リールがU-21ベルギー代表MFオナナを獲得! スマレ後釜担う大型ボランチ

2021.08.05 19:23 Thu
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
リールは5日、ハンブルガーSV(HSV)からU-21ベルギー代表MFアマドゥ・オナナ(19)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2026年6月30日までの5年となる。

なお、フランス『レキップ』が伝えるところによれば、移籍金は900万ユーロ(約11億7000万円)程度になったようだ。

セネガル出身でベルギーで生まれ育ったオナナは、ホッフェンハイムのリザーブチームでプロキャリアをスタート。その後、2020年夏にブンデスリーガ2部のHSVにフリートランスファーで加入していた。

そして、195cmの屈強なフィジカルを生かしたボール奪取能力、ダイナミズムを最大の特徴とする守備的MFは、昨シーズンのリーグ戦で25試合に出場し、2ゴールを挙げる活躍を見せていた。

なお、リールでは今夏にU-21フランス代表MFブバカリ・スマレ(22)がレスター・シティに移籍しており、オナナがその後釜を務めることになる。


関連ニュース
thumb

アーセナルがレナト・サンチェス獲得に乗り出す...ミランとの争奪戦に

アーセナルがリールのポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)の獲得に関心を抱いているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 今シーズンはここまで調子の浮き沈みが激しいアーセナル。開幕3連敗スタートとなったプレミアリーグでは、その後の8試合で6勝2分けと波に乗ったものの、直近では再び連敗を喫している。 再び暗雲が垂れ込めるチームに追い打ちをかけるのが、来年の1月~2月にかけて行われるアフリカ・ネイションズカップ。アーセナルからはガーナ代表MFトーマス・パルティとエジプト代表MFモハメド・エルネニーが招集される見込みで、ミケル・アルテタ監督は今冬の移籍市場で中盤の補強に乗り出すだろうと『デイリー・メール』は推測する。 そのターゲットとなるのがレナト・サンチェスだという。10代の頃から注目を浴びてきた同選手は、2016年夏に加入したバイエルンでは活躍できなかったものの、2019年8月にリールへ移籍するとその才能が再び開花。今季は半月板損傷の影響もあり出場数は伸びていないものの、ここまで公式戦12試合で1ゴール1アシストを記録している。 アーセナルはすでにレナト・サンチェスの代理人に接触しており、リールの上層部も認識済みとのこと。リールは十分な金額でのオファーがあれば今冬の売却も検討するようだ。 しかし、同選手に対してはミランも関心を寄せており、争奪戦が予想されている。『Get French Football News』が引用したフランス『レキップ』のインタビューでは、レナト・サンチェス本人もこの2クラブからの関心を示唆。「準備はできている」と、移籍の可能性を仄めかした。 「ミランとアーセナルが僕に興味を持っているかもしれないね。そのことは代理人と話したけど、これ以上は何も言えない」 「ただ、僕は準備できている。オファーが来れば考えるさ」 「ミランは歴史があり、一級品の素晴らしいクラブだ。とても気に入っているよ」 2021.12.08 21:48 Wed
twitterfacebook
thumb

フィオレンティーナがリールの10番獲得濃厚に!

フィオレンティーナが今冬の移籍市場でリールのフランス代表FWジョナタン・イコネ(23)を獲得することが濃厚となった。フランス『Foot Mercato』など複数メディアが報じている。 パリ・サンジェルマン(PSG)のアカデミー出身で2016年9月のチャンピオンズリーグ(CL)のルドゴレツ戦でトップチームデビューを飾ったイコネは、左利きの創造性に優れるアタッカー。 モンペリエへの2年間のレンタル移籍をキッカケにブレイクを果たすと、2018年夏にリールへ完全移籍。トップ下や右ウイングを主戦場にここまで公式戦147試合に出場し、16ゴール25アシストを記録。昨シーズンは主力としてクラブのリーグ・アン制覇に貢献し、2019年9月にはフランス代表デビューも飾っている。 今シーズンここまでセリエA5位と躍進するフィオレンティーナは、久々のヨーロッパコンペティション出場に向けた補強として、そのリールの背番号10への関心を強めており、2100万ユーロ(約26億8000万円)オファーを掲示し、クラブ間での合意に至った模様だ。 また、リールは2018年にイコネ獲得の際にPSGと将来のリセール時の移籍金の45~50%を支払う契約を結んでおり、前述の2100万ユーロの約半額をPSGに支払う必要があるようだ。 なお、フィオレンティーナではセルビア代表FWドゥシャン・ヴラホビッチ(21)の去就が不透明な状況となっているが、今回のイコネ獲得と同選手の去就は全く異なるオペレーションだという。 2021.12.06 06:00 Mon
twitterfacebook
thumb

リール、クラブ内でコロナ蔓延…事務方スタッフの20人近くが感染…

リールのクラブ内で新型コロナウイルスの感染が相次いでいるようだ。フランス『レキップ』が報じている。 現在、フランスでは新型コロナウイルスの感染第5波が到来しており、先月30日に発表された最新の統計では1日の感染者が4万7177人となり、感染第3波のピークだった今年4月以来、最多の感染者数を記録した。 そして、リールでは現時点でトップチームの選手やスタッフの陰性が確認されているものの、クラブ内の事務方スタッフを中心に20人以上の感染が確認されているとのことだ。 『レキップ』によると、リールではここ最近の国内での感染拡大を受け、トップチームの選手やスタッフはその他のクラブスタッフとの接触機会を回避しており、今回のクラブ内におけるコロナ蔓延が今後のプレーに影響する可能性は低いという。 ただ、チケッティングやコミュニケーション部門のスタッフ間における感染拡大を受け、クラブはより一層の感染防止対策を進めていくようだ。 2021.12.01 22:52 Wed
twitterfacebook
thumb

セビージャ初勝利にリール勝利で大混戦グループGは全チームに勝ち抜けチャンスで最終節へ《CL》

チャンピオンズリーグ(CL)のグループG第5節、セビージャvsヴォルフスブルクが23日にサンチェス・ピスフアンで行われ、ホームのセビージャが2-0で勝利した。 ここまで4戦未勝利で最下位に沈むセビージャ(勝ち点3)が、前節コーフェルト新体制でのCL初陣を制した3位のヴォルフスブルクを迎えた一戦。 試合は逆転突破に向けて勝利しかない崖っぷちのホームチームがアグレッシブな入りを見せる。序盤から相手を押し込むと、パプ・ゴメス、クンデとセットプレーから続けて枠内シュートを浴びせていく。 そして、12分には相手陣内右のハーフスペースでボールを持ったラキティッチからの高精度のクロスに複数の味方が反応すると、ファーに飛び込んだジョルダンが気迫のダイビングヘッドを叩き込んだ。 幸先よくリードを手にしたセビージャは以降も危なげなくゲームをコントロール。だが、20分を過ぎた辺りからカウンターを起点に深い位置まで侵攻を許すと、23分にはペナルティアーク付近でフリーにしたルーカス・エンメチャに強烈なミドルシュートを打たれる。だが、GKブヌが何とか右手で触ったボールはクロスバーを叩き事なきを得た。 前半半ばから終盤にかけてはボールを握るセビージャ、カウンターを狙うヴォルフスブルクと互いの狙いとする形からゴールへ迫る場面もあったが、相手の集中した守備を上回ることができず。ホームチームの1点リードでハーフタイムを迎えた。 後半も優勢に試合を運ぶセビージャはボールの主導権をガッチリと握った中、パプ・ゴメス、オカンポス、モンティエルとアルゼンチン代表選手が果敢に足を振って相手ゴールを脅かす。 一方、前線になかなかボールが収まらずに苦戦が続くヴォルフスブルクは、両サイドバックや中盤を入れ替えて攻撃の活性化を図るが、この選手交代も即効性を発揮できず。 その後、80分を過ぎてようやく交代カードを切って逃げ切り態勢に入ったセビージャは相手のパワープレー気味の攻撃を冷静に撥ね返す。すると、試合終了間際の97分には中盤でのフェルナンドのボール奪取からカウンターを発動。右サイドを個人技でこじ開けたオカンポスからの正確な折り返しを、途中出場のラファ・ミルが冷静に流し込み、試合を決定づける2点目とした。 そして、今グループステージ初勝利のセビージャがヴォルフスブルクを抜き3位に浮上した。 また、同日行われたリールvsレッドブル・ザルツブルクは、ホームのリールが1-0で勝利した。 前節、セビージャを敵地で撃破して2位に浮上したリール(勝ち点5)と、ヴォルフスブルク相手に初黒星を喫して前節での突破を逃した首位ザルツブルク(勝ち点7)による首位攻防戦。 試合の入りはアウェイのザルツブルクが前からのプレス、2トップを背後に走らせる形で押し込む形を作り出したが、決定機まで持ち込むことができない。 対して時間の経過と共にブラク・ユルマズが前線でボールを収めて全体を押し上げるリールが、相手陣内でのプレータイムを増やす。すると、31分には左サイドで大きな展開を受けたユルマズが強引なドリブルでボックス内に侵入すると、DFウルマーの足に当たってゴール前にこぼれたボールをデイビッドが冷静に左足で蹴り込んだ。 リールの1点リードで折り返した試合は、後半も一進一退の攻防を見せたが、互いに決め手を欠き最少得点差のまま試合終盤に突入。何とか勝ち点1でも持ち帰りたいアウェイチームは攻勢を仕掛けたものの、最後まで集中したリールの守備をこじ開けられず。連勝のリールがザルツブルクを抜き首位に浮上している。 なお、今節の結果、大混戦のグループGでは最終節で首位のリールと最下位のヴォルフスブルク、2位のザルツブルクと3位のセビージャが直接対決に臨むことになり、全チームに突破の可能性が残っている。 セビージャ 2-0 ヴォルフスブルク 【セビージャ】 ジョルダン(12分) ラファ・ミル(90分+7) リール 1-0 ザルツブルク 【リール】 デイビッド(31分) 2021.11.24 07:19 Wed
twitterfacebook
thumb

ケシエ退団の可能性高まるミラン、後釜としてリールのポルトガル代表MFに関心か

ミランがリールのポルトガル代表MFレナト・サンチェス(24)の獲得に関心を抱いているようだ。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ミランはここまで公式戦通算197試合の出場で32ゴール15アシストの成績を残し、今シーズンはやや不調なものの、依然として重要な戦力であるコートジボワール代表MFフランク・ケシエ(24)との契約交渉が難航。夏から契約交渉が続けられてきたものの、高額な報酬を求める選手側と条件面での折り合いがつかず、来夏に契約満了で退団する可能性が日増しに高まっている。 今夏のイタリア代表GKジャンルイジ・ドンナルンマ、トルコ代表MFハカン・チャルハノールの退団に続き、今季公式戦13試合に出場する中心選手が退団となれば、チームにとって大きな打撃となることは間違いない。 そこで、クラブが少しでも主力退団のダメージを軽減するため、注目しているのがレナト・サンチェスだ。10代の頃から次世代のスター候補として注目を集めていた同選手は、2016年に移籍したバイエルンでこそ苦戦したものの、2019年にリールへ活躍の場所を移すと才能が開花。昨シーズンは公式戦29試合に出場すると、チームのリーグ・アン優勝に大きく貢献した。 今季は負傷もあり、公式戦8試合の出場にとどまっているものの、ミランはケシエの理想の後釜として調査を続けているようだ。レナト・サンチェス本人もフランス『レキップ』のインタビューを受けた際に「ミランは歴史あるビッグクラブだ。気品があり、僕は彼らが好きだよ」と発言するなど、ミランに対する好印象を語っている。 一方で、レナト・サンチェスに対してはアーセナルも獲得に関心を示しており、今後の去就が注目を集めている。 2021.11.23 13:03 Tue
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly