試合中露わになったインモービレの逞しい“筋肉”に海外注目「馬の足かと思った」

2021.09.17 21:45 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
16日に開幕した2021-22シーズンのヨーロッパ・リーグ(EL)。グループEのラツィオはガラタサライ相手にアウェイで敗れたが、この試合にキャプテンマークを巻いて先発出場したイタリア代表FWチーロ・インモービレの逞しい筋肉が注目を浴びている。

『Bleacher Report』の公式ツイッターが注目したのは、インモービレの太ももともも裏の筋肉だ。試合中に審判へとアピールするインモービレのショーツの裾が上がり、お尻の方まで筋肉が露わになっている。

特にお尻の大殿筋、大腿四頭筋の外側に当たる外側広筋、そしてもも裏のハムストリングスの筋肉が見事で、そのサイズはさながらサラブレッドの脚のようだ。

筋肉をつけるためには、腕、胸、肩など日ごとに鍛える部位を変えることが多いが、『Bleacher Report』が「インモービレは“脚の日”を決してスキップしない」と間接的にその凄さを伝えると、ファンからも「太い!」「馬の足かと思った」「さすがサッカー選手」「男の憧れだ」といった声が上がった。

裏への抜け出しやそのシュートと決定力を武器にゴールを量産し続けてきたインモービレだが、日々の筋トレもそれに一役買っているようだ。




1 2
関連ニュース
thumb

ELマルセイユ戦ドローも内容を誇るサッリ「インテル戦の勝利を裏付けることができた」

ラツィオのマウリツィオ・サッリ監督が、マルセイユ戦で勝ちきれなかったことを悔やんだ。クラブ公式サイトが伝えている。 21日にヨーロッパリーグ(EL)・グループE第3節のマルセイユ戦に臨んだラツィオ。その5日前に行われたリーグ戦では王者インテル相手に3-1の勝利を収め、勢いそのままにホームでフランスの雄を迎え撃ったが、58分のFWチーロ・インモービレのゴールがVARの末にオフサイドとして取り消されるなど、後半の多くのチャンスを作ったものの試合を決めきれずゴールレスドローに終わった。 サッリ監督は結果に落胆しつつも、試合中に劣勢から優勢に持ち直したチームを称賛。インテル戦の勝利を裏付けるパフォーマンスだったと、一定の満足感を示した。 「序盤の我々は彼らより輝くことはできなかったが、その後我々は確実に成長し、リズムとボール支配率の面で相手を上回って試合を終えた。結果は残念だったが、この試合は前回の勝利を裏付けるものであり、我々は一歩前進したと考えている。勝利にふさわしい結果だっただけに残念だ」 「我々のチームは、決してファウルが多いわけではないが、だからと言ってアグレッシブでないわけではもない。我々はこの面において成長しなければならない。我々にはもっと改善点があるからだ。ボローニャ戦のようなスランプや失速は避けなくてはならない。左の(アダム・)マルシッチとビルドアップの場面でより多くのことができるペアを見つけることができたのはひとつの収穫だ」 また、イタリア人指揮官は中2日で迎えるセリエA第9節のヴェローナ戦を見据え、過密な日程に慣れる必要があると語った。 「今度はヴェローナとの決戦が待っている。ボローニャ戦では失敗をしてしまい、不快な状況でのインテルとの対戦となったが、我々はヨーロッパにいるのが好きだから不可能になりつつあるカレンダーに慣れなくてはならない」 2021.10.22 15:45 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオとマルセイユはゴールレスドロー、VARでインモービレのゴールが無効に《EL》

ヨーロッパリーグ(EL)グループE第3節のラツィオvsマルセイユが21日にスタディオ・オリンピコで行われ、0-0の引き分けに終わった。 前節のロコモティフ・モスクワ戦を2-0で勝利したラツィオは、3-1で勝利した直近のインテル戦からスタメンを5人変更。ペドロやルーカス・レイバ、GKレイナらに替えてザッカーニ、カタルディ、GKストラコシャらをスタメンに起用した。 一方、ELで2連続ドロー中のマルセイユは、直近のロリアン戦からスタメンを2人変更。ルイス・エンリケとコンラッドに替えてウンデルとサリバをスタメンで起用した。 立ち上がりから一進一退の展開が続く中、徐々にペースを握ったマルセイユは14分、右クロスをファーサイドで拾ったリロラのクロスからウンデルがボレーシュートで狙ったが、これは枠の上。さらに20分には、前線でパス受けたミリクがボックス手前から鋭いシュートを放ったが、これはわずかにゴール右に外れた。 対するラツィオは、33分に決定機。カタルディの左CKをルイス・フェリペが頭で合わせると、相手GKの弾いたボールを再びルイス・フェリペが詰めたが、ボールはゴール左に外れた。 ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはラツィオだった。51分、ロングフィードに反応したインモービレがサリバを弾き飛ばしてボックス内に侵入。しかし、シュートは抑えきれず枠の上に外してしまう。 先制のチャンスを逃したラツィオは、56分にミリンコビッチ=サビッチ、フェリペ・アンデルソン、バシッチを下げてペドロ、L・アルベルト 、アクパ・アクプロを投入。すると58分、左サイドでボールを受けたカタルディのスルーパスに反応したインモービレがボックス左からゴールネットを揺らしたが、VARの末にオフサイドと判定され、ゴールは取り消された。 その後は互いに選手を入れ替えながらゴールを目指したが、拮抗した展開が続く。そんな中、ラツィオは87分にボックス左から侵入したモロの折り返しからペドロが決定機を迎えたが、シュートは飛び出したGKのブロックに阻まれた。 結局、試合はゴールレスのまま痛み分けドローに終わった。 2021.10.22 03:41 Fri
twitterfacebook
thumb

ラツィオ名物の“鷲”を10年以上操った鷹匠の男性が突如解雇…SNSで出回った動画が原因

ラツィオの名物である鷲。その鷲を扱う「鷹匠」であり、トレーナーとして2010年からチームで働いていたスペイン人のフアン・ベルナベ氏が、停職処分に追いやられてしまった。 ラツィオは20日、この件に関して声明を発表。「あらゆる種類の差別的な行為や行動の絶対的な禁止に対し、常に注意が払われている」とし、「フアン・ベルナベ氏(ラツィオの外部企業の従業員)が、クラブ、ファン、そしてコミュニティを侮辱するような態度をとっているビデオの存在を知り、即時停職および既存契約の解除の措置がとられた」と、解雇通知を行っていた。 10年以上チームに仕えてきた鷹匠のベルナベ氏が解雇された理由は、SNS上に出回ってしまった1本の動画。その中での行為が、大きく問題視されることとなった。 この動画が撮影されたのは、16日に行われたセリエA第8節のインテル戦のこと。スタジアムでいつものように腕に鷲を乗せて操っていたベルナベさんが、とあるサポーターの前で立ち止まり、ナチス式の敬礼をしながら「ドゥーチェ、ドゥーチェ(「指導者」という意味のイタリア語)」と声を出していた。 これはイタリアの独裁者だったベニート・ムッソリーニがよく使っていた言葉だが、死後はファシストを想起させる用語として知られている。 後々問題になることは予想できそうな行動だが、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで語った。 「なぜこの混乱が起こったのかはわからない。それはラツィオとは何の関係もない。そして、申し訳ないと思っている」 「私にとっては軍の敬礼だ。私は軍隊に生まれ、右翼の文化を持っており、多くのサッカー界の友人と同じようにVox(スペインの政党)の出身だ。それを誇りに思っている」 「腕を胸の高さで心臓に曲げて行うものだ。イタリアでこんなことになるとは、知らなかった」 スペイン出身のベルナベ氏は、自身がこれまで信じてきたものをただやっただけであり、大ごとになるとは考えていなかったとのこと。また、「ドゥーチェ」と叫んだことについても言及した。 「私は叫んだ。それは本当だ。ムッソリーニを尊敬しており、それは否定しない」 「彼はイタリアとスペインのフランコのために、たくさんの素晴らしいことをした。私は両者のファンであり、誇りに思っている」 インタビューを受けた時点では、停職処分になったことは通知されていなかったベルナベ氏。しかし、そうなることは感じていると語り、禁じられていることを知っていれば、やらなかっただろうとした。 「ラツィオからの停職の通知はまだ受け取っていない。それを待っている状況だ。空中にあることだが、すでに非公式には知っているし、それは正しいと思う。自分がしたことには責任がある」 「それは衝撃だった。大成功の後、試合後の勝利の幸福感が影響している。この国でこの祝い方が禁じられていることは知らなかった。そうでなければ、私はこんなことはしていないだろう。ラツィオを困難に陥らせるつもりはなかった」 ラツィオ名物の鷲を扱って10年以上が経過していたベルナベ氏。クラブは新たな鷹匠を雇わなくてはいけなくなってしまった。 <span class="paragraph-title">【動画】停職につながってしまったナチス式敬礼の動画</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="pt" dir="ltr">Juan Bernabè, espanhol adestrador da águia da Lazio, filmado fazendo a saudação fascista a torcedores no Olímpico. Fato já gera reações no mundo político e na comunidade judaica da Itália.<br><br> <a href="https://t.co/0pWtKTXoOw">pic.twitter.com/0pWtKTXoOw</a></p>&mdash; Leonardo Bertozzi (@lbertozzi) <a href="https://twitter.com/lbertozzi/status/1450762688968204291?ref_src=twsrc%5Etfw">October 20, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.21 22:45 Thu
twitterfacebook
thumb

ラツィオDFルイス・フェリペが前代未聞の理由で退場…「冗談のつもりだった」と涙

16日に行われたセリエA第8節のラツィオvsインテルで、ラツィオのブラジル人DFルイス・フェリペが前代未聞の理由で退場を命じられていた。 ラツィオが無敗インテルをホームに迎えた一戦。インテルのシモーネ・インザーギ監督の古巣戦ともあり、今節屈指の注目カードとなった一戦は、開始12分にMFニコロ・バレッラが得たPKをFWイバン・ペリシッチが決めてインテルが先制する立ち上がりに。 その後は互角の攻防が続いた中で後半を迎えると、62分に今度はCKに合わせたDFパトリックのヘディングシュートが相手の手に当たってラツィオがPKを獲得。これをFWチーロ・インモービレが決めて同点とすると、ここから畳みかけたホームチームは81分にMFフェリペ・アンデルソンのゴールで逆転。さらに91分にはFKからMFセルゲイ・ミリンコビッチ=サビッチがヘッドで叩き込み、3-1でラツィオが勝利を収めた。 問題のシーンが起きたのは試合終了後のこと。逆転勝利に舞い上がったルイス・フェリペは、今夏にシモーネ・インザーギ監督とともにラツィオからインテルに移籍したFWホアキン・コレアに後ろから飛びついてしまった。 元チームメイトのよしみから生まれた行動だったのだろうが、おふざけが過ぎたかホアキン・コレアは激怒。その状況を見ていた主審はルイス・フェリペに一発退場を命じた。『フットボール・イタリア』によると、この時同選手は、「親友との冗談のつもりだった」と涙を浮かべながら弁明していたようだ。 なお、今のところラツィオがこのレッドカードに異議申し立てを行うかどうかは不明だ。 2021.10.17 16:25 Sun
twitterfacebook
thumb

レーティング:ラツィオ 3-1 インテル《セリエA》

セリエA第8節、ラツィオvsインテルが16日に行われ、3-1でラツィオが逆転勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。※採点は10点満点。及第点は「5.5」、「0.5」刻みで評価。 ▽ラツィオ採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211017_5_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 25 レイナ 6.0 安定感あるゴールキーピングを見せた DF 77 マルシッチ 5.5 攻撃参加は自重。ディマルコをマークした 3 ルイス・フェリペ 6.0 アチェルビ不在の中、ディフェンスリーダーを担った 4 パトリック 6.5 アチェルビの代役を全う。PK誘発のヘディングシュートを放った 23 ヒサイ 5.0 PK献上は軽率だった。バレッラの侵攻を許す (→ラッツァーリ -) MF 88 バシッチ 6.0 タイミング良く攻撃に絡んでいた (→L・アルベルト 6.0) FKから3点目をお膳立て 6 ルーカス・レイバ 6.0 前半に際どいシュートを放つ。守備面でも問題なし 21 ミリンコビッチ=サビッチ 6.5 セットプレーで脅威を与え、最後にダメ押し弾 FW 7 フェリペ・アンデルソン 6.0 2点目を挙げる。チャンスメークも担い、攻撃にアクセントを付けた 17 インモービレ 6.5 PKを沈め、2点目にも絡む 9 ペドロ 5.5 精力的に動いて1stDFの役割を担う (→ザッカーニ -) 監督 サッリ 6.5 ボローニャ戦の完敗を払拭。ローマ・ダービーを彷彿とさせる好内容の試合を演じた ▽インテル採点 <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/800/img/2021/get20211017_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> GK 1 ハンダノビッチ 5.5 3失点も好守が目立った DF 37 シュクリニアル 5.0 3失点目は完全にミリンコビッチ=サビッチに競り負けた 6 デ・フライ 5.5 後半は守備をまとめきれず 95 バストーニ 5.0 概ね安定もPK献上は痛かった (→ダンフリース -) MF 36 ダルミアン 5.5 PKに繋がるラストパスを送るも、攻守にややインパクトが足りず 23 バレッラ 6.0 前半はPK獲得など効果的に攻撃参加ができていたが、後半は尻すぼみだった (→チャルハノール -) 77 ブロゾビッチ 6.0 状況を打開するプレーが度々見られた 5 ガリアルディーニ 5.5 バレッラやブロゾビッチに比べると目立たなかった (→ベシーノ -) 32 ディマルコ 5.5 精度の高い左足のキックで一定のアクセントを付ける FW 9 ジェコ 5.0 思うように攻撃の起点になることはできず (→ラウタロ・マルティネス -) 14 ペリシッチ 6.0 PKで先制ゴール。トップでの起用にまずまず応えた (→ホアキン・コレア -) 監督 S・インザーギ 5.5 コンディション不良の選手たちを考慮し、ペリシッチをトップ起用。最善の仕事はした。古巣対決で初黒星を喫する ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! インモービレ(ラツィオ) スペースでボールをうまく引き出していた。2ゴールに絡んでチームを勝利に導く。 ラツィオ 3-1 インテル 【ラツィオ】 インモービレ(後19)【PK】 フェリペ・アンデルソン(後36) ミリンコビッチ=サビッチ(後46) 【インテル】 ペリシッチ(前12)【PK】 2021.10.17 03:04 Sun
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly