福島が札幌のナイジェリア代表FWガブリエルを期限付き移籍で獲得「多くのゴールを奪って皆さんと勝利を分かち合いたい」

2021.08.04 18:11 Wed
twitterfacebookhatenalinegplus
photo
©︎J.LEAGUE
福島ユナイテッドFCは4日、北海道コンサドーレ札幌のナイジェリア代表FWガブリエル(25)を期限付き移籍で獲得することを発表した。契約期間は2022年1月1日までとなる。

ナイジェリア出身のガブリエルは、188cm、72kgの左利きのストライカー。マルタのセント・ジョージズやウクライナのカルパティ・リヴィフ、モロッコのモハメディアなどでプレーしていた。

また、ナイジェリア代表としても4試合に出場し2得点を記録している。

札幌に加入したガブリエルだったが、明治安田生命J1リーグでの出場はなし。YBCルヴァンカップで1試合、天皇杯で2試合の出場に留まっていた。

ガブリエルは両クラブを通じてコメントしている。

◆福島ユナイテッドFC
「福島ユナイテッドFCの皆さんこんにちは。北海道コンサドーレ札幌から来ましたガブリエルです。福島のサポーターの皆さんの前で、プレー出来ることに喜びを感じております。多くのゴールを奪って皆さんと勝利を分かち合いたいと思います。熱い応援よろしくお願いします」

◆北海道コンサドーレ札幌
「北海道コンサドーレ札幌に携わる皆さん、この度福島ユナイテッドFCでプレーすることになりました。合流が遅れてしまいコンディションが上がるのに時間がかかってしまった為、公式戦に出場するチャンスを掴めませんでした。今回は自分自身の成長の為、福島ユナイテッドFCに移籍することを決めました」

「福島ユナイテッドFCで公式戦に出る経験をして、また札幌の地に帰ってきたいと思います。今後も応援よろしくお願いします」

関連ニュース
thumb

福島、早稲田GK上川琢の加入内定&特別指定選手認定を発表「強い御縁と喜び、そして責任を感じます」

福島ユナイテッドFCは17日、早稲田大学に所属するGK上川琢(21)の来季加入内定及び特別指定選手認定を発表した。背番号は「31」を着用する。 神奈川県出身の上川は、湘南ベルマーレU-15平塚で育ち湘南ベルマーレU-18に昇格すると、現在福島の監督を務めている時崎悠監督に指導を受けた後に早稲田大学へ進学。そして今回、特別指定選手として福島入りしたことにより、再び時崎監督のもとでプレーすることとなる。 その上川は、クラブを通じてコメントをしている。 「2022シーズンより福島ユナイテッドFCに加入することになりました、早稲田大学 上川琢です。自分が幼い頃から抱いていたプロサッカー選手という夢を、クラブ創立10周年を迎える福島ユナイテッドFCでスタートできることを大変光栄に思います。現在監督をされている時崎さんには、湘南ベルマーレU-18で3年間大変お世話になり、再び活動を共に出来ることに強い御縁と喜び、そして責任を感じます」 「また、オファーをいただいた中で、自分が3月下旬に手術を負う怪我をしたにも関わらず、強化部の方々が常に自分を気にかけてくださったことは、感謝しても感謝しきれません。そして、サッカーのみならず、福島県の特産物をユニフォームにアレンジして試合でPRしたり、「農業部」として地域の方々と交流しながら農作業をする取り組みは、プロ選手としてのキャリアを積み上げていく上でも学びと成長に繋がるものと感じました」 「選手としては、DFライン背後のカバーリングと前線への配球を得意とする、攻撃的GKです。『面白く格好いい』このポジションの魅力を多くの人に伝えたいです。福島ユナイテッドを応援してくださる、ファン、サポーターの皆さま、関係者の皆様、よろしくお願いします!最後になりますが、常に自分のことを支えてくれた家族、今まで一緒に戦ってきたチームメイト、また自分に関わってくださった指導者の方々に、この場を借りて感謝を申し上げます」 2021.09.17 18:05 Fri
twitterfacebook
thumb

沼津に競り勝った福島が首位に肉薄! 今治は藤枝との打ち合い制し3勝目【明治安田J3第18節】

明治安田J3第18節の4試合が、12日に各地で行われた。 4位の福島(勝ち点29)はホームで沼津(勝ち点18)と対戦。序盤からコンスタントにシュートを放ち攻勢に出るものの、相手GKの好セーブもあり、なかなかゴールをこじ開けられない福島。それでも前半アディショナルタイムの50分、左CKが右サイドに流れてもう一度クロスを上げ直すと、池高が頭で繫いだパスを樋口が頭で流し込んで先制点を挙げた。 後半に入ってその樋口やトカチが立て続けにシュートを放って追加点の雰囲気を漂わせていたが63分、自陣左サイドで相手にFKを与えると、守備を整える前にボックスへ配球を許し、渡邉にボレーシュートを決められてしまった。 油断した隙を突かれた福島。しかし68分、福島隼斗からボックス右へ針の穴を通すかのような見事なスルーパスが入ると、反応した雪江の折り返しが相手のオウンゴールを誘い再び勝ち越し。これが決勝点となり、暫定首位の富山と勝ち点で並ぶ2位に浮上した。 その他、5試合未勝利の最下位今治(勝ち点12)はホームに藤枝(勝ち点16)を迎え撃った。試合は21分に枝村のゴールで先制を許すものの、45分に前回の藤枝戦でもゴールを挙げていたバルデマールのゴールで同点に。 後半からは怒涛の点取り合戦となる。まずは60分の藤枝。右サイドから上がったクロスのこぼれ球を、ボックス左の温井が豪快に決めて再び勝ち越し。しかし、ここから今治の猛攻が始まる。 64分、途中出場の岡山が倒されて得たPKを玉城が決めて同点に。78分には、再び玉城がゴールを決めて初めて逆転に成功する。さらに83分には、GKからボールを奪った梁賢柱のゴールでリードを2点に。その直後に1点を返されるものの、最後までリードを守り抜き、合計7得点の打ち合いを制した。これで今季3勝目を挙げている。 ◆第18節 ▽9/12(日) <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">福島ユナイテッドFC 2</span>-1 アスルクラロ沼津 カマタマーレ讃岐 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">1 ヴァンラーレ八戸</span> テゲバジャーロ宮崎 1-1 Y.S.C.C.横浜 <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">FC今治 4</span>-3 藤枝MYFC ▽9/11(土) FC岐阜 0-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">3 ガイナーレ鳥取</span> <span style="color:#cc0000;font-weight:700;">カターレ富山 3</span>-0 AC長野パルセイロ 鹿児島ユナイテッドFC 1-<span style="color:#cc0000;font-weight:700;">2 いわてグルージャ盛岡</span> 2021.09.12 17:58 Sun
twitterfacebook
thumb

福島ユナイテッドFCが秋限定の“米ユニ”を2年連続で発表!

福島ユナイテッドFCは8日、米のシーズンを迎える秋季の明治安田生命J3リーグにて『ふくしまの米 PRユニフォーム』(米ユニ)を着用することを発表した。 『ふくしまの米 PRユニフォーム』は、2011年3月11日に発生した東日本大震災・福島第一原発事故に伴う福島県産品への風評の払しょくに繋げること、また、「ふくしまの米」を広くPRするために昨シーズンからスタートした。 福島県のお米の令和2年度の生産量は全国6位で、「日本一の米をつくりたい」という想いで開発した新銘柄「福、笑い」が今年の秋に本格デビューとなる。 2年目となる今年の米ユニは「福、笑い」のビジュアルイメージをモチーフにデザインされた。 夏限定の桃ユニフォームと同様に、胸のヒュンメルロゴと福島ユナイテッドFCのエンブレムの中央には、福島県のシルエットが配置されている。 このユニフォームは、9月26日のロアッソ熊本戦を皮切りに、9月~11月のJ3リーグのうち7試合で選手たちが着用予定。すでに先行販売が開始されており、一般販売は10月10日にスタジアムにて開始される。 <span class="paragraph-title">【写真】福島ユナイテッドの米ユニ!GKユニフォームも</span> <span data-other-div="movie"></span> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/kome1.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/kome2.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/kome3.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/kome4.jpg" style="max-width:100%;"></div> <div style="text-align:center;"><img src="https://image.ultra-soccer.jp/1200/img/2021/kome5.jpg" style="max-width:100%;"></div> 2021.09.10 19:15 Fri
twitterfacebook
thumb

Jリーグが無資格者の試合エントリーで3クラブに懲罰…福島は不正出場で3-0敗戦扱いも、MCの出場許可があった事実を公表

Jリーグは18日、3クラブに対しての懲罰決定を発表した。 今回懲罰が決定したのは、モンテディオ山形、水戸ホーリーホック、福島ユナイテッドFCの3クラブ。いずれも指定公式検査で陰性判定を得ていない人物が試合にエントリーされたことが原因となっている。 山形は、4月17日にソユースタジアムにて行われた明治安田生命J2リーグ第8節のブラウブリッツ秋田戦にて、指定公式検査で陰性判定を得ていない選手をエントリーさせていた。 クラブによると、対象選手はFWルリーニャであり、ジュビロ磐田を退団した後に途中加入。そのため公式検査を実施できなかったとのこと。「本来はクラブが独自に行ったPCR検査の結果をもって、Jリーグエントリー資格認定委員会に申請し、エントリー資格の認定を受ける必要がありました」とし「今回、ルリーニャ選手はチーム合流前にクラブが独自に行ったPCR検査で陰性判定であったものの、クラブの認識不足が原因で、Jリーグエントリー資格認定委員会への申請を怠り、4月17日秋田戦にエントリーしていたことが判明し、その結果、今回の処分が下りました」と説明。「選手本人には瑕疵はなく、すべてクラブの不手際によるものです」としている。 水戸は、4月11日にケーズデンキスタジアム水戸にて行われた明治安田生命J2リーグ第7節のFC琉球戦で、指定公式検査で陰性判定を得ていないスタッフを試合にエントリーしていた。 水戸は今回の件について「皆様にご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。今後のようなことがないようクラブとして再発防止に努めてまいります」と謝罪した。 福島は、5月16日に郡山西部サッカー場にて行われた明治安田生命J3リーグ第8節のヴァンラーレ八戸戦に陰性判定を得ていない選手を試合に出場させていた。 なお、山形と水戸はけん責処分となった一方で、福島は選手の不正出場となり、けん責に加え、3-0での敗戦扱いとなった。なお、実際の試合は2-0で福島が勝利を収めていた。 福島は今回の件について状況を説明。クラスター発生後、公式検査を当該選手は受けられず、エントリー可能者リストにも名前がなかったとのこと。その後、PCR検査及び抗原検査が実施され、いずれの検査においても陰性判定を得ていたとのことだ。 クラブによると、「試合当日に当該選手が記載したエントリー可能者リスト及び本件選手が記載されたJリーグメンバー提出用紙を提出したところ、本件選手がエントリー可能者リストに記載がないとの指摘があったとのこと。しかしながら、マッチコミッショナーから本件選手がエントリー可能者リストに記載がなくても、新型コロナウイルス感染症の陰性判定証明ができれば本件試合に出場することができる旨の発言があったため、運営担当はマッチコミッショナーに対し、本件選手の抗原検査における陰性判定の結果を提出しました。その結果、マッチコミッショナーは、本件選手が本件試合に出場することができることを認め、Jリーグメンバー提出用紙に署名をし、本件選手が試合にエントリーして出場しました」としており、マッチコミッショナーの判断により出場させた結果、勝ち試合が敗戦扱いとなってしまった。 福島はクラブ公式サイトを通じてこの件に対して意見を掲載。不正出場には当たらないとのと主張し、対応を検討するとしている。 「弊クラブは、本件行為の存在を争うものではなく、Jリーグの指定公式検査において陰性判定を得ていない選手が試合に出場した点について、ファン・サポーターの皆様をはじめ、クラブを支えている全ての関係者にお詫び申し上げると共に、再発防止策の徹底に努めてまいります」 「しかしながら、本件選手の試合への出場は、マッチコミッショナーの認可によってエントリーしたことによるものであります。マッチコミッショナーは、Jリーグの実行委員会が推薦し、理事会が承認した後、チェアマンが任命し、公式試合に派遣されるものであり、キックオフ時刻の変更についての承認権やエントリー完了後からキックオフ時刻までの選手の変更についての承認権等、試合の開催や選手の出場等について大きな権限を有している立場ですから、弊クラブとしては、マッチコミッショナーの認可がなければ、指摘に逆らって本件選手を試合に出場させる意思は全くありませんでしたし、事実上不可能と認識しています」 「したがって、弊クラブとしては、誤ったエントリー可能者リストを提出したわけでもなく、Jリーグから派遣されたマッチコミッショナーにおいて本件選手が指定公式検査の陰性判定を得ていないことを認識したうえで、出場の認可をしたことにより本件行為に至ったものであり、JFA懲罰規程の競技及び競技会における懲罰基準3-3における「不正」出場には当たらない又はその違反の程度は極めて小さいと思料しております」 「よって、通知書の内容を精査し、弊クラブ顧問弁護士をはじめとする関係機関とも相談の上、今後対応策を検討してまいります」 2021.08.18 18:10 Wed
twitterfacebook
thumb

福島DF佐藤和樹が完全移籍で八戸復帰 「ただいま!」

ヴァンラーレ八戸は7日、福島ユナイテッドFCからDF佐藤和樹(28)の完全移籍加入を発表した。背番号「3」を着用する。 佐藤は名古屋グランパスでプロキャリアをスタートさせ、水戸ホーリーホックやカターレ富山でプレー。2019年2月に八戸入りしたが、昨季限りで契約満了となり、今季から福島に活躍の場を移した。 その今季だが、ここまで明治安田生命J3リーグ3試合の出場のみだった。完全移籍での古巣復帰を受け、八戸を通じて、抱負を語った。 「ただいま! 佐藤和樹です! またこのチームでプレー出来る事を本当に嬉しく思います! 自分を理解して必要としてくれたこのチームに、自分の全てを出して貢献したいと思っています。自分らしく前向きに感謝の気持ちを持って選手としても人としても成長出来る様に頑張ります! 応援よろしくお願いします!」 一方、福島を通じては「ヴァンラーレ八戸に移籍する事になりました」と移籍を報告するとともに、新天地での活躍を誓った。 「今年なかなかチームの決まらなかった僕にチャンスをくれたこのチームを、シーズン途中に離れるのは本当に心苦しく申し訳なく思います。僕のこれからの事を考え、僕の決断を尊重してくれたクラブには感謝の気持ちでいっぱいです。今年の福島ユナイテッドFCは本当にいいチームです」 「素晴らしい選手、素晴らしいスタッフ、そして素晴らしい監督。そのチームを支えてくれている素晴らしいスポンサー、素晴らしいサポーターの皆様。本当に素晴らしいチームです。今の順位は偶然ではありません。そんなチームでプレー出来たことは、僕のサッカー人生にとって大きなプラスになりました。今回の決断になった1番の原因は自分の力不足です」 「この素晴らしいチームの力になれなかった自分に対して、悔しさと情けなさがあります。だからこそ八戸ではより一層前向きに、自分らしく感謝の気持ちを持って、選手としても人としても成長出来る様に頑張りたいと思っています。10月の対戦とても楽しみにしています。短い間でしたが本当にありがとうございました!」 2021.08.07 13:30 Sat
twitterfacebook
NEWS RANKING
Daily
Weekly
Monthly