中国戦で負傷交代のFW古橋亨梧、1カ月の離脱と現地報道…10月の最終予選も欠場か

2021.09.10 12:18 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
日本代表としてカタール・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選に臨んだセルティックのFW古橋亨梧だが、しばらく離脱することになるようだ。スコットランド『サン』が報じた。

今夏ヴィッセル神戸からセルティックへと完全移籍した古橋。移籍して間も無く迎えたシーズンスタートだったが、これまで公式戦9試合に出場し7ゴールを記録。一気にセルティックファンの心を掴む活躍をみせていた。

その古橋は9月のカタールW杯アジア最終予選に臨む日本代表に合流。2日に行われたオマーン代表戦では後半頭から途中出場すると、7日に行われた中国代表との一戦では先発出場を果たした。

しかし後半開始早々に足を痛めて途中交代。原口元気と代わり、ピッチを後にしていた。

ケガの詳細は明らかにされていないものの、『サン』によるとヒザを負傷した古橋は1カ月程度離脱すると報道している。

セルティックは今シーズンのヨーロッパリーグ(EL)に出場しており、この1カ月には多くの試合が組まれている。

11日にロス・カウンティとのスコティッシュ・プレミアシップを戦うと、16日にレアル・ベティスとのEL、19日にリヴィングストンとのリーグ戦、23日にはスコティッシュ・リーグカップのレイス・ローバーズ戦、26日にはリーグ戦のダンディー・ユナイテッド戦、30日にはELのレバークーゼン戦、10月3日にリーグ戦のアバディーン戦と、次のインターナショナルマッチウィークまでに7試合が控えている。

古橋は10月の日本代表の活動にも参加できないと見られており、セルティックにとっては貴重な得点源を失うという大きな痛手。アンジェ・ポステコグルー監督も頭を悩ませることになりそうだ。

関連ニュース
thumb

古橋亨梧が今季10点目! セルティックがリーグ戦4連勝《スコティッシュ・プレミアシップ》

27日、スコティッシュ・プレミアシップ第11節のハイバーニアンvsセルティックが行われ、1-3でセルティックが勝利した。 日本代表FW古橋亨梧は3トップの中央で先発出場し、81分に交代。30分にリーグ戦5ゴール目、加入後10ゴール目を奪い、勝利に貢献した。 2位のセルティックは立ち上がりから押し込むと10分、デイビッド・ターンブルのFKからのクロスをアンソニー・ラルストンがダイビングヘッドで合わせ、セルティックが先制する。 幸先良く先制したセルティックだったが、大ピンチを迎えるもGKジョー・ハートが足でセーブし、ピンチを切り抜ける。 さらに14分には左CKからターンブルがクロスを入れると、ボックス内でキャメロン・カーター=ヴィッカーズが合わせ、これが右隅に決まりリードを2点に広げる。 その後も押し込むセルティックは30分、トーマス・ロギッチがドリブルで持ち込み、スルーパス。これにオフサイドラインぎりぎりで抜け出たジョタがボックス内右からグラウンダーのクロス。これを古橋が押し込み、リードを3点に広げる。 古橋はその後もチャンスを迎えるが決めきれず。ハイバーニアンは37分に右CKからマーティン・ボイルがネットを揺らし1点を返す。 後半もセルティックがペースを握るも、ゴールは生まれず。1-3でセルティックが勝利を収めた。 ハイバーニアン 1-3 セルティック 【ハイバーニアン】 マーティン・ボイル(前37) 【セルティック】 アンソニー・ラルストン(前10) キャメロン・カーター=ヴィッカーズ(前14) 古橋亨梧(前30) <span class="paragraph-title">【動画】古橋亨梧が今シーズンのリーグ戦5点目を決める!</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="LJqgGUNEhNU";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.10.28 10:33 Thu
twitterfacebook
thumb

古橋亨梧がPK奪取の活躍、セルティックがリーグ戦3連勝《スコティッシュ・プレミアシップ》

23日、スコティッシュ・プレミアシップ第10節のセルティックvsセント・ジョンストンが行われ、2-0でセルティックが勝利した。 日本代表FW古橋亨梧は3トップの右で先発出場。81分にピッチを後にしていた。 リーグ戦2連勝、公式戦3連勝中のセルティック。立ち上がりから主導権を握り攻勢を強めていく。 何度か決定機を逸していた中で迎えた34分、ボックス内に浮き球のボールが上がると、相手のDFが対応ミス。ワンバウンドしたボールをボックス内右でアンソニー・ラルストンがダイレクトで鋭いボールを中央へ蹴り込むと、ギオルコス・ギアクマキスがダイレクトボレーで合わせ、セルティックが先制に成功する。 1点リードで後半を迎えたセルティックは、変わらず主導権を握り、積極的にセント・ジョンストンのゴールに迫っていく。 なかなか追加点を奪えないでいたが80分に古橋がチャンスメイク。ボックス手前で味方のシュートのこぼれ球を拾った古橋がダイレクトパス。これをジョタがダイレクトで浮き球のパスに変えると、そのまま走り込んだ古橋がボックス内で受ける。 しかし、ここで相手DFがファウル。古橋を倒してしまい、セルティックがPKを獲得すると、ヨシプ・ユラノビッチが落ち着いてPKを決めてリードを2点に。その後も攻め立てたがゴールは奪えず、2-0でセルティックが勝利を収めた。 セルティック 2-0 セント・ジョンストン 【セルティック】 ギオルコス・ギアクマキス(前34) ヨシプ・ユラノビッチ(後35)[PK] <span class="paragraph-title">【動画】古橋亨梧がPK奪取の活躍、セルティック3連勝(2:45〜)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="zd22tfYpgyA";</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.10.24 11:40 Sun
twitterfacebook
thumb

前田大然獲得の噂浮上のセルティック、ポステコグルー監督が古橋亨梧の獲得を回想「本当に来たいかどうか」を重視

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、選手の移籍で大事なことに言及。日本代表FW古橋亨梧の移籍についても語った。クラブ公式サイトが伝えた。 今シーズンからセルティックで指揮を執ることとなったポステコグルー監督。夏にはヴィッセル神戸でプレーしていた古橋を獲得。古橋にとっては初の海外挑戦となった。 ポステコグルー監督にとっても、古橋はJリーグで対戦して良く知った選手であり、通用すると見込んでの獲得に。古橋もその期待に応え、ここまで13試合で9ゴール1アシストと結果を残している。 そのセルティックは、来年1月の移籍市場で横浜F・マリノスのFW前田大然(24)の獲得を狙っているという報道も出ているほど。古橋以上に良く知る前田を獲得する可能性は十分にありそうだ。 ポステコグルー監督は、1月の補強を示唆しながら、今夏獲得した古橋について言及。選手を獲得する際に重視することがあるとし、徹底的に調査すると方針を語った。 「選手をここに連れてくる上でとても重要な部分は、彼らの考え方、彼らが適応できるかどうかを理解することだ」 「日本サッカーでは彼のことを良く知っていたので、亨梧のような選手には自信を持っていた。私は彼の経歴を知っていて、彼がここで上手く適応することを知るため、彼のキャラクターについて十分に色々な人に尋ねた」 「彼らはプレーの能力だけでなく、人間性も重視している。そしてその中でも特に重要なのは、本当にここに来たいと思っているかどうかだ」 「ジョタや亨梧のように選手が意思を示した時、私が彼らをセルティックに誘おうと議論したことは一度もなかった。彼らはセルティックを希望したが、それが大きな要因だ」 2021.10.23 17:25 Sat
twitterfacebook
thumb

「Jリーグに限らない」教え子・前田大然の獲得が噂されるセルティック、ポステコグルー監督は「交渉を進めている訳ではない」

セルティックのアンジェ・ポステコグルー監督が、今冬の移籍市場についてコメントした。イギリス『BBC』が伝えた。 横浜F・マリノスの指揮を執っていたポステコグルー監督だったが、セルティックからのオファーを受けて今夏電撃的に監督に就任。開幕まで時間がない中、今夏の移籍市場では日本代表FW古橋亨梧を含む12名の選手を獲得した。 古橋やベンフィカからレンタル移籍で加入したFWジョタ、フリーだった元イングランド代表GKジョー・ハートのように、すでに主軸としてプレーしている選手がいる一方で、混沌とした中で獲得した選手全てがレギュラーとは言えない。 そのセルティックだが、ポステコグルー監督が横浜FM時代に指導したFW前田大然(24)を1月に獲得するのではないかという報道が出ている中、ポステコグルー監督が1月の移籍市場についてコメント。Jリーグ以外にも手を広げていると語った。 「我々は移籍のプロセスを開始したいと思っているが、急いではいない。1月にはチームを強化したいし、そうするつもりだ。ただ、現在誰かと契約するために交渉を進めている訳ではないことは確かだ」 「Jリーグに限らず、広く手を広げていくつもりだ」 「我々は選手にとって魅力的な行き先となっている。多くの選手と関わりを持つことになるだろう」 「代理人が自分の選手の名前を出したがっている場合もあれば、人々が見聞きしたものを正しく推測するものもある。それは大きく的外れの時もある」 「1月にどのようなビジネスを行うにしても、前回のような混沌としたものにはならないだろう。選手のメンタリティを理解し、適応できるかどうか見極めることは、この国に選手を迎える上でとても重要なことだ」 前田は今シーズンの明治安田生命J1リーグで30試合に出場し18ゴール3アシスト。抜群のスピードを誇り、ポステコグルー監督の下で大きく飛躍。今年行われた東京オリンピックにも出場している。 過去にポルトガルのマリティモでプレー経験があり、海外挑戦となれば2度目。ポステコグルー監督のサッカーには間違いなくフィットするが、再びスコットランドの地で両者がタッグを組むことはあるだろうか。 2021.10.23 09:59 Sat
twitterfacebook
thumb

古橋亨梧がスコットランド紙のストライカー特集で3位に!セルティックからはもう1人トップ10入り

ヴィッセル神戸からセルティックに加入してからもゴールを量産している日本代表FW古橋亨梧。その決定力の高さはデータでも証明されている。スコットランド『THE SCOTSMAN』が伝えている。 古橋はここまで公式戦13試合に出場して9ゴールをマーク。日本代表活動中に負ったケガで離脱する期間があったものの、スコティッシュ・プレミアシップでも6試合に出場して4ゴールの数字を残し、得点王争いでは3位タイにランクインしている。 『THE SCOTSMAN』は『BBC』のデータを用いて、リーグで最高のストライカーをランキング化。ゴール数ではなくチャンスでの決定率を算出した統計を出している。 1位に輝いたのは6ゴール(9試合)で得点ランキング1位タイの北アイルランド代表FWリアム・ボイス(ハーツ)だ。その決定率は驚異の43%。5度のチャンスがあれば2ゴールを奪うこととなり、しっかりとチャンスを得点に結びつけていることが分かる。 そして2位はアバディーンに所属するアメリカ代表FWクリスティアン・ラミレスだ。アバディーンはここまで9位とスタートダッシュに失敗したが、孤軍奮闘のラミレスは古橋と同じ4ゴール(9試合)を記録。33%と3回のチャンスで1ゴールを決める計算だ。 そのラミレスと並んで3位に入ったのが古橋。同じ33%の決定率で、「彼の4つのリーグ戦でのゴールと33%のゴールコンバージョン率によって、すでにパークヘッド(セルティックの本拠地がある地区)のちょっとしたカルトヒーローになっている」と紹介されている。 なお、セルティックからはスイス代表FWアルビアン・アイエティも6位にランクイン。古橋の控えという立場だが、25%と高い決定率を誇っている。 <span class="paragraph-title">【動画】古橋亨梧の決定力</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">This angle of Jota’s assist <br><br>Full video comp of his performance against Ferencvárosi droppin in a few minutes <br><br> <a href="https://t.co/prfKhu0d5J">pic.twitter.com/prfKhu0d5J</a></p>&mdash; Benfica Youth (@SLBenficaYouth) <a href="https://twitter.com/SLBenficaYouth/status/1450524424193679361?ref_src=twsrc%5Etfw">October 19, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.21 19:20 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly