「ゴール・オブ・ザ・シーズンだ」と呼び声高いイングスの圧巻バイシクル、代表初ゴールと酷似で話題に

2021.08.22 15:05 Sun
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
アストン・ビラのイングランド代表FWダニー・イングスが決めたゴールが大きな話題となっている。

アストン・ビラは21日、プレミアリーグ第2節でホームにニューカッスルを迎えた。

アウェイでの開幕戦をワトフォードと戦い、3-2で敗れていたアストン・ビラ。本拠地ビラ・パークでの初戦で素晴らしいゴールが決まった。

今夏サウサンプトンから加入したイングスは、開幕戦でもPKを決めてアストン・ビラ初ゴールを記録。この試合は1トップで先発出場すると、こう着状態が続く中、前半アディショナルタイムにその瞬間が訪れる。

時間があまりない中右サイドからマテュー・キャッシュがロングスローを入れる。ニアサイドで競り合ったタイロン・ミングスがヘディングでフリック。すると、ボックス中央で待ち構えたイングスがお手本のようなバイシクルシュートを叩き込み、先制点をもたらした。なお、試合は2-0でアストン・ビラが勝利している。

新加入のストライカーがファンが戻った本拠地開幕戦でスーパーゴールを決めたということで、大きな盛り上がりを見せるところだが、実はこのゴールにはさらにすごい偶然が重なったことで話題に拍車がかかっている。

イングスはイングランド代表として3試合に出場し、ゴールは1つしか決めていない。その代表デビューゴールである1ゴールは、2020年10月8日に行われたウェンブリー・スタジアムでのウェールズ代表戦。2-0とリードした63分に記録した。

このゴールはCKからのゴールだが、左CKからのクロスが上がると、ファーサイドで競り合ったミングスがヘディングで折り返し、ボックス中央で反応したイングスがバイシクルシュートで決めたものだった。

スタジアムや流れこそ違えど、ミングスのヘディングのアシストからイングスのバイシクルシュートということもあり、大きな話題に。「ゴール・オブ・ザ・シーズンだ」と第2節で気が早い話も出ているが、それだけ素晴らしいゴールだったのは間違いない。



1 2

関連ニュース
thumb

アストン・ビラ、リバプールのジョー・ゴメス獲得に興味か

アストン・ビラが、リバプールのイングランド代表DFジョー・ゴメス(24)に興味を持っているようだ。イギリス『フットボール・インサイダー』が伝えている。 今冬の移籍市場での大型補強が目立つアストン・ビラ。バルセロナで戦力外となっていたMFフィリペ・コウチーニョをレンタルで迎え、エバートンで指揮官との衝突で干されていたDFリュカ・ディーニュを完全移籍で獲得した。 コウチーニョが加入の際にスティーブン・ジェラード監督の存在が大きかったと公言するなど、ピッチ外にも影響力を及ぼしている新鋭監督だが、次なる補強候補として、古巣で出場機会に悩む24歳に注目しているようだ。 2015年夏の加入からプレミアリーグやチャンピオンズリーグ優勝に貢献してきたジョー・ゴメスだが、度重なるケガの影響で安定したパフォーマンスを披露できていない。膝の骨折で12試合の出場に終わった昨季に続き、今季はDFイブラヒマ・コナテの加入もあり、センターバックとしては4番手という立ち位置に。 リバプールも同選手の売却はやぶさかではないようで、アストン・ビラのオファー次第で移籍が実現する可能性はありそうだ。 2022.01.25 19:24 Tue
twitterfacebook
thumb

着々補強のアストン・ビラ、ベンタンクールも視野に

アストン・ビラが、ユベントスのウルグアイ代表MFロドリゴ・ベンタンクール(24)の獲得を検討しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 スティーブン・ジェラード監督の就任から調子を上げるアストン・ビラ。今冬の移籍市場ではMFフィリペ・コウチーニョやDFリュカ・ディーニュを獲得するなど、新指揮官の持つオーラがピッチ内外に影響している印象だ。 そんなビラの次なる補強候補がベンタンクールだ。ウルグアイ代表の常連でもある同選手は2017年夏にボカ・ジュニアーズから加入し、2年目以降は毎シーズン安定して公式戦40試合以上に出場している。 今季もここまで25試合に出場しているが、『デイリー・メール』によれば、ユベントスはオファーを聞く姿勢の模様。市場が閉まる前にスカッドの整理を進めたいようだ。 なお、移籍金は1900万ユーロ(約24億5000万円)程度と見込まれている。 2022.01.23 22:44 Sun
twitterfacebook
thumb

ビラ選手に物を投げつけたサポーターが御用に…エバートンが発表

アストン・ビラの選手を物を投げつけ、危険な目に遭わせたサポーターが逮捕された。 22日のプレミアリーグ第23節でエバートンのホームに乗り込んだビラは前半アディショナルタイム、アルゼンチン代表MFエミリアーノ・ブエンディアが右CKのキックから技ありのヘディングシュートを決め、先制に成功。その1点のリードを守り抜いて、2試合ぶりの勝利を手にした。 だが、相手サポーターが陣取るスタンドに向かって走ったブエンディアの周りにビラの選手も集まって喜び合った場面で、スタンドのサポーターからプラスチックのペットボトルなどが投げ込まれ、フランス代表DFリュカ・ディーニュとポーランド代表DFマティ・キャッシュに直撃した。 幸いにも両選手ともにフル出場したが、物が選手の頭部にヒットするなど、間違えば大ケガに至りかねない蛮行といえるが、エバートンは試合後、当該サポーターが警察に逮捕されたとの声明を発表した。 「警察は本日にグディソン・パークで行われたプレミアリーグのアストン・ビラ戦で発射体を投げ込んだサポーターを逮捕しました。エバートンのセキュリティスタッフとマージーサイド警察は監視カメラの映像でサポーターを特定しました」 「ビラのゴール後にいくつかの物体がピッチに投げ込まれ、そのひとつの発射体が2選手に当たった模様です。警察と連携した捜査はまだ続いており、クラブは物の投げ込みを確認したすべてのファンをスタジアム出入り禁止に処す予定です」 2022.01.23 16:10 Sun
twitterfacebook
thumb

ジェラード、恩師ベニテスの宿敵エバートン行きに「ショックを受けた」

アストン・ビラのスティーブン・ジェラード監督が、恩師のエバートン就任にショックを受けていたようだ。イギリス『デイリー・メール』がコメントを伝えている。 現役時代はアカデミーからリバプール一筋だったジェラード監督。そのキャリアの中で様々な指揮官の指導を受けてきたが、中でも2004-2005シーズンにチャンピオンズリーグ(CL)を共に制覇したラファエル・ベニテス監督は特別な存在と言える。 ビッグイヤーを掲げ、リバプールのレジェンド的指揮官となったベニテス監督はその後、レアル・マドリーや、ナポリといったクラブを歴任。そして、今季から新天地に選んだのは、まさかのエバートンだった。 ジェラード監督は22日にプレミアリーグ第23節でエバートンと対戦するが、ベニテス監督はすでに今月16日に成績不振で解任されているため師弟対決は実現せず。ただ、やはり恩師のライバルクラブ就任はショックだったようだ。 「ラファとは親交があり、非常に尊敬しているだけに残念だった。当時はユニークな人事だとも正直思ったがね」 「彼がリバプールに残したものやその関係を考えると、エバートンでその職に就いたことには驚いたし、ショックを受けた」 2022.01.22 20:28 Sat
twitterfacebook
thumb

アストン・ビラ、守護神マルティネスと2027年まで契約延長

アストン・ビラは21日、アルゼンチン代表GKエミリアーノ・マルティネス(29)と2027年6月まで契約を延長したことを発表した。現行契約から3年更新した格好だ。 16歳でアーセナルに加入したマルティネスは、シェフィールド・ウェンズデイやウォルバー・ハンプトン、ヘタフェにレディングなどへレンタルで武者修行。 そんな中、2019-20シーズンに復帰したアーセナルで活躍。GKベルント・レノの負傷を受けてシーズン後半に正GKの座を掴むと、FAカップ決勝では優勝に貢献した。 その活躍を受け、2020年9月にアーセナルからアストン・ビラに4年契約で加入したマルティネスは移籍初年度より正GKとして活躍。昨季はプレミアリーグ全38試合に出場し、今季もここまでプレミアリーグ19試合に出場して守護神として存在感を示している。 2022.01.21 23:30 Fri
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly