メッシの新居はお城? 第二次世界大戦時に大統領も過ごした歴史ある62億円の物件

2021.09.18 20:02 Sat
twitterfacebookhatenalinegplus
【写真】メッシ一家が住むかもしれないパリ郊外のお城








1 2

関連ニュース
thumb

ディ・マリアとPSGは喧嘩別れ? クラブの対応に不満爆発か

パリ・サンジェルマン(PSG)のアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアがクラブに不満を抱いているようだ。フランス『ル・パリジャン』が伝えている。 今季限りでPSGとの契約が満了し、ユベントス行きが確実視されているディ・マリア。2015年夏に加入し、クラブ歴代10番目となる294試合出場を誇るアルゼンチン代表MFの一つの旅が終焉を迎えようとしている。 ただ、伝えられるところによると、ディ・マリアにはPSGで続ける意思があったという。冬の移籍市場の際に、クラブから1年の契約延長オプションを行使することを伝えられていたが、その後に前言撤回。シーズン終了後まで決定を待ってほしいというクラブの願いを受け入れるも、結局、契約延長には至らなかった。 クラブの不明瞭な態度に不満を募らせたというディ・マリア。事実であれば、7年間で多大な貢献をもたらした選手に対しては不適切な対応と言える。 PSGでは18個ものタイトルを獲得したが、最後は喧嘩別れのような形になってしまうのだろうか。 2022.05.18 15:13 Wed
twitterfacebook
thumb

LGBT支援のユニフォーム着用を拒否か…PSGのMFに疑惑浮上、昨年は胃腸炎を理由に欠場

パリ・サンジェルマン(PSG)に所属するセネガル代表MFイドリサ・グイエにある疑惑が浮上している。フランス『RMCスポーツ』が伝えている。 PSGは14日、リーグ・アン第37節でモンペリエとアウェイで対戦。すでにリーグ優勝を決めた状態で迎えた中、0-4で大勝を収めた。 グイエはモンペリエ戦を欠場。マウリシオ・ポチェッティーノ監督はその理由について「イドリサはモンペリエまで向かったが、個人的な理由でメンバーから離れなければならなかった。しかし彼はケガをしていたわけじゃない」と報道陣に明かしていた。 『RMCスポーツ』によると、グイエの欠場には別の理由があるという。 リーグ・アン第37節では、全チームが5月17日の国際反ホモフォビア・トランスフォビア・バイフォビアの日の活動の一環として、LGBTQ+コミュニティのシンボルである虹色の背番号が施されたユニフォームを着用していた。グイエはこのユニフォームの着用を拒否したために、欠場したということだ。 昨シーズン同様の活動があった際には、グイエは胃腸炎を理由に欠場。当時は疑惑を否定していた。 この件について、現時点でグイエからのコメントはないが、SNS上などで説明を求める声が上がっている。 <span class="paragraph-title">【写真】出場していれば着用することになっていた虹色背番号のユニフォーム</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="fr" dir="ltr"> Dans le cadre de la journée mondiale contre l&#39;homophobie du 17 mai, la <a href="https://twitter.com/hashtag/Ligue1?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Ligue1</a> se mobilise. Les maillots parisiens reprennent le drapeau arc-en-ciel, symbole de paix, de diversité et symbole par excellence du mouvement LGBT.<a href="https://twitter.com/hashtag/MHSCPSG?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#MHSCPSG</a> <a href="https://t.co/TdFU7f2zZj">pic.twitter.com/TdFU7f2zZj</a></p>&mdash; Paris Saint-Germain (@PSG_inside) <a href="https://twitter.com/PSG_inside/status/1525522930486194179?ref_src=twsrc%5Etfw">May 14, 2022</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2022.05.18 05:45 Wed
twitterfacebook
thumb

カタールツアーを行ったPSGの選手たちにスペシャルゲスト登場! ベッカム氏の前では選手たちも満面の笑み

10度目のリーグ・アン制覇を成し遂げたパリ・サンジェルマン(PSG)だが、シーズン終了を前にカタールへのツアーを行った。 今年の11月にワールドカップ(W杯)が開催されるカタール。ALLやカタール航空などがスポンサーとなっているPSGの一行は、48時間という短い時間のツアーを行った。 新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックが起こった影響もあり、クラブとして訪れるのは2019年以来とのこと。カタールにいるサポーターや地元住民との交流を図ったようだ。 日曜日からツアーをスタートさせていたPSG。カタールの様々なところを訪れる中、豪華なゲストも登場した。 それは、クラブOBであり、サッカー界のレジェンドでもある元イングランド代表MFデイビッド・ベッカム氏だ。 2013年1月から半年間在籍し、その後引退したベッカム氏。ツアー中にゲストとして登場すると、選手たちとも交流を持った。 PSGのインスタグラムではベッカム氏と選手の記念撮影の写真が複数枚投稿され、ネイマールとキリアン・ムバッペとの3ショットや、レアル・マドリー時代の同僚でもあるセルヒオ・ラモスと硬い握手をする写真など、選手たちもリラックスムードでベッカム氏との交流を楽しんだようだ。 <span class="paragraph-title">【写真】レジェンド・ベッカム氏との記念撮影に選手たちも笑顔</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/CdqBzrJob-9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/CdqBzrJob-9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/CdqBzrJob-9/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">Paris Saint-Germain(@psg)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.17 22:15 Tue
twitterfacebook
thumb

ムバッペの去就巡りクラブ間交渉へ! PSG会長がマドリード入り

パリ・サンジェルマン(PSG)残留とレアル・マドリー移籍に揺れるフランス代表FWキリアン・ムバッペを巡る交渉が始まったようだ。 今夏で満了となる契約を巡って去就が騒がれているムバッペ。長らくレアル・マドリー移籍が取り沙汰されていたが、ここに来てPSGとの契約延長の線も浮上する状況となっている。 すでに今季のリーグ・アン優勝を決め、3年連続のリーグ年間最優秀賞に選ばれたムバッペは「僕の決断はほとんど決まっている。近いうちに結論を出す」と、進退をほのめかすとともに、「フランス代表チームに合流する前になるだろうね」と、具体的な発表の時期も示した。 注目が高まる中、スペイン『El Chiringuito』が、PSGのナセル・アル・ケライフィ会長が現地時間17日にマドリード入りしたと報道。目的はもちろんムバッペの去就について。代表団を引き連れ、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長と会談を開く予定のようだ。 2022.05.17 20:21 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG、ポチェッティーノ監督の後任にセルジオ・コンセイソン監督を検討か?

マウリシオ・ポチェッティーノ監督の去就が不透明となっているパリ・サンジェルマン(PSG)だが、後任候補にポルトのセルジオ・コンセイソン監督(47)が浮上しているようだ。フランス『フット・メルカート』が伝えた。 2021年1月にトーマス・トゥヘル監督(チェルシー監督)の後任として、PSGの指揮官に就任したポチェッティーノ監督。2020-21シーズンはリーグ・アンのタイトルを逃した中、2021-22シーズンに向けては、FWリオネル・メッシ(バルセロナ)、DFセルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)、GKジャンルイジ・ドンナルンマ(ミラン)、MFジョルジェニオ・ワイナルドゥム(リバプール)など大型補強。リーグ・アンは制したものの、チャンピオンズリーグ(CL)はラウンド16で敗退していた。 シーズン途中から、マンチェスター・ユナイテッドの監督に就任する可能性が報じられるなど、去就が取り沙汰されているポチェッティーノ監督。今シーズン限りでチームを去る可能性もある中で、レオナルドSD(スポーツ・ディレクター)は後任を探し始めているという。 アントニオ・コンテ(トッテナム)、チアゴ・モッタ(スペツィア)、ヨアヒム・レーヴ(フリー)など、多くの候補がおり、ジネディーヌ・ジダン(フリー)も候補として挙げられており、最優先の候補とも見られている。 そんな中、浮上しているのがポルトのセルジオ・コンセイソン監督だ。 今シーズンはプリメイラリーガを制しており、タイトル獲得の実績もあること、さらにはCLでの経験もあることから候補として挙げられている。 ポルトとは2024年6月までの契約を結んでいるものの、1000万ユーロ(約13億5000万円)の契約解除条項もあるとのことだ。 ただ、新指揮官についてはオーナーの承諾がいる状況であり、現時点では決定されることはないとのこと。ただし、ウナイ・エメリ監督(現ビジャレアル監督)の後任としても名前が挙がったことがあり、就任の可能性はあるという。 2022.05.17 16:55 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly