約2年の沈黙破りハットトリック! ベラルーシ戦逆転勝利を喜ぶベイル「大きな勝利だ」

2021.09.06 13:50 Mon
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ハットトリックの活躍を見せたレアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイルが喜びの言葉を語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

ベイルは5日に行われたカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループE第5節のベラルーシ代表戦に先発。5分にボックス内で相手GKに倒され、PKを獲得すると、これを自ら沈めた。ベイルにとって、2019年10月13日に行われたユーロ2020予選のクロアチア代表戦以来、約2年ぶりとなる代表でのゴールで先制したウェールズだったが、29分、30分と立て続けに失点を喫し、逆転を許してしまう。

しかし、69分には再びベイルがPKを決めて試合を振り出しに戻すと、後半アディショナルタイムに左サイドからのクロスにダイレクトボレーで合わせ、勝ち越しに成功。試合はこのまま3-2で終了し、ハットトリックを記録したベイルは逆転勝利の立役者となった。

試合後、ベイルは打ち合いを制しての勝利を喜んだ。

「これは大きな勝利だよ。すべての試合が重要で、勝つことを期待されているこの種の試合は、おそらく最も難しい」

「すべてが不利な状況で、前半は決して良いものではなかったけど、後半はそれを一変させ、前に出ていくことができたね」

また、残りの予選の試合については「予選はまだ続いている。非常に素晴らしいベルギー代表に敗れはしたけど、他のすべての試合に勝つことが重要なんだ」と意気込んだ。

さらに、自身が挙げた得点についてを嬉々として振り返った。

「頭の中ではユーロでのPK失敗のことを考えていたけど、今夜のPKでの2得点は重要なゴールだったので、素晴らしかったと思うよ」

「勝ち越し点は、最後の力を振り絞って決めたもので、最後の数秒で決めようと思っていた。とても嬉しかったね」

「遠征やピッチといった面で、すべてがうまくいっていなかった。しかし、ありがたくも勝ち点3を獲得し、難しい状況を抜け出すことができたんだ」

関連ニュース
thumb

20歳のU-21ウェールズ代表GKが精巣ガンと診断「最初の診断は本当にショック」

ノリッジは18日、スコットランドのリビングストンへとレンタル移籍中のU-21ウェールズ代表GKダニエル・バーデン(20)が精巣ガンを患っていることを発表した。 クラブの発表によると、バーデンは最初の診断を受けた後、フォローアップの検査を受診。今後は、綿密なモニタにングの下で治療を続けていくとのことだ。 バーデンは、アーセナルの下部組織出身で、2018年11月にノリッジの下部組織へと移籍。2020年7月にファーストチームへと昇格を果たした。 今シーズンはリビングストンへとレンタル移籍し、スコティッシュ・プレミアシップの出場はないものの、リーグカップで1試合に出場していた。 ガンと診断されたバーデンはクラブを通じてコメントしている。 「とても難しく、困難さ時期だった。ただ、家族が友人、同僚のサポートのおかげで、この数週間を乗り越えることができた」 「ノリッジとリビングストンのメディカルチーム、そしてロイヤル・マーズデン病院の皆さんには感謝してもし切れない。全ての検査の早さは尋常ではなく、誰もが僕に協力してくれた」 「ダニエル・ファルケ監督、リビングストンのデイビッド・マーティンデール監督もとても協力的だった」 「最初の診断を受けた時は本当にショックだった。でも、早期に発見できたことで、予後も次のステップも、すべてポジティブなものとなった」 「僕は楽観的で、前向きな考え方をしている。病気に打ち勝って、すぐに好きなことをしに戻ってこれるt確信している」 「僕を支えてくれた周りのみんなには感謝したい。これからの時期は厳しい状況が続くと思うけど、現段階では僕と家族のプライバシーに配慮してもらいたい。可能な限り、僕の進捗状況を伝えたいと思う」 「応援してくれたみんな、本当にありがとう。また近いうちに会いましょう」 精巣ガンを患った選手では、元オランダ代表FWアリエン・ロッベンは20歳の時に精巣ガンを患ったが克服。その後はチェルシー、レアル・マドリー、バイエルンなどで数々のタイトルを獲得している。 また、アトレティコ・マドリーやデポルティボ・ラ・コルーニャでプレーしたGKフランシスコ・モリーナも精巣ガンを患ったが、1年かからずに復帰を果たしていた。 2021.10.18 20:43 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルギーに次ぐ2番手争うウェールズとチェコが共に白星《カタールW杯欧州予選》

カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のグループE第8節、エストニア代表vsウェールズ代表が11日に行われ、アウェイのウェールズが0-1で勝利した。 首位のベルギー(勝ち点16)が独走態勢に入る中、2位でのプレーオフ行きを目指す3位のウェールズ(勝ち点8)は、5位のエストニア(勝ち点4)のホームに乗り込んだ。 ウェールズはエースのベイル不在も、ロドンやラムジー、ジョー・アレン、ハリー・ウィルソン、ダニエル・ジェームズといった主力を起用。 キックオフ直後こそエストニアのアグレッシブさに後手を踏んだウェールズだが、ウィルソンの直接FK、コナー・ロバーツの強烈な左足のミドルシュートと続けて決定機を創出。すると、12分には左CKの二次攻撃からラムジーが放ったヘディングシュートのこぼれ球をムーアが押し込んで先制に成功した。 早い時間帯の先制点によって、ここから一気にウェールズペースかに思われたが、エストニアの堅守速攻に手を焼くアウェイチームはボールこそ握るものの、試合を完全に支配できない。その後、前線で強さを見せるムーアを起点に幾度か決定機まで持ち込んだものの、最少得点差で試合を折り返した。 後半もほぼ互角の展開に持ち込まれて苦しいウェールズは、ダニエル・ジェームズの快足を生かしたカウンターから追加点を目指すものの、ゴールが遠い。 逆に、77分にはボックス内でシニャフスキーに絶好機を与えるが、ここはGKウォードのビッグセーブで事なきを得た。その後も一進一退の攻防が続いたが、何とか粘りの戦いで勝ち切ったウェールズが敵地から貴重な勝ち点3を持ち帰ることになった。 また、同日行われたベラルーシ代表vsチェコ代表は、アウェイのチェコが0-2で勝利した。 ウェールズと同勝ち点ながら2位に位置するチェコ(勝ち点8)が、最下位のベラルーシ(勝ち点3)のホームに乗り込んだ一戦。 序盤から優勢に試合を進めたチェコは22分、波状攻撃からサディレクの浮き球のパスにボックス右で反応したシックが見事な左足のダイレクトボレーを沈め、幸先よく先制に成功した。 そして、1点リードで試合を折り返したアウェイチームは65分、右サイドからドリブルで切り込んだシックがDFを引き付けてボックス左のフロジェクに短いスルーパスを通すと、フロジェクが相手DFのブロックを弾く強烈な左足のシュートを突き刺し、値千金の代表初ゴールとした。 これで勝利を大きく近づけたチェコは3点目こそ奪えなかったが、ベラルーシの反撃を枠内シュート0で抑え込んで2-0の完勝。1試合消化数が多いものの、2位キープに成功した。 エストニア代表 0-1 ウェールズ代表 【ウェールズ】 ムーア(12分) ベラルーシ代表 0-2 チェコ代表 【チェコ】 シック(22分) フロジェク(65分) 2021.10.12 06:16 Tue
twitterfacebook
thumb

ケガがちのラムジーがユベントスのせいにする「クラブと代表では違う」

ウェールズ代表MFアーロン・ラムジーが、ユベントスでの調整方法に不満を口にした。 ラムジーは2019年7月にアーセナルからフリートランスファーで加入。しかし、加入後は筋肉系の負傷が相次ぎ、まともなプレー時間を確保できていない。 過去2シーズンで公式戦65試合に出場し6ゴール6アシストを記録。しかし、毎年ケガを繰り返しており、プレータイムは試合数以上に少なくなっている。 今シーズンもここまで4試合に出場しているが、プレーした時間は107分。先発出場は1試合のみで、3試合は途中出場という状況だ。 一方で、ウェールズ代表としてはユーロ2020で4試合に出場。大会前の親善試合も合わせらば6試合に出場し5試合で先発、3試合でフル出場しており、クラブより代表チームの方がプレーしているといういびつな状況だ。 今回、カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選に臨むウェールズ代表に合流したラムジーは、8日のチェコ代表戦を前にコメント。調整方法の違いを口にし、ウェールズ代表の調整方法が自分に合っていると語った。 「クラブとここ(ウェールズ代表)では、トレーニングの哲学や方法が違う」 「ここには僕を何年も管理してきた人がたくさんいる。彼らは僕の能力を最大限に引き出す方法を知っているし、僕がユーロで見せたように、連続して多くの試合に出場することを許可してくれる」 「僕にはその能力があり、良いパフォーマンスをすることができる。調子も良いし、準備もできている」 ウェールズ代表の調整法を持ち上げることで、暗にユベントスでの調整やコンディション管理が適していないと語るラムジー。放出候補とも見られていた中で、その動きが1月に向けて加速するかもしれない。 2021.10.08 08:15 Fri
twitterfacebook
thumb

負傷離脱続くベイル、やはり11月までかかる様相

レアル・マドリーのウェールズ代表FWガレス・ベイルはやはり11月まで復帰できなさそうだ。スペイン『マルカ』が報じた。 今季からレンタル先のトッテナムから戻り、ラ・リーガ開幕から3試合連続で先発して1ゴールを記録したベイル。先の代表ウィークでも国際親善試合を含む3試合でプレーして、そのうちのカタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選グループE第5節のベラルーシ代表戦でハットトリックの活躍を披露した。 だが、レアル・マドリーに合流してからの練習で右足ハムストリングの違和感をアピールして、先月12日に本拠地で行われたラ・リーガ第4節のセルタ戦に続き、15日に敵地で行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループD第1節のインテル戦も欠場。一部メディアで2カ月離脱の見込みも浮上している。 そうしたなか、カルロ・アンチェロッティ監督は19日に敵地で行われたラ・リーガ第5節のバレンシア戦に先駆けた会見で復帰時期の見通しが立っていない状況を明らかにしつつ、長期離脱の可能性も示唆。そして、ロバート・ページ暫定監督も既報通り、復帰に11月まで時間を要する見込みを口にした。 「ベイルや我々のメディカルチームと連絡を取り続けており、ケガの状態を確認している」 「ハムストリングのケガはグレード1〜4で評価されるが、彼は4に近いものだ。重いケガであり、残念だが、(10月の)次のインターナショナルウィンドーは彼にとって早すぎる」 「しかし、回復のペースは幸いにも見込みよりも早く、我々は11月に復帰できると確信している」 その見立て通りなら、11月の代表ウィークに先駆け、まずレアル・マドリーで戦線復帰を果たすことが予想されるという。これ以上、復帰時期が早まりそうな感じではないだけに、しっかりとリカバリーした状態で戻ってこられる否かが今後の焦点となりそうだ。 2021.10.01 17:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ウェールズ代表が発表! 負傷のベイルは招集外《カタールW杯欧州予選》

ウェールズサッカー協会(FAW)は28日、10月のカタール・ワールドカップ(W杯)の欧州予選に向けた代表メンバー28名を発表した。 ロバート・ページ暫定監督は、今回のインターナショナルマッチウィークに向け、DFベン・デイビス(トッテナム)やMFアーロン・ラムジー(ユベントス)、MFハリー・ウィルソン(フルアム)、ダニエル・ジェームズ(リーズ)といった主力を順当に選出。また、FWソルバ・トーマス(ハダースフィールド)が唯一の初選出となった。 その一方で、負傷離脱中のFWガレス・ベイル(レアル・マドリー)は招集外となっている。 現在、カタールW杯グループEで3位に位置するウェールズは、10月8日にアウェイでチェコ代表と対戦し、同11日には同じくアウェイでエストニア代表と対戦する。 ◆ウェールズ代表メンバー28名 GK ウェイン・ヘネシー(バーンリー/イングランド) ダニー・ウォード(レスター・シティ/イングランド) アダム・デイビス(ストーク・シティ/イングランド) DF トム・ロッキャー(ルートン・タウン/イングランド) クリス・ガンター(チャールトン/イングランド) クリス・メファム(ボーンマス/イングランド) リース・ノリントン=デイビス(シェフィールド・ユナイテッド/イングランド) ジョー・ロドン(トッテナム/イングランド) ベン・デイビス(トッテナム/イングランド) ネコ・ウィリアムズ(リバプール/イングランド) コナー・ロバーツ(バーンリー/イングランド) イーサン・アンパドゥ(ヴェネツィア/イタリア) ジェームズ・ローレンス(ザンクト・パウリ/ドイツ) MF ルビン・コルウィル(カーディフ) マーク・ハリス(カーディフ) ディラン・レビット(ダンディー/スコットランド) ジョナサン・ウィリアムズ(スウィンドン・タウン/イングランド) デイビッド・ブルックス(ボーンマス/イングランド) ジョー・モレル(ポーツマス/イングランド) ブレナン・ジョンソン(ノッティンガム・フォレスト/イングランド) マシュー・スミス(ハル・シティ/イングランド) ハリー・ウィルソン(フルアム/イングランド) ジョー・アレン(ストーク・シティ/イングランド) アーロン・ラムジー(ユベントス/イタリア) FW ダニエル・ジェームズ(リーズ・ユナイテッド/イングランド) タイラー・ロバーツ(リーズ・ユナイテッド/イングランド) キーファー・ムーア(カーディフ) ソルバ・トーマス(ハダースフィールド/イングランド)※ ※初招集 2021.09.28 23:29 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly