アーセナルが8月度月間最優秀ゴールを発表、なでしこ岩渕真奈のゴラッソが圧倒的多数で選出される

2021.09.15 16:05 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
13日、アーセナルは8月度の月間最優秀ゴールを発表した。

見事に1位に輝いたのは、なでしこジャパンFW岩渕真奈のゴラッソ。8月21日に行われた女子チャンピオンズリーグ(UWCL)ラウンド1決勝のPSV(オランダ)戦で決めたセンセーショナルな一撃だ。

1-0でリードして迎えた39分、岩渕はショートコーナーを左サイドで受けると、意表を突いて右足を一閃。角度のない位置からファーのトップコーナーへと強烈な一発を沈めた。

チームメイトからも絶賛されていたこのゴラッソは、投票でも64%を獲得して文句なしの受賞。インターネット上にも国内外のファンからも祝福の声が多数寄せられた。

なお、2位には11%で8月25日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)2回戦のウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン(WBA)戦でガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンがハットトリックを達成した62分のゴールが選出された。

3位は10%で、岩渕のゴールと同じくPSV戦での先制点となったオランダ女子代表FWフィフィアネ・ミーデマのゴールが選ばれてる。



1 2

関連ニュース
thumb

アーセナルがレナト・サンチェス獲得に乗り出す...ミランとの争奪戦に

アーセナルがリールのポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)の獲得に関心を抱いているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今シーズンはここまで調子の浮き沈みが激しいアーセナル。開幕3連敗スタートとなったプレミアリーグでは、その後の8試合で6勝2分けと波に乗ったものの、直近では再び連敗を喫している。 再び暗雲が垂れ込めるチームに追い打ちをかけるのが、来年の1月~2月にかけて行われるアフリカ・ネイションズカップ。アーセナルからはガーナ代表MFトーマス・パルティとエジプト代表MFモハメド・エルネニーが招集される見込みで、ミケル・アルテタ監督は今冬の移籍市場で中盤の補強に乗り出すだろうと『デイリー・メール』は推測する。 そのターゲットとなるのがレナト・サンチェスだという。10代の頃から注目を浴びてきた同選手は、2016年夏に加入したバイエルンでは活躍できなかったものの、2019年8月にリールへ移籍するとその才能が再び開花。今季は半月板損傷の影響もあり出場数は伸びていないものの、ここまで公式戦12試合で1ゴール1アシストを記録している。 アーセナルはすでにレナト・サンチェスの代理人に接触しており、リールの上層部も認識済みとのこと。リールは十分な金額でのオファーがあれば今冬の売却も検討するようだ。 しかし、同選手に対してはミランも関心を寄せており、争奪戦が予想されている。『Get French Football News』が引用したフランス『レキップ』のインタビューでは、レナト・サンチェス本人もこの2クラブからの関心を示唆。「準備はできている」と、移籍の可能性を仄めかした。 「ミランとアーセナルが僕に興味を持っているかもしれないね。そのことは代理人と話したけど、これ以上は何も言えない」 「ただ、僕は準備できている。オファーが来れば考えるさ」 「ミランは歴史があり、一級品の素晴らしいクラブだ。とても気に入っているよ」 2021.12.08 21:48 Wed
twitterfacebook
thumb

「どこかに足を着地しなければならない」冨安の顔面が踏みつけられたシーンに元審判が見解も、解説者からは反対意見が殺到

アーセナルの日本代表DF冨安健洋がエバートンのイングランド代表DFベン・ゴッドフリーに顔面を踏みつけられたシーンについて、元審判員が見解を示した。イギリス『talkSPORT』が伝えている。 アーセナルは6日、プレミアリーグ第15節でエバートンとアウェイで対戦。冨安は右サイドバックとしてフル出場した。 この試合で大きな波紋呼んだのが28分のシーン。自陣右サイドでアーセナルがボールを奪うと、冨安がルーズボールを相手MFアランと競り合い、タッチライン上で倒れる。直後、寄せてきたDFベン・ゴッドフリーが右足で冨安の顔面を踏みつける格好となり、冨安はアゴから出血していた。 このシーンについてはVARチェックが入ったものの、ゴッドフリーにカードが提示されることはなく終わったが、元プレミアリーグ審判員のダーモット・ギャラガー氏が自身の見解を語った。 「彼(ゴッドフリー)は目を逸らしている。どこかに足を着地しなければならない。映像の見栄えは良くない」 「だが、私が言いたいのは、もし誰かが誰かを踏みつけたというならば、私は絶対的な確信を持ちたいし、このようなケースでは本当のことを知っているのは選手本人だけだ」 「何度も何度も繰り返し見たが、正直なところ彼が何をしているのか分からないし、かといってレフェリーを擁護するつもりもない」 「私は常に、誰かが誰かを踏みつけたと絶対的に確信しない限り、彼が何を考えているのかは彼にしかわからないという考えを持っている」 「目を逸らしていると言っても、下を向いていればイメージは大きく変わる。だからこそ、私は少し慎重になっている。もし私に彼は踏みつけたと言うなら、それはかなり大きな罪であり、私は100%の確信を持ちたい」 ただ、他の解説者からは反対意見も殺到。『talkSPORT』で解説を務める元チェルシーDFのジェイソン・カンディ氏は、「彼は冨安を踏みつけ、自分が何をしているのかを正確に知っている。しかし、彼は決定的な瞬間に目を逸らしているので、どういうわけか彼は退場のピンチを乗り越えたと思う」と述べた。 さらに、主にレンジャーズで活躍したアリー・マッコイスト氏も「彼は自分がやったことを理解しているといった」ほか、トッテナムなどで活躍したダレン・ベント氏も、ゴッドフリーは分かっていたとの見解を示す一方で、レッドカードが出ないのも理解すると語ったギャリー・ネビル氏の意見を参考にしながら、自身の意見を述べた。 「昨夜、ギャリー・ネビルはこの件を完璧に要約したと思う。彼は、『プロとして、そこに足を置いたときに何をしているのかを彼は正確に理解している』と言った」 「あれを見ると、『彼はわざとやったのか?』と思うだろうが、彼は明らかにわざとやったんだ」 「私にとってあのプレーはレッドカードだった。明らかにそれはレッドだった」 <span class="paragraph-title">【動画&画像】ゴッドフリーは冨安のことを一度目視しているように見える</span> <span data-other-div="photo"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Everton are a goal down at the break, but should they also be a man down? <br><br>VAR has had plenty to look at in the first-half but it&#39;s Arsenal who lead after 45 minutes!</p>&mdash; Sky Sports Premier League (@SkySportsPL) <a href="https://twitter.com/SkySportsPL/status/1467959413042565120?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="in" dir="ltr">Beberapa momen kemenangan dramatis Everton atas Arsenal menutup pekan ke-15 Premier League.<br><br>Saksikan cuplikan lengkap pertandingannya di Mola!<a href="https://t.co/bqGrnJ9o2D">https://t.co/bqGrnJ9o2D</a><a href="https://twitter.com/hashtag/SUPERLIVE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SUPERLIVE</a><a href="https://twitter.com/hashtag/SUPERSOCCER?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#SUPERSOCCER</a><a href="https://twitter.com/hashtag/DARETOSCORE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DARETOSCORE</a><a href="https://twitter.com/hashtag/EPLDIMOLA?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#EPLDIMOLA</a><a href="https://twitter.com/hashtag/IDARE?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#IDARE</a> <a href="https://t.co/de2boNuDZ4">pic.twitter.com/de2boNuDZ4</a></p>&mdash; SuperSoccer TV (@my_supersoccer) <a href="https://twitter.com/my_supersoccer/status/1467992455060545541?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.08 19:15 Wed
twitterfacebook
thumb

不安定なアーセナル…ネビル氏はチームのベテランたちに苦言「本当の意味でのリーダーではない」

元イングランド代表DFのギャリー・ネビル氏が、アーセナルの問題点を指摘した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 アーセナルは今夏の移籍市場で大金を投下し、イングランド代表DFベン・ホワイト、日本代表DF冨安健洋、イングランド代表GKアーロン・ラムズデールらを獲得する大型補強を敢行。3シーズン目を迎えたミケル・アルテタ監督の下で躍進が期待されていた。 しかし、蓋を開けてみるとプレミアリーグ開幕から3連敗。その後は8試合6勝2分けと持ち直したものの、第12節でリバプール相手に0-4の大敗を喫すると、直近ではマンチェスター・ユナイテッドとエバートンに敗れ連敗となっている。 浮き沈みの激しいシーズンを送るアーセナルに対して、ネビル氏は問題点を指摘。若い選手が多いチームにあって、本来チームを引っ張るべきベテラン選手たちがその役割を担えず、リーダーが不在となっていることが要因だと主張した。 「アルテタは不安定だね。良い仕事をしていたかと思うと、その後失敗を重ねてプレッシャーを受けている。彼はこの2つの間を行ったり来たりしていて、その間がない」 「平均年齢の若いチームであることを考えると、オールド・トラフォードやグディソン・パークのような場所でのナイトゲームに対して、1人や2人は経験がない選手もいるだろう」 「私も初めてアンフィールドに行った時のことを覚えているが、観客が盛り上がり、不利な判定もあり大変だった。予想外のことが起こる困難な瞬間を乗り越えるには、経験が必要だ」 「そしてそこには安心感が必要となる。チームの背骨となるような存在が必要なのだ。アーセナルのシニアプレーヤーを見ると、あまりしっかりとしたキャラクターはいない。彼らは本当の意味でのリーダーではないのだろう。だから若い選手が試合中の困難な瞬間を乗り越えられずにいると、他の選手も少しずつ落ち込んでいく」 「これは当然のことだと思う。そこにはたくさんの才能があり、若い選手たちに問題があるのではない。アーセナルのチームとしての問題は、オールド・トラフォードやグディソンで起こる激動の瞬間を乗り越えられる方向性や基準を持っていないことだ。彼らにはそれがない」 また、ネビル氏はエバートン戦でベンチスタートとなったキャプテンのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンに言及。アルテタ監督との関係を考えても、クラブを退団する可能性はあると予想した。 「この試合の後、オーバメヤンとの問題が出てくると思う。彼はエディ・エンケティアが自分より優先されることを良しとしないだろう。彼は交代で投入されることを嫌がると思う」 「アルテタとオーバメヤンの間には、常にちょっとしたバグがあるね。アルテタは仮にオーバメヤンを売却したお金で他の選手を獲得できるなら、おそらくそうするだろう。そして、オーバメヤンももし移籍ができるようなら、そうするだろうね」 2021.12.07 18:06 Tue
twitterfacebook
thumb

「分からない」冨安の顔面が踏まれた場面にアルテタ監督は多くを語らず「VARが確認したのは確か」

アーセナルのミケル・アルテタ監督が、日本代表DF冨安健洋が顔面を踏まれたシーンについて言及した。イギリス『メトロ』が伝えている。 アーセナルは6日に行われたアウェーのプレミアリーグ第15節エバートン戦を1-2で落とした。冨安は右サイドバックとしてフル出場した。 この試合で大きな話題を呼んでいるのが28分のシーン。自陣右サイドでアーセナルがボールを奪うと、冨安がルーズボールを相手MFアランと競り合い、タッチライン上で倒れる。直後、寄せてきたDFベン・ゴッドフリーの右足で冨安の顔面を踏みつける格好となり、冨安のアゴから出血していた。 ただ、このシーンについてはVARチェックが入ったものの、ゴッドフリーにカードが提示されることはなかった。試合後、この場面について問われたアルテタ監督は、VARチェックが入ったことは事実だとし、多くは語らなかった。 「分からない。判定は下されている。VARがプレーを確認したのは確かだ。私が望んでいるのは、自分のチームがもっとうまくやることだ」 <span class="paragraph-title">【動画】久保建英の賭けだった!名手の股を抜く技ありゴール!</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Everton are a goal down at the break, but should they also be a man down? <br><br>VAR has had plenty to look at in the first-half but it&#39;s Arsenal who lead after 45 minutes!</p>&mdash; Sky Sports Premier League (@SkySportsPL) <a href="https://twitter.com/SkySportsPL/status/1467959413042565120?ref_src=twsrc%5Etfw">December 6, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.12.07 11:55 Tue
twitterfacebook
thumb

劇的逆転弾で9戦ぶり白星のエバートン、ベニテス監督はファンに感謝「ファンも選手も、団結すれば強くなれる」

エバートンのラファエル・ベニテス監督が、久しぶりの勝利を喜んだ。クラブ公式サイトが伝えている。 エバートンは6日に行われたプレミアリーグ第15節でアーセナルと対戦。リーグ8試合勝利がなく、16位と降格圏が近づく状況のチームは、この日も前半終了間際に失点を許す苦しい展開となる。 後半もゴールが遠い中、80分にこの日VARで何度もゴールを取り消されていたFWリシャルリソンが同点弾を記録すると、アディショナルタイム2分にはFWデマライ・グレイが豪快なシュートでゴールネットを揺らし、劇的な逆転勝利。この結果、9試合ぶりの勝利を挙げたエバートンは12位まで浮上している。 試合後のインタビューに応じたベニテス監督も、久しぶりの勝利に歓喜。チームを支えてくれたスタジアムのファンたちに対して、感謝の意を表している。 「ファン、選手、全員が共にあったことで、今日の我々は強くなったと思う。今日は皆のメンタリティを見ることができた。自分たちに不利な判定があってもチームの反応は素晴らしく、ファンも彼らを支えていた」 「逆境の中であっても、チームは個性を発揮した。最後には、皆が本当に喜んでくれた。ファンも選手も、団結すれば強くなれるのだ。グディソンでの試合ではファンが応援してくれるから、余計に頑張れる」 「これは大事な瞬間だったんだ。今日のようなパフォーマンスをして、どんなチームにも勝てるという信念を、皆が持つことが大切になる」 「毎試合、こうしたキャラクターを見せていくことが大切だ。これまでも多くの試合でそうしてきたが、不運もあった。ただ、今日は悪い流れ、逆境のなかにあってもリアクションがとても良かったと思う。これは我々が期待していることであり、シーズンの終わりまで同じようであって欲しいと願っている」 2021.12.07 10:18 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly