ピャニッチのベシクタシュへのレンタルが正式決定!

2021.09.03 07:18 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ベシクタシュは2日、バルセロナからボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(31)を1年間のレンタル移籍で獲得したことを発表した。

なお、移籍市場に精通するイタリア人ジャーナリストのニコロ・スキラ氏が伝えるところによれば、バルセロナとベシクタシュはこのレンタル期間中に、650万ユーロ(約8億5000万円)と言われるピャニッチの年俸を50%ずつ折半するようだ。

昨夏にブラジル代表MFアルトゥールとのトレードで、ユベントスからバルセロナへ移籍したピャニッチ。昨季は公式戦30試合に出場したものの、シーズン後半はロナルド・クーマン監督の構想外となっていた。

そして、財政難に喘ぐバルセロナは今夏の売却候補筆頭に同選手を挙げていたものの、古巣であり自身も復帰を望んだとされるユベントス移籍は破談に終わり、その他の移籍先候補との交渉もうまくいかず、8月31日にヨーロッパ5大リーグの移籍市場が閉幕。

これにより、ピャニッチは来年1月までバルセロナで飼い殺し状態となるはずだった。

そういった中、出場機会を望むピャニッチ、同選手の高額なサラリー支払いを回避したいバルセロナの思惑が合致する形で、5大リーグ以外で移籍市場がまだ開いているクラブへの移籍の可能性を模索。そして、新天地はキャリア初となるトルコとなった。


関連ニュース
thumb

W杯予選前夜の喫煙&飲酒で代表追放と報じられたピャニッチが真っ向否定「フェイクニュース」

ベシクタシュのボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが、代表チームからの追放の噂を否定した。 今夏バルセロナからベシクタシュへとレンタル移籍したピャニッチ。カタール・ワールドカップ(W杯)欧州予選のフィンランド代表戦に出場していたものの、その後にボスニア・ヘルツェゴビナサッカー連盟(NSBiH)がピャニッチの代表追放に関する声明を発表していた。 しかし、この声明は数分で削除。ピャニッチはウクライナ代表との最終戦に出場していなかった。 問題とされたのは、フィンランド代表戦の前夜に、喫煙と飲酒をしているという写真が出回ったことに始まる。 その写真には水タバコを吸い、飲酒しているピャニッチの姿が、ボスニア・ヘルツェゴビナメディアは、このことを大きく報じ、代表を追放されたと報道。国全体を失望させたとしていた。 ピャニッチはフィンランド戦に出場も、パフォーマンスが悪く66分に交代。そのことも相まって、かなりの批判が寄せられていた。 報道では、イバイロ・ペテフ監督がこの行為に激怒し、ピャニッチを代表チームから追放させたとしていたが、実はこれはフェイクニュース。そのため、代表追放は勘違いによるものだったが、結果としてウクライナ戦はプレーしなかった。 ピャニッチは自身のインスタグラムのストーリーズで「フェイクニュース」としてこの件に言及。「このニュースを公式に否定する。プレーしないということは、監督と話し合った上での決断だった」と、W杯出場の可能性がフィンランド戦で潰えたことでプレーしなかったと説明した。 また、事の発端となった写真についても言及し「ところで、この写真は古いものだよ」と綴り、自身の写真であるものの、フィンランド戦の前夜という話はウソだと主張した。 <span class="paragraph-title">【写真】ピャニッチ追放の理由とされた喫煙&飲酒の場面</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">OFFICIAL: Miralem Pjanić has been dropped from the Bosnian national team. He played 66 minutes vs Finland and was booed off for his poor display. <a href="https://twitter.com/hashtag/BIH?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#BIH</a> <br><br>Multiple news outlets reporting Pjanić was smoking hookah and drinking the night before the match.. Let a whole country down. <a href="https://t.co/BbCeoa3ohz">pic.twitter.com/BbCeoa3ohz</a></p>&mdash; BH live (@BHlive_official) <a href="https://twitter.com/BHlive_official/status/1460669093326069765?ref_src=twsrc%5Etfw">November 16, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.11.18 13:18 Thu
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュ、ピャニッチの買い取りを希望か

バルセロナからレンタルで加入しているボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチ(31)に関して、ベシクタシュは完全移籍を希望しているようだ。スペイン『アス』が伝えた。 2020年夏に加入したバルセロナでは、ロナルド・クーマン監督の構想外となり、公式戦30試合でノーゴールノーアシストと輝けなかったピャニッチだが、今シーズンからレンタル移籍でベシクタシュに加入。ケガに悩まされながらも公式戦8試合で4アシストと一定の結果を残している。 ピャニッチのレンタル期間は2022年6月30日までとなっており、予定ではバルセロナへ復帰が既定路線となっているが、ベシクタシュは完全移籍での買い取りを希望しているようだ。 加入からわずか2カ月でチームの重要な選手の一人となったピャニッチについて、ベシクタシュのアーメット・ヌール・セビ会長は次のようにコメントしたという。 「ピャニッチは世界的に有名な選手だ。我々は彼を買い取りたいと思っているが、それは条件次第だ。身の丈以上の大きなことには絶対に挑戦しない。我々の予算内で取引ができることを願っているよ」 なお、ピャニッチとバルセロナの契約は2024年までで、市場価格は1500万ユーロ(約20億円)程度とみられているが、バルセロナ側に売却の意思があるため、900万ユーロ(約12億円)程度で合意する可能性があるとのことだ。 2021.11.15 08:01 Mon
twitterfacebook
thumb

“司令塔”グティが将来を語る 「夢はレアル・マドリーの監督をすること」

かつてレアル・マドリーで長年に渡ってプレーした元スペイン代表MFのグティ氏が自身の将来について語った。 ルックスでも人気を博した司令塔はマドリーの生え抜きとしてプレー。ファーストチームでは1995年のデビューから14シーズンを過ごすと、2010年夏にベシクタシュへと移籍し、2011年11月に現役を引退していた。 引退後は指導者としてのキャリアを歩み、古巣のマドリーのU-19にあたるフベニールAで監督を務めていたグティ氏。その後はベシクタシュのアシスタントコーチに就任すると、2019-20シーズンはアルメリアを指揮した。 そんなグティ氏がスペイン『アス』のインタビューに応対。古巣マドリーの指揮官に就任することが夢だと語ったうえで、現役ラストシーズンを過ごしたベシクタシュへの愛着も示した。 「私の夢はレアル・マドリーの監督をすることだが、もしトルコからオファーがあったり、チャンスがあれば、それもいいだろう」 「私はチームの監督をしたい。でも、ベシクタシュのライバルであるフェネルバフチェやガラタサライの指揮官には就任できない。もし、彼らからのオファーがあっても断るつもりだ。受け入れられない」 「ベシクタシュのチャンピオンズリーグの試合はライブで見ているし、トルコリーグの試合も追っている。もちろん、スタジアムを見れば戻ってきたいと思うが、今のところそのような機会はない」 2021.11.01 17:06 Mon
twitterfacebook
thumb

「あのクソが」クーマン解任に反応したピャニッチが投稿を削除し弁明「ご活躍をお祈りします」

バルセロナからベシクタシュへとレンタル移籍しているボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが、ロナルド・クーマン監督解任に反応した。スペイン『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 2020年夏にブラジル代表MFアルトゥールとのトレードでユベントスからバルセロナへと加入したピャニッチは昨シーズンの後半からクーマン監督の構想外となると、今シーズンは1度も試合に出場することなく、9月4日にベシクタシュへのレンタル移籍が発表されていた。 ベシクタシュ移籍後も度々クーマン監督への不満を語っていたピャニッチだが、27日にクーマン監督の解任が発表されると、自身のインスタグラムのストーリーズを更新。「いつあのクソが解任されるかわかっている」と名指しはしないものの、明らかにクーマン監督を意識した文章を投稿した。 しかし、恨み全開の投稿が広まると、ピャニッチは投稿を削除。クーマン監督の健闘を祈った。 「誰もが画面に釘付けになっているこの世界では、誰かの言葉を誤って引用したり、文脈を無視して切り取ったりするのはとても簡単なことだ」 「僕はこれまでのキャリアを通じて、間接的にも直接的にも、意図的に誰かを傷つけようとしたことはない。僕はすべての人を尊重するように育てられた」 「そして、僕はこれからもあらゆる面でそれを続けていきたいと思っている。ロナルド・クーマン氏の今後のご活躍をお祈りします」 「僕はチームのためにベストを尽くすことに集中し続けます」 <span class="paragraph-title">【写真】ピャニッチとクーマンの2ショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="twitter-tweet"><p lang="en" dir="ltr">Miralem Pjanic on his Instagram story a day after Ronald Koeman was sacked <a href="https://t.co/3gqw88FQCj">pic.twitter.com/3gqw88FQCj</a></p>&mdash; B/R Football (@brfootball) <a href="https://twitter.com/brfootball/status/1453717727688933378?ref_src=twsrc%5Etfw">October 28, 2021</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> 2021.10.29 18:35 Fri
twitterfacebook
thumb

今夏トルコ移籍のピャニッチ、またもクーマンに恨み節「何も説明がなかった」

バルセロナからベシクタシュへとレンタル移籍したボスニア・ヘルツェゴビナ代表MFミラレム・ピャニッチが、ロナルド・クーマン監督への不満を再び語った。スペイン『マルカ』が伝えた。 2020年夏にブラジル代表MFアルトゥールとのトレードでユベントスからバルセロナへと加入したピャニッチ。昨シーズンの前半戦は起用されていたが、2月から5月まではベンチ入りするも出場機会はなくなるなど、クーマン監督の構想外となった。加えて、今シーズンは状況がさらに悪化。1度も試合に出場することなく、9月4日にベシクタシュへのレンタル移籍が発表されていた。 移籍が決まったタイミングでも『マルカ』に対しクーマン監督への不満をぶちまけていたピャニッチ。トルコ『beIN Sports』のインタビューでも再び批判した。 「クーマンが何を求めていたのか、いまだによくわからないよ。彼は僕に何も説明しようともせず、解決策を見つけようともしなかった」 「このポジションで、僕に何を求めているのか、僕のやっていることは間違っているのか、チームに早く適応するためにはどうしたらいいのか、役に立つためにはどうしたらいいのか。それを僕は聞きたかったんだ」 また、チャンピオンズリーグ(CL)では開幕から連敗を喫し、ラ・リーガでも7試合を終え、9位と低迷を続けるバルセロナの現状についても言及。クラブが強さを取り戻すには優れたリーダーが必要だろうと話した。 「バルセロナは難しい状況にある。結果は、ファンの思い通りにならない。選手たちはプレッシャーを感じていると思うよ」 「チームが改善するには、優れたリーダーが必要なのかもしれないね。バルセロナは世界でも5本の指に入る名門だ。いつかは昔のように戻るだろうけど、それには時間がかかると思う」 2021.10.06 13:20 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly