山口が隣県・福岡の生え抜きDF桑原海人を育成型期限付き移籍で獲得

2021.08.31 18:28 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
レノファ山口FCは31日、アビスパ福岡のDF桑原海人(20)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。

移籍期間は2022年1月31日までとなり、背番号は「41」に決まった。

桑原は福岡のU-18出身で、2019年からトップチームでプレーしていた。

2020シーズンは明治安田生命J2リーグで2試合に出場。今シーズンはYBCルヴァンカップで2試合、天皇杯で1試合に出場していた。

桑原は両クラブを通じてコメントしている。

◆レノファ山口FC
「アビスパ福岡から期限付き移籍で加入する桑原海人です。チームの勝利に貢献できるよう全力で戦います」

「福岡を出ての生活は初めてになるので新生活をとても楽しみにしています。レノファ山口FCファン・サポーターの皆さんこれからよろしくお願いします」

◆アビスパ福岡
「この度、レノファ山口FCへ期限付き移籍することになりました。まずは試合に出られるようアビスパで積み上げてきたことを武器に猛アピールしたいと思います」

「山口は隣の県ですので、コロナが落ち着いついたら、ぜひスタジアムにも来てください」

「たくさんの経験を積んで成長した姿を皆さんにお見せできるよう精一杯頑張ってきます。いってきます!」


関連ニュース
thumb

山口、選手1名が新型コロナ陽性疑いで新体制発表会が中止に

レノファ山口FCは21日、選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定の疑いがあるとした。 なお、現時点では陽性の確定、濃厚接触者の確定ができていないとのこと。そのため、22日の新体制発表会を中止にすることを発表した。 キャプテン、副キャプテンやチームスローガンは別途発表されるとのことだ。 2022.01.21 22:43 Fri
twitterfacebook
thumb

山口の選手1名が新型コロナ陽性判定、選手1名が濃厚接触者に

レノファ山口FCは18日、トップチームの選手1名が新型コロナウイルス(COVID-19)の陽性判定を受けたことを発表した。 クラブの発表によると、選手1名は症状がなく、18日にPCR検査で陽性を受けたとのこと。現在は適切な対策のもと、療養しているという。 また、選手1名が濃厚接触者であると保健所に判定されたとのことだ。 トップチーム関係者への抗原検査では、当該選手以外全員が陰性だったという。 2022.01.18 21:22 Tue
twitterfacebook
thumb

元日本代表MF山瀬功治、新天地は山口に決定! 「40代に突入した身ではありますが…」

レノファ山口FCは7日、愛媛FCに所属した元日本代表MF山瀬功治(40)の完全移籍加入を発表した。 山瀬はコンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)、浦和レッズでのプレーを経て、2005年から横浜F・マリノスに移籍すると、日本代表に選出。その後、川崎フロンターレ、京都サンガF.C.、アビスパ福岡を渡り歩き、2019年から愛媛に活躍の場を移した。 その愛媛でも初年度から明治安田生命J2リーグ38試合の出場で4得点と活躍。前年に32試合1得点の数字を残しての昨季も27試合1得点と奮闘したが、チームが20位フィニッシュでJ3リーグ降格となるなか、自身も契約満了でチームを離れることが決定した。 新シーズンから山口でプレーすることが決まり、Jリーグ8チーム目となる山瀬はクラブを通じて、意気込みを語っている。 「レノファ山口のファン、サポーターのみなさんはじめまして山瀬功治です。今シーズンからレノファ山口でプレーさせていただくことになりました。まずは、現役引退も覚悟していた自分にサッカー選手としてプレーする機会を与えてくださったチームに心から感謝いたします」 「40代に突入した身ではありますが、これまで培ってきた経験や技術など、チームの力になれる事がありますし、僕自身、まだまだこの山口で成長していきたいと思っています」 「また、個人的に好きな『吉田松陰』ゆかりの地でプレーできることも何かの縁を感じています。少しでもみなさんが喜ぶ結果を出せるよう、自分の持てる全ての力をチームの為に注ぎますのでぜひ共に戦ってください。今年1年応援よろしくお願いいたします」 2022.01.07 18:16 Fri
twitterfacebook
thumb

山口が鳥栖FW兒玉澪王斗を育成型期限付き移籍で獲得、昨季途中からは相模原でプレー

レノファ山口FCは7日、サガン鳥栖のFW兒玉澪王斗(19)が育成型期限付き移籍で加入することを発表した。 なお、移籍期間は2023年1月31日となっており、鳥栖との公式戦には出場できない。 兒玉は鹿児島県出身で、鳥栖のU-18から2020年にトップチームへ2種登録。2021シーズンから正式に昇格した。 2021シーズンはYBCルヴァンカップで4試合に出場すると、シーズン途中からSC相模原へと期限付き移籍。明治安田生命J2リーグで16試合に出場し2得点を記録していた。 兒玉は山口を通じて「あけましておめでとうございます。この度サガン鳥栖からきました、兒玉澪王斗です。少しでも早くチームに溶け込み、レノファ山口の力になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」と意気込みを語っている。 また鳥栖を通じては「あけましておめでとうございます。この度、レノファ山口に育成型期限付き移籍することになりました。成長した姿を見せれるように戦ってきます。応援よろしくお願いします」と成長を誓った。 半年在籍した相模原を通じては「あけましておめでとうございます。この度レノファ山口に育成型期限付き移籍することになりました。昨年度シーズン中に相模原の一員になり、心強いチームメイト、チームスタッフ、相模原に関わる方々、サガミスタの皆様に出会うことでき、また共に戦うことができ幸せでした。ありがとうございました。次も新天地で皆様の耳に自分の名前が届くよう頑張ります。これからも応援よろしくお願いします!」と感謝の気持ちを述べている。 2022.01.07 17:58 Fri
twitterfacebook
thumb

山口DF起海斗が九州Lの沖縄SVへ期限付き移籍、昨季は北信越Lの福井ユナイテッドFCでプレー

レノファ山口FCは6日、DF起海斗(21)が九州サッカーリーグの沖縄SVへと期限付き移籍することを発表した。 期限付き移籍期間は2023年1月31日までとなる。 起は興国高校出身で、2019年に山口へ入団。2021年7月に北信越フットボールリーグ1部の福井ユナイテッドFCへ期限付き移籍していた。 山口では出番がなかった起だが、福井ではリーグ戦6試合に出場し1得点を記録していた。 元日本代表FW高原直泰がオーナーの沖縄SVへと活躍の場を移す起は「レノファ山口FCから来ました起海斗です。JFLに昇格する為に精一杯頑張ります。よろしくお願いします!」と意気込みを述べている。 また、山口を通じては「来シーズンも山口を離れて修行して来ます。誰にも甘えれない環境を自分で選び、メンタル面も成長して帰って来ます」と成長を誓った。 半年間の在籍となった福井を通じては「半年間という短い期間でしたが、ありがとうございました。高校を卒業して初めての公式戦を福井ユナイテッドFCで出場させてもらい、本当に感謝しています。チームは変わりますが、僕の事を少しでも応援してくれたら嬉しいです」と感謝を述べている。 2022.01.06 13:01 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly