなり、我々の助けにもなる」

また、ここまで起用できなかった理由はケガやコンディションだったとし、2つのゴールを称賛した。

「彼にフラストレーションが溜まっていたかどうかは分からない。選手はプレーしたいと思っているのは当然で、それがあまり起きなかったことをも事実だ」

「彼は代表チームで活動し、そこでケガをし、戻って来てすぐに体調を崩し、復帰のためにコンディションを整えた。今では、16週間プレーしなかったということではなく、ケガをしてからの時間が問題だ」

「他の選手もケガをして、復帰するには時間が必要だが、タキ(南野の愛称)は良い状態にあり、とてもよくトレーニングしており、2つのゴールに値する」

「最初のゴールは本当に意識が高く、頭の回転も早く、良いフィニッシュだった。2つ目は、実際には100%見えていたわけではないが、短く小さなスペースでのボックス内での加速は本当に良かった」

「彼はプレシーズンで本当に良い状態だった。そしてスタートしたが、ケガをした。今シーズンの残りがこれから始まる。誰も心配はいらない。タキは大丈夫だ」

その南野は、前半は3トップの一角でプレーしたものの、後半には中盤のインサイドで起用した点についても説明した。

「今日はタキがとてもタフに見えたので、中盤の選手としてプレーする彼を望んだ。ハーフスペースを十分に使えていなかったので、彼をそこに置いた」

「左ウイングにもう少し自由なオックスレイドを置きたかった。それが理由で、彼をゲームに繋いでおくためだった」

「タキは頭の良い選手で、色々なポジションでプレーできるのが理由だ」



1 2
関連ニュース
thumb

リバプールとの契約交渉が難航中のサラー、残留約束せずも改めてクラブ愛を強調「キャリアの最後までここにいたい」

リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーが、クラブへの愛着について語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 サラーは2017年夏にローマからリバプールへ加入して以降、エースとして君臨。これまで公式戦214試合出場137ゴール51アシストの記録を残し、プレミアリーグやチャンピオンズリーグ(CL)優勝に大きく貢献した。 今シーズンも開幕から絶好調のサラーは公式戦11試合で12ゴール4アシストをマークしており、現在はクラブ記録となる公式戦9試合連続ゴール中とまさに圧巻のパフォーマンスを見せ続けている。 そんなサラーとリバプールの契約は2023年夏までとなっており、クラブは契約延長に向けて取り組んでいるが、プレミアリーグでもトップクラスの待遇を望むサラーと現在の給与バランスを崩したくないリバプールの間では依然として大きな進展はない。 こうした状況のなかで『スカイ・スポーツ』のインタビューに応じたサラーは、リバプールへの愛を強調しながらも契約延長が実現するかはクラブの決断次第だと強調。別のクラブの選手としてリバプールと対戦する事態は避けたいとしつつ、その可能性は否定しなかった。 「僕としては、自分のサッカー人生の最後の日までリバプールにいたいと思っているよ。でも契約について、僕から言えることはない。自分の手には負えないからね。これは僕ではなく、クラブが何を望んでいるかにかかっているんだ」 「今のところ、自分がリバプールと対戦する状況は考えられない。僕にとって悲しいことになるだろうからね。もちろん、今のところはリバプールと対戦する予定はないけれど、今後どうなっていくかを見守りたい」 また、サラーは自身についてユルゲン・クロップ監督が「世界最高の選手だ」と発言したことにも言及。評価を喜びつつ、世界のトップに立つことは常に自分の目標だと語っている。 「僕にとって素晴らしい言葉ではあるけど、それは常に様々な意見があると思う。自分が世界最高の選手だとは言えないよ。そう思う人もいれば、そうでない人もいるからね」 「僕は今の自分のパフォーマンスに満足しているけど、そこにも常に意見はあるだろう。もちろん、世界最高の選手になるというのは常に僕にとっての野心だ。そこに嘘をつく必要はない。それが僕を駆り立て、一生懸命働き、最高の自分になろうとする原動力になっているのだから」 「自分の頭の中では、最高のプレーヤーは常に僕だ。そのことについて、自信を持つようにしている。これに賛同してくれる人がいても、そうでない人がいても、問題はないさ」 2021.10.23 13:50 Sat
twitterfacebook
thumb

CL3連勝のリバプール、ロバートソンは「次の試合でのグループステージ突破」と意気込み

リバプールのスコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソンが、ここまでのチャンピオンズリーグ(CL)での成績に満足感を示した。クラブ公式サイトが伝えている。 リバプールは19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループB第3節のアトレティコ・マドリー戦で、点の取り合いを制して3-2のスコアで勝利。これでグループステージ3連勝となり、次節にも決勝トーナメント進出が決定する状況となっている。 クラブ公式サイトのインタビューを受けたロバートソンは、ここまでの結果に満足している様子。そのうえで、できる限り早く決勝トーナメント進出を決めたいと意気込みを示した。 「次の試合でグループステージ突破が可能なのであれば、もちろんそうしたいね。残り2試合、もしくは1試合を残した状態で突破が実現すれば、いつもより状況は簡単になる。今のチームの目標はもちろん決勝トーナメント進出と、できればグループ首位での通過だ」 「3試合で9ポイントは素晴らしいスタートになった。アトレティコがホームで負けることはあまりないと僕たちは知っている。だから、僕らがポイントを獲得したという事実こそがもっとも重要だ。見栄えの悪い勝利ではあったけど、時にはそれが良い結果になる」 「9ポイントを得られる3試合で、それを達成できたのは重要だ。2週間後にはアンフィールドでのアトレティコ戦となるけど、僕たちは今回より良いプレーをする必要があり、臨機応変な対応をしなければならない。そしてそれが僕らの勝利につながって欲しいね」 また、ロバートソンは試合の中身にも触れ、前半のうちに2点差を埋めたアトレティコを称賛。一方で、後半から試合を修正し、10人となった相手に勝利を収めたチームを称え、勝利に値する内容だったと振り返った。 「あの試合は彼らがいかに優れていたか、僕らがどれほど困難な状況に追い込まれたかを示している。僕たちは夢のようなスタートを切ったから多くの人から簡単な夜になると思われたが、そうならないことはわかっていた」 「最初の20分で機能していなくても、彼らが良くなるのは予想できた。用意していたゲームプランを実行し始めることもわかっていたよ。彼らは僕らの顔を見て、セカンドボールを回収し、観客を盛り上げ始めた」 「僕たちはここでしっかりとした姿勢を保たなければならなかった。今回のような失点は許されないが、ハーフタイムにリセットして、最初の20分間を再現することが重要だったんだ。後半は落ち着き、ボールをうまく使ってチャンスを作れていたね。最終的には、勝ち点3に値したと思う」 2021.10.22 18:10 Fri
twitterfacebook
thumb

リベンジされてしまった…/原ゆみこのマドリッド

「この激戦の後、中2日は可哀そうかも」そんな風に私が驚いていたのは水曜日、マドリッド勢のCL戦が同日開催で火曜に終わったのもあって、アルコルコンとレガネスの2部弟分ダービーを現地観戦した後のことでした。いやあ、平日の夜9時キックオフという時間が悪かったのか、ずっと最下位なのにファンが失望したのか、試合1時間前に私がサント・ドミンゴに着いた時は周辺にほとんど人影がなく、もしや日付を間違えたのかと心配したもんですけどね。両チームのアップ中もスタンドはガラガラで、まさかスペイン中のスタジアムがキャパ100%の入場を許可されたのを無視して、ここだけ無観客試合を続けているのかと思ったぐらいですが、それは大丈夫。 始まる頃には車で15分程のお隣の街、レガネスからも応援団が到着して、ホームチームのファンも300~400人はいたようですが、柴崎岳選手も先発したこの試合、開始3分にはドゥクレの犯したペナルティから、ファン・エルナンデスがPKゴールを決め、アルコルコンが先制。23分にはフェデ・ビコのスルーパスから、バルセナスが同点ゴールを挙げ、すぐにレガネスも追いついたんですが、更にそれぞれ、ファンマ、ハビ・エルナンデセスが追加点と、2-2でハーフタイムに入るという乱戦模様に。後半18分にはバルセナスのクロスをアルナイスがヘッドして、とうとうレガネスが逆転したものの、30分、エリア外からフライレにgolazo(ゴラソ/スーパーゴール)を決められて、最後は3-3の引分けで終わってしまいましたっけ。 返す返すも後半41分に柴崎選手のクロスをゴール前、アトレティコのカンテラーノ(Bチーム出身の選手)、今季はレガネスでレンタル修行中のボルハ・ガルセスがヘッドしながら、GKダニ・ヒメネスに止められたのが悔やまれますが、弟分同士で潰し合うのも不毛ですからね。ただ辛いのは、ヨーロッパの大会週にミッドウィークリーガを当てがわれた2部はすぐに週末の試合が来て、降格圏ギリギリ19位で上2チームと同じ勝ち点のレガネスは土曜午後9時から、ブタルケでテネリフェ戦をプレーしないといけないんですよ。アルコルコンも最下位のままで、まあ、次戦のラル・パルマス戦が日曜なことだけがちょっと救いですが、どこのチームもだんだんケガ人が増えてきた昨今、試合が立て続けにあるのはアシエル・ガリターノ監督も、アンケーラ監督を引き継ぎ、Bチームから昇格したホルヘ・ロメロ監督もやりくりが大変ですよね。 え、それよりワンダ・メトロポリターノでのCLリバプール戦がどうだったかの方が気になるって?そうですね、こちらはアルコルコンとは真逆で、うーん、前日記者会見でシメオネ監督が「前回の対戦ではキックオフ前からファンが伝えてきたエネルギーで、ウチは勝ち始めていた」とアジッたせいもあったんですけどね。もしやと私も1時間15分前にはスタジアムの駅に着いていたんですが、ちょっと遅かったようで、その時はもう、チームバスを迎えるため、沿道に集結したファンが焚いた大量のbengala(ベンガラ/発煙筒)の煙の匂いが残るばかり。 どうやらコロナ大流行中だった昨季とは違い、ロッカールームに長くいてもいいせいか、チームはまた1時間半前にスタジアム入りするようになったみたいですが、すでに違いは行きのメトロの中でもくっきりと。そう、リバプールを応援にやって来た3000人以上のイギリス人ファンで車内が賑わっていたせいですが、最初のサプライズと言えば、スタメンにエースのルイス・スアレスがいなかったことの方でしょうか。といっても開始7分、サラーのシュートがミルナーに当たり、早々に先制点を奪われてしまったのは、別にグリーズマンとジョアン・フェリックスのツートップだったせいではなし。シメオネ監督も後で「Salah vino para dentro 12 o 15 metros y nadie salió a taparle/サラー・ビノ・パラ・デントロ・オンセ・オ・キンセ・メトロス・イ・ナディエ・サリオ・ア・タパールレ(サラーが内方向に12、15メートルも来て、それを誰も止めなかった)」と言っていた通り、カラスコ、レマル、コケが傍観してしまったからなんですけどね。 更に守備ミスは13分にも発生し、今度はフェリペがエリア前にいたケイタの正面にボールをクリア、volea(ボレア/ボレーシュート)でGKオブラクを破られてしまったとなると事態は深刻で、もちろんスタンドの多数派だったアトレティコファンはますます、声援の音量を高めたんですけどね。その窮地を打開してくれるのが、バルサから出戻りして、ワンダで復帰ゴールをまだ挙げていなかったグリーズマンになるとは一体、誰が予想した?まずは20分、CKから始まったプレーでレマルがエリア内左奥から戻したボールをコケが反対側からシュート。ゴール前には人が密集していたものの、グリーズマンが流し込んで、1点を返したかと思うと、GKアリソンとの1対1を失敗した後の33分、ジョアンのスルーパスを受け、2点目を挙げてくれるんですから、1期目のアトレティコでエースを張っていたのは決してダテではありませんって。 おかげで後半を2-2の同点で迎えることができたんですが、うーん、早くファンの支持を取り戻したいグリーズマンの熱意が過ぎたんでしょうかね。守備にも積極的に参加していた彼は再開早々の3分、ハイボールをクリアしようとして高く上げた足でフィルミーノの頭を蹴ってしまったから、さあ大変!すぐさま審判がレッドカードを提示して、いえ、クロップ監督は「運は悪かったが、あれはレッド。ウチの選手の顔に足が当たったんだから」と言っていましたけどね。彼らと同グループのもう1試合、ポルトvsミラン戦ではイブラヒモビッチが似たようなファールをしながら、イエローカードで済んだという例があるため、かならずしも退場に値する訳ではないのが悔しいところ。 ただ、10人になったものの、それでもアトレティコが崩れることはなく、かなりいい戦いをしていたんですが、全ての努力が水泡に帰したのは30分。ええ、まさかエルモーソがエリア内に落ちてくるボールを見もせず、マネと代わって入っていたジオゴ・ジョタに体当たり、ペネルティを献上しているようではどうしたらいいんでしょう。PKはサラーがしっかり決め、リバプールがまた1点をリードした直後、シメオネ監督はもう10分近く、ライン際で交代を待っていた4人を一斉に投入。ええ、ジョアン、レマル、デ・パウル、エルモーソから、スアレル、コレア、マルコス・ジョレンテ、ロディにして、同点を目指したんですが、まさかその1分後、FKでヒメネスがジョタに倒され、アトレテシコにもPKがもらえるとは! でも、せっかくスアレスがボールを持ってPKマークのところで待っていたにも関わらず、VAR(ビデオ審判)に呼ばれてモニターを見に行った主審が気を変えてしまったんですよ。いや、まあ、フェリペなど、「エルモーソの時はいやに早かったのに、para el nuestro, miró, miró, miró, volvió, miró otra vez…/パラ・エル・ヌエストロ、ミロ、ミロ、ミロ、ボルビオ、ミロ・オトラ・ベス(ボクらのは見て見て見て、また見て…)。ちょっと不公平だ」と愚痴っていたんですけどね。そうは言ってもペナルティになるかどうかは運次第のところもあるため、その前に「皆で勝って、皆で負ける。No hay error de uno u otro/ノー・アイ・エロール・デ・ノ・ウ・オトロ(1人や誰かのミスではない)」(フェリペ)なんて開き直ってないで、エルモーソ同様、自身の2失点目のクリアミスを反省した方が良くなくない? 結局、ロスタイムにコレアが放ったシュートもゴールを大きく外れ、アトレティコは2-3で敗戦。それこそ、グリーズマンの失敗した1対1の他にもジョアン、レマル、カラスコがGKアリソンに弾かれていたため、全然、歯が立たなかった感はないんですけどね。試合後には審判が終了の笛を吹いた途端、いつもようにシメオネ監督が脱兎のごとく、ロッカールームへの階段を走り上がって行ってしまったため、挨拶をしようとしてすかされたクロップ監督が照れ隠しなのか、アトレティコのスタッフや控え選手らの手を1人ひとり握っていたなんてシーンも。 とりあえず、2年前のワンダでのリベンジを果たされてしまったアトレティコですが、まだ11月3日にはアンフィールドでの対戦が待っていますからね。イブラの退場はなかったものの、ミランがポルトに1-0で負けてしまったため、勝ち点4で並ばれてしまった彼らとしては次こそ、リバプールに勝って、グループ突破に近づきたいところですが、実は悪いニュースも。というのもその2020年のCL16強対決2ndレグ延長戦で2得点し、一気にゴールゲッターの素質を開花させたジョレンテがparon(パロン/リーガの停止期間)前のバルサ戦で負った右太もものケガを再発。全治1カ月となってしまったため、少なくとも1試合は出場停止が課されるグリーズマンと共にグループリーグ4節に出られないことですが、例年よりショック度が低いのはやはり、今季は前線が充実しているおかげでしょうか。 日曜午後9時(日本時間翌午前4時)からのレアル・ソシエダ戦にはスアレス、ジョアン、コレア、クーニャに加え、グリーズマンも出られますし、何より相手は木曜にオーストリアのグラーツでシュトルムとのEL戦をプレーしていますからね。そちらではオジャルサバルの負傷欠場も何のその、イサクのゴールで0-1と勝っているんですが、当然、遠征続きとなる疲れはあるかと。丁度、お隣さんがクラシコ(伝統の一戦)でガチンコ勝負をしている隙に、ワンダで勝ち点差3を稼ぎ、リーガ首位に並ぶのにいいチャンスかとも思えますが、2位グループにはレアル・マドリーの他にセビージャ、オサスナもいるため、しばらくこの熾烈なトップ争いは続きそうですね。 え、面倒だから、差し挟まなかったけど、ワンダのスタンドでは私もオンダ・マドリッド(ローカルラジオ)の2元中継のおかげで、マドリーのgoleada(ゴレアダ/ゴールラッシュ)を逐一、知ることができたんだろうって?その通りで、昨季はCLグループリーグで2敗していたシャフタール戦が同時進行していたんですが、こちらもまずはキエフのオリンピスキーでリベンジ第1部に成功。前半のうちは37分にルーカス・バスケスのクロスをベンゼマが受ける前にクリフトフがクリア、そのボールがオウンゴールになってしまっただけだったんですが、後半にはここ4試合、なりを潜めていたビニシウスが爆発したんですよ。6分にはベンゼマ、モドリッチと繋いだパスからチームの2点目を決めたかと思えば、11分には敵DF4人をかわしてまたゴール。19分にも今度は1つ年下のブラジル人の後輩、ロドリゴのゴールをアシストしているとなれば、やっぱり今季はビニシウス台頭の年となるのかも。 更にロスタイムにもベンゼマが1点を加えたマドリーは0-5という大勝を収めたんですが、昨季までのジダン監督もできなかった、ビニシウスの才能を引き出したアンチェロッティ監督にはただただ、感心するばかり。ええ、当人も「時々、シュートに失敗すると、監督は『Te voy a quitar, te voy a quitar/テ・ボイ・ア・キタール(お前を下げるぞ)』って、ピッチの外から言うんだ。ボクが集中力を保って、チームのためにゴールを挙げられるようにね」と言っていたんですが、それぐらいであんなに的を外してばかりだった選手が成長できる訳もなく、きっとバルデベバス(バラハス空港の近く)での練習で相当、しごかれたのでは? これでいよいよ、CLグループで同日、インテルに3-1と負け、そろそろメッキが剥げてきたモルドバのシェリフと同じ勝ち点6、2位となったマドリーは11月3日にサンティアゴ・ベルナベウで再び、シャフタールを下せば、かなり突破に近づくんですが、1日練習休みを置いて、木曜からのセッションではすでにクラシコが照準に。何せ、相手も水曜にはカンプ・ノウで同じオリンピスキーをホームとするディナモ・キエフにピケのゴールで勝ったとはいえ、1-0であんまり見栄えのしないプレーぶりだったらしいですからね。更にメンディが復帰し、左SBの心配がなくなったマドリーとは対照的に、あちらはジョルディ・アルバが右足首をネンザ。 一応、木曜にはペドリに続き、同じ18才のアンス・ファティとクラブ史上最高額の契約破棄金10億ユーロ(約1330億円)で延長契約を結び、クラシコ前の雰囲気を盛り上げていましたが、直前の試合でゴール祭りとなったマドリーではアザールやカルバハルも復帰できる可能性もありますしね。とはいえ、クラシコは予想できないことが起きる試合でもあるため、日曜午後4時15分(日本時間午後11時15分)からのカンプ・ノウでの一戦はどちらのファンも見逃せません。 そしてマドリッド1部の弟分チームたちは今週末、ラージョが日曜にベニト・ビジャマリンでベティス戦。木曜にホームでのELレバークーゼン戦に1-1と引分けたばかりの相手はリーガでも勝ち点15の8位と、勝ち点16で6位のイラオラ監督のチームにとって、現時点での好敵手になりますが、ミッドウィークに試合がない方がこういう時は有利かも。前節のエルチェ戦には出場機会がなかったファルカオもコロンビア代表戦の疲れが取れ、今度は体調万全のはずですからね。来週のミッドウィーク節にバルサをエスタディオ・バジェカスに迎える前にここは勝っておいてほしいかと。 一方、いまだに勝ち点が2しかないヘタフェは月曜試合で、キケ・サンチェス・フローレス監督が3度目のコリセウム・アルフォンソ・ペレスデビュー。前節、引き分けに終わったレバンテ戦から中8日もあったんですが、どうやらヤンクト、ビトロ、マタは間に合わないようです。ただ、そうこうするうち、どんどんリーガは進んで行きますし、15位のセルタだって、完全な状態で来る訳じゃありませんしね。まだ上との距離が近いうちにヘタフェなり、アルコンコンなり、マドリッド勢から最下位がいなくなってくれるのが一番ですが、それにはやっぱり、ホームサポーターの応援が欠かせませんよね。 <hr>【マドリッド通信員】 原ゆみこ 南米旅行に行きたくてスペイン語を始めたが、語学留学以来スペインにはまって渡西を繰り返す。遊学4回目ながらサッカーに目覚めたのは2002年のW杯からという新米ファン。ワイン、生ハム、チーズが大好きで近所のタパス・バルの常連。今はスペイン人親父とバルでレアル・マドリーを応援している。 2021.10.22 17:00 Fri
twitterfacebook
thumb

ニューバランスがマネのプレミア通算100ゴールを記念したカスタムスパイクを発表!

ニューバランスが、セネガル代表FWサディオ・マネのプレミアリーグ通算100ゴールを記念したスパイクを発表した。 2016年にサウサンプトンからリバプールに加入したマネは、16日に行われたプレミアリーグ第8節のワトフォード戦でゴールを決め、サウサンプトン時代の21ゴールと合わせて、プレミアリーグ通算100ゴールを達成。元コートジボワール代表FWのディディエ・ドログバ氏と同僚のエジプト代表FWモハメド・サラーに続いてアフリカ人選手として史上3人目の達成者となった。 ニューバランスのスパイク『FURON V6』を履いているマネだが、今回発表された『FURON V6』には特別なデザインが採用されている。 『FURON V6』モデルのソールプレート全体にゴールドのディテールが施され、かかとにはマネの意見を取り入れてデザインした特別なエンブレムが配され、印象的なライオンのグラフィックが描かれているほか、「100ゴール」というテキストも刻まれている。 このライオンのグラフィックは、過去にニューバランスがマネのカスタムスパイクを制作した際にも描かれていた。 <span class="paragraph-title">【写真】白×金でカッコいい!マネのPL100ゴールを記念したカスタムスパイク</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr"><a href="https://twitter.com/NBFootball?ref_src=twsrc%5Etfw">@NBFootball</a> move fast <br><br>After Sadio Mane scored his 100th Premier League goal at the weekend, New Balance dropped a updated pair of the Liverpool player&#39;s Furon v6+ boots <a href="https://t.co/1Qh83Lpje8">pic.twitter.com/1Qh83Lpje8</a></p>&mdash; Football Shirt Collective (@thefootballsc) <a href="https://twitter.com/thefootballsc/status/1450119497667465224?ref_src=twsrc%5Etfw">October 18, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.22 11:35 Fri
twitterfacebook
thumb

アメリカの逸材FWに欧州から熱視線! ヴォルフスブルクが有力候補か?

メジャーリーグサッカー(MLS)のFCダラスに所属するアメリカ代表FWリカルド・ペピ(18)にヨーロッパのクラブから熱視線が注がれているようだ。アメリカ『CBS Sports』が報じている。 メキシコ人の両親の下、アメリカのテキサスで生まれ育ったペピは185cmのセンターフォワード。ダラスのアカデミー時代にゴールを量産した生粋のストライカーは、2019年にリザーブチームにあたるノース・テキサスSCにレンタル移籍すると、USLリーグ1(アメリカ3部)でプロデビューを飾り、デビューシーズンに12試合9ゴールの活躍を披露した。 その後、ダラスに復帰してMLSを主戦場に戦うと、今シーズンはここまで27試合13ゴールの見事な数字を残しており、18歳ながら得点王争いに絡む見事なパフォーマンスを見せている。 そして、ここでの活躍が評価され、先月にはアメリカ代表デビュー。そのデビュー戦ではホンジュラス代表を相手に1ゴール2アシストの鮮烈デビューを飾ると、その翌節のジャマイカ代表戦では2ゴールを奪い、一気にスターダムにのし上がっている。 18歳という年齢もあり筋肉量や身体の厚みに伸びしろを残しており、ポストワークやパワーに改善の余地は大いにあるが、スピードや足元の技術に加え、背後への絶妙な抜け出しや直接FKもレパートリーに持つ右足のキック精度の高さは大きな魅力だ。 その伸びしろ十分の逸材ストライカーに関してはリバプールを筆頭に幾つかのプレミアリーグのクラブを始め、ヨーロッパ5大リーグのクラブが獲得に関心を示しているという。 ただ、『CBS Sports』によると、獲得レースのポールポジションに立つのは、ブンデスリーガの強豪ヴォルフスブルクだという。両者は移籍に向けて深い段階まで話し合いを進めているとのことだ。 ただ、現時点で移籍を決定的なモノにする段階には至っておらず、今後他クラブが具体的な動きに発展した場合、十分にチャンスはあるようだ。 2021.10.21 00:44 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly