ハーランド、W杯予選で対戦するファン・ダイクを絶賛 「彼は世界最高のディフェンダー」

2021.08.31 18:55 Tue
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ハーランドが、リバプールのオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクを褒めちぎっている。

今週から再開されるカタール・ワールドカップ(W杯)の欧州予選。ハーランド擁するノルウェー代表は9月2日にオランダ代表と対戦する。そのオランダ代表には、昨季の大ケガから復帰したファン・ダイクもメンバー入り。ワールドクラスの選手同士によるマッチアップが期待されている。

ザルツブルクに所属していた2019-20シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)にてファン・ダイクと相まみえた経験を持つハーランドは、ノルウェー『TV2』でオランダ代表DFを絶賛。数々の難敵と戦ってきたが、その中でも最高の守備者だとコメントした。

「彼は世界最高のディフェンダーだ。ここにいる大半の人が、僕と同じ意見だと思う」

「速くて、強くて、賢いという3つの重要な要素を持ち合わせている。彼とは2度対戦したことがあるんだ」

「僕が対戦した中でも最高の選手だよ。(9月2日は)彼の近くでプレーしなければならない」


関連ニュース
thumb

逸材FWアデイェミ、バルセロナのオファーを断ってドルトムントに加入か

レッドブル・ザルツブルクのドイツ代表FWカリム・アデイェミ(19)がドルトムント移籍に近づいているようだ。ドイツ『スカイ・スポーツ』が伝えた。 アデイェミはバイエルンやウンターハヒンクなどの下部組織で育ち、2018年夏にザルツブルクに加入。リザーブチームにあたるリーフェリングへで修行を積んだ後、2019年12月にトップチームに昇格し、ここまで公式戦通算76試合で25ゴール17アシストを挙げている。 この逸材FWには複数のビッグクラブが興味を示しており、先日には、来夏放出が有力視されるノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの後釜を探すドルトムントが代理人に接触したと伝えられていた。 一方でバルセロナも関心を寄せており、スペイン『アス』は、財政難に陥っているにも関わらず同クラブが今冬の獲得に向けて4000万ユーロ(約51億円)のオファーを出したと報道。 しかし、ドイツ『スカイ・スポーツ』のマックス・ビーレフェルト氏によると、国外でのプレーは代表選考に不利になってしまう恐れがあることから、アデイェミはバルセロナのオファーを拒否する構えだという。母国での成長を続け、ユーロ2024でのメンバー入りを目指すはずだと、同氏は主張する。 加えてドイツ『スカイ・スポーツ』は、RBライプツィヒも獲得に乗り出しているものの、ドルトムントのオファーの方が好条件だと伝えた。ビーレフェルト氏はこれらを加味して、同選手のドルトムント入りは90~95%実現すると予測しているようだ。 2021.12.08 17:46 Wed
twitterfacebook
thumb

セビージャ初勝利にリール勝利で大混戦グループGは全チームに勝ち抜けチャンスで最終節へ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第5節、セビージャvsヴォルフスブルクが23日にサンチェス・ピスフアンで行われ、ホームのセビージャが2-0で勝利した。 ここまで4戦未勝利で最下位に沈むセビージャ(勝ち点3)が、前節コーフェルト新体制でのCL初陣を制した3位のヴォルフスブルクを迎えた一戦。 試合は逆転突破に向けて勝利しかない崖っぷちのホームチームがアグレッシブな入りを見せる。序盤から相手を押し込むと、パプ・ゴメス、クンデとセットプレーから続けて枠内シュートを浴びせていく。 そして、12分には相手陣内右のハーフスペースでボールを持ったラキティッチからの高精度のクロスに複数の味方が反応すると、ファーに飛び込んだジョルダンが気迫のダイビングヘッドを叩き込んだ。 幸先よくリードを手にしたセビージャは以降も危なげなくゲームをコントロール。だが、20分を過ぎた辺りからカウンターを起点に深い位置まで侵攻を許すと、23分にはペナルティアーク付近でフリーにしたルーカス・エンメチャに強烈なミドルシュートを打たれる。だが、GKブヌが何とか右手で触ったボールはクロスバーを叩き事なきを得た。 前半半ばから終盤にかけてはボールを握るセビージャ、カウンターを狙うヴォルフスブルクと互いの狙いとする形からゴールへ迫る場面もあったが、相手の集中した守備を上回ることができず。ホームチームの1点リードでハーフタイムを迎えた。 後半も優勢に試合を運ぶセビージャはボールの主導権をガッチリと握った中、パプ・ゴメス、オカンポス、モンティエルとアルゼンチン代表選手が果敢に足を振って相手ゴールを脅かす。 一方、前線になかなかボールが収まらずに苦戦が続くヴォルフスブルクは、両サイドバックや中盤を入れ替えて攻撃の活性化を図るが、この選手交代も即効性を発揮できず。 その後、80分を過ぎてようやく交代カードを切って逃げ切り態勢に入ったセビージャは相手のパワープレー気味の攻撃を冷静に撥ね返す。すると、試合終了間際の97分には中盤でのフェルナンドのボール奪取からカウンターを発動。右サイドを個人技でこじ開けたオカンポスからの正確な折り返しを、途中出場のラファ・ミルが冷静に流し込み、試合を決定づける2点目とした。 そして、今グループステージ初勝利のセビージャがヴォルフスブルクを抜き3位に浮上した。 また、同日行われたリールvsレッドブル・ザルツブルクは、ホームのリールが1-0で勝利した。 前節、セビージャを敵地で撃破して2位に浮上したリール(勝ち点5)と、ヴォルフスブルク相手に初黒星を喫して前節での突破を逃した首位ザルツブルク(勝ち点7)による首位攻防戦。 試合の入りはアウェイのザルツブルクが前からのプレス、2トップを背後に走らせる形で押し込む形を作り出したが、決定機まで持ち込むことができない。 対して時間の経過と共にブラク・ユルマズが前線でボールを収めて全体を押し上げるリールが、相手陣内でのプレータイムを増やす。すると、31分には左サイドで大きな展開を受けたユルマズが強引なドリブルでボックス内に侵入すると、DFウルマーの足に当たってゴール前にこぼれたボールをデイビッドが冷静に左足で蹴り込んだ。 リールの1点リードで折り返した試合は、後半も一進一退の攻防を見せたが、互いに決め手を欠き最少得点差のまま試合終盤に突入。何とか勝ち点1でも持ち帰りたいアウェイチームは攻勢を仕掛けたものの、最後まで集中したリールの守備をこじ開けられず。連勝のリールがザルツブルクを抜き首位に浮上している。 なお、今節の結果、大混戦のグループGでは最終節で首位のリールと最下位のヴォルフスブルク、2位のザルツブルクと3位のセビージャが直接対決に臨むことになり、全チームに突破の可能性が残っている。 セビージャ 2-0 ヴォルフスブルク 【セビージャ】 ジョルダン(12分) ラファ・ミル(90分+7) リール 1-0 ザルツブルク 【リール】 デイビッド(31分) 2021.11.24 07:19 Wed
twitterfacebook
thumb

コーフェルトCL初陣のヴォルフスブルクがザルツブルクの今節突破を阻止! セビージャ撃破のリールが初勝利《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第4節、ヴォルフスブルクvsレッドブル・ザルツブルクが2日に行われ、ホームのヴォルフスブルクが2-1で勝利した。 前節、ヴォルフスブルクに3-1の快勝を収めた首位のザルツブルク(勝ち点7)は、国内リーグでも開幕から無敗を継続。勝利で決勝トーナメント進出が決定する重要な一戦ではゴールを挙げたアデイェミとオカフォルの2トップを含め前回対戦と全く同じスタメンを起用した。 一方、僅差でグループ最下位に沈むヴォルフスブルク(勝ち点2)は、先月24日にファン・ボメル前監督を解任。コーフェルト監督を新指揮官に据え、ここからの逆転突破を目指す。新体制初陣を制した直近のレバークーゼン戦からは先発2人を変更。シュテフェン、フィリップに代えてオタビオ、ヴェグホルストを起用した。 試合は互いにキックオフ直後からチャンスを作り合うオープンな展開となる。まずは2分、前線に抜け出したオカフォルの短い落としを受けたアデイェミがそのままボックス内へ持ち込んで左足のシュートを狙うが、これは枠の左に外れる。 すると、直後の3分にはオタビオとゲルハルトのコンビでヴォルフスブルクが左サイドを完璧に崩すと、ボックス内へ運んだゲルハルトからの丁寧なグラウンダーの折り返しをファーに走り込んだバクが右足で難なく流し込んだ。 幸先よく先制に成功したヴォルフスブルクは、ここからザルツブルクにボールを握られる展開となるが、中盤を中心に強度の高い守備で相手に自由を与えず。また、前回対戦で苦戦した背後のスペースも3バックへの変更が奏功し、相手2トップをきっちりケアする。 一方、立ち上がり以降はなかなか決定機まで持ち込めないザルツブルクだったが、セットプレーからゴールをこじ開ける。30分、ペナルティアーク付近で得たFKの場面でキッカーのウーバーが左足を振り抜くと、壁の上から急激に落ちたシュートをGKカスティールスがはじき出せず、ゴールネットを揺らした。 1-1の振り出しに戻った試合は前半終盤にかけて再びオープンな展開に。その流れの中で36分にはゲルハルトからの正確な左クロスに飛び込んだヴェグホルスト、41分にはザルツブルクのロングカウンターからアーロンソンに絶好機も、いずれも決め切ることはできず。 後半も先に決定機を作ったのはザルツブルク。立ち上がりの50分に高速カウンターからオカフォルのスルーパスに抜け出したアデイェミがボックス内でGKと一対一となるが、左足のシュートはわずかに枠の右に外れる。 以降もザルツブルクが押し気味に試合を運んでいたが、ヴォルフスブルクが前半同様に決定力を見せる。60分、アルノルトからの浮き球のフィードに反応したルーカス・エンメチャがボックス右から強烈な右足のシュートをニア上へ突き刺した。 試合の均衡が破られた中、両チームはここから選手交代で流れに変化を加えていく。ヴォルフスブルクはルシヨンやムバブ、ルケバキオを投入し、堅守速攻の色合いを強める。対するザルツブルクは決定力を欠いたアデイェミらを下げてアダム、シェシュコとアタッカーを送り出していく。 流れの中で決定機まであと一歩という状況が続くアウェイチームは83分に鮮やかなパスワークから、ボックス手前のシェシュコが強烈なミドルシュートを枠に飛ばすが、これはGKカスティールスの好守に遭う。 その後、ザルツブルクの決死のパワープレーを最後まで撥ね返し続けたヴォルフスブルクが今グループステージ初勝利を挙げると共に、コーフェルト新監督のCL初陣を飾った。一方、初黒星を喫したザルツブルクはクラブ史上初の決勝トーナメント進出はお預けとなった。 また、同日行われたグループGのもう1試合、セビージャvsリールは、アウェイのリールが1-2で勝利した。 前回対戦を0-0のドローで終えた2位のセビージャ(勝ち点3)と、3位のリール(勝ち点2)のリターンマッチ。試合はホームのセビージャが先手を奪う。15分、カウンターから右サイドを破ってスソからのマイナスのパスを受けたラファ・ミルのシュートはGKの好守に遭うが、こぼれ球をオカンポスが押し込んだ。 その後はリスクを冒して攻撃に出るリールの時間帯が続き、幾度か縦に速い攻めで決定機を創出。すると、前半終了間際にはデラネイのボックス内でのファウルによって得たPKをキッカーのデイビッドが冷静に決めて前半の内に追いついた。 迎えた後半、追いついた勢いに乗るリールは51分にショートカウンターからボックス右でチェリクが放ったシュートが左ポストを直撃。この跳ね返りをイコネが冷静に蹴り込んで逆転に成功した。 その後、両者は積極的に交代カードを切っていく中、球際のバトルが強調される白熱の攻防を見せる。だが、後半だけで10枚のカードが飛び交う荒れ模様の状況とは裏腹に決定機まで持ち込めない睨み合いが続き、試合はこのままタイムアップ。 敵地で逆転勝利のリールがグループステージ初勝利で2位に浮上。一方、4戦未勝利のセビージャは最下位に転落した。 2021.11.03 07:12 Wed
twitterfacebook
thumb

ドルトムント、逸材FWアデイェミの代理人と接触

ドルトムントがレッドブル・ザルツブルクのドイツ代表FWカリム・アデイェミ(19)の代理人と接触していたようだ。ドイツ『シュポルト・ビルト』が報じている。 『シュポルト・ビルト』によると、来夏のノルウェー代表FWアーリング・ハーランドの流出が有力視されているドルトムントは、後釜探しに動いており、快足と左利き、決定力と近いプロフィールを持つ19歳のドイツ代表FWを有力な後釜候補の一人に設定しているという。 そういった中、先日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のヴォルフスブルク戦では、ドルトムントのライセンス選手部門の責任者であるセバスティアン・ケール氏がスタジアムでスカウト活動を行い、同選手の関係者であるトーマス・ソロモン氏と話し合いの場を設けていたようだ。 ドイツの次代を担う逸材FWに関しては、バイエルン、RBライプツィヒ、リバプールといったビッグクラブがこぞって関心を示している。とりわけ、過去にアカデミーに所属していたという伝手もあるバイエルンが獲得レースをリードしているとの報道もある。 ただ、ブンデスリーガでのプレーを希望するアデイェミは、ドルトムントのプレースタイルに惹かれ、より出場機会を得られる可能性が高いこともあり、加入の可能性は十分にありそうだ。 2021.10.27 22:56 Wed
twitterfacebook
thumb

連勝ザルツブルクが首位キープ! セビージャは決め手欠き3戦連続ドロー《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第3節、レッドブル・ザルツブルクvsヴォルフスブルクが20日に行われ、ホームのザルツブルクが3-1で勝利した。 1勝1分けでグループ首位に立つザルツブルクが、2試合連続ドローで3位のヴォルフスブルクをホームで迎え撃った一戦。 試合は開始早々にホームチームがスコアを動かす。3分、自陣深くからのロングカウンターの場面で中央をドリブルで持ち上がったゼイワルドが背後を狙うアデイェミにスルーパス。このパスはDFムバブの守備範囲だったものの、うまくボールをかっさらったアデイェミがそのままボックス内に持ち込み左足で流し込んだ。 軽率な形から先手を奪われたアウェイチームは以降もバタつく状態が続くが、15分には右CKの場面でアルノルトの右足インスウィングのクロスをゴール前のルーカス・エンメチャが頭でわずかにコースを変えて左隅へ流し込み、早々にスコアをタイに戻した。 以降は互いに勝ち越すチャンスがあったものの、相手の粘りの守備を崩し切れず、均衡が保たれたままハーフタイムを迎えた。 後半は再びザルツブルクペースで試合が進む中、その流れ通りに勝ち越しゴールが生まれる。65分、右CKの場面でゴール前に混戦が生まれると、こぼれ球に反応したオカフォルが冷静に流し込んだ。 その後、互いに交代カードを切って試合の流れに変化を加えていくと、ザルツブルクが3点目を奪い切る。再びCKの場面で途中出場のベルナルドが競り勝ったボールを、ゴール前のオカフォルが胸トラップから冷静に蹴り込んだ。 そして、このまま危なげなくリードを守り切ったザルツブルクが2連勝で首位キープに成功した。 また、同日行われたリールvsセビージャは0-0のドローに終わった。 ここまで2試合連続ドローでグループ2位に位置するセビージャは、1敗1分けで最下位に沈むリール相手にグループステージ初勝利を目指した。 試合は立ち上がりからボールを握ったセビージャペースで進んでいき、前半はラファ・ミル、スソ、オカンポスの3トップを中心にアウェイチームがより多くの決定機を創出。しかし、相手DFの見事なゴールカバーに阻まれるなど、最後のところでうまくいかない。 ゴールレスで折り返した試合は後半も拮抗。互いに前線を中心にメンバーを入れ替えながらゴールを目指す。完全に1点勝負の様相を呈した中、後半はホームチームがよりゴールに迫る場面を作ったが、セビージャの堅守を脅かすまでには至らず、痛み分けのドローに終わった。 2021.10.21 06:39 Thu
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly