シティのロバーツとサンドレルが武者修行へ! 傘下のトロワで再起図る

2021.09.01 15:01 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
マンチェスター・シティは8月31日、イングランド人MFパトリック・ロバーツ(24)とオランダ人DFフィリップ・サンドレル(24)がトロワへレンタル移籍したことを発表した。両選手ともに契約期間は今シーズン終了までとなる。

2014年にフルアムでプロデビューしたロバーツは細かいタッチでのドリブルを武器に頭角を現すと、10代の選手としては高額な移籍金1000万ポンド(約14億4000万円)で2015年夏にマンチェスター・シティへと引き抜かれた。

そして、同シーズンにシティで公式戦に3試合出場した後、2016年冬からセルティックで武者修行。2年半の在籍で主力ウインガーとして公式戦78試合の出場で18得点を記録した。

しかし、その後は伸び悩むことに。2018-19シーズンから昨季終了までにジローナ、ノリッジ・シティ、ミドルズブラ、ダービー・カウンティを渡り歩いたものの、公式戦に合計61試合出場で2ゴール5アシストに終わっている。

一方、サンドレルは2018年7月にオランダのズウォレからシティに加入。センターバックを本職としながら、ディフェンシブハーフもこなすことができ、2019年1月のFAカップ3回戦・ロザラム・ユナイテッド戦でデビューを果たした。

だが、加入1年目のトップチームでの出場は公式戦2試合に留まり、2019-20シーズンにシティのレジェンドであるヴァンサン・コンパニ監督率いるアンデルレヒトにレンタル移籍。公式戦11試合に出場し、1アシストを記録した。

昨年は所属元のシティに戻ったものの足首のケガでシーズンを棒に振り、トップチームでの出場はなし。U-23チームにてプレミアリーグ2ディビジョン1での5試合に出場した。

ロバーツとサンドレルはともに、シティ・フットボール・グループ(CFG)の傘下であり、リーグ・ドゥ(フランス2部)から4年ぶりの昇格を果たしたトロワで再起を図る。

関連ニュース
thumb

昇格組ノッティンガム・フォレストが右SB補強、フランス人DFビアンコーネを獲得

ノッティンガム・フォレストは3日、トロワのフランス人DFジウリアン・ビアンコーネ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。 契約期間は2025年6月までの3年間となる。 モナコの下部組織育ちのビアンコーネは、2018年7月にファーストチームに昇格。その後、セルクル・ブルージュへ2度のレンタル移籍を経験。2021年8月にトロワへと完全移籍した。 右サイドバックを主戦場にセンターバック、左サイドバックでもプレーするビアンコーネは、モナコでは公式戦7試合で1ゴール。セルクル・ブルージュでは45試合で2ゴール3アシスト、トロワでは33試合で1ゴール2アシストを記録した。 また、U-19フランス代表歴があり、4試合でプレーした。 2022.07.03 20:55 Sun
twitterfacebook
thumb

シティ・フットボール・グループが逸材FWサヴィーニョ確保! トロワからPSVへ即レンタルへ

シティ・フットボール・グループ(CFG)がアトレチコ・ミネイロのU-20ブラジル代表FWサヴィーニョ(18)の獲得に成功した。 CFGが保有するフランスのトロワは6月30日、サヴィーニョを完全移籍で獲得した。 アトレチコ・ミネイロの発表によると、移籍金は650万ユーロ(約9億2000万円)+ボーナス600万ユーロ(約8億5000万円)となる見込みで、さらに将来的なリセール時の12.5%が支払われる。 サヴィオやサヴィオ・モレイラとも呼ばれる18歳の左利きのアタッカーは、2018年にアトレチコ・ミネイロの下部組織に加入。その後、2020年9月にトップチームデビューを果たすと、ここまで公式戦33試合に出場し、2ゴールを記録している。 右ウイングを主戦場に爆発的なスピードと圧倒的なボールスキルを併せ持つ176cmの生粋のドリブラーは、プレー判断やフィニッシュの精度は粗削りも、次代のセレソンを担うことが期待される大器だ。 なお、将来的にはCFGのフラグシップクラブであるマンチェスター・シティへのステップアップも見込まれる逸材は、トロワからPSVへ即レンタルとなる予定だ。 2022.07.01 13:27 Fri
twitterfacebook
thumb

メガネはダメ! 数秒で2枚のイエローもらい退場、主審への抗議が仇に

リーグ・アンで珍事が起こった。 注目のシーンが生まれたのは1日に行われたリーグ・アン第35節のトロワvsリールの一戦だ。 わずかながら来シーズンのヨーロッパのコンペティション出場の可能性があったリールだが、この試合ではポルトガル代表MFレナト・サンチェスが退場処分を受けることとなった。 問題のシーンは50分。相手陣内のライン際でファウルを犯したレナト・サンチェスが抗議を続けると、ウィリー・デラホッド主審がイエローカードを提示する。 この判定に納得がいかなかったのか、レナト・サンチェスは抗議をしながら激しく何かを口に。そして、メガネや双眼鏡を示すようなジェスチャーを見せた途端、2枚目のイエローカードが提示され、退場となってしまった。 数秒の間で2枚のイエローカードを出されたレナト・サンチェス。退場になった瞬間、本人も何が起きたのかわからずその場にフリーズ。その後理解したのか、主審に詰め寄ると、眼鏡や双眼鏡を表すジェスチャーがダメだと言わんばかりに、主審も同じジェスチャーを取り退場とした。 しかし、『イレブン・スポーツ』によれば、レナト・サンチェスは、「よくみろ」という意味で行ったジェスチャーではなく、「よく見えてるな」という意味でやったのではないかと見解を示している。 いずれにしても、抗議が過ぎたことが退場につながってしまったわけだが、この試合ではトロワが3-0で勝利。その全てがPKによる得点だったということもあり、リール側としてはなんとも煮え切らない展開になったと言える試合だった。 <span class="paragraph-title">【動画】メガネはダメ! 数秒で2枚のイエローに呆然と立ち尽くす…</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/reel/CdDbXsNgmVU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/reel/CdDbXsNgmVU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/reel/CdDbXsNgmVU/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">ELEVEN Portugal(@elevensportspt)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.05.02 21:25 Mon
twitterfacebook
thumb

かつて磐田在籍のFWジェルソン・ロドリゲスがトロワで一時解雇…度重なる規律違反を問題視

トロワは16日、ディナモ・キエフからレンタル中のルクセンブルク代表FWジェルソン・ロドリゲス(26)に対して、予防的一時解雇の措置を講じたことを発表した。フランス『レキップ』が伝えている。 2019年にジュビロ磐田に半年間在籍したロドリゲスは、ルクセンブルク代表として通算41試合10ゴールの数字を残す、身体能力に優れるアタッカー。 磐田から完全移籍したディナモ・キエフでは思うように出場機会を得られず、ここまでトルコのアンカラギュジュ、今季からはリーグ・アンのトロワにレンタル移籍していた。 今シーズンここまでのリーグ・アンでは12試合1ゴール1アシストの数字を残していた同選手だったが、昨年12月には度重なる遅刻など、複数の規律違反によってクラブ内部で処分を科され、リーグ戦4試合を欠場していた。 その後、ブルーノ・イルレ新監督就任に伴い、再びチャンスが与えられたが、またしても規律違反が確認されたことを受け、クラブは予防的一時解雇の措置を講じた。 この処分によってロドリゲスは、期間中にトレーニング施設やクラブハウス、試合会場への立ち入りができなくなり、給与も受け取ることができない。 なお、今後実施されるクラブによる違反行為の調査結果次第では契約解除に至る可能性が高いようだ。 2022.02.17 06:30 Thu
twitterfacebook
thumb

監督解任のトロワ、過去に横浜F・マリノス率いたモンバエルツ氏が暫定指揮官に

トロワはローラン・バトレ監督(46)の解任を発表した。 なお、暫定指揮官にエリク・モンバエルツ氏(66)が任命されている。 2019年に当時リーグ・ドゥに所属していたトロワの新指揮官に就任したバトレ監督は、昨シーズンのリーグ・ドゥ優勝を果たし、リーグ・アン昇格に導いた。 『シティ・フットボール・グループ』の傘下に入ってから、最初のフルシーズンとなる今シーズンは、ここまでのリーグ戦で4勝5分け10敗の15位に位置していた。 しかし、クラブ首脳とバトレ監督は直近の会談の結果、後半戦スタートを前に双方合意の下で契約を解消することになった。 なお、長期的な後任候補が決定するまでは過去に横浜F・マリノスを率いたことでも知られるモンバエルツ氏が暫定指揮官を担う。 パリ・サンジェルマン(PSG)やギャンガン、カンヌ、トゥールーズ、U-21フランス代表、ル・アブールと母国フランスで監督を歴任した同氏は、2015年2月に横浜F・マリノスの監督に就任すると、2018年1月に退任。2019年6月からメルボルン・シティFCの監督に就任し、2020年9月までチームを指揮していた。 2022.01.01 00:39 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly