カルバハルのゴラッソで競り勝ったマドリーが白星取り戻して中断期間へ《ラ・リーガ》

2021.08.29 07:02 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
ラ・リーガ第3節、ベティスvsレアル・マドリーが28日にエスタディオ・ベニート・ビジャマリンで行われ、アウェイのマドリーが0-1で勝利した。

パリ・サンジェルマンFWムバッペの獲得報道で注目を集めているマドリーは、難敵ベティスを相手に2戦ぶりの白星を目指した。前節のレバンテ戦ではベイルの復帰後初ゴールに加え、2戦連続途中出場となったヴィニシウスが2戦連発を含むドブレーテの見事な活躍を披露した一方、懸念の最終ラインが3失点を喫して3-3のドローとなった。

負けに等しいドローからのバウンスバックを図るアンチェロッティ率いるチームは、レバンテ戦から先発2人を変更。コンディション不良で招集外となったナチョに替わってミゲル・グティエレスが左サイドバックに入り、アラバがミリトンとセンターバックでコンビを組むことに。また、アザールに替わって好調のヴィニシウスがベンゼマ、ベイルと共にトリデンテに入った。

開始5分にヴィニシウスの突破からボックス中央でこぼれ球に反応したベンゼマが枠の右へわずかに外れる際どいシュート、直後の7分にはセットプレーからミリトンがGKルイ・シウバにセーブを強いるなど、続けて決定機を作り出したマドリー。

レバンテ戦同様に早い時間帯の先制点に期待が集まったものの、直後の11分にFKの名手フェキルに直接FKでゴールを脅かされると、このプレーをキッカケにリズムを掴んだベティスに押し返されてしまう。

前半半ばから終盤にかけてはボールポゼッション、球際の勝負、フィニッシュの数とほぼ互角の状況が続く。何とか序盤のリズムを取り戻したいマドリーはイスコが積極的にボールを触って攻撃の組み立てを図り、38分には枠のわずか左に外れる惜しいミドルシュートも放った。しかし、開幕戦のアラベス戦を彷彿とさせる停滞感漂う前半となった。

迎えた後半、ハーフタイムにイタリア人指揮官から檄が飛んだか、攻撃のギアを一気に上げたマドリー。52分には右サイドのベイルからの完璧な左足クロスをゴール前に飛び込んだベンゼマがドンピシャのヘッドで合わす。だが、これはGKルイ・シウバの圧巻のワンハンドセーブに阻まれた上、オフサイドの判定となった。

相手を完全に押し込んだマドリーだったが、61分には絶体絶命のピンチを迎える。背後を狙ったフアンミの仕掛けに対して、ミリトンとアラバの2センターバックがこかされてDFミゲルがフアンミとルイバルに2対1の数的不利の状況を強いられる。だが、フアンミの横パスをミゲルが何とかカットして事なきを得た。

すると、そこからのカウンターでヴィニシウスがボックス左ライン際で何とかボールを残すと、マイナスのパスを受けたベンゼマが丁寧な浮き球のクロスを供給。これをボックス右のスペースに猛スプリントで飛び込んだカルバハルが身体をうまく倒して抑えの利いた見事な右足のダイレクトボレーシュートをゴール左下隅に流し込んだ。

カルバハルのゴラッソで先制に成功したマドリーは、66分にベイルとイスコを下げてアセンシオとルーカス・バスケスを同時投入。この交代でバスケスが右ウイング、アセンシオが左のインテリオールに入った。

失点以降、ベティスが攻勢を強めたことで、試合はよりオープンな展開に。ベティスがルイバル、カマラサと積極的にシュートを放てば、マドリーもアセンシオが長い距離を持ち上がって際どい左足のシュートで2点目に迫る。

その後、ベティスはボルハ・イグレシアス、ホアキンと切り札を切り、マドリーはヴィニシウスに替えてアザール、足が攣ったミゲルに替えてロドリゴを投入。バスケスを右サイドバック、カルバハルを左サイドバックに配置転換し、逃げ切りを図る。

マドリーが試合を決める2点目を奪い切れない一方、ベティスも崩しの一歩手前でのミスが目立つ流れが続く中、試合は後半アディショナルタイムに突入。すると、97分のベティスのラストプレーではボックス左で仕掛けたテージョが相手守備陣の視線を引き付けて絶妙なマイナスの折り返しを供給。これをファーに走り込んだモントーヤが左足でシュートするが、ややパワーを欠いたシュートはGKクルトワが見事な反応でキャッチした。

そして、試合はこの直後にタイムアップを迎え、難敵ベティスとのアウェイゲームをカルバハルのゴラッソで競り勝ったマドリーが前節のドローを払しょくする今季2勝目を手にした。


関連ニュース
thumb

インテル・バレッラの“グーパンチ”が炸裂…報復での一発退場で小競り合いにも発展

インテルのイタリア代表ニコロ・バレッラが反撃ムードに水を差した。 7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のグループD最終節ではレアル・マドリー(勝ち点12)とインテル(勝ち点10)が、首位通過を懸けてサンティアゴ・ベルナベウで激突した。 昨シーズンのグループステージから3連敗中の相手へリベンジを狙うインテルは、公式戦11戦無敗の好調さそのままに、序盤は押し気味にゲームを進めた。 だが、17分にMFトニ・クロースにゴラッソを決められて追い掛ける展開に。追い掛ける展開となった状況で、64分にはバレッラが愚行を犯してしまう。 スペースへ出されたパスに反応した際に、タッチライン際でDFエデル・ミリトンからハードなチャージを受ける。転倒してピッチ横の看板に激突したバレッラは激高し、ミリトンの左ふくらはぎにグーパンチ。当然、レッドカードが掲示された。 1点を追う中での愚行だったが、指揮官はフォロー。すでにチームメイトに謝罪もしていると述べ「彼は重大なミスを犯したが、賢い男だ。それが二度と起こらないことを願っている」と、バレッラを擁護した。 とはいえ、数的不利となったインテルは79分にも追加点を許し、0-2の完敗。バレッラの退場が大きく響く厳しい2位通過となった。 <span class="paragraph-title">【動画】激昂したバレッラのグーパンチ(0:24~)</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="ljLVdZfurZ0";var video_start = 24;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.08 20:15 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセロ、古巣フルミネンセに復帰か

フルミネンセが、レアル・マドリーのブラジル代表DFマルセロ(33)の獲得に興味を持っているようだ。ブラジル『オレ』が報じている。 実にマドリー在籍丸15年を迎えようとしているマルセロ。5度のラ・リーガ制覇に、4度のチャンピオンズリーグ優勝など20を超えるタイトルを掲げてきた。 すでにクラブの歴史に名を刻んだマルセロだが、ここ数年は年齢による衰えとケガの影響で徐々に出番をなくしており、今季の公式戦出場はわずか5試合の140分にとどまっている。 そんなマルセロの獲得を狙っているのが、古巣のフルミネンセだ。伝えられるところでは、2018年7月以降を最後に代表招集歴のないマルセロだが、カタール・ワールドカップ出場を望んでいるようで、母国復帰はそのための出場機会を増やす狙いもあるという。 マルセロとマドリーの契約は来夏に満了を迎えるが、フルミネンセは1月末からリオデジャネイロ州選手権のカンピオナート・カリオカが開幕するため、冬の移籍市場での移籍も起こりうるようだ。 果たして、キャリア晩年を迎えたマルセロの去就はいかに。 2021.12.08 18:35 Wed
twitterfacebook
thumb

リバプールがプレミア勢初のCLグループステージ6連勝、史上9チームのみの偉業

リバプールがチャンピオンズリーグ(CL)に名を残す偉業を成し遂げた。 7日、CLグループB最終節でミランと対戦したリバプール。日本代表MF南野拓実を先発起用させるなど、すでにグループステージ突破を決めていたため、主力の一部を休ませた。 その試合では、先制を許すもののモハメド・サラー、ディボク・オリジのゴールで逆転。リバプールが1-2で勝利を収め、グループステージ6連勝を収めた。 今大会では、グループCに入っていたアヤックスも6連勝でグループステージを終了。2チームが全勝となり、8日にはバイエルンにも6連勝の可能性が残されている。 リバプールはCL史上7チームしか達成していないグループステージ6連勝を達成。また、プレミアリーグのチームとしては初めてのグループステージ6連勝と、偉業を成し遂げることとなった。 最初に達成したのは1992-93シーズンのミラン。マルコ・ファン・バステンらを擁しての達成となった。 続いて1994-95シーズンのパリ・サンジェルマン(PSG)が達成。ジョージ・ウェアらの活躍で、バイエルンと同居したグループで全勝を達成した。 その後もバルセロナやレアル・マドリーなどが達成。しかし、優勝したのは、2019-20シーズンのバイエルンのみとなっている。 ◆グループステージ全勝チーム(CL以降) 1992-93 ミラン/11得点1失点 グループ:ヨーテボリ、ポルト、PSV 最終結果:準優勝 1994-95 パリ・サンジェルマン/12得点3失点 グループ:バイエルン、スパルタク・モスクワ、ディナモ・キエフ 最終結果:ベスト4 1995-96 スパルタク・モスクワ/15得点4失点 グループ:レギア・ワルシャワ、ローゼンボリ、ブラックバーン 最終結果:ベスト8 2002-03 バルセロナ/13得点4失点 グループ:ロコモティフ・モスクワ、クラブ・ブルージュ、ガラタサライ 最終結果:ベスト8 2011-12 レアル・マドリー/19得点2失点 グループ:リヨン、アヤックス、ディナモ・ザグレブ 最終結果:ベスト4 2014-15 レアル・マドリー/16得点2失点 グループ:バーゼル、リバプール、ルドゴレツ 最終結果:ベスト4 2019-20 バイエルン/24得点5失点 グループ:トッテナム、オリンピアコス、ツルヴェナ・ズヴェズダ 最終結果:優勝 2021-22 アヤックス/20得点5失点 グループ:スポルティング・リスボン、ドルトムント、ベシクタシュ 2021-22 リバプール/17得点6失点 グループ:アトレティコ・マドリー、ポルト、ミラン <span class="paragraph-title">【動画】南野拓実も先発のミランvsリバプールハイライト</span> <span data-other-div="movie"></span> <script>var video_id ="iYSwpR0mDTA";var video_start = 0;</script><div style="text-align:center;"><div id="player"></div></div><script src="https://web.ultra-soccer.jp/js/youtube_autoplay.js"></script> 2021.12.08 12:58 Wed
twitterfacebook
thumb

最終節で敗れCL2位通過もインテル指揮官は収穫強調…愚行退場のバレッラについて言及「全員に謝罪した」

インテルのシモーネ・インザーギ監督が、チャンピオンズリーグ(CL)での敗戦を悔やんだ。クラブ公式サイトが伝えている。 インテルは7日にホームで行われたCLグループD最終節でレアル・マドリーと対戦。すでにグループステージ通過を決めている両チームにとって、首位通過を争う直接対決となった。 ここまで公式戦11試合無敗のインテルは、この試合でも好調さを発揮して攻め込む展開を作っていく。しかし得点を決め切れずにいると、17分に失点。後半にも決定機を作り同点を目指したが、64分にMFニコロ・バレッラが暴力行為によって一発退場となると追加点を許し、0-2で敗れた。 この結果、インテルの公式戦無敗は「11」でストップ。グループステージ2位が確定し、首位突破とはならなかった。 試合後インザーギ監督は、チャンスを作れた前半に得点が欲しかったとコメント。それでもチームのパフォーマンス自体は称賛しており、ここからはセリエAでの戦いに備えたいと語った。 「前半は個性を発揮してうまくいっていたからこそ、結果は非常に残念だ。バレッラが退場するまでの時間は、数日後から6連戦が控えているにもかかわらず、チームはよくピッチに立っていた」 「前半の個性を考えれば違う結果が欲しかったところだが、我々は多くのポジティブなメモを持って帰国できる。レアル・マドリーとの2試合はどちらもうまくいったにもかかわらず、2回とも敗れてしまった。我々にはまだまだ成長しなければならない部分があると知れた。日曜の夜にはカリアリとのタフな試合があり、今はリーグに戻っていく」 また、インザーギ監督はこの試合で退場したバレッラについて言及。すでに選手がチームへ謝罪したことを明かしている。 「彼は重大なミスを冒したが、聡明な人物であり、私やスタッフ、チームメイト全員に謝罪した。我々にとって重要な選手であり、国際的な経験もあるからこそ、二度とこうした事態を起こさないよう願っている」 2021.12.08 12:45 Wed
twitterfacebook
thumb

「抽選は心配していない」首位通過のレアル、アンチェロッティ監督はラウンド16に言及「目的はラウンド16を超えることではない」

レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ監督が、インテル戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えた。 マドリーは7日、チャンピオンズリーグ'(CL)グループD最終節でインテルと対戦した。 すでに突破を決めていたマドリーと、首位通過を目指すインテルとの一戦となった。 試合は17分にトニ・クロースのゴールでマドリーが先制。インテルは積極的に選手を入れ替えて巻き返そうとする中、64分には乱闘に発展。インテルはエデル・ミリトンの足をパンチした、ニコロ・バレッラが一発退場となり、数的不利な状況となる。 マドリーは79分にマルコ・アセンシオが追加点を奪い、2-0で勝利。首位通過を決めた。 アンチェロッティ監督は、試合後の記者会見で守備面でのパフォーマンスを評価した。 「我々は順調に進んでおり、チームの守備面は気に入っている。個人のスキルは非常に高く、ミリトンとアラバのプレーはとても良かった」 「チームはとても良い。そしてこれ以上は求めたくはない。あまり高く押し出さないこともあるが、守備ブロックが低いとオープンなフィールドで守れるMFがいないので安心だ」 「時には美学に反することもあるが、とても上手くいっている」 また、ラウンド16についても言及。対戦相手に注目が集まる一方で、優勝を目指す上では心配事はないと語った。 「重要なのは、我々がグループの首位であり、すでにラウンド16を待っているということだ。目的はラウンド16を超えることではなく、大会で優勝することであるため、抽選は心配していない」 「我々はロッカールームの雰囲気が良く、勝って戦うためのクオリティがある。我々よりも激しいチームがあるが、各チームにはそのクオリティがある。我々は守備的に強くなく、オープンフィールドで守ることはできないが、多くのクオリティ、経験、そしてコミットメントがある」 2021.12.08 10:22 Wed
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly