PK戦を制したアントワープが逆転で本大会出場を決める!三好は2戦連発弾で逆転突破に貢献《EL》

2021.08.27 06:50 Fri
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
26日、ヨーロッパリーグ(EL)の予選プレーオフ2ndレグが行われた。

U-24日本代表MF三好康児の所属するアントワープは、キプロスのオモニアとホームで対戦し2-0で勝利するも、2戦合計4-4で120分の戦いが終了。その後、PK戦を3-1で制したアントワープがEL本大会出場を決めた。なお、三好はフル出場し、28分に今季2ゴール目を記録。

敵地での1stレグを2-4で敗れたアントワープは、立ち上がりから攻勢に出ると28分にGKブテツのロングフィードを前線のエッゲシュタインが頭で繋ぐと、抜け出した三好が飛び出したGKの上を越すループシュートでゴールネットを揺らした。

後半に入っても攻勢を続けるアントワープだが、一押しが足りないまま後半終盤に突入。すると84分、左サイドからドリブルで仕掛けたバリクウィシャがボックス左まで切り込むと、折り返しを中央のゲルケンスがダイレクトで流し込み、アントワープが2戦合計スコアを振り出しに戻した。

逆転を狙うアントワープは、93分にもバイタルエリア右でパスを受けた三好がゴールへ向かう鋭いクロスを入れたが、ゴール前のエッゲシュタインはわずかに届かず。ボールは相手GKのセーブに弾かれた。

結局、90分間で決着が付かず、試合は延長戦に突入。アントワープは延長前半13分にゴール前の混戦から三好にチャンスが訪れたが、シュートはクロスバーに弾かれる。

その後、延長戦でも決着が付かずに迎えたPK戦では、5人中3人が失敗したオモニアに対し、アントワープはフェルストラエテ、エッゲシュタイン、三好の3人が成功し3-1で勝利した。

また、FW北川航也が所属するラピド・ウィーンは、アウェイでウクライナのゾリャと対戦し3-2で勝利した。この結果、2戦合計6-2でラピド・ウィーンがEL本大会の切符を手にした。北川がベンチ入りも出場機会はなかった。

なおEL予選プレーオフ敗退のクラブは、2021-22シーズンから新たに設立されたヨーロッパ・カンファレンスリーグ(ECL)の本大会に出場する。

◆ELプレーオフ2ndレグ結果
▽8/26(木)
アラシュケルト 0-0(AGG:0-1) レンジャーズ
ヘルシンキ 2-5(AGG:2-6) フェネルバフチェ
ゾリャ 2-3(AGG:2-6) ラピド・ウィーン
ガラタサライ 2-1(AGG:3-2) ラナース
AZ 2-1(AGG:2-3) セルティック
クルージュ 1-2(AGG:1-6) ツルヴェルナ・ズヴェズダ
スロヴァン・ブラチスラヴァ 2-2(AGG:2-5) オリンピアコス
シュトゥルム・グラーツ 2-0(AGG:5-1) ムラ
アントワープ 2-0(AGG:4-4) オモニア
※PK戦でアントワープが勝利
レギア・ワルシャワ 2-1(AGG:4-3) スラビア・プラハ


関連ニュース
thumb

リーグ戦13試合無敗のクラブ・ブルージュが3連覇を達成!《ジュピラー・プロ・リーグ》

ジュピラー・プロ・リーグのチャンピオンズ・プレーオフ第5節のアントワープvsクラブ・ブルージュが行われ、1-3でクラブ・ブルージュが勝利しリーグ3連覇を達成した。アントワープのMF三好康児はフル出場している。 レギュラーシーズンを2位で通過するも、プレーオフでロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズとの天王山で連勝を飾り、首位に浮上したクラブ・ブルージュ。 今節の結果次第で優勝が決まる中、クラブ・ブルージュは19分にミヒャエル・フライのゴールで先制を許したが、1点のビハインドで迎えた後半開始早々にヴァナケンがPK決めて、試合を振り出しに戻す。 勢いづいたクラブ・ブルージュは、64分にソボルの右CKからヘンドリーがヘディングシュートを流し込み、逆転に成功。さらに66分には左CKをニアで相手DFがクリアミスしたボールをゴール右手前に走りこんだアダムヤンが押し込み、3点目を奪った。 そのまま試合は1-3でタイムアップ。リーグ戦の無敗記録を「13」に伸ばしたクラブ・ブルージュが、3年連続18度目のリーグ制覇を達成。来季からアヤックスの指揮官に就任するアルフレッド・スロイデル監督にリーグタイトルをプレゼントした。 2022.05.16 00:15 Mon
twitterfacebook
thumb

アントワープ三好康児に移籍の可能性…地元メディア指摘

アントワープの日本代表MF三好康児(25)に移籍の可能性が浮上している。 2019年8月のアントワープ入りから、今季でベルギー挑戦3年目の三好。昨夏に東京オリンピック出場というひとつの目標も達成しての今季はケガによる負傷時期もあるものの、ここまで公式戦26試合出場で3得点2アシストをマークしている。 2020年3月に買い取りオプションが行使され、2023年まで契約を残す川崎フロンターレ出身のレフティーだが、ベルギーの地元メディア『Gazet van Antwerpen』によると、現時点で売却される可能性が高いようだ。 伝えられるところによると、取締役会が三好の残留を望み、新契約を提示したいのなら迅速な行動が必要になるが、プレータイムにして1337分にとどまる上、今後についての具体的な話し合いもないため、売却対象になり得るという。 三好は実際に今季出場の26試合で、実に12試合が途中から。出場試合数こそある程度手にしたが、先発に定着とはいかず、現在のプレーオフに至っては3試合消化の現時点で出場がない。 なお、アントワープは今年3月からマルク・オーフェルマルス氏がテクニカルディレクターに就任。同氏はアントワープに来るまでアヤックスのスポーツディレクターを務めていた。 2022.05.08 17:35 Sun
twitterfacebook
thumb

三笘薫は徹底マークで見せ場作れず…首位サン=ジロワーズは4位アントワープとゴールレスドロー《ジュピラー・プロ・リーグ》

ジュピラー・プロ・リーグのチャンピオンズプレーオフ第2節が1日に行われた。 レギュラーシーズン4位のロイヤル・アントワープと首位のロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズの一戦は0-0のゴールレスドローに終わった。 アントワープの三好康児はベンチ入りも出番はなし。サン=ジロワーズの三笘薫、町田浩樹は先発出場。三笘は67分まで、町田はフル出場を果たした。 初戦のクラブ・ブルージュ戦を落としたアントワープと、アンデルレヒト戦で勝利したサン=ジロワーズ。最初にチャンスを作ったのはアントワープ。6分カウンターから決定機を作るが、三笘がなんとか戻ってゴールを許さない。 21分には右サイドのFKからゴール前にクロスを入れられるが、町田がクリアする。 ホームのアントワープが押し込む展開が続く中、サン=ジロワーズは攻撃がうまくいかず。三笘もスペースを消され、持ち味の突破が出せない状況が続く。 後半もアントワープーペース。54分には味方の落としをラジャ・ナインゴランが豪快に蹴り込むが、これはGKがなんとかセーブする。 サン=ジロワーズは徐々にカウンターを仕掛けるが、三笘はほとんど攻撃面で貢献できず。相手の厳しいケアによって良い形でボールをもらえない。 76分には、ラザレ・アマリがネットを揺らすがその前のプレーがオフサイドで取り消し。徐々にサン=ジロワーズがシュートチャンスを作るが、決定力を欠いてタイムアップ。0-0のゴールレスドローに終わった。 ロイヤル・アントワープ 0-0 ロイヤル・ユニオン・サン=ジロワーズ 2022.05.02 10:45 Mon
twitterfacebook
thumb

「漢はここから!」アントワープのMF三好康児が凱旋門前で意気込む!今季は3G2A

アントワープに所属する日本代表MF三好康児が25歳の誕生日を迎え、抱負を綴った。 川崎フロンターレのアカデミー育ちの三好は、北海道コンサドーレ札幌、横浜F・マリノスへのレンタルを経て2019年夏にベルギーのロイヤル・アントワープへ移籍した。 初の海外挑戦となるアントワープでは、在籍3シーズンで公式戦71試合に出場し9ゴール4アシストを記録。今季は負傷で離脱する期間があったものの、ここまで公式戦24試合に出場しており、3ゴール2アシストの数字を残している。 その三好は26日に25歳の誕生日を迎えたが、翌27日に自身のインスタグラムを更新。フランスの観光地であるエトワール凱旋門をバックにした私服ショットを添え、意気込みを語った。 「25歳になりました!暖かいメッセージありがとうございます!漢はここから!頑張ります」(原文ママ) 三好の投稿には、東京オリンピックを戦ったDF冨安健洋(アーセナル)や川崎F時代の先輩DF谷口彰悟らも反応。また、ベルギーでしのぎを削るFW鈴木武蔵(ベールスホット)も「おめでとう お祝いでまたご飯いこ」と祝福し、三好も「すぐ行きましょ!笑」と反応している。 <span class="paragraph-title">【写真】眩しそう…!三好康児が凱旋門で決意のショット</span> <span data-other-div="movie"></span> <blockquote class="instagram-media" data-instgrm-captioned data-instgrm-permalink="https://www.instagram.com/p/Cbm3LsOMozn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" data-instgrm-version="14" style=" background:#FFF; border:0; border-radius:3px; box-shadow:0 0 1px 0 rgba(0,0,0,0.5),0 1px 10px 0 rgba(0,0,0,0.15); margin: 1px; max-width:540px; min-width:326px; padding:0; width:99.375%; width:-webkit-calc(100% - 2px); width:calc(100% - 2px);"><div style="padding:16px;"> <a href="https://www.instagram.com/p/Cbm3LsOMozn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" background:#FFFFFF; line-height:0; padding:0 0; text-align:center; text-decoration:none; width:100%;" target="_blank"> <div style=" display: flex; flex-direction: row; align-items: center;"> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 40px; margin-right: 14px; width: 40px;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 100px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 60px;"></div></div></div><div style="padding: 19% 0;"></div> <div style="display:block; height:50px; margin:0 auto 12px; width:50px;"><svg width="50px" height="50px" viewBox="0 0 60 60" version="1.1" xmlns="https://www.w3.org/2000/svg" xmlns:xlink="https://www.w3.org/1999/xlink"><g stroke="none" stroke-width="1" fill="none" fill-rule="evenodd"><g transform="translate(-511.000000, -20.000000)" fill="#000000"><g><path d="M556.869,30.41 C554.814,30.41 553.148,32.076 553.148,34.131 C553.148,36.186 554.814,37.852 556.869,37.852 C558.924,37.852 560.59,36.186 560.59,34.131 C560.59,32.076 558.924,30.41 556.869,30.41 M541,60.657 C535.114,60.657 530.342,55.887 530.342,50 C530.342,44.114 535.114,39.342 541,39.342 C546.887,39.342 551.658,44.114 551.658,50 C551.658,55.887 546.887,60.657 541,60.657 M541,33.886 C532.1,33.886 524.886,41.1 524.886,50 C524.886,58.899 532.1,66.113 541,66.113 C549.9,66.113 557.115,58.899 557.115,50 C557.115,41.1 549.9,33.886 541,33.886 M565.378,62.101 C565.244,65.022 564.756,66.606 564.346,67.663 C563.803,69.06 563.154,70.057 562.106,71.106 C561.058,72.155 560.06,72.803 558.662,73.347 C557.607,73.757 556.021,74.244 553.102,74.378 C549.944,74.521 548.997,74.552 541,74.552 C533.003,74.552 532.056,74.521 528.898,74.378 C525.979,74.244 524.393,73.757 523.338,73.347 C521.94,72.803 520.942,72.155 519.894,71.106 C518.846,70.057 518.197,69.06 517.654,67.663 C517.244,66.606 516.755,65.022 516.623,62.101 C516.479,58.943 516.448,57.996 516.448,50 C516.448,42.003 516.479,41.056 516.623,37.899 C516.755,34.978 517.244,33.391 517.654,32.338 C518.197,30.938 518.846,29.942 519.894,28.894 C520.942,27.846 521.94,27.196 523.338,26.654 C524.393,26.244 525.979,25.756 528.898,25.623 C532.057,25.479 533.004,25.448 541,25.448 C548.997,25.448 549.943,25.479 553.102,25.623 C556.021,25.756 557.607,26.244 558.662,26.654 C560.06,27.196 561.058,27.846 562.106,28.894 C563.154,29.942 563.803,30.938 564.346,32.338 C564.756,33.391 565.244,34.978 565.378,37.899 C565.522,41.056 565.552,42.003 565.552,50 C565.552,57.996 565.522,58.943 565.378,62.101 M570.82,37.631 C570.674,34.438 570.167,32.258 569.425,30.349 C568.659,28.377 567.633,26.702 565.965,25.035 C564.297,23.368 562.623,22.342 560.652,21.575 C558.743,20.834 556.562,20.326 553.369,20.18 C550.169,20.033 549.148,20 541,20 C532.853,20 531.831,20.033 528.631,20.18 C525.438,20.326 523.257,20.834 521.349,21.575 C519.376,22.342 517.703,23.368 516.035,25.035 C514.368,26.702 513.342,28.377 512.574,30.349 C511.834,32.258 511.326,34.438 511.181,37.631 C511.035,40.831 511,41.851 511,50 C511,58.147 511.035,59.17 511.181,62.369 C511.326,65.562 511.834,67.743 512.574,69.651 C513.342,71.625 514.368,73.296 516.035,74.965 C517.703,76.634 519.376,77.658 521.349,78.425 C523.257,79.167 525.438,79.673 528.631,79.82 C531.831,79.965 532.853,80.001 541,80.001 C549.148,80.001 550.169,79.965 553.369,79.82 C556.562,79.673 558.743,79.167 560.652,78.425 C562.623,77.658 564.297,76.634 565.965,74.965 C567.633,73.296 568.659,71.625 569.425,69.651 C570.167,67.743 570.674,65.562 570.82,62.369 C570.966,59.17 571,58.147 571,50 C571,41.851 570.966,40.831 570.82,37.631"></path></g></g></g></svg></div><div style="padding-top: 8px;"> <div style=" color:#3897f0; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る</div></div><div style="padding: 12.5% 0;"></div> <div style="display: flex; flex-direction: row; margin-bottom: 14px; align-items: center;"><div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(0px) translateY(7px);"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; height: 12.5px; transform: rotate(-45deg) translateX(3px) translateY(1px); width: 12.5px; flex-grow: 0; margin-right: 14px; margin-left: 2px;"></div> <div style="background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; height: 12.5px; width: 12.5px; transform: translateX(9px) translateY(-18px);"></div></div><div style="margin-left: 8px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 50%; flex-grow: 0; height: 20px; width: 20px;"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 2px solid transparent; border-left: 6px solid #f4f4f4; border-bottom: 2px solid transparent; transform: translateX(16px) translateY(-4px) rotate(30deg)"></div></div><div style="margin-left: auto;"> <div style=" width: 0px; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-right: 8px solid transparent; transform: translateY(16px);"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; flex-grow: 0; height: 12px; width: 16px; transform: translateY(-4px);"></div> <div style=" width: 0; height: 0; border-top: 8px solid #F4F4F4; border-left: 8px solid transparent; transform: translateY(-4px) translateX(8px);"></div></div></div> <div style="display: flex; flex-direction: column; flex-grow: 1; justify-content: center; margin-bottom: 24px;"> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; margin-bottom: 6px; width: 224px;"></div> <div style=" background-color: #F4F4F4; border-radius: 4px; flex-grow: 0; height: 14px; width: 144px;"></div></div></a><p style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;"><a href="https://www.instagram.com/p/Cbm3LsOMozn/?utm_source=ig_embed&amp;utm_campaign=loading" style=" color:#c9c8cd; font-family:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:normal; line-height:17px; text-decoration:none;" target="_blank">三好 康児 Koji Miyoshi(@kojimiyoshi_official)がシェアした投稿</a></p></div></blockquote> <script async src="//www.instagram.com/embed.js"></script> 2022.03.28 12:02 Mon
twitterfacebook
thumb

同僚女性への不適切行為でアヤックス退団のオーフェルマルス氏、三好在籍アントワープの新TD就任

今年2月にアヤックスのスポーツ・ディレクター(SD)を辞任したマルク・オーフェルマルス氏が、ベルギーのロイヤル・アントワープのテクニカル・ディレクター(TD)に就任した。ベルギー『Sporza』が報じている。 現役時代にアヤックスやアーセナル、バルセロナでプレーし、オランダ代表としても86キャップを持つオーフェルマルス氏は、2012年にアヤックスのSDに就任。 自慢のアカデミー強化に加え、国内外の有望な若手の獲得と育成に尽力。それらの選手を国外のビッグクラブへ売却し、クラブに大きなキャピタルゲインをもたらした。その一方で、逸材を売却した資金を元手に、実力とリーダーシップに優れるベテランや中堅の獲得によってエールディビジやチャンピオンズリーグ(CL)における安定したチームパフォーマンスを維持させていた。 しかし、同氏は今年2月に長期にわたって数名の同僚女性に「不適切なメッセージ」を送っていたことが発覚。その後、最高経営責任者のエドウィン・ファン・デル・サール氏および監査委員会と話し合った結果、辞任する運びとなった。 その辞任から約1カ月半が経った後、オーフェルマルス氏は日本代表MF三好康児も在籍するアントワープのTD就任が決定した。 同氏はアントワープのTD就任会見の場で、アヤックスでの問題は適切に処理され、新天地での仕事に影響はないことを説明。さらに、「アヤックスで起こったことは二度と起こらない」、「ここに来られてうれしい。私にとって新しい章だ。成長できる可能性を秘めたクラブでの美しい挑戦だ」と、新天地での意気込みを語っている。 また、オーフェルマルス氏の招へいに動いたゼネラルマネージャーのスヴェン・ジャクス氏は、同氏の招へいに関してクラブの女性従業員に対して、特別な説明を行っていないことを認めた。 一方、「人々に新しいチャンスを与え、ページをめくることは重要なことだ」と、招へいの理由についても説明している。 2022.03.21 23:50 Mon
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly